インフルエンザ2018

当ブログではご無沙汰をしておりました。っていうかインフルエンザでダウンしておりました。

先週日曜日の夜に鼻が痛くて眠れず、マスクをしたんですが今度は息苦しくて眠れず。月曜の朝は寝不足なところに来て完全な風邪の症状、しかも37度と低体温児の私としては微熱がある、ということで、仕事もそれほど忙しくないのでお休みをいただくことに。
寝不足だったので今日一日ゆっくり寝て、明日は元気に出社!って思って布団にくるまったのですが、微熱と思った熱がなかなか下がらないどころか38度越え。とりあえず熱冷ましの頓服錠を服用。

翌日火曜日も症状は余りよくならず、熱もあまり下がっていないので午後にかかりつけの内科クリニックへ行きました。

このクリニックはなかなかはやっていて待ち時間が長くて有名なんですが、受付で「インフルエンザかも」っていうと、通常待合いではなく「インフルエンザ待合い」にシフトされます。
「インフルエンザ待合い」はベッドが3つあって、インフルエンザ患者はここで寝て待つわけで、途中綿棒で鼻をぐりりとやられてインフルエンザの検査をされるわけです。ただ寝て待つのも体の痛みがそろそろ来ているころだったのでわりと辛かったです。
待ち時間自体は通常待合いと同じなので45分かかりました。ようやく医師が来て下さり「A型ですね。薬は4種類あって、タミフルとリレンザとイナビルと・・・。どれにする?」と。
いつものように「先生のお薦めで」って言えばいいのに、薬としてイメージできたのはタミフルだけだったので「それではタミフルで」って言ったのですが先生はちょっと残念そうでした。

tamiful2018.jpg

家に帰ってきて奧さんに話したら、
「どうしてイナビルにしなかったの。タミフルは朝晩飲んで5日間かかるけど、イナビルはスッと吸い込んで1回でおしまいだよ」
なんだそうだったのか、そういえばほとんど毎年インフルエンザに罹っていた娘がイナビルにして簡単に治ったって聞いたような。
タミフルは今世紀に入ってから保険適用になって人気が出たけど、今となっては「古典的インフルエンザ治療薬」なんだそうです。吸引に自信がない人しか使わないって。もう完全に情弱ですね(笑)
とにかく直ぐにタミフルを飲んだら、翌水曜日の昼には熱が下がり始め、木曜朝には平熱になりました。ただ体の痛み、特に背中とかの皮膚のひりひりとお腹のゴロゴロが残っていて、まだインフルエンザは消えていないってことで、5日間タミフルを飲み終えるまではインフルエンザ患者のまま、だそうです。

その木曜日に今度は奧さんがのどが痛いって言いだしたらとたんに38度の熱。
なので今日金曜日の昼前に同じく内科クリニックに連れて行きました。1時間半経って診療が終わったって連絡があったので迎えに行ったのですが、クリニックの前で30分またされました。「インフルエンザ待合い」が3つではとても足りず、追加設定されていてそれでも足りない状態だったとか。

奧さんもA型だったそうですが、治療薬はイナビルにしたと。2パックを吸引するのですがそれで「インフルエンザの治療は終了」したそうです。あとは安静にするだけだそうで、帰ってきて少し遅い昼食を取って、今はベッドで寝ています。

それにしてもイナビル、リレンザって聞いても何のことか分らなかったのが敗因です(笑)
っていうか「タミフルが特効薬」って刷り込みがあったから。
って調べてみたら、前回インフルエンザに罹ったのが2011年2月で7年前、その前が2005年の2月でその6年前。さらにその前が1997年みたいです。個人的にめったに罹らないので罹ったときには知っている情報が古すぎるのでしょう。

【今日の言葉】 次に罹ったら必ずイナビルにしたいと思いますが、その頃はまた治療は進歩して変っているんだろうなあと思います
スポンサーサイト

明治おいしい牛乳

かなり昔から健康のためというか牛乳を飲むようにしていたのですが、いつも決まったブランドはなかったし、1リットルを買ってもついつい飲むのが遅くなって消費期限切れになったり。要するに牛乳を飲むことにそれほどこだわりはなかったのです。

ところが明治の「明治おいしい牛乳」を飲んでからは「本当においしいなあ」ってことで牛乳を飲む習慣ができて、しかもコーヒーを飲むならこれでカフェオレにしたり、あるいはホットミルクにココアを入れて飲んだりと、値段は230円前後ってことで、一般的な牛乳より高めだったのですが、「おいしさ」という付加価値の存在は大きく、200円前後で特売していると2本買ったりっていうほどのファンで、我が家的には盤石な存在でした。

ところが先月あたりから、新容器に切り替わりました。

meijioishii.jpg

確かに開けやすく使いやすいのですが、900mlと内容量10%少なくなっています。
たまたま198円とかで売っていたので、「新容器で内容量が減ったので価格も下がった」と解釈していつもどおり購入。
ところが数日すると旧容器時代の230円前後に戻っている。
これって実質的な値上げ?って思ったのは言うまでもありません。

明治のサイトを見ると、
・新容器でおいしさを保持
・容器が細くなったので力のない人でも持ちやすい
・1000mlだと飲みきれず捨ててしまうことがあるので900mlにした
・利便性をアップさせた上で価格据え置き
とか身勝手なことばかり書いてあって、読めば読むほど腹が立ってきますね(笑)

牛乳なんて庶民が飲むもので、その庶民っていうのは安ければ多少遠い店でも行くわけで、メーカーが上記のような勝手なことを言って消費者を無視したような「実質的な値上げ」をされたのではディスりたくもなります。

ということで、よく行くスーパーにはそのスーパー向けに開発したいわゆるプライベートブランドの牛乳があって、成分とかを調査したら「明治おいしい牛乳」の「無脂乳固形分 8.3%以上、乳脂肪分 3.5%以上」という仕様に限りなく近い製品が158円で販売されている。特売の時はなんと「お一人様3本限り:1本148円」で売られている。
試しに買ってみれば、成分表示が「明治おいしい牛乳」が近いだけに味もほとんど変らない。温めて飲めばほぼ一緒と判明。

当然「明治おいしい牛乳」からこちらに移って、我が家では「明治おいしい牛乳」を買わないことに決めました。
ファンが多いから支持されていると思っても、あまり勝手なことをやるとファンは離れるっていう典型ですね。
スーパーでも「明治おいしい牛乳」のフェースがずいぶん減っているのを見ると売行きが落ちているみたいです。

以前いた石鹸メーカーでも、インプルーブ(改良新発売)とか言ってメーカー都合で商品改良したものの、ユーザーにとっては改悪になることもあり、負のイメージを与えると一気に売れなくなるっていうケースを何回も経験しているので、「ユーザーがこの商品のどこを支持しているのか」をよく認識して「やってはいけないこと」をよく理解しないと顧客離れは一気に進みます。

ちなみにプライベートブランドの158円牛乳なんですが、これがおいしくて、行くたび3本とかまとめて購入しています。
「安くておいしい」というか「安いからおいしい」というのがあるのかも知れませんが、これが我が家の「おいしい牛乳」になっています。

【今日の言葉】 値上げなら値上げとシンプルに言ってくれれば協力しないでもなかったのですが

矯正ストレッチ

会社では一日PCの前にいて、家に帰ってまたPCの前って状況なのでどうしても姿勢が悪くなります。
奧さんにも「最近は首が前に出ているようで猫背がひどい」と言われる始末。

なるほど気をつけようと思ってはいるのですが、風呂から出て鏡を見たら、自分では背筋を伸ばしてまっすぐ立っているつもりなのに背中が丸い。うーん、これはまずいな。

ということで、どうしたらいいのかネットで検索したら、10秒で猫背を矯正できるストレッチっていうのがあったので半信半疑ながらやってみました。
要領はこんな感じです。

(1) イスに座る
(2) 両腕を上に上げる
(3) 腕を上げたまま5秒キープ
(4) ゆっくり腕を下ろす(太ももの上に置く)
(5) 肩の力を抜く(5秒間)


と、約10秒間のストレッチ

やってみたらあら不思議、背中がシャキンとまっすぐになって猫背が矯正されている!
早速奧さんにも確認して貰ったら「あ!まっすぐになっている!」って。
そうか、この感じがまっすぐな背中なのねって脳内メモリーにSAVEしたのは言うまでもありません。

このサイトの院長先生は、「猫背にならないよう気をつけるのは難しいです。ていうかムリです。特に集中しているときなんかどうしても猫背になるもんです。これは仕方ありません。」って言い切っているところが信頼できる先生のようです。

ところが15分ほどこの「矯正モード」でいたらなんと腰が痛い。背骨と骨盤の接続部分。
ああ、猫背の原因が骨盤の傾きにあるってことだったのですね。

別に激痛というわけではないので、この痛みが気にならなくなるまで姿勢のキープを心がけようと思います。

【今日の言葉】 ちょっとしたストレッチで簡単に治ることもあるのだなと感心しました

登記完了証受け取り

住宅ローンが終わったときに銀行から「担保の抹消手続き用の書類を受取りに来てください」って言われて取りに行ったのですが、司法書士に依頼だけでもかなり面倒とか思っていたら、自分で簡単にできるって情報を聞き、必要書類を持って法務局に行ったら、相談員っていうおそらくボランティアのおじいさんがいて、「相談」したら15分で手続き完了であっけにとられたって話は以前の当ブログで話題にしました。
司法書士に依頼すると5000円から2万円ほど掛かるのですが、必要書類を揃えて相談員のおじいさんのところに行けば印紙代の2450円で済んでしまうという話。

相談員の方がOKをだしてまとめてくれた書類を窓口に提出してチェックすること30秒で、「手続きが完了するのは6月9日になります。この日以降なら登記完了証をお渡しできますので、今日使用した判と同じものをご持参ください」って言われて約2ヶ月、平日だしなかなか法務局に行く時間が取れなかったのですが、先週末についに行ってきました。

家から湘南二宮法務局まではクルマで20分かかるのですが、建屋の2階の窓口に行って判子を渡したらすぐに後の棚から探してきて渡してくれました。2分で完了です。

toukikanryoushou.jpg

この紙をもらうだけでわりと面倒なことをしてきたわけですが、司法書士に依頼とかしないで、最短・最低料金で出来たのでそれなりに満足しています。

「抵当権の抹消手続きは、相談員の方がいる法務局であれば印紙代だけでできます」と強調しておきましょう。
行政手続きはどんどんシステム化されて、手続きも簡単になるので「士業」の人はきびしくなるでしょうね。

【今日の言葉】 法務局職員の「顧客」に対する明るさ、親切さ、丁寧さにまた驚いてきました。国家公務員のみなさんは頑張っていますね

さらばPHS

自宅周辺のPHS基地局が撤去されていて自宅ではPHSが圏外になる話は以前当ブログでもお知らせしました。

その件をワイモバイルのサポートとのやりとりはスマホ購入の記事でお知らせしたとおり。

ということで、残る手段は解約しかないということで、解約書類を送ってもらおうと再度ワイモバイルに連絡したところ、ショップで解約手続きをしていただいて、ワイモバイル側都合の解約なので後ほどその料金をお返しする形になるとのこと。

それならって、今日は「これに行かなきゃ夏は始まらない」という河口湖の大石公園にラベンダーを見に行き、帰りに小田原のワイモバイルショップに行って手続きしてきました。

窓口担当のお兄さんは、PHSの基地局撤去を認識しているような感じで、解約手数料なしでできる件は本部サポートと話がついていると言ったらすぐに手続きしてくれました。解約料ペイバックではなく、手数料なしでやってくれたのでその後の面倒がなくて良かったです。

やはりショップなのでワイモバイルのお得なスマホを薦められましたが、「もうイオンモバイルに入っている」って言ったら笑っていました。どうしてイオンモバイルを選ばれたのかっていうので、解約手数料がないのでって言っておきました。お兄さん、笑顔を返すしかすべがないという感じでした。解約手数料が発生しない安心って大きいですよね。

ということで、解約手続きが簡単にしかも向こうの都合なので当然なんですが、無料で済んで良かったです。
これで11年半続いたウィルコムPHSとの縁が切れました。
っていうか、PHSとはその前に1997年からDDIポケットの「たまぴっち」を使い始めたからの縁で、その後ASTELとかYozanとかしぶとくPHSを使い続けてきました。ちょうど20年使っていたことになります。

解約手続き直後はまだ電波が入っていたので、いつ使えなくなるのかね、なんて言っていたのですが、家に帰ったら「圏外」もつかない。

Cancellation.jpg

おお、と思ってスマホからPHSに電話してみたら、「電波の届かないところに・・・」ではなく「おかけになった番号は現在使われていません・・」になっていました。
ついにPHSとの縁が切れた瞬間でした。わりとすぐに解約処理をしてくれたので感心しました。

20年使い続けたと言ってもただの電話サービスなので、感慨とか感傷とかあるわけもなく、いきなり使えなくなったことがただただ残念なだけです。
あれだけ使いたがらなかったスマホですが、5日間使ってみてわりと楽しいということに気づいたので、PHSの20年と基地局撤去の残念はすっぱり忘れてスマホを楽しもうと思います。

【今日の言葉】 PHSだけでなく、携帯の3Gを含めて「古くなったサービスはいずれ終わる」ということを学べた感じです
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター