FC2ブログ

鬼滅の刃

鬼滅の刃っていうと少年ジャンプファン(ジャンパー)にはおなじみの人気コミックなんですが、アニメが始まってからジャンパー以外にも人気に火がついた感じです。かくいう私がそれなわけで。

アニメが始まったころからずっとコミックスで読みたいと思っていたんですが、書店にも古本屋にもAmazonや楽天ブックスにも在庫がない。あるとしても最新刊ばかり。「おぢさんは最初から読みたいのだよ!」って思いながら出かけるたびに本屋を覗いたのですがとにかく在庫が、ない。

アニメはとっくに終わってしまったごく最近、いつも行く小田原のダイナシティの書店で1巻から5巻の在庫を確認。集英社も一生懸命増刷したんですね。
アニメが良かったからって原作がその通りとは限らないってこともあるので3巻ぐらいまでを「試し読み」の感じでって手に取ったら奥さんがすっと4巻5巻を取る。「え?」と思って奥さんの顔を見たら
「マンガファンなんだからそういうセコイことをしないの!」って顔に書いてある。ちょっとひるみながら店にある5巻すべてを大人買い。

読み始めてみればアニメとはまた違った面白さにはまってしまいます。
5巻なんかすぐに読んでしまって6巻以降が読みたくなるのはマンガファンなら当然。6巻以降を求めて出かけるたびにうろうろ探し回ったのは言うまでもありません。
ところが意外なところで6巻以降を発見。地元のイオンの書店です。なんと最新刊の17巻までびっしりそろっていました!
前回「5冊の大人買い」をしたので今回もって10巻までの5冊を取ったらまた奥さんがまた「あの顔」をしている。
「WAONで買うから」って言って11巻から17巻を持っている。なんかコミックを買うたびにこちらはひるんだりしています。
レジに鬼滅の刃12冊をデーンと置いたら、レジのおばさんが驚いていましたが、「わおん!」とか言ったかどうかはわかりません。

というわけで最新刊の17巻までそろいました。

kimetsu01.jpg

私はマンガをじっくり読むタイプなのでかなり時間がかかるのですが、約1週間で読んでしまいました。

作者の吾峠呼世晴先生は、画力っていうかデッサンがいまいちだとか、特に人の顔の描き込みが淡泊であるとかの指摘があるようですが、マンガはイラストではないので必要以上の描き込みは不要だと思います。っていうかマンガの命は「構図」なんですよね。読者をストーリーに引き込む画面構成ができるかどうかが重要なんです。
富樫先生のセリフだけのマンガは別としても、頭文字Dやビーバップハイスクールの「人の顔と吹き出しだけ」のマンガではダメなんです。
作品は鬼との戦闘がメインなわけですが、吾峠先生の戦闘シーンの迫力は相当なもので、その構図構成、描写力、表現力はアクションコミックとして一級品だと断言できます。

そういう「鬼」との派手な殺戮シーンがあると思えば、主人公の竃門炭治郎(かまとたんじろう)の人の好さ、家族兄弟思い、仲間思い、忖度、我慢強さなど読む人に感動を与えるほど素晴らしいキャラクターに感情移入します。

奥さんも17巻を一気に読んだクチですが、富岡義勇ファンかと思ったら炭治郎の妹の禰豆子(ねずこ)推しだそうで。こういうキャラは他のマンガにないですからね。
ちなみに私は胡蝶しのぶ推しです。悲しい瞳でほほ笑む笑顔に萌えてしまいます(笑)

12月に入るとすぐに第18巻の発売になりますが、今からもう楽しみで、もう一度読み直しているところです(笑)

【今日の言葉】 感情移入できるとマンガはめっちゃ面白いです

スポンサーサイト



日田の梨

先日小田原のダイナシティに買い物に行ったのですが、イーストとウェストの施設それぞれは冷房がキンキンに効いていて涼しいものの、施設を移動するときは猛暑なので汗をたんまりかく始末。
なので買い物が終わってクルマに乗るときに水分補給ということで自販機で飲料を買いました。
うちの奥さんは梨が好きなので、これをしようと買ったのがポッカサッポロの「日田の梨」。

クルマに乗り込んでから早速飲んだのですが、奥さんは「これはおいしい!」と感動して「飲んでみる?」って言ったけど、会社にポッカサッポロの自販機があって何回か買って飲んでいるので断りました。
「そうなの?会社で売ってるんだ」
「これは130円だったけど、会社では110円だよ」
と教えました。会社では福利厚生の一環で自販機を導入していて、会社から補助が出ているのかちょっと安いのですね。
「110円?安い!それなら今度買ってきて!」って言われちゃいました。
そうなんです。「日田の梨」は果汁1%ながら、梨感あふれるテイストと天然水を使っているのかさっぱりとした飲み心地がはまります。

会社ではこんな感じで売っているんですが、私がいるフロアのジャパンビバレッジの自販機では売り切れになっていました。やはり人気があるんですね(笑)

hitanonasshi01.jpg

下のフロアにはポッカサッポロの自販機があるんですが、そこには2フェース入っていました。
早速奥さんの要望通り購入したんですが、お金を入れるときにこんなルーレットっていうかデジタルの数字ぞろえのシステムがあるんだなあと思ったのですが、

hitanonashi02.jpg

購入ボタンを押したら数字がパラパラ動いて「77778」で止まりました。
『やっぱり当たるわけないよね』ってお釣りを取ろうと思ったら末尾の「8」がカチャッと「7」に変化。
電子音楽とともにすべての商品の購入ランプがつきました。
「うわ!!当たった?当たったの?」と胸の中で大騒ぎ。まさか万歳をしながら飛び跳ねるわけにもいきますまい。

せっかく当たったのだから単価の一番高いもの、と言っても130円のペットボトル飲料ですが、それにしてもよかったのですが、そこは正直者なので、もう一本「日田の梨」を購入して「今回は2本で110円だった」と奥さんに報告。

hitanonashi03.jpg

その後も何本か買って、結局10本で990円ということに。1本あたり99円(税込)なら安いですよね(笑)

【今日の言葉】 職場に戻ってから「自販機で当たった~!」と同僚に自慢しまくったのは言うまでもありません。
え?あれって当たるものなの?っていうのが職場のみんなのリアクションでした

エアコン

リビングのエアコンが今年で14年目ってことで、今のところは問題なく動くのですが、うちは冷房も暖房もエアコンで一年中使うので冷蔵庫並みになければならない家電なので、転ばぬ先の杖ってことで買い替えることにしました。

うちではリビング以外の部屋も含めて何回目かの買い替えになるのですが、勤務先の関係で最初は日立製作所のしろくまくんを使いづづけていたのですが、日立のわりにはトラブルが多い(笑)
娘の部屋の日立エアコンは室外機の制御基板が壊れたとかで交換したことがありました。保障期間ギリギリだからよかったものの、制御基板が壊れるなんて製品はかなりやばいでしょう(笑)
ということで、その次にリビングのエアコンを買い替えたときは、日立は避けて東芝にしました。
東芝のわりとハイエンド機を選んだので、制御はきめ細かいわ、パワーはあるわ、省エネだわで非常に満足度が高かったんですが、3年ほどして除湿を使うと、本体裏側から水が垂れてくるっていうトラブルが。インターミッテントだったので、運用というか水が垂れたらふき取ることで対処していました。
実際13年間使えていたのだから品質としては悪くはないのでしょう。っていうか14年目に入っても、機能的には特に問題なく使えていました。
ところが、フィルターとかメンテナンスパーツの入手が困難になってきたので買い替えが具体化したのでした。

2013年に娘の部屋(最もそのころはすでに娘はいませんでしたが)を日立から三菱に機種変したらこれがすごくいい。リビングの東芝機よりずっといい。奥さんは完全に三菱・霧ケ峰のファンに。
ということで今回も霧ケ峰の指名買いです。まあ、そこはネットショッピングのベテランなので、うちのリビングに最適なスペックのエアコンを徹底的に調査し機種を決めていたのでした。

うちはエアコンや冷蔵庫、洗濯機などはネットでも量販店でもなく地元のショップに行きます。毎回エアコンを購入する店は決まっていて今回もそちらへ。
早速希望機種で見積もってもらいましたが、工賃混みで26万円って素敵な金額。
エアコンとか家電品はほとんどがオープンプライスになっているので、どのくらいの見積額になるか予想しにくいことがあるんですが、26万円は完全に予算オーバー。
ということでお店にいくつかのパターンで見積もりを作ってもらいました。そしたら、「機能は全く同じだけど、去年モデルなら20万円を切れます」っていうので、それに即決。去年のモデルって言っても製造年は去年だし、もちろん新品だしってことでデザインもほとんど変わらない感じ(個人の意見)だったのでそれにした次第。

工事予定日が来て早速取り付けとなりましたが、そこはショップなので工事は社員さんが来てくれて安心です。途中から社長もアシストに来ていろいろやってくれます。ところが新しいエアコンは200V機でブレーカーの対応が必要になりましたが、取り付け工事コミコミで必要パーツなんかも社長の一声で無料に。3時間ほどで取付完了。

aircon1901.jpg

新しいエアコンは、上下より前後っていうか奥行き方向の方がサイズ長い。ちょっと業務用エアコンのような感じ。なので風は真下から出る感じでとてもいいです。

aircon1902.jpg

この三菱・霧ヶ峰のロゴなんですが、私には「ミッキーマウスのようなネズミが2匹、キャッチボールをしている」ように見えてなりません。以前メモ帳に描いたことがあるんですが、こんな感じですね。

aircon1904.jpg

これもシミュラクラ現象なのでしょうか(笑)

【今日の言葉】 霧ケ峰ですが、購入は日立のショップです

DEOCO

高齢の方とすれ違うと、いわゆる加齢臭がその人からずっと尾を引いて臭うことがあります。思わず振り返るほど強い人もいたり(笑)
自分もそういう臭いが気になる年ごろなので気を付けようと思っているわけで、その対策ということでデオドラント製品にはいろいろと興味があります。その昔石鹸メーカーに勤務していたことがあるので、どういう製品が体臭コントロールに有効かは知っているつもりです。

そういうわけで、加齢臭の成分を最初に突き止めたという資生堂の「ジョイフルガーデン」という製品を使っていたのですが、使ってみればその日から「臭いが気にならなくなった」という奥さんのコメント。さすが資生堂はすごい!って思いました。

ところがこのジョイフルガーデン、あまり売れなかったのかAmazonでも売価が安いなって思っていたらいつの間にか商品が廃止になってしまいました。
なのでしょうがないから奥さんとシャンプーやボディーソープを共有して丁寧に洗うことを心がけていました。

そこへきて最近、ロート製薬の「DEOCO ボディクレンズ」が話題に。
女性向けデオドラントボディーソープなんですが、そのデオドラント効果とフローラル系の「女の子の香り」でおじさんたちの人気が爆発(笑)
250ml入りの「お試しボトル」はAmazonであっという間に売り切れたそうで長期欠品状態とか。

ちょっと興味があったので、近くのドラッグストアに行ったら普通に売っていました。こちらはお試しではない定番品の350mlですが。

Deoco01.jpg

女性は30代になると、10代20代にあったラクトンC10/C11という香り成分が減少してくるとか。このラクトンC10/C11が「女の子の香り」なんでしょうね。
具体的にはラクトンC10がキンモクセイの香り、C11がココナッツ、ピーチの香りだそうで、この組み合わせは「甘いフルーツフローラルノート」ってことになるのですが、個人的にはイメージとして女子の香りに結びつきません。

で、使ってみましたが、泡立ちが良くて洗い心地はとてもいい感じです。商品名をボディクレンズと呼んでいるだけあって、液は白泥(吸着剤)を含んでいるので液体コンパウンドのようです。っていうかまさにそれです(笑)
香りは予想通りのフローラルノート。これはカネボウナイーブや柔軟剤のレノアにもあったような気がします。
使用後は「女の子の香りでいっぱい」って感動するおじさんがいたとか聞きますが、使用後も普通にフローラルな香りです。
うちもそうなんですが、家族に女性が多い家だと普通にお風呂上りはこんな香りになるんじゃないでしょうか、って感じです(笑)
女性好みのフローラルノートなのでやはり女性向けに特化した製品だというのがよくわかりました。

ただ少しして気づいたのは、香り自体はそれほど強くなくても、その香りが長続きすること。おそらくこれが白泥の効果で、皮膚表面の角質のしぼしぼに白泥の粒子が入り込んで香りを保っているのでしょう。「8x4」とかと同じ理屈ですね。そういう意味ではデオドラント効果はかなりのもののようです。
「DEOCO」のネーミングに偽りなしと実感。

それを聞いた奥さんも早速使ってみたようですが、石鹸ではないので使用感はさっぱりして良好だったものの、肌がピリピリするって言っていました。ボディーソープとしての成分自体は低刺激なので白泥のせいかもしれません。

淡い香りのデオドラント製品が欲しかったところなのでもう少し使ってみようと思います。

【今日の言葉】 ロート製薬には男性向け製品「デ・オウ」がありますが、スパイシーで「気取ったオヤジ風」の香りなので私はパスです(笑)

ドラえもん

別に平成が終わるからというわけでもないのですが、昭和の文化にちょっとはまっていて、その一つにレトロゲームがあって現在絶賛攻略中なんですが、もうひとつ、読んでおきたいマンガ作品のひとつに「ドラえもん」があります。
ドラえもんというと「うちの息子がドラえもん博士っていうほど詳しい」とか会社でも飲み会で話題になったりしますが、私らは「オバQ、ハットリくん、パーマン」の世代でドラえもんはマンガ作品で読んだことがありませんでした。ただアニメとか映画ではおなじみなので、概要とか話とかは十分認識しているつもりです。が、アニメとマンガでは多くの人がいうように「作者である藤子・F・不二雄さんの思い入れが全然違う」という認識です。

というわけで、てんとう虫コミックスの単行本を大人買いしようと思ったんですが、なかなか書店に置いてないんですね、これが。
ということで、いつも行く小さな古本屋に行ったらコンビニ向けと思われる「My First BIG」のシリーズがあったので全部購入!

doraemon.jpg

33冊ありました。1冊55円。20冊以上まとめ買いで4割引きでした。
このシリーズは「選り抜き作品集」という感じなんですが、作品は1話完結だから、なにも第1回作品からシーケンシャルに読みたいってわけでもないのでこれで十分です。33冊もあれば藤子・F・不二雄ワールドを十分堪能できると思います。

数年ぶりか十数年ぶりの藤子・F・不二雄作品ですが、さすがと思いました。
まず絵が丁寧。その辺は赤塚不二夫さんとか藤子不二雄(A)さんとか石ノ森章太郎さんとかと大きく違うところ。特にしずちゃんの描き込みにはものすく丁寧さを感じました。
また少ないページ数でストーリーを完結させるための展開が秀逸。全作品を通しても主な登場人物は限れらているんですが、そのキャラクターもぶれが少ない。この辺はキテレツとかちんぷいとか他の作品も同様な設定なのでぶれないのかと思います。
さらにすごいのは、ドラえもんは「便利な道具」で楽をしたり失敗したりっていうのがメインな話なんですが、いずれも人間愛に満ちたタッチであること。このあたりが藤子・F・不二雄ならではの「人へのやさしさ」があふれていて、作品の最大の魅力でしょう。

とは言え、まだ買ってから10冊ほどしか読めていません(笑)
ただその中でも感心するほどよくできた話や、その時代ならではの人間愛の作品があったりして、子供たちは理解できるのかなんて思ったりするのですが、「のび太の結婚前夜」というエピソードは泣けました。

のび太が本当にしずちゃんと結婚できるのか不安になって未来に行って覗いてくるのですが、・・・・・ネタバレなのでここではやめておきます。(調べればマンガのページスキャンしたものがアップされているし、映画にもなったのでウィキペディアにもあるようです)
多分、自分の娘をお嫁に出した父親なら感激・共感できるんじゃないでしょうか。
っていうかもしかしたら藤子先生が娘さんをお嫁に出したときに思ったことを作品にしたのかもしれません。
もっとも藤子先生にお嬢さんがいたかどうかは調べるつもりはないです(笑)

そのほか薬殺が決まった戦時中の象を救う話とか、そういう話がわりと出てくるドラえもんはなかなか侮れません。話によっては手塚治虫さんを超えているんじゃないかと思います。
作品は作者そのものってよく言いますが、藤子・F・不二雄さんは人間的にも素晴らしい方なのがよくわかります。
そして藤子・F・不二雄さんが伝えたかったことがすべてドラえもんに入っているような気がしてなりません。

【今日の言葉】 藤子先生の分身がのび太で、ジャイアンやスネ夫の一面もあるのでしょう。そして理想の彼女がしずちゃんで、自分の願望がドラえもんなのでしょう。この作品は藤子先生そのものですね。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター