軽自動車の再勉強

職場の後輩Kとクルマの話をしていたのですが、「実は次は軽にしようかと思っているんですよ」なんて言い出す。名前がKだけに。

Kはドイツ車好きで、中古ながら何台か乗り継いでいて、今はゴルフトゥーランっていうのに乗っているのですが、もう10年になるから買い換えを考えているらしいのです。一方去年就職した娘が免許を取って軽自動車を買ったらしく、これを運転してみたら想像以上に良かったらしいです。娘が自分のクルマを持ったからK夫婦もミニバンのトゥーランでは大きすぎるってことで今度は軽にしたいってことになったらしいです。

うーん、裏切り者め、とは思いませんが何だかなあと思いました。
もともとクルマ好きでないとドイツ車とか選ばないわけなんですが、最近は心躍るようなクルマが少ない。しかも歳を取ってくるとクルマで「遊ぶ、楽しむ」って感覚がだんだん薄れて「単なる移動の道具」になってしまうのでしょう。だから「軽自動車で十分」って思ってしまうようです。

気持ちはわかるが安全性が心配だって話をしたのですが、「ざがさん、それは認識が古いですよ」って言われました。
Kも以前は軽自動車の衝突安全性を気にしていたのですが、ワンボックスタイプでなければ小型車と遜色ない衝突安全性を確保しているようだと言う。しかも自動ブレーキも、50㎞/hとかからでもちゃんと衝突回避できる仕様になっているらしいです。ぶつかっても安全からぶつからない安全に安全機能が進歩しているとか。

家に帰ってから早速Youtubeでチェックしましたが、確かにセダンタイプなら小型車と同程度な感じ。側面衝突でもひっくり返ったりしない。軽自動車もここまで来たのかって思いました。そりゃそうでしょう。クルマの基本的な構造・構成は小型車も軽も変わらないはずだから。



かねてから安全性の問題で軽自動車を避けていたのですが、これなら十分選択肢としてあげられるじゃないかって思いました。っていうかセダンタイプっていうと「アルトワークス」が脳裏に上るですが、安全性さえ確保できていればアルトワークスにしたいっていう潜在意識があるのでしょう(笑)

ただ、どうしても軽自動車という規格上、全幅不足による側面衝突の安全性が心配です。こればかりは自動ブレーキでもどうしようもないし。やはりサイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグは必須だと思います。
欧州車はユーロNCAPの関係で、ほとんど標準装備なんですが、国産車は大きく遅れいている感じです。オプション設定さえない車種がたくさんあるのが残念です。

我がアルトワークスもまさにそうで、それならサイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグをオプションで選べるセダンタイプの軽自動車はないかって探したら「ホンダ N-ONE」がありました。

ホンダ N-ONEって大昔のN360(何と乗ったことがあります)をオマージュしたようなデザインがかわいいのでうが、顔がドロボウの目隠しみたいです。VW up!のドロボウ髭と合わせればまさにドロボウ顔です(笑)
まあそういうところがかわいくて人気車種のようです。

ということでホンダのサイトをチェックしましたが、サイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグをオプションで選べるものの、それを付けるとかなり高価になって小型車をやめて軽自動車を選ぶという理由が希薄になってしまいます。

それよりフランス車乗りが一番気になるシートの出来と乗り心地はどうか。N-ONEのシートや足回りを見る限り絶望的なようです。
製品の開発競争の激しさが利便性、付加価値を向上させて、軽自動車はよくできているって言わしめてはいるものの、それはあくまで道具としてであって、趣味性の部分になるとまだまだ選べるレベルに達していないような気がします。
っていうか趣味性の部分で軽自動車を選ぶ人は少ないから、目玉となる機能にピックアップされないのですね。
アウディA1がシートの出来を思い切り自慢しているのとは対照的です。

「知れば知るほどいいね 軽自動車」というパンフレットを見て勉強もしました。リンクはこちら
内容はデータが豊富で、説得力があるように見えますが、税金、ランニングコストが安いというのはいいですが、それ以外では何かデータの良いところ取りでにぎやかにしている印象です。
ただ読んでみると非常に勉強になって、軽自動車を望む人は「働く女性、低所得者、高齢者、地方住居者」だそうで、特に高齢者は「次に買い換えたい車種の97%が軽自動車」とか。ビックリしました
軽自動車が増え続ける秘密は高齢化社会にあったという罠。軽自動車の増税は弱いものイジメだって三本和彦さんが指摘していますが、まんざら嘘でもないようです。

エアバッグとか欲しいオプションをきっちりつけると価格的な優位は薄れてしまうのは、工場での生産コストはあまり変わらないから当然なのですが、趣味性の部分を考えるとこの程度の価格差ではメリットが少なくて、ランニングコスト安さだけでは軽自動車は選べないというのが今回の結論です。
ただセダンタイプなら軽自動車も安全性が確保できているのが確認できたのは勉強になりました。

将来アルトワークスにサイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグが装備されれば検討したいと思います。こちらは単に軽自動車という範疇ではなく「豆スポーツカー」というジャンルだと思うので。っていうか「アルトワークスに乗りたいけど、乗るためのネガティブを排除したいだけ」なのかも知れません(笑)

【今日の言葉】 自分も「低所得者、地方住居者」ではあるのですが(笑)、もう少しフランス車に乗っていようと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は公共交通機関に乏しいいわゆる「田舎」の地方出身なので実感しているのですが、そういった地域では所得が少ないうえに車が一家に1台ではなくて1人1台の世界(農家だと普段の移動用と畑仕事用の軽トラで1人2台以上ということも!)なので、どうしてもランニングコストを重視せざるを得ず、「軽自動車の増税は弱い者いじめ」っていう問題は本当に切実です。

私も208ユーザーなのでプジョーをはじめとした欧州車の乗り心地や数字に出ない質感の良さなどはすごく魅力的ではあるんですが、それは移動手段に選択肢がある都市部や所得に余裕があったり長距離運転をする層、自動車が趣味である人たち向けのクルマであって、そういった余裕のない地方・低所得者では安全性や趣味性には目をつぶって維持費の安い軽自動車にせざるを得ないところはあるんですよね…
(あと、昔ながらのムラ社会だと「あそこの家は外車なんか買って…」と近所で噂になるので人目を気にして買いたくても買えなかったり。)

ただ、近距離に限った移動手段として考えれば軽自動車で十分という考え方はあると思います。
恐らくメーカー側もそのあたりは認識していて、最近の軽自動車であれば発進・加速にあまりパワー不足は感じませんし、買い物や子供の送迎などに限れば本当に便利なつくり(N-BOXなんかは自転車を立てたまま積み込めるレイアウトをしきりに宣伝していましたね)になっているので、そのあたりは認めてもらっても良いかと思います。

Re: No title

akaさん、こんばんは。

まさにご指摘の件が「知れば知るほどいいね 軽自動車」のパンフからも見えてきます。
っていうか軽自動車がこれだけ売れること自体、都会地方を含めた日本の交通事情、住宅事情、人口の構成、税制の問題点、などいろいろなことが見えてくるわけですね。

交通手段のない田舎と電車地下鉄バスタクシーなどあらゆる交通手段がある都会で、自動車税が同じっていうのは不公平って話も70年代からあったような気がします。

>ただ、近距離に限った移動手段として考えれば軽自動車で十分という考え方はあると思います。
おっしゃるとおりです。
うちでも奧さんに「アルトワークスのようなセダンタイプなら衝突安全性は大丈夫そうだし、自動ブレーキの性能もかなり良くなっているので、クルマ選びの選択肢として十分現実的」って説得できたのですが、
「うちは高速とか乗って出かけることが多いから、プジョー208のように疲れない性能は重要なので、軽自動車はやはり疲れそうで無理」ってことになりました。

なりましたが、私の中ではまだまだ選択肢として残っていたりします(笑)
やはりアルトワークスはなかなかあきらめられません(笑)

No title

最近ワゴンRスティングレイに乗りましたが
静かでパワーもあってハンドリングも爽快でしたね
使い勝手も良くインテリアも質感高くて価格なりの魅力はあると感じました。

ただ高速が怖かったですね^^;
シートは普通ですかね、

今まで酷いと思ったシートは日産のティーダかな?
見た目立派なのに中スカスカって感じで酷かったww

Re: No title

カズさん、こんばんは。

ワゴンRスティングレイっていうとワゴンRの豪華版になるのでかなり満足度が高そうです。

トヨタの社長が長い間「軽自動車はクルマではない」って言い続けていたけど、次第にクオリティが小型車に近づいてきて焦りが出たのか、その後は税制の優遇を不公平だと攻撃していました。
なんか税金が安いならクオリティを落とせって言っているような変な主張。

当ブログでも軽自動車は安全面が心配って言っていたのですが、かなり小型車に迫る安全性を確保しているし、普段の生活で普通に使う分には何も問題ないという認識を持つようになりました。

>ただ高速が怖かったですね^^;
そうかもしれませんね(笑)
高速道路ではスピードレンジが一段上の欧州車であるプジョー208とは比較にならないのは仕方がないかも。
高速を走るとプジョー208の静かさ、乗り心地、クルコンの便利さ、燃費の素晴らしさにビックリします。
それゆえに高速道路を走るとしたら軽自動車は選べないなんて思うわけです。

でもですね、じゃあ1年でどのくらい高速道路に乗るのって言われるとうーんです。おそらく乗って500㎞ぐらいじゃないかと思います。うちの場合は(笑)
じゃあ時速100㎞で5時間だけ軽自動車で我慢できない?って言われたら我慢できるかも知れません。
伊豆旅行に行くとしても片道100㎞なら軽自動車でも我慢できない?って言われたらできるかも(笑)

我慢できるところは我慢するって覚悟さえあれば軽自動車もクルマ選び選択肢として十分可能です。
そのくらい軽自動車は良くなっていると言うことですね。

もちろん価格もかなり良くなってますが(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター