お茶くみOL

女性の総合職採用が一般的になってきて、今はOLなんて呼び方をするかどうかわかりませんが、とりあえず昔の話なので「OL」とします。

学校を卒業して社会人になって、前にいた会社になるのですが、石鹸メーカーで営業をしていました。

朝出社して席につくとすかさず女子社員がお茶と灰皿を持ってきてくれます。
「おはようございま~す。今日はちょっと早いですね。ちょっと早く出ると通勤も楽ですよね」
とか声を掛けてくれます。これは職場で普通に見られる光景でした。

新人として配属になって2日目に、先輩OLが
「ざがあとさんの湯飲みはこれなので覚えてくださいね」
ってお茶を入れて机に置いてくれる。
「はあ、ありがとうございます」とか恐縮して礼を言うのですが、後ろからベテランOLっていうかおばさんが耳元で、
「○○ちゃん、昨日日本橋三越で、ざがあとさんはどれがいいかなとかさんざん悩んで決めたんだよ。気に入ったって言って上げてね」っていわれたので言いましたが、すごく喜んでいました。

営業として一人前になると、営業事務のOLと経理事務のOLがひもづけられて、営業事務のOLは不在時の御用承りなので関わりが濃い。この人が毎朝お茶を入れてくれて、ついでに仕事のちょっとした情報交換をしてだいぶ助かったりします。

こういう女子社員の方は、毎朝1時間ぐらい早く出てきて、掃除をしたりデスクを拭いたり、ゴミ捨て、灰皿清掃とかしてくれます。大変ですね、毎朝ありがとうございますって声を掛けると、
「営業マンの方も夜7時8時まで頑張っているのだから当然」なんて言ってました。

なので営業活動で「月間達成賞」とか「ブランド別推進賞」とか金一封を貰うと、こういう内助の功に報いるため、飲み会とか食事会で全額消えます。全然惜しくないです。こういうのを独り占めする方がどうかしているという感覚。

なので職場の一体感っていうか、「明るく楽しい職場」ってこういうのを言うのだろうなと思いました。
ちょうど団塊の世代が中堅で頑張っている頃で、日本経済は成長期だし、給料も毎年上がるし、経費もがんがん使えるし、何しろ会社が楽しいっていうのが、今思うとすごいです。

ところがそのうち組合とか総務がうるさくなって、お茶くみは自粛、紙カップをおいてボタンを押すとお茶が出てくる「お茶サーバー」が導入されました。紙カップでおいしくないし、面倒なのか若い人を中心にみんなお茶を飲まなくなる。いつのまにか○○ちゃんが悩んで買ってくれたという湯飲みも不要なので廃棄に。別に少額固定資産で滅却ってわけでもないのでしょうが。

お茶くみ時の朝の会話もなくなって、朝から職場は割と静かになったり。そのうち「月間達成賞」の金一封が消えて賞状だけに。当然お礼の飲み会、食事会も減ります。
そのうち朝の机ふきまで「自己管理」になってやってもらえなくなり、女子社員の早出出勤がなくなり、「朝から元気な黄色い声」が聞かれなくなりました。そしてそれと連動する形で職場の楽しさが急降下してきました。恐らく会社の業績なんかも下がっていったのではありますまいか。

お茶くみが企業を支えていたなんて言いませんが、企業のパワーは人のパワーで、それを引き出す要因のひとつであったことは間違いないと今でも思っています。

【今日の言葉】 こういうのを思い出すと、80年代から90年代にかけて大切な何かをなくした喪失感があります

スポンサーサイト

ドイツ嫌い

フランス車を買ったからというのではないのですが、実はドイツが大嫌いなんです。
ドイツ製品もドイツ人も好きではありません。
普段からドイツ人はバカだ、と言ってはばからないほど嫌いです。

いや、ドイツ製品のすばらしさ、ことにドイツの自動車のすばらしさは理解しています。後輩が乗っているBMWは1.9リッター4気筒なんですが、2.5リッターの6気筒ではないかと思わせるなめらかさとパワーにびっくりしたし、やっぱりドイツってすげーって思っています。それでも嫌いなんです。

実際以前パルサーGTIというクルマに乗っていたのですが、日産が理解する範囲のドイツ車で、かなりいい製品ではあったのですが、本家のゴルフに比べるとやはり「届いていない」ところが多く、次はゴルフだってお金を貯めていたのですが、そこへアルテッツァが出てしまったのでそっちへ行ってしまった次第。

どうしてゴルフに行かなかったのかっていうと、価格もさることながら、デザイン的にパルサーと何が違うのって感じで、製品として面白みというかこれを毎日乗りたいっていう所有欲が出ませんでした。
そうなんです、ルールを守るためなら何でもするみたいなドイツ人や、完璧を目指した製品だからちゃんと使えよみたいなドイツ製品の「上から目線」が大嫌いなのです。

仕事でチームを組むと、定時になるとパッと仕事を切り上げてしまうってこと以外はドイツ人と日本人は似てるっていいますが、そういうルールに忠実でまじめなところが好きになれない。トラブルとかで困ったときも、ルールを盾にして融通が利かなさそう。

今回のクルマ選びでも、Bセグメントっていう「お金にあまり余裕のない人が買うクルマ」は、思い切ってデザインとコストをはしょります。フォルクスワーゲンポロやアップのインパネを見ているとそれが明らか。ちょっと運転してみたいインテリアではありません。シートも、機能的には十分らしいですが、見た目はこれ以上コストダウンできないだろうっていうほどの徹底ぶり。
「お金のない人はこの程度でいいんだよ。機能は十分だからさ。品質もジャーマンクオリティだし」という声が聞こえてきそう。
貧乏人をなめるなよって思っちゃうわけです。

日本車なら、コストを削りつつもなんとか魅力を出そうというあがきがあるのですが、同じ車種でもグレードが上がると急に贅沢になる。日本車メーカーは、お金を出してくれる客がいいお客って言っているみたい。

今回選んだプジョー208は、最廉価版のアリュールを選んだのものの、内装とかシートとか60万円高いGTと基本的に一緒です。どうみてもアリュールはお得すぎるほど。
恐らく「めんどくさいから一緒でいいや。どうせ日本ではアリュールは数が出ないだろうし」っていういい意味でフランス人のがさつな気質が出たのかも知れません。

ドイツにはヒトラー率いるナチの暗い歴史があって、聞いた話では、現在は法律でナチの台頭を禁じているらしいです。って国が危機に陥って民衆の支持でナチが台頭してきたらそんな法律があったところで無意味だろうって思うのですが、法律をきちっと守るのがドイツ人らしく、法律があれば安心なのだそうです。そこまでいつどんなときでも法治国家として維持されるということなのでしょうが不思議でもあります。

【今日の言葉】 ドイツ人は「最近生意気なので」日本人が大嫌いだそうですが、どうも韓国人と勘違いしているという噂もあります。ドイツでは日本と韓国の区別がついていないとか。やっぱりバカじゃん

マジヤバイ

ツイッターでは、時たま秀逸なつぶやきがあったりして楽しませて貰えるわけですが、以前こんなつぶやきがあって大爆笑しました。

『近ごろ「マジ」「ヤバイ」の汎用性がマジヤバイので、50年後ぐらいの俳句は「春ヤバイ マジヤバイマジ 君ヤバイ」とかで「春が訪れ、花が美しくその身を咲かせる季節になりました。でもそんな可憐な花々よりも君の方が美しい。嗚呼、この花を君と見れないのが切ない」ぐらいの意味になり兼ねない。』

いや、このつぶやきを書いた人の感性ってすごいなって思いました。

ただ「ヤバイ」の汎用性がマジヤバイのは共感するところで、「やばい」が「ヤバイ」になった「良いときにも使う用法」からは汎用性がぐっと増したように思います。

「普通においしい」とか「何気に」とか最初は違和感があっても、使って理解すると微妙なニュアンスが上手に伝えられることがわかりとても便利です。「ヤバイ」の用法も「美しくて感動した」ときに使ってみるとすぐに身につきます。

ですが、元の意味は「矢場」っていういかがわしい場所の形容詞的用法なので、公式な場所で使うのはヤバイ言葉です。
いつか皇太子さまがスポーツ観戦をされたときに「やばい」という言葉をお使いになって新聞記事になったのですが、それほどヤバイ言葉です。

仕事やお客様との会議の席ではこの「ヤバイ」は使うことはないのですが、会議資料の数字にミスがあったときなど心のなかでは「ヤバイ」の連発だったりします。またお客様からきつい要求をされたときなんかはやはり心のなかで「マジかよ~」なんて思うのは日常茶飯です。
ただいい意味での「マジヤバイ」はやはりカジュアルすぎて、ヤバイので会社ではあまり使えませんね。

こんな俗語ばかり使っていると外国人には理解しづらいだろうなんて思うわけですが、マーティ・フリードマンあたりは「マジ」「ヤバイ」を口癖のように連発します。マーティに言わせると便利な言葉らしいです。
ああ、そうか、言葉の意味の「汎用性」が高いからか。だから便利なんだ。

【今日の言葉】 考えてみれば普段の会話ではいつのまにか俗語ばかり使っているのに気づきます


コブラツイスト

うちの奥さんがニコ動の有料会員で、TM Revolutionのファンでもあるので、年末にやった全日本プロレスとのタイアップライブをニコ動で見ていました。
プロレスとTMRのコラボってことで、組み合わせも奇妙だしどんなことをやるのかって見ていたわけですが、奥さんは普段はプロレスなんか見ないものの、私は割と好きだし、武藤敬司率いる全日プロは比較的見る機会が少ないので一緒に見ていました。

TMR01.jpg

西川貴教がプロレスをやるんかい、って思っていたら本当に出てきて戦っているのでびっくり。っていうかそういう設定なのはプロレスのお約束なので楽しめればいいのですが、ガタイのでかいプロレスラーに混じって試合をする華奢な西川は大変だったろうって思いました。
西川-武藤が出てくる試合がメインなので、全日の本来はメインイベンターであるはずの選手が「前座」で出てきたりして面白かったです。

で、見ていたらある選手が相手にコブラツイストをかけていました。
コブラツイストと言えばアントニオ猪木のフィニッシュ技なんですが、それはもう40年以上前の話。今ではギブアップすることもない古典的な技なんですが、それを見ていて学生時代の友人の話を思い出しました。

大学のキャンパスを友人数人で歩いていたのですが、ある友人が言う。

「彼女にコブラツイストをかけたけど全然効かなかった」

「え?!」みんな眉をひそめて一斉に言ったのですが、単純に「どうして効かなかったのか」と思った人と「お前らプロレスごっこなんかやってるんかい!」と思った人の同時の「え?!」

その後その場はどうなったのか覚えていないのですが、家に帰って兄貴にその話をしたら、ふーんとか言っていたのですが、数日後興奮気味につきあっている彼女にかけてみたらやはり効かなかったと言っていました。簡単にすり抜けてしまうと。

別の日に大学の友達と話したときに、やはり彼女や姉、妹、母親にコブラツイストをかけてみた人間が続出したようで、いずれも「効かなかった」とだいぶショックのようす。仮にコブラツイストが効いたとしたらどうするのか知りませんが。

で、大学内につきあっているっていう後輩カップルがいたので、わけを話して彼女にコブラツイストをかけさせたら、確かに効かないでするりと抜けてしまう。彼女のほうは「何なの!」なんて言っていましたが、何のことはない、女性は肩幅が狭いので、かける男性の腕に肩が引っかからないので抜けてしまうのですね。女性の体が小さいっていうのもあるようです。

実につまらない話なのですが、そんなことで盛り上がれるのも若かったからなのでしょうね。

【今日の言葉】 女子プロレスでは女同士だし、体格もいいのでちゃんと決まるようですね


仕事とはおっくうなものなのです

あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。

ということで、皆さまはお正月をゆっくりお過ごしと思います。
仕事によって休みはそれぞれと思いますが、普通のサラリーマンであれば、早ければ4日から、遅くとも7日から仕事再開だと思います。
どうかそれまでゆっくり休んでいただきたいと思うのですが、仕事が始まるって思うとやはり気が重いですか。私も同じです。

「仕事とは本来憂鬱で億劫なものである」と聞いたことがあります。
全身全霊をかけて良い仕事をしているから、仕事のことを考えると億劫なのだそうです。
逆にいうと、仕事が楽しくてしょうがないっていうのは、良い仕事をしていないということで不幸なことらしいです。

仕事のことを考えるとネガティブな気分になるのが幸福というものらしいです。

仕事は面倒で辛いからこそ、休暇が楽しくて、そこに幸福感がたくさん詰まっているって言ったのはバートランド・ラッセルだったでしょうか。

ということで、連休が終わってしまうのが悲しくて、仕事が始まるのが嫌でしょうがないのは幸福な証拠らしいのであきらめましょう。
とりあえず連休の最後の最後まで楽しく過ごしましょう。

【今日の言葉】 そういえば楽な仕事でも楽しいと思ったことはありませんでした。これはいいことなのでしょうね



プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター