プレ金はどうした?

久しぶりに金曜日に休みが取れたのですが、「そうだ今日はプレミアムフライデー(プレ金)だったはず」ってことで、以前プレ金でいろいろお得な企画をやっていたダイナシティ小田原に行ってみようということで出かけました。

プレ金と言えば2017年に始まった頃はマスコミでも話題になっていたし、会社でも「今日はプレミアムフライデーです。早く仕事を切り上げて2.5日の充実した週末を過ごしましょう」みたいなメールが総務部門から来ていたのですが、今年に入ってからそれがなくなったような気がします。

案の定ダイナシティ小田原では、昨年の盛り上がっていた時期のようなポスターは皆無だったし、特にイベントがあるというわけではなく「普段の平日」のようにひっそりしていました。

いつも行くお気に入りの雑貨店も、プレミアムフライデーは全品5%引きとかやっていたので期待したのですが、残念ながらやめてしまったようです。

一体プレミアムフライデーはどうなったんだろうって思ってサイトで調べたら、プレミアムフライデー推進協議会はまだ健在で、サイトを見る限りは「ますます盛り上がっている」という感じにはなっているようです(笑)

PreKin.jpg

ところがどっこいですよ。神奈川西湘地区では、ショッピングセンターもレストランもスーパーも映画館もコンビニも特にプレミアムフライデーで何かしているという感じはありません。
サイトではTOHOシネマズ全館でイベントをやっていることになっていますが、今日行ったダイナシティ小田原にあるTOHOシネマズ小田原では特に何もなくてひっそりしていました。田舎だからかなあ(笑)

さて、さて、皆さんの地域では盛り上がっていますか?プレミアムフライデー。
それとも去年の盛り上がりもすっかりフェードアウトして忘れ去られているのでしょうか。

「月末の金曜日」は、普通の会社は忙しいに決まっているんだから、やっぱり設定というか前提として無理があったようです。

【今日の言葉】 こうやって忘れ去られていくのも想定どおりという感じですが、推進協議会はどうなるんでしょうね
スポンサーサイト

林先生

実は林先生こと林修さんの大ファンだったりします。そうです「今でしょ!」の林先生です。

林修さんの冠番組はほとんど毎週必ず見ている感じです。
林先生は確かな情報しか知識として扱わないので、林先生が出てくる番組の、ことに健康に関する情報とかはある程度信頼できると思っています。少なくとも某公共放送のなんとかしてガッテンよりははるかに信頼できると思います。

特に「林先生が驚く初耳学」は、新しいタイプのクイズ番組だと思っています。

hatsumimigaku.jpg

林先生が知っているか知らないかを問うわけで、知っているならちゃんと説明できるか試すわけで、知っている時のドヤ顔が面白いし、初耳だったときのしまった顔も見所だったりします。
林先生はわりと憎まれ口を叩くだけに、「初耳学認定事案」の時のひな壇ゲストのリアクションも面白いです。
林先生はワタナベエンターテイメント所属だそうで、バーターで出てくるハライチ澤部のツッコミも面白いし。

CXでやっていたトリビアの泉の先を行く「それは知らなかった」という情報が満載ですが、トリビアと違うのは、ある程度有用な「情報」であること。
林先生にとって知識っていうのは情報なんですね。情報として活用できないものは知識にあらずっていうのは、偉そうだと思うのですが、一理あるのも確かだと思います。

ただ、そんな林先生の知識ですが弱点もあるようです。
それは多くが本で得た情報であること。本の情報っていうのは、それを売るためにちょっと盛ったものも時としてはあるということ。また、本で得た情報っていうのは限界があって、けっしてそれ以上ではないっていう弱点。
そのへんは自分で取材をして情報を集める須田さんや上念さんなどのジャーナリストと大きく違うところです。

そういうプロのジャーナリストと比べると林先生の知識は「日本を動かしたりするものではけっしてない」のが特徴で、「教師が思想を持つべきではない」っていう観点ならこれでいいのかも知れません。

ただどんなに知恵、知識をもっていても無力である、ということにむなしさはあるかも知れませんが、林先生がその知識で作成した「現代国語の模擬試験」がなかなか実があって楽しくためになる内容なので、林先生が教えた生徒がそれに啓発されて将来活躍すればそれでいいもかもと思います。

もうひとつ、東大至上主義も弱点かなあと思います。

先日の「初耳学」で東大新入生をゲストに呼んで「東大入学がゴールじゃない、スタートなんだ。ゴールのひとつが佐川さんのような官僚のトップで、日本を動かす人材になることだ」なんて上からものを言っていましたが、林修よ、お前がそれをいうなという感じです。東大法学部を出て予備校講師&タレントじゃないかってわけで(笑)

第一、東大も私らが受験生のころとは違って今じゃ「普通の大学」です。この少子化にあって定員を変えていないのでかなり入りやすくなっているはずで、行きたいと思ったら、「東大対策」という勉強をすれば普通に行けると思っています。
うちの会社を含む大手企業は、社内報の新人紹介でも大学名を表記しないのはもう常識なので、東大であろうが京大であろうが関係なくなっています。まあね、80年代の新人は「東大卒」っていうとものすごく期待されたりしましたが、そのあと大きく失望もされたり(笑)

そういうご時世なのに何かというと「東大、東大」っていう林先生は、「ネタなんでしょ」としか言いようがないです。
東大卒がすごいと言われるとしたら、東大がすごいのではなくてあくまでその人がすごいんだって気付いてほしいところです。

予備校講師としての林先生がどの程度すごいのかよく分りませんが、広い芸能界にあって、知識を武器にするタレントは少ないし、憎たらしいけど憎めないキャラクターはなかなか魅力的なので、これからも応援していきたいです。

【今日の言葉】 何でも知りたがるし何でも知っている人なんですが、テクノロジーとファッションについてはかなり弱いみたいです。そういう弱さも魅力ではあります

PCトラブル--その2

PCトラブルの話題ですが、前回は明示的に「その1」としたので、2があるんだろうと思われたと思います。そうなんです2があるんですということで今回はその2です。

前回の通り、奥さんのPCのトラブル対策は「一難去ってまた一難」という感じで対応してきたのですが、その一難ごとの調査に私のPCを使うわけですが、SSDに交換して以降、奥さんのPCの起動の速さが驚異的で、自分のPCはなんて遅いんだって起動するたびに思っていた次第。
まあSSDに比べればHDDは遅いさって思うんですが、それにしても遅い。
OSロードが遅いのならやはりHDDとSSDでは勝負にならないともいえるんですが、電源投入してからBIOSの画面が出るまでが遅い。

これってHDDの認識が遅いのかと思います。やたらHDDがBIOSに認識されるまでガリガリ言っている。
HDDの音って本当にいやなもので、「ああ、これは早めにデータのバックアップとかしなきゃな」とか思って目の前に付箋を付けたり。

pctr2018-01.jpg

ところがその次の日、その日2回目の電源投入でPCが起動しなくなりました。ブートマネージャーが見つからないってエラー。

まあね、ブートマネージャーが見つからないとかWindowsが見つからないとかいうのはOSローダーのファイルが壊れてその先に行けない場合に「よく出るヤツ」なのでそれほど慌てません。
おそらくMBRのセクタか何かが壊れたのだろうってことでWindowsをDVD起動して修復ユーティリティーで起動周りの修復をします。
問題のMGRが修復できないので、別のディスクのMGRで修復したみたいです。

おお、これでWindowsは立ち上がるぞって思って再起動したら、BIOSの画面でHDDが1台認識しないのが判明。
ああ、なるほどそういうことか。認識しないHDDにMBRというかブートマネージャーがあったのね、って感じ。
OSはその認識しないHDDではないところにあるので普通に起動。やはり認識しないHDDのドライブは参照できない。
って?!このHDDは一番重要なデータがあるHDDでした(恐

パーティションを3個に分けてあるんですが、いずれも大切なデータで、特に痛いのは個人管理のデータ。プジョー208の走行記録や、給与明細、金銭出納とか銀行預金の出納、住宅ローン関係、健康管理データ、人間ドック記録、そして何よりも25年分の日記データ。
中でもさらに痛いのは、メールがメールソフトごと消えたことと、ずっとやってきた数々のゲームのセーブデータが消えたこと。

このPCを立ててちょうど5年になりますが、当時はタイの洪水でバルクのHDDの品質が悪かったことがあって、それなら外付けHDDの中身のHDDを使えばいいという情報があって、なるほどそれなら部品として「中のHDD」は検査されているはずだし信頼性は高いだろうって思って使っていました。
ところが今回の「中のHDD」であるSG社のHDDは、それを使う外付けHDDも認識しないというトラブルが多かったそうで、データ復旧業者では「SeaGate ST2000DM001」はトラブル件数が多いので有名だったとか。信頼していたのに裏切られた感じでがっくしです。

問題のクラッシュHDDを取り外したらそのあとはのんびり復旧すればいいやってことで、同型式、同リビジョンのHDDを捜し当てて、基盤を交換したりいろいろやってみましたが、結局現象変わらず、マザボからのSATA直結でもUSBアダプタ経由でも認識しません。
ということでデータ復旧は絶望的。

それなら開けてしまえ、ってトルクスドライバーを購入して開けてみることに。開けてしまうと二度と使えなくなるリスクがあるのはもちろん承知で。
写真ではディスクに何気にチェブラーシカが写っていますが、その当たりをよく見ると大きな傷。しかも比較的外周です。

pctr2018-02.jpg
pctr2018-03.jpg

これが内周なら、キズの位置まではデータが読めたかもしれませんが、これではもうだめでしょう。
ヘッドアームを交換してみるっていうトライが残っていたのですが、このディスクのキズを見てしまうと無駄なような気がします。

ということで現在は新しいHDDを組み込んでデータ復旧中です。
先にも言ったように2012年にこのPCを立ち上げた時に、旧PCのデータバックアップがあるので、管理データ関係はそこから再スタートです。
イラスト類とかきれいになくなったと思ったら、2012年のバックアップにほとんどそっくり残っていました。
考えてみればこの7年ほどイラストを全くやっていなかったからなあと気づいた次第。

新しいデータ環境が落ち着くのはゴールデンウィーク明けになりそうです。ってゆか、ゴールデンウィークがつぶれるのか(涙)
それにしても2TBって一言でいうけど、そのデータの量はとんでもないのがよくわかりました。今後はこまめにバックアップしましょう。

実はこの5年ほどPCの調子がいいなあ、トラブルがほとんどないなあ、さすがは外付けから抜いたHDDなんて思っていたのです。
自分の大切なデータが消えてしまう恐怖がお分かりになったら、とにかくバックアップです。
ミラーリングという手がありますが、自分のミスで消したものは戻りません(笑)
とにかくバンクアップが一番です。私の場合は付箋を貼るのが遅すぎたんです(涙)

【今日の言葉】 HDDクラッシュって言葉はよく聞くのですが、めっっっっったに起きないらしいです。って個人的には25年PCを使ってきて初めてだったりします。自分のミスでデータ消しちゃった、はよくやりますが

レディ・プレイヤー1(ネタバレなし)

昨日は奧さんと二人で話題のスピルバーグ作品「レディ・プレイヤー1」を見てきました。

TOHOCinemas.jpg

小田原のTOHOシネマズは夜とはいえ平日なのでほとんどお客さんがいない状態だったのでゆっくり楽しめました。
お客さんが少ない割に女の子の2人連れが多かったのはレディースデーだったからだそうです。

映画のネタバレはしませんが、情報番組で特集したりしているまんまの映画でした。
日米欧の話題のキャラが出まくるわけですが、何が出てくるのか探すのが楽しい、っていうか探さないと楽しくないです。
その当たりはウィキペディアに詳しいようです。
っていうかウィキペディアの記事はネタバレにはならないと思うので、「予備知識」として目を通した方がいいかも。もちろん自己責任でお願いします(笑)

制作側のスピルバーグさんが楽しんでっていうか半分遊び感覚で作ったような映画なので、見る側もけっして芸術作品を見る感覚で見てはいけない映画です。
「スピルバーグさん、何してくれちゃったのかな?」って思いながら見ましょう。
クライマックスに登場するのが日本が誇るキャラだったりするところも楽しめるかも知れません。

「レディ・プレイヤー1」っていきなり「1」が来るので、「もう2を作っているのか?」なんて思ったのですが、原題が「One」になっていたので、「作品連番」ではなさそうです。
と言いながら「2」は必ずある、と思いますがね(笑)

【今日の言葉】 制作のスピルバーグさんは楽しんで作ったかも知れませんが、彼に「こだわられた」CGエンジニア達にとっては「こんな苦労した作品はない!」とか言いそうです

プジョー208ラインナップ

新型プジョー508のチェックにフランスのプジョーサイトを見たのですが、日本のプジョーサイトと同じように、2008/3008/5008のSUVをアピールしつつも、フランス本国ならでは新型108とか商用車も紹介していました。この商用車が割と魅力的だったりします。

じゃあ、わが208はどうよってチェックしたら、なんとGTI系2車種と5ドアの特別仕様車しかサイトにはありませんでした。XYはとっくに消えたのはしかたないにしても、スタイルとかアリュールが載っていないのはどういうわけ?
フランス本国だけではなく、右ハンドル車のUKのサイトもほとんど同じ状況でした。

ということはそろそろモデルチェンジなんですかね。

ちょっとさびしいですが、新型はどんなふうになるのか興味もつきません。
発表があるとしたら、欧州では今年の秋ごろになるのではないでしょうか。
もちろんなんの根拠もない予想ですが(笑)

モデルチェンジとなっても、いまの「A9型」プジョー208はできがいいので当分乗り続けるつもりでいます。

【今日の言葉】 シトロエンC3はSUV風に振ったので、208にSUV風はなさそうです
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター