続・REGNO GR-XI

先日御殿場のプレミアムアウトレットに行って来ました。
行くときには東名高速を使うということで、REGNO GR-XIの高速デビューになったのでリポートです。

基本的に一般道路でも静粛性よし、グリップよし、乗り心地よし、ハンドリングよしというバランスされたタイヤなので高速でもそれなりの機能の予想は付いているのですが、どちらかというと最近付けたドラレコがETCと干渉しないかの方が気になりました。
ほんのわずかにETCのゲートが上がるタイミングが遅かったのでドキッとしましたが大丈夫でした。

ゲートが無事通過できたのでレグノの高速道路レビューを。

【静粛性】
静粛性は基本的に高速でも一般道とあまり変わらず静かです。路面の状態さえ良ければほとんどロードノイズが気になりません。この辺はプジョー自体が高速でも静かなのでタイヤが静かなのがよく分ります。
ただ荒れた路面ではそれなりのロードノイズがします。これは「路面の状態を伝える」ということで頼もしい機能だと理解しています。
全般的に静粛性においては、それをそれをトップの機能に推すREGNOだけのことは高速でもしっかりとあるというのがよく分りました。
ただ静粛性が高い分スピード感が狂うようでスピードの出し過ぎに要注意ですね。うちの場合は高速ではクルコンを使うのでその点は大丈夫そうです。クルコンを使って楽ちん&静かなドライブなので相当レベルの高い快適性が体験できます。

【操縦性・直進安定性】
これまでのミシュランエナジーセイバーに比べ、スチールラジアルとしてトレッド面の剛性が高いようで、その分操縦性、直進安定性が高いようです。もともとプジョーはフランス車らしく高速での直進安定性が高いのですが、REGNO GR-XIにしてからより一層安定性が増した感じで高速でもストレスをあまり感じません。

【乗り心地】
やはりミシュランとの比較になりますが、若干堅めなので道路の継ぎ目が気になります。ロードノイズが低いだけに継ぎ目での音が大きく感じます。タイヤの堅さとは無関係にプジョー208の猫足感は健在なので、タイヤの堅さもすぐに慣れてしまいます。
しかも堅いながらも乗り味にしっかり感がでたので、「ちょっとドイツの国境寄りになったフランス車」って感じです(笑)

そんな感じでプジョー208との相性は高速道路でも抜群で、ブリヂストンはミシュランに追いついたかなと実感しました。

私が子供の頃、ブリヂストンがラジアルタイヤを商品化したときに「ほんとにクルマが変わっちゃう!」っていうCMソングを流していたのですが、いまだにそれが本当なのがすごいと思います。

タイヤ交換をしてひと月になるので、取付作業をした店で点検を受けてきました。
空気圧のチェックとホイール取付ボルトのトルク確認をしてくれたのですが、プジョー208のホイールボルトには六角形のボルトカバーがついているのでそれをいちいち外すのが面倒そうでした。
っていうかそれよりフロントホイールのブレーキダスト汚れがひどいので作業のおじさんは手を真っ黒にしていましたが、ちょっと申し訳ない気分でした(笑)

【今日の言葉】 タイヤでクルマが変わることを知ってしまうと、逆にタイヤ選びが難しくなりますね
スポンサーサイト

深キョン

長年深キョンこと深田恭子さんのファンをやっています。
ファンクラブとかそういうのではなくて、彼女が出演するドラマとか映画は欠かさず見るって言う感じのファンです。

最近はあまり見ることがないのですが、以前はバラエティ番組にもよく出ていて、深田恭子さんは素ではかなりの天然でポワンとした不思議ちゃん系なんですが、ドラマとかではきりっと役作りができるのが素晴らしいです。さながら「ガラスの仮面」の北島マヤのよう。

映画「下妻物語」の桃子のような役ばかりでなく、ドラマ「ファイティング・ガール」の小夜子みたいなヤンキー/ギャルのような役もこなせるのですが、最近はお嬢様系やOLの役が多いようです。
最新の「ハロー張りネズミ」でもキャバ孃あがりの探偵である蘭子役をやっていてうまくこなしている感じです。

このところ録画しているドラマを数話分まとめてチェックすることが多くて、「ハロー張りネズミ」もそんな感じで見ていたのですが、第7話のワンシーン、七瀬五郎に言いたいことを言われて激高してぶん殴るシーンがあるのですが、その表情をみてビックリ。

fukakyon20170825.jpg

長年深キョンを見ていますが、こんなに恐い顔を見たのは初めてです(笑)
シーンはすぐに深キョンにありがちな悲しい表情に変わるのですが、この恐い顔は素晴らしい(笑)

おそらくファンでなければ気にも掛けないワンシーンなんでしょうけど、こういう細かいところでも役作りをしている深キョンをこれからも応援していきたいです。

【今日の言葉】 やはり美人の怒った顔は最高です。美しい方はどんどん怒りましょう(笑)

日産リーフ

矢沢の永ちゃんが言っていたように、フルモデルチェンジした日産リーフが発表になりました。
日産は横浜の会社なのに発表会場は幕張メッセだったそうで、60もの国のメディアが集まったそうでまさに国際展示場でのワールドプレミアになったようです。最近の国産車でこういうのは珍しいですね。

新型リーフですが、ぱっと見というかフロントフェースでN14マイクラを連想してしまったのは言うまでもありません。
っていうかこの「マイクラデザイン」が欧州専用車パルサーから続く今後の日産のデザイン言語なのかもと思います。
プリウスなんかと違ってアバンギャルド過ぎないまじめなデザインで、ちょっと地味なのが日産車らしいです。

leaf2017-01.jpg
leaf2017-02.jpg

内装デザインも欧州風で品がいいのですが、パルサー、マイクラとほぼ共通で、センターメーターにするとかそういうのが全くなくて、旧リーフの内装より地味なほど。
内外装ともに「イエーイ!新型リーフに乗っているぜい!」っていう「そのクルマに乗っていることを強烈にアピールできるデザイン」ではないみたいです。
その点では「あのへんてこりんなデザイン」のプリウスの方が一枚うわてなのかもしれません。

価格は315万円からと言うことで、40万円の補助を受けられれば275万円程度で購入できるそうで、エンジンを持たないクルマなので排気量は1リッター未満扱いだし、エコカー減税とかも付くだろうから税制的に購入しやすいのも確か。
この価格はプリウス・アクアには脅威かもしれません。ガソリン代が節約できるんじゃなくて「ゼロ」ですからね。プリウス・アクアが自慢したがる燃費という概念さえもない。

クルマのディメンションはほとんど前モデルと同じだそうで、特にホイールベースは全く同じとか。ということはプラットフォームとしては前モデルのキャリーオーバーなのでしょうね。っていうか電気自動車専用のパッケージングがあるから、キャリーオーバーは当然かもしれません。その辺をいじってもハンドリングや乗り味が向上するっていうクルマでもないでしょう。それだけ前モデルで完成度が高かったのだと思います。

また運転サポートか駐車アシストなんかも付いているものの、日産の他の車種のものとあまり変わらないそうで、キャリーオーバーを含めた「地味なモデルチェンジ」は、おそらく価格戦略を優先したものだと思います。
売り方がイマイチっていつも言われる日産ですが、その辺は英断ではないかと思います。

航続距離が前モデルの200㎞に対し400㎞と倍増したそうで、単なる電池容量のアップだけでできるレベルではないので、この性能アップは評価したいです。

新型リーフは、デザインといい、機能といい、価格といい、かなりのレベルで魅力的な製品に仕上がっているのでヒットすると思います。

ちなみにうちはマンションという集合住宅で充電設備がないのでちょっと購入は無理みたいです。駐車場にはリーフが何台かいますが、充電は1.2㎞ほど離れた日産のディーラーでやっているようです。
いやいや、最寄りのガソリンスタンドも同じぐらい離れているのですが、給油のように充電が5分でできるって言うものでもないし。

「これがヒットすると、ショッピングモールとかの充電スタンドも混雑するだろうね」ってうちの奧さん。
なるほど。充電の順番を待つのもイヤですね(笑)

【今日の言葉】 このデザインならガソリン車を出してくれてもうれしいです。もちろんMTで(笑)

K14 マイクラ

プジョー208アリュールは、54ヶ月のメンテナンスプログラムの点検を受け、ちょうどディーラーに行ったときが新型シトロエンC3のデビューフェアの前日ってことで、シャインデビューエディションの実車を見たわけですが、MT車ではなく6速ATながら226万円っていうリーズナブルな価格なので是非って薦められ、それならプジョー208の査定はって聞いたら50万円ってことで、うーむと思いながらも、タイヤ交換が必要だし、60ヶ月の車検では相当なパーツ交換が発生するだろうから、そのコストを考えると買い換えもありかなあと思い次期導入車をいろいろ検討しました。

新車購入って言うと私たち庶民にとっては数年に一度、あるいは10年に一度クラスの大イベントになるので、テンションが上がるのは当然というもの。ところがそれも1週間、7日でピリオドを打ち、新車購入を断念し車検を通すことを決め、タイヤ交換、ドラレコ購入に踏み切った次第。

その決定打が「K14 マイクラ」だったという罠。「K14」っていうと日産の「次期マーチ」にあたるクルマですね。
プジョー208乗りからすると全然違和感のないデザインです。ルノーの工場で製造されるのでフランス車の範疇に入るのかもしれません。

2017micra01.jpg
2017micra02.jpg

シトロエンC3を、そろそろATでもいいかなって感じで半分買うつもりでいたりしたのですが、ルノートウィンゴにはMTがあるってことで見に行って試乗もして、5ドアでかわいいしなかなかいいクルマであることは記事にしたとおりなんですが、それなら新型スイフトのRSはどうよってことで、検討したのですが、安全装備がオプションでそれをつけるとわりと高価。うーむということで、例によって「右ハンドル輸入車」のチェックにイギリスの自動車ディーラーサイトの探索。

そこで見つけたのが「K14 マイクラ」。欧州のCセグ車パルサーとともに欧州日産の重要車種ってことでかなりできが良い。
Youtubeなんかで探しても動画が沢山ある。

そういえば現行K13マーチは7年を経過して今年がモデルチェンジイヤーだったな。ということはK14になって、「ニスモ仕様」が出ればMT車も選べるじゃないか!ってことで、奧さんがものすごく乗り気で、「明日はディーラー休み明けの水曜日だから買い物ついでに神奈川日産に行って聞いてくる!」って張り切りよう。おう、K14マーチのニスモなら乗ってみたいし、高くても200万円前後だしって私もテンションが上がりました。

次の日の水曜日、昼過ぎに奧さんからLINEが来ました。
K14について一部で噂があった「日本では発売しない」っていうのは本当だったらしいです。
なんかLINEの行にしょんぼり感がかなりありました。仕事中にLINEでやりとりもないので、家に帰ってからゆっくり話を聞くことに。。

家に帰ってから一休みをしている間に全部話を聞きました。

神奈川日産の営業主任の方は、テンションを上げて飛び込んできたK14狙いの主婦にも丁寧に応対してくれたようです。
昔S13シルビアやN14パルサーGTIに乗っていた日産ファンって自己紹介したらしいですが、営業主任さんは驚いたのではありますまいか。

・「マーチがモデルチェンジするんですよね」「はい!このほどマイナーチェンジしました」「は?もうしたんですか?フルモデルチェンジ」「いや、マーチは前期型、中期型ってあって、今回後期型のモデルチェンジをしました」「K14じゃないんですか?」「(K14って何なのこの主婦)いやK13のままですね」

・「欧州ではK14マイクラが春に発売になっていますよね」「(何この人)あ、はい。欧州専用車で日本で発売になる予定はありません」「どうしてですか」「日本ではノートが売れているんですが、ノートより大きめのクルマになるので、ラインナップ上ノートと重複してしまうので日本ではノートだけを販売することになっています」「ということはK14は日本では絶対に発売されない?」「はい、今のところ」「ニスモも?」「(何この主婦、ニスモって)はい」

・「クルマを買うならMT車って決めているんですが、K14ならMT車があるかなって思ったんですが」「ああ、日産では2022年までに国内でのMTを廃止することが決まっています」「GT-Rも?」「GT-Rは既にMTはありません(笑)」「どうしてやめちゃうんですか」「MTのパーツを供給しているメーカーが少量ではビジネスにならないんですね」「CVTやDCTだけになるのは残念です」「それよりこれからは自動車メーカーの再編とか大きな動きが起こるのが分っています」「欧州でガソリン車やディーゼル車をなくすって話と関係しますか」「その通りですね」

なんか前日に奧さんは予備知識をおさらいしていったものだから、営業主任さんとの会話がさながら「モータージャーナリストの取材インタビュー」みたいで笑えました。
確かにその後のニュースで、トヨタとマツダの提携や、日産三菱連合とスズキに提携が報道されました。
神奈川日産の営業主任が言ったことにいいかげんな情報が一切なかったことに敬意を表したいです。

ということで、K14マイクラの日本仕様が発売になることはないことと日産からMTが消えることを確認出来てしまって、しかも自動車業界が変わろうとしているってことで、それならもう少し様子見でしょ、ってことでプジョー208アリュールをあと3年か4年は乗ろうと決めた次第です。

でもでも、K14マイクラはかっこいいですよね!!

【今日の言葉】 ぶらりとK14の話をしにきた主婦にキチッと応対してくれた営業主任はまさに「日産マン」ですね
【さらに今日の言葉】 自動車業界再編とか日産がMTをなくすとか、そういう重要なニュースが伝わってこないって、モータージャーナリストは何をやっているんだって思います

ドラレコ

うちの奧さんがかねてからドラレコをつけたいと言っていたのですが、1年以上前に次期シトロエンC3が出ることを知ったときに、標準でコネクテッドカムが付くってことで、それなら今更ドラレコを付けるのも無駄かもなんて言っていました。考えてみればこの時点で新型C3に買い換えようかななんて思っていたのかもしれません。

ところが例によって新型C3にMT車が入ってこないって分ったので、それならMTのあるクルマを探そうってトウィンゴを見に行ったりしたわけで。

で、このトウィンゴにドラレコを付けたいとなるとディーラーオプションになるのですが、調べたらユピテル製でamazonで半額で買える。なんだユピテル製かってことで、諸般の事情で今回の買い換えをあきらめてタイヤ交換をしたわけですが、それならドラレコもっていうことでユピテル製をamazonで探しました。

車線はみ出し警告とか速度標識自動認識とかそういう余計な機能はいらないので、DRY-ST3000Pにしました。GPSがついているので日付設定とか不要なのがうれしいし。Web限定品なので価格もちょっと安いし。
レンズが向かって左にオフセットされているのは、右ハンドル車の助手席側に付けることを想定しているのかなと思います。

DR2017-01.jpg

ということで取り付けたのですが、電源はシガーソケットからではなく、ヒューズボックスから取りました。
プジョー208のヒューズボックスのひどさっていうか凶悪さは有名で、ヒューズボックスを開けてもケーブルでヒューズが見えません。ヒューズ交換はユーザがやるのはほぼ不可能ではないかと思うまさに体たらくな状態。

作業は本当にとんでもなく大変で、写真なんか撮る余裕はなかったのですが、早い話がグローブボックスをすべて外して作業しました。
ヒューズから電源を取るとなるとボディへのアースが必要なんですが、ちょうど発煙筒があるあたりに共通アースネジがあるのは調べが付いていたのですが、サイドシルの内張カバーを外さなければならず、グローブボックスだけでうんざり来ているのでこれは体力的にっていうかメンタル的に無理。
ということで、アースはグローブボックスの奥にある、おそらくクラッチペダルかブレーキペダルからのリンケージ機構の10㎜ネジがボディに通電しているようなのでそれを使いました。グローブボックス下のフットランプを外した奥にあります。

16番ヒューズから電源を取って、二股シガーソケットを接続。それにドラレコのシガーソケットを差して、ケーブルはグローブボックス横からAピラーのゴムトリムをめくってそこに通しました。Aピラーカバーを外して通すってことも考えたんですが、内張を外すのはなるべくやりたくなかったもので。グローブボックス、ヒューズボックスの取り外しがトラウマになっている(笑)

Aピラーの上まで行ったら、Aピラーカバーの下を通して、フロントガラスとルーフトリムの間を通して完成です。
ドラレコ本体は運転席から見てルームミラーの陰になるようにセッティング。

DR2017-02.jpg

意外とというか、ドラレコの設置は電源さえ確保できれば超簡単じゃんって思ったのですが、プジョー208ならではの大きな落とし穴が。

DR2017-03.jpg

プジョー208はルームミラー裏のセンサー部分が大きくて写りこんでしまうのですね。しかも右側がほとんど写っていない。カメラを右に向けてもセンサー部分がより多く写ってしまうだけです。
これでは話にならないってことで、センサー部分を避ける感じで位置を5㎝ほど下げました。これだとルームミラーの下に2㎝ほどはみ出して視界的に少しジャマなのですが映像としてはかなり改善。

DR2017-04.jpg

それでもまだ左右の視界がイマイチ。ドラレコの位置を下げすぎたせいで広角が生かし切れていません。っていうかプジョー208のセンサーエリアより下の位置って下過ぎるわけです(泣

プジョー208とボックス型のドラレコは相性が悪いとしか言いようがないのですが、奧さんの意見が逆転の発想でした。ルームミラーで隠すことばかり考えていましたが、それならルームミラーの右にやったらどうかと。こんな感じ。

DR2017-05.jpg

うーん、保安基準ではルームミラーの中心から左右15㎝以内推奨っていうのがあるのですが、ぎりぎりかなあと(笑)
フロントガラスって、下1/3が見えれば十分っていうのが経験則であるわけですし。
ルームミラーに訳の分らないお守りを下げている人よりは絶対に安全って思います(笑)
ということでこの位置だとこんな感じで左中央がセンサーで少しケラれますが、左右の見切りはばっちりです。

DR2017-06.jpg

この位置でぐるりと回した電源ケーブルを固定させました。めでたしめでたし。

今回の一番の失敗は、最初に取り付けた位置から変更するときに、ゼリーみたいな両面テープが使えなくなったこと。
この両面テープがべたべたで、取るのに苦労したのですが、100均の「シール剥がし液」を使ったら一発できれいになりました。すごい(笑)
両面テープが使えなくなったので、とりあえず家にあった強力両面テープっていうのを使いましたが、剥がれたらまた貼ればいいやって感じで気楽に構えることにしました。

【今日の言葉】 タイヤにしろドラレコにしろ、クルマに何かをつけるって言うのはドラマができますね(笑)

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター