FC2ブログ

PC不調(続き)

前回の記事では、原因不明の「シャットダウンしています」でPCが強制的に電源断になって何もできないということに悩まされ、おそらく10年選手のマザボが原因であろうということで、最新のインテル Core i5 第9世代CPUに交換したのですが、交換直後に全く同じ現象に出くわしてしまい、貧乏人が思い切ってかけたコストが無駄になるという悲しいお話でした(笑)

PC電源は交換したばかりのもので、試しに別の電源を入れてみたけど現象変わらずを確認済みです。

となるとあとはWindows7時代から引き継いでいるSSDに入ったOSが怪しいということになります。

最新CPUに対応したマザボなのでUEFIのBIOSになっています。そういうことなら少しでも最新に交換した証を残したいってことで、怪しいSSDに入ったWindowsを一度クリアして、SSDも初期化して、AHCIによるUEFIインストールをやってみようと。
今の会社のPCがこれで、起動もシャットダウンも爆速なのでいつかはやってみたいって思っていたんですが、ついにその時が来た!ということで、購入したパーツが失敗にならないよう何とか意味づけしたい、っていうのがありますから(笑)

ということで、UEFIインストールすべくWindows10メディアをUSBに作りました。

PC19-07.jpg

そこでマザボのBIOSでUEFIモードを設定して、このUSBを差したまま再起動。
「UEFIインストールをしますか」みたいに聞いてくるのかと思ったらいきなりWindows10のインストールが始まりました。
毎度おなじみのインストール画面なので特に問題はありません。
15分もかからずにすべて終了。まさに「こともなげ」な感じでした。

新しい1903のWindows10もすんなり起動して、「msinfo32」を起動すればほらこんな感じでUEFIで起動できていました。

PC19-08.jpg

と思ったその時、やはりまた出ました「シャットダウンしています」の画面。心が凍り付きます。

マザボ、CPU、メモリ、電源、SSDと問題ないとしたら、あとは筐体、PCケースか?って、まさかなって思いますよね。
絶望しながらPCの再起動を待っていたんですが、BIOS起動の「ASUSロゴ」を見ていたら、その時点でまた電源が落ちる。

これは重傷だなって思ったんですが、「ひょっとして電源スイッチ?」
と思ってフロントパネルを外して電源スイッチユニットを見たら固まったホコリが詰まってしまっている。
湿ったような綿ボコりが、電源スイッチの2本の線に絡まっている。
「まさか、これでショートした?」
結論はそのまさかだったんです。

絡まった綿ボコりを綿棒で丁寧に取り除き、二本の線がショートしないように絶縁しました。
その後電源投入したらあら不思議ものすごい安定感。
とりあえず2時間ほどのヒートランっていうか耐久テストをやりましたが全然あの悪魔のような画面は出ません。
その後1時間以上使いましたが、全然問題なく快適に動いています。

どうやら解決したようだということで奥さんに報告。
「15年も使っているPCケースなんだから、電源スイッチもヘタるでしょう。PCケースを買い替えたら?」
って毒を食らわば皿までなのか、どうせ散財したんだからとことんやっちゃえ的なお言葉。確かにこの際だから世代交代した方がいいのはわかる。
その後PCケースをじっくり探しましたが、貧乏人的観点から8000円ぐらいのものがコスパがよさそうと。

ただね、新しいPCケースへの引っ越しってすごく大変だし、その間PCが使えないのでできればやりたくないのが本音。
歳をとると体力的にもきついんですよ(笑)
古いPCケースの廃棄の問題もあるし。面倒くさいですよね。

ということで、ひょっとしたらってことで調べたら、売っていました電源スイッチユニット。

PC19-09.jpg

Amazonでは500円ぐらいで買えるものもあって、これの交換なら簡単に済みそう。
っていうか、初めから電源スイッチの不具合ってわかったのなら500円のパーツ交換で済んだのかよ、って思うと悲しいです(涙

新しいマザボにはキーボードからPC電源を入れる機能があってそれを選択すると「Ctrl+Esc」でPCの電源が入ります。
っていうか、この機能を使えばマザボの「Power」コネクタを引き抜いても構わないじゃないですか。
要するに「電源スイッチを使わない」という選択が可能で、500円のパーツ交換さえも不要になる素晴らしさ。
それなら新しいマザボを買っておいてよかったじゃないって奥さんに言われそうです。

PC19-10.jpg

ということで、原因もわかって、根本対策的には電源スイッチユニットの交換が最も低コストな対策なんですが、マザボの機能で電源スイッチ使用を回避できるってことで、その状態で使うことにしました。

今回の「シャットダウンしています」の画面が出て困っていた時に 「まるで見えない誰かがPCの電源スイッチをポチッと押すいたずらをしている感じです」 って言っていたわけで、電源スイッチがショートして、まさにその「誰かがスイッチを押した状態」で、そこで気づくべきでしたね。
でも原因がわかってみれば今回のトラブルシューティングは楽しかったし、最新のWindowsやハードの勉強になりました。
とはいえ、現実の「リアルミステリー」なわけで、やはり小説よりも奇なりって言っておきたいです(笑)

ちなみにCore i5 9400はその型番通りオーバークロックに対応していませんが、Superπではオーバークロックしたi7 3770Kより好成績でした。20%ほど。
Superπはシングルタスクで走るので高クロックほど有利って言いますが、4.4GHzのi7より2.9GHzのi5の方が成績が上って、おそらくメモリの違い(DDR4とDDR3)と思っています。
あまりベンチマークには関心がないので、力の入った言及ではないのですが、第三世代と第九世代ではこれほど違うのだ、っていうことですね。大した情報でなくてすみません(笑)

【今日の言葉】 本当に霊が出てきて電源スイッチを押しても、線を抜いてあるので大丈夫です
スポンサーサイト



PC不調

家ではメインで使っているPC(CORE i7-3770機)のほかに、データ管理とかを行うサブ機(PhenomII-X6 1090T機)があるんですが、先日電源を入れて席を立って戻ってきたら落ちている。
あれれ、って思ってもう一度電源を入れたんですが、Windows10が起動してログイン画面になったかと思ったらこんな画面が。

PC19-01.jpg

何これって思ったのは言うまでもありません。勝手にシャットダウンしやがった!って感じです。

しょうがないので電源再投入したら何とか起動したのですが、作業をしていたらいきなりまた「シャットダウンしています」って上の画面に。
まるで見えない誰かがPCの電源スイッチをポチッと押すいたずらをしている感じです。(っていうか私のこの部屋は時々出るんですがね。いや本当。 普段はぼうっと立っているだけで電源スイッチを押したりはしません(笑))

実はこのPhenomII機、この夏で10年目になって、頑張るなあ、もう少し頑張ってねって思っていた矢先なんですが、CPUは別にしてもマザボはキャパシターとか使っているわけで、10年ぶっ続けの使用は寿命も来ようというわけで致しかたないかもって思います。

ただ現象としては「通常のシャットダウン処理」なのでイベントログにも引っかからず原因不明。しかもインターミッテントに発生するといういやらしさ。まあハード不良の初期ってそういうものかもしれません。
いっそのこと「ブルー画面」になってくれた方がエラーコードとか表示するので調査のしようもあるというもの。困ったものです。

ってことで、やはり原因はマザボの寿命と考えられるので、そこは貧乏人の思考でマザボだけの交換も考えたのですが、AMD785Gチップセットのマザボなんか今更手に入るわけもなく、中古ではまた同じことが起きないとも限らないので、ここは清水の舞台から飛び降りるつもりでPC買い替え、と行きたいところですが、最小限のパーツであるCPU、マザボ、メモリの買い替えだけにすることに。飛び降りたの舞台ではなく脚立ぐらいでしょうか(笑)

で、今回買いそろえたのはこれです。

PC19-02.jpg

このPhnomII機は、AMD派として最後の砦だったんですが、やはりパフォーマンスと省電力のバランスからインテルにしました。
ただCORE-i9やCORE-i7はオーバースペックなのでCORE-i5で、しかも第9世代。i5としては最新鋭ですね。

早速購入品をチェックしましたが、CPUのリテールクーラーを見てこれかよ!ってことで、CPUクーラーを別に買い増し。

PC19-03.jpg

マザボは久々のASUSなんですが、小さくてびっくりです。CPUクーラー虎徹IIを付けたらこんな感じ。

PC19-04.jpg

ただ虎徹IIが予想以上に大きくて、組み立て作業をしていて古いPCケースに収まるのか不安でたまりませんでした。収まらなかったらケースの蓋を改造して、ランエボのパワーバルジのようにしよう、なんて思ったのですが、ぎりぎり収まりました。余裕は数ミリ(爆

PC19-05.jpg

さて、そんな感じで新しいマザボ、CPU、メモリ、CPUクーラーに取り換えて電源オン!
普通に起動しました。やれやれ。

って思ったらWindows10が起動して数分、

PC19-06.jpg

また来ました。原因はマザボではなかったようです(涙)

To Be Continued・・・・・

【今日の言葉】 対策のための約4万円の投資が無駄になった瞬間の絶望をお察しください

日田の梨

先日小田原のダイナシティに買い物に行ったのですが、イーストとウェストの施設それぞれは冷房がキンキンに効いていて涼しいものの、施設を移動するときは猛暑なので汗をたんまりかく始末。
なので買い物が終わってクルマに乗るときに水分補給ということで自販機で飲料を買いました。
うちの奥さんは梨が好きなので、これをしようと買ったのがポッカサッポロの「日田の梨」。

クルマに乗り込んでから早速飲んだのですが、奥さんは「これはおいしい!」と感動して「飲んでみる?」って言ったけど、会社にポッカサッポロの自販機があって何回か買って飲んでいるので断りました。
「そうなの?会社で売ってるんだ」
「これは130円だったけど、会社では110円だよ」
と教えました。会社では福利厚生の一環で自販機を導入していて、会社から補助が出ているのかちょっと安いのですね。
「110円?安い!それなら今度買ってきて!」って言われちゃいました。
そうなんです。「日田の梨」は果汁1%ながら、梨感あふれるテイストと天然水を使っているのかさっぱりとした飲み心地がはまります。

会社ではこんな感じで売っているんですが、私がいるフロアのジャパンビバレッジの自販機では売り切れになっていました。やはり人気があるんですね(笑)

hitanonasshi01.jpg

下のフロアにはポッカサッポロの自販機があるんですが、そこには2フェース入っていました。
早速奥さんの要望通り購入したんですが、お金を入れるときにこんなルーレットっていうかデジタルの数字ぞろえのシステムがあるんだなあと思ったのですが、

hitanonashi02.jpg

購入ボタンを押したら数字がパラパラ動いて「77778」で止まりました。
『やっぱり当たるわけないよね』ってお釣りを取ろうと思ったら末尾の「8」がカチャッと「7」に変化。
電子音楽とともにすべての商品の購入ランプがつきました。
「うわ!!当たった?当たったの?」と胸の中で大騒ぎ。まさか万歳をしながら飛び跳ねるわけにもいきますまい。

せっかく当たったのだから単価の一番高いもの、と言っても130円のペットボトル飲料ですが、それにしてもよかったのですが、そこは正直者なので、もう一本「日田の梨」を購入して「今回は2本で110円だった」と奥さんに報告。

hitanonashi03.jpg

その後も何本か買って、結局10本で990円ということに。1本あたり99円(税込)なら安いですよね(笑)

【今日の言葉】 職場に戻ってから「自販機で当たった~!」と同僚に自慢しまくったのは言うまでもありません。
え?あれって当たるものなの?っていうのが職場のみんなのリアクションでした

モデム故障?

うちではまだBフレッツを使っています。快適です。今年で15年目になります。
来年1月にはBフレッツのサービスが終了するそうですが、終了するまで使おうと思っています。それほど快適でお気に入り(笑)
うちのBフレッツはマンションタイプというやつで、電話線をスプリッターで分岐させてモデムを接続するだけなので簡単に接続できるのもお気に入り。いわゆるVDSLってやつですね。

ところが先日、奥さんがYoutubeの動画を見ていたらいきなりくるくると矢印が回りだしてダウンロードできなくなりました。
画面右下のインジケーターではネットアイコンに黄色三角のマーク。「インターネットの接続がありません」の状態。

あれれって思って他のPCを確認したらいずれも同じ状態。
ルーターで調べてみても異常なし。ルーターにログインしてステータスをチェックしたらインターネットは「未接続」。
モデムをチェックしたらLINE、LINK/ACTがついていないじゃん。

modem1901.jpg

これはモデムの故障なのでしょうか。
まあね、このモデムは15年間ずっと電源入れっぱなしだし、筐体の上側は変色しているし、かなりくたびれています。液体を封入しているキャパシタを使っているようですが、15年なんてとっくに寿命を超えている感じもします。

ということで、翌日さっそくNTTの113センターに連絡です。
NTTでは局側から回線状態をチェックしたそうですが、モデムの故障だと思ってつないでいなかったのでモデムまで信号が届いているのか確認できないって。
連絡したのは奥さんでモデムの接続ができないので翌日NTTのサービスマンに来てもらうことに。

で、翌日来てくれたそうですが(私は会社なのでLINEで状況連絡待ちです)再度局側から確認したところ、Bフレッツマンションタイプの回線終端装置まで信号が届いていないのが判明。
要するに光ケーブルをVDSLに分配する装置の故障。どうやら寿命だそうです。
工事はその装置の交換となったそうで、小一時間かかったとか。
工事が終わってうちのPCから接続確認したけどつながらず。なんでって思ったら回線終端装置が起動していなかったそうです。大丈夫か?
回線終端装置をちゃんと起動したらネットは問題なくつながりましたとさ。めでたしめでたし。

回線終端装置は1台で15世帯をカバーするそうなんですが、うち以外は連絡がなかったって。他の家庭ではBフレッツを使っていないのかなあと思いました。

会社から帰ってきて私もネット接続を確認しましたが、待てよ、これまでよりちょっと快適じゃないか?と思ってスピードテストをしてみたら、

modem1902.jpg

これまでは36Mbps程度だったのに1.5倍の速度向上です。VDSLのマンションタイプで実質性能がベストエフォートの53%ってなかなかです。
交換したのはNTTの設備なので、こちらの金銭的負担なしに性能向上してとってもうれしいです(笑)

ということで、このおんぼろモデムはまだまだ頑張らないとだめなんですね。考えてみればすごいモデムではあります(笑)

【今日の言葉】 他の家庭で使わないからうちだけ性能の恩恵を受けているのかも(笑)

プジョー308

先日8月11日放送のTVK「クルマでいこう!」では「プジョー308」が紹介されました。
あれれ、また?って思ったのは言うまでもありません。
過去に、現モデルになった時、GTi発売時とやったので、3回目ではないかと思いましたが、今回はマイナーチェンジの紹介のようです。「全車8速ATになった」っていうのですが、ちょっと待ってよ、8速ATになったのって去年の夏じゃなかったの?と思いました。
BS朝日でやっているカーグラフィックTVでも最近プジョー308の紹介がありましたが、こちらはディーゼル車が1.5の新型エンジンになったということだったのでニュース性があったのですが、今回のクルマでいこう!は普通のガソリンエンジン車の紹介でした。
ただ番組を最後まで見たら、どうして発売6年目になるプジョー308を紹介したのかわかったような気がしました。

番組は全般的にプジョー308を「べた褒め」の状態。まあMCの岡崎五朗さんの元愛車だっただけに紹介にも力が入っていた感じ(笑)

p30819-01.jpg

エンジンは、欧州の新しい排ガス規制に対応するためにGPFが採用されたそうで、簡単にいうとディーゼル車の微粒子フィルタがガソリン車にも採用されたってことで、それでもプジョー308のEB2ターボエンジンは出力、ドライバビリティを損なうことなくいいエンジンに仕上がっているってことで、番組では「最上級の3気筒エンジン」と言い切っていました。

p30819-02.jpg

また内外装のデザインもバンパーデザインの変更や、i-cockpitを継承するなど丁寧でバランスの良いデザインと評価していました。
まあプジョー208乗りからすると内外装ともちょっとおとなしめに見えますが、フランス車的なアクが強くないのはいいことだと思います。

p30819-03.jpg

MT車乗りにはあまり関心がないのですが、8速ATの評価も最上級な感じでした。
おそらくアイシンAW製のATだと思うのですが、ちょっとアクセルを踏み込むと2,3段飛び越してシフトダウンするそうで、その辺はフランス車的ではあるようですが、燃費的には却っていいのかもしれません。

p30819-04.jpg

今回特に強調していたのは、乗り心地とハンドリングで、乗り心地については特にシートと上質な足回りをほめていて、シートについては「乗り込んだ時にシートがものすごく気持ちがいい」と強調していました。こういうシートのほめ方は、他のクルマではしませんね。国産車ではまずしません。
シートの良さは208も同じで、国産車では到達は50年かかるだろうって思うほど(笑)

p30819-05.jpg

またハンドリングについてはコーナリング性能の良さ、ライントレース性の良さを強調していました。「ハンドルを切ればすぐに曲がるっていうスポーティさとは違うもっと奥が深いスポーティさ」という言葉ではよくわからない表現なんですが「実際乗ってみて感じればすぐに理解できる」ってことで、これは208乗りも納得でプジョー車共通の仕上げのようでその通りと思います。

p30819-06.jpg

ある程度スピードがのっている状態でステアリングを切ると、フロントノーズがポーンと横っ飛びするあの感覚(笑)
その直後に巨大なロールが来てビビりまくるあの感覚(笑)

で、プジョー308の評価なんですが、岡崎さんはインプレでも強調していた通り「スペックに表れない部分の実力・作りこみ」に〇、藤島さんの〇は、「デザイン・環境性能・乗り味の良さ 熟成の域に達した名車!」とのこと。

p30819-07.jpg

え?名車?

p30819-08.jpg

この番組はスポンサーや車両提供メーカー・ディーラーへの忖度なのか、かつての三本和彦さんの「新車情報」時代のような「辛口評価」はほとんどしなくなったのですが、「名車」と断言するのは初めてかもしれません。「極めて異例」というしかないほど(笑)

岡崎さんは「われわれ(自動車評論家)は、フランス車が好きで、かつて失っていた(感じがある)猫足が戻ってきたのはうれしい」って番組でもコメントしていましたが、今回のプジョー308のマイナーチェンジはそこまですごいのかって思いました。
だから今更なのにプジョー308を紹介したのか、と納得した次第。
それにしても「名車」と断言するとは思いませんでした。
208でフランス車の良さは十分理解していますが、機会があれば308に乗ってみたいと思います。っていうか308はそろそろフルモデルチェンジが気になるころですよね(笑)

【今日の言葉】 自動車評論家にフランス車乗りは多いそうですが、BMW乗りはほとんどいないそうですね。わかるけど(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター