FC2ブログ

Ubuntu Studio

前回のPC不調の話題、セカンドマシンのトラブルでマザーボード+CPUを入れ替えてみたけど、それが原因ではなかったって話だったんですが、まだ問題なくしっかり動くPhenomII 、メモリ12GBを遊ばせておくのはどう考えてももったいない、何とかならないか考えていました。

そういえば廃棄待ちのケースがあったなってことで引っ張り出してきてきれいに清掃。ちょっと古いけど予備の電源もあるのでそれを使って、さらにHDDは10年前のIDEですが、これまた廃棄のためにホワイトニングをしたものの、捨てることができずに保管してあったので、いろいろ集めてPCを組んでみました。

OSはどうしようか、もう1本Windowsのライセンスを持っているんですが、遊びで立てるPCなのでこの際だからUbuntuを入れてみようかと。
素のUbuntuはデスクトップPCとして完璧すぎていじりがいがないので、Ubuntu Stadioを入れてみることに。

PC19-11.jpg

数年前に一度試したことがあるんですが、クリエイター向けディストリビューションとは言え、内容はあまり充実していなくてそれほど使えると思えませんでした。
絵を描く趣味を持っているので、ペイントソフトやドローソフトに関心があるのですが、GIMPやInkscapeだけでは物足りなかった次第。

ところが19.04のディストリビューションにはサウンド系、画像系、映像系のソフトなど、それこそDVDが目いっぱいになるほどびっちりと入って、それを1個1個試すだけでも相当な楽しみです。中でもお絵描き系のソフトである「Krita4」が入っていてその使いやすさにびっくりしています。
昔のPainterやOpennCanvasのような感じ。

PC19-12.jpg

こんな素晴らしいソフトとOSが無料で使えるなんてすばらしいじゃないかってテンションを挙げたのは言うまでもないのですが、使う限りは他のPCとデータ共有とかしたいですよね。

かつてのDebianとかUbuntuには「Samba」っていうWindowsネットワークに接続する環境が実装されていたんですが、Ubuntu Studioにはリポジトリにさえもない始末。

しょうがないからubuntuお約束の「apt」を端末でたたいてインストールです。
昔はSambaがインストールされているとGUIでいろいろ設定できたし、フォルダを右クリックして「共有」を選ぶと簡単にWindowsとデータ共有できました。できたんですが、今はそういうGUIさえも提供されていません。「apt」でインストールしようとしても「そういうのウチないから」ってエラーを吐きます。
どうしてUbuntuはWindowsと接続することにここまでやる気をなくしたんでしょうね。

しょうがないのでCUIの手作業で共有ユーザの追加やフォルダのパーミッションを含めた共有設定をやりました。ひっさしぶりでUnixのコマンドをたたきまくった感じです。

ところがなかなかうまくいかない。ぜんぜんWindowsと共有ができないんです。どうしてだろうって原因を調べることまる一日。
結局「smb.conf」の書き方の問題とわかりました。共有するフォルダの属性をすべてsmb.confに書かないと共有してくれないってことだったのです。

フォルダを10個共有するのなら、その10個分の設定をすべてsmb.confに書いてやる必要があったのです。ちょと考えただけでうんざりするほど面倒な作業。
もちろん苦労してそれをやって今は快適にファイル共有していますが、これほどの面倒さと苦労って必要なことなのって思いました。マジ。

【今日の言葉】 ノベルのNetWareが全盛のころ、Windowsネットワークはディスられまくっていましたが、今は一番使いやすいようです。ただ強力すぎてセキュリティリスクが高くなり、最近は「ネットワーク」を開いても近隣のマシンは見えないようにしていますよね(笑)
スポンサーサイト



PC不調(続き)

前回の記事では、原因不明の「シャットダウンしています」でPCが強制的に電源断になって何もできないということに悩まされ、おそらく10年選手のマザボが原因であろうということで、最新のインテル Core i5 第9世代CPUに交換したのですが、交換直後に全く同じ現象に出くわしてしまい、貧乏人が思い切ってかけたコストが無駄になるという悲しいお話でした(笑)

PC電源は交換したばかりのもので、試しに別の電源を入れてみたけど現象変わらずを確認済みです。

となるとあとはWindows7時代から引き継いでいるSSDに入ったOSが怪しいということになります。

最新CPUに対応したマザボなのでUEFIのBIOSになっています。そういうことなら少しでも最新に交換した証を残したいってことで、怪しいSSDに入ったWindowsを一度クリアして、SSDも初期化して、AHCIによるUEFIインストールをやってみようと。
今の会社のPCがこれで、起動もシャットダウンも爆速なのでいつかはやってみたいって思っていたんですが、ついにその時が来た!ということで、購入したパーツが失敗にならないよう何とか意味づけしたい、っていうのがありますから(笑)

ということで、UEFIインストールすべくWindows10メディアをUSBに作りました。

PC19-07.jpg

そこでマザボのBIOSでUEFIモードを設定して、このUSBを差したまま再起動。
「UEFIインストールをしますか」みたいに聞いてくるのかと思ったらいきなりWindows10のインストールが始まりました。
毎度おなじみのインストール画面なので特に問題はありません。
15分もかからずにすべて終了。まさに「こともなげ」な感じでした。

新しい1903のWindows10もすんなり起動して、「msinfo32」を起動すればほらこんな感じでUEFIで起動できていました。

PC19-08.jpg

と思ったその時、やはりまた出ました「シャットダウンしています」の画面。心が凍り付きます。

マザボ、CPU、メモリ、電源、SSDと問題ないとしたら、あとは筐体、PCケースか?って、まさかなって思いますよね。
絶望しながらPCの再起動を待っていたんですが、BIOS起動の「ASUSロゴ」を見ていたら、その時点でまた電源が落ちる。

これは重傷だなって思ったんですが、「ひょっとして電源スイッチ?」
と思ってフロントパネルを外して電源スイッチユニットを見たら固まったホコリが詰まってしまっている。
湿ったような綿ボコりが、電源スイッチの2本の線に絡まっている。
「まさか、これでショートした?」
結論はそのまさかだったんです。

絡まった綿ボコりを綿棒で丁寧に取り除き、二本の線がショートしないように絶縁しました。
その後電源投入したらあら不思議ものすごい安定感。
とりあえず2時間ほどのヒートランっていうか耐久テストをやりましたが全然あの悪魔のような画面は出ません。
その後1時間以上使いましたが、全然問題なく快適に動いています。

どうやら解決したようだということで奥さんに報告。
「15年も使っているPCケースなんだから、電源スイッチもヘタるでしょう。PCケースを買い替えたら?」
って毒を食らわば皿までなのか、どうせ散財したんだからとことんやっちゃえ的なお言葉。確かにこの際だから世代交代した方がいいのはわかる。
その後PCケースをじっくり探しましたが、貧乏人的観点から8000円ぐらいのものがコスパがよさそうと。

ただね、新しいPCケースへの引っ越しってすごく大変だし、その間PCが使えないのでできればやりたくないのが本音。
歳をとると体力的にもきついんですよ(笑)
古いPCケースの廃棄の問題もあるし。面倒くさいですよね。

ということで、ひょっとしたらってことで調べたら、売っていました電源スイッチユニット。

PC19-09.jpg

Amazonでは500円ぐらいで買えるものもあって、これの交換なら簡単に済みそう。
っていうか、初めから電源スイッチの不具合ってわかったのなら500円のパーツ交換で済んだのかよ、って思うと悲しいです(涙

新しいマザボにはキーボードからPC電源を入れる機能があってそれを選択すると「Ctrl+Esc」でPCの電源が入ります。
っていうか、この機能を使えばマザボの「Power」コネクタを引き抜いても構わないじゃないですか。
要するに「電源スイッチを使わない」という選択が可能で、500円のパーツ交換さえも不要になる素晴らしさ。
それなら新しいマザボを買っておいてよかったじゃないって奥さんに言われそうです。

PC19-10.jpg

ということで、原因もわかって、根本対策的には電源スイッチユニットの交換が最も低コストな対策なんですが、マザボの機能で電源スイッチ使用を回避できるってことで、その状態で使うことにしました。

今回の「シャットダウンしています」の画面が出て困っていた時に 「まるで見えない誰かがPCの電源スイッチをポチッと押すいたずらをしている感じです」 って言っていたわけで、電源スイッチがショートして、まさにその「誰かがスイッチを押した状態」で、そこで気づくべきでしたね。
でも原因がわかってみれば今回のトラブルシューティングは楽しかったし、最新のWindowsやハードの勉強になりました。
とはいえ、現実の「リアルミステリー」なわけで、やはり小説よりも奇なりって言っておきたいです(笑)

ちなみにCore i5 9400はその型番通りオーバークロックに対応していませんが、Superπではオーバークロックしたi7 3770Kより好成績でした。20%ほど。
Superπはシングルタスクで走るので高クロックほど有利って言いますが、4.4GHzのi7より2.9GHzのi5の方が成績が上って、おそらくメモリの違い(DDR4とDDR3)と思っています。
あまりベンチマークには関心がないので、力の入った言及ではないのですが、第三世代と第九世代ではこれほど違うのだ、っていうことですね。大した情報でなくてすみません(笑)

【今日の言葉】 本当に霊が出てきて電源スイッチを押しても、線を抜いてあるので大丈夫です

PC不調

家ではメインで使っているPC(CORE i7-3770機)のほかに、データ管理とかを行うサブ機(PhenomII-X6 1090T機)があるんですが、先日電源を入れて席を立って戻ってきたら落ちている。
あれれ、って思ってもう一度電源を入れたんですが、Windows10が起動してログイン画面になったかと思ったらこんな画面が。

PC19-01.jpg

何これって思ったのは言うまでもありません。勝手にシャットダウンしやがった!って感じです。

しょうがないので電源再投入したら何とか起動したのですが、作業をしていたらいきなりまた「シャットダウンしています」って上の画面に。
まるで見えない誰かがPCの電源スイッチをポチッと押すいたずらをしている感じです。(っていうか私のこの部屋は時々出るんですがね。いや本当。 普段はぼうっと立っているだけで電源スイッチを押したりはしません(笑))

実はこのPhenomII機、この夏で10年目になって、頑張るなあ、もう少し頑張ってねって思っていた矢先なんですが、CPUは別にしてもマザボはキャパシターとか使っているわけで、10年ぶっ続けの使用は寿命も来ようというわけで致しかたないかもって思います。

ただ現象としては「通常のシャットダウン処理」なのでイベントログにも引っかからず原因不明。しかもインターミッテントに発生するといういやらしさ。まあハード不良の初期ってそういうものかもしれません。
いっそのこと「ブルー画面」になってくれた方がエラーコードとか表示するので調査のしようもあるというもの。困ったものです。

ってことで、やはり原因はマザボの寿命と考えられるので、そこは貧乏人の思考でマザボだけの交換も考えたのですが、AMD785Gチップセットのマザボなんか今更手に入るわけもなく、中古ではまた同じことが起きないとも限らないので、ここは清水の舞台から飛び降りるつもりでPC買い替え、と行きたいところですが、最小限のパーツであるCPU、マザボ、メモリの買い替えだけにすることに。飛び降りたの舞台ではなく脚立ぐらいでしょうか(笑)

で、今回買いそろえたのはこれです。

PC19-02.jpg

このPhnomII機は、AMD派として最後の砦だったんですが、やはりパフォーマンスと省電力のバランスからインテルにしました。
ただCORE-i9やCORE-i7はオーバースペックなのでCORE-i5で、しかも第9世代。i5としては最新鋭ですね。

早速購入品をチェックしましたが、CPUのリテールクーラーを見てこれかよ!ってことで、CPUクーラーを別に買い増し。

PC19-03.jpg

マザボは久々のASUSなんですが、小さくてびっくりです。CPUクーラー虎徹IIを付けたらこんな感じ。

PC19-04.jpg

ただ虎徹IIが予想以上に大きくて、組み立て作業をしていて古いPCケースに収まるのか不安でたまりませんでした。収まらなかったらケースの蓋を改造して、ランエボのパワーバルジのようにしよう、なんて思ったのですが、ぎりぎり収まりました。余裕は数ミリ(爆

PC19-05.jpg

さて、そんな感じで新しいマザボ、CPU、メモリ、CPUクーラーに取り換えて電源オン!
普通に起動しました。やれやれ。

って思ったらWindows10が起動して数分、

PC19-06.jpg

また来ました。原因はマザボではなかったようです(涙)

To Be Continued・・・・・

【今日の言葉】 対策のための約4万円の投資が無駄になった瞬間の絶望をお察しください

モデム故障?

うちではまだBフレッツを使っています。快適です。今年で15年目になります。
来年1月にはBフレッツのサービスが終了するそうですが、終了するまで使おうと思っています。それほど快適でお気に入り(笑)
うちのBフレッツはマンションタイプというやつで、電話線をスプリッターで分岐させてモデムを接続するだけなので簡単に接続できるのもお気に入り。いわゆるVDSLってやつですね。

ところが先日、奥さんがYoutubeの動画を見ていたらいきなりくるくると矢印が回りだしてダウンロードできなくなりました。
画面右下のインジケーターではネットアイコンに黄色三角のマーク。「インターネットの接続がありません」の状態。

あれれって思って他のPCを確認したらいずれも同じ状態。
ルーターで調べてみても異常なし。ルーターにログインしてステータスをチェックしたらインターネットは「未接続」。
モデムをチェックしたらLINE、LINK/ACTがついていないじゃん。

modem1901.jpg

これはモデムの故障なのでしょうか。
まあね、このモデムは15年間ずっと電源入れっぱなしだし、筐体の上側は変色しているし、かなりくたびれています。液体を封入しているキャパシタを使っているようですが、15年なんてとっくに寿命を超えている感じもします。

ということで、翌日さっそくNTTの113センターに連絡です。
NTTでは局側から回線状態をチェックしたそうですが、モデムの故障だと思ってつないでいなかったのでモデムまで信号が届いているのか確認できないって。
連絡したのは奥さんでモデムの接続ができないので翌日NTTのサービスマンに来てもらうことに。

で、翌日来てくれたそうですが(私は会社なのでLINEで状況連絡待ちです)再度局側から確認したところ、Bフレッツマンションタイプの回線終端装置まで信号が届いていないのが判明。
要するに光ケーブルをVDSLに分配する装置の故障。どうやら寿命だそうです。
工事はその装置の交換となったそうで、小一時間かかったとか。
工事が終わってうちのPCから接続確認したけどつながらず。なんでって思ったら回線終端装置が起動していなかったそうです。大丈夫か?
回線終端装置をちゃんと起動したらネットは問題なくつながりましたとさ。めでたしめでたし。

回線終端装置は1台で15世帯をカバーするそうなんですが、うち以外は連絡がなかったって。他の家庭ではBフレッツを使っていないのかなあと思いました。

会社から帰ってきて私もネット接続を確認しましたが、待てよ、これまでよりちょっと快適じゃないか?と思ってスピードテストをしてみたら、

modem1902.jpg

これまでは36Mbps程度だったのに1.5倍の速度向上です。VDSLのマンションタイプで実質性能がベストエフォートの53%ってなかなかです。
交換したのはNTTの設備なので、こちらの金銭的負担なしに性能向上してとってもうれしいです(笑)

ということで、このおんぼろモデムはまだまだ頑張らないとだめなんですね。考えてみればすごいモデムではあります(笑)

【今日の言葉】 他の家庭で使わないからうちだけ性能の恩恵を受けているのかも(笑)

CPUクーラー交換

久しぶりのPCの話題です。
この夏は猛暑だったわけで、セカンドマシンとして使っているPCは8年目に突入しているんですが、Phenom Ⅱ X6 1090Tのマシンで、OCとかしないで定格で使うからリテールクーラーで十分って思っていたのですが、この夏はPCから出てくる熱がものすごく、CPUファンのノイズがすごい。
これはファンが回る音というより、ゴーゴゴゴーって振動がすごい。PCケース全体が振動でうなっている感じ。
ああ、リテールクーラーファンのベアリングがいかれているのかもって感じです。

とはいえ、もともとAMDファンだったのに、いつの間にか1台、また1台とインテルに代わってしまって、このマシンは最後のAMD機になってしまったので8年目とはいえまだまだ使いたいって思っているわけで。

ということで、口コミをあさって音が静かで冷却能力の高いというCPUファンを購入してみました。

18cooler01.jpg
18cooler02.jpg


クーラーマスターの「HYPER 412R」というクーラー。
クーラーマスターの製品はサイズなんかと並んで老舗というほど有名なんですが、メーカー名だけでもなんか相当冷える感じがします(笑)

なるほど、これまで釜クロスとか兜クーラーとか巨大なクーラーを使ったことがあるんですが、それにも負けない大きさながら、サイドから風を当てるので、熱を吸った空気はそのままPCのケースファンに排出される感じでフロー効率が良さそうです。

取り付けもインテル用とAMD用のブラケットが付いている新設計。
なのですが、Phenom ⅡなどのAM3に取り付けるには、マザボに元々付いている水色の枠を外してマザボの裏にブラケットを取り付けなきゃならない。ようするにマザボをケースから外さないと取り付けができない。これは個人的には大工事です。
なので時間がたっぷりある休日に作業することにしました。

古いリテールクーラーが付いていた時がこんな感じ。

18cooler03.jpg

ケーブルがゴチャごちゃしていてマザボを外すのがかなり面倒な感じです。この面倒さが大工事なわけで(笑)
でもマザボを外してしまえばこちらのもんで、クーラーの取り付け作業は滞りなく進みました。

18cooler04.jpg

で、またマザボを戻すんですが、ケーブルがじゃまなので、それならこの際だからケーブルの整理もやってみようってことで、ネットでコツを調べたらノウハウがいろいろありました。

・電源のメインケーブルは裏から回す
・グラフィック用の12Vケーブルも裏から回せばマザボ上を這わない
・HDDの電源ケーブルも裏から回し、SATAケーブルも余分は裏へ
・ケースファンの電源ケーブルはマザボの下に通す
・使用しない電源のケーブルは束ねて裏に格納
・ケースのP/ON線とかLED線はねじりっこでくるくる束ねる
などなど。

15年前に購入したケースなので、裏に回したり、ケーブルを通す穴があるのかなと思ったらちゃんとありました。
で、こんな感じになりました。

18cooler05.jpg

こんなにすっきりするなんて驚きです。マザボの上にケーブルは全く這っていません。
奥さんがケーブル整理前後の写真を見て大笑いして「これはまさにビフォーアフターだね(笑)」って。

冷却効率がいいクーラーのおかげなのか、ケーブルを整理して空気の流れが良くなったせいなのか、Phenom Ⅱはアイドリング時でこれまで45℃あったのが32℃に冷えながら、ほとんど騒音はしません。
作業はちょっと大変だったのですが、これほど効果があるとうれしいですね。満足感ひとしおです。
これだからPCいじりはやめられません(笑)

【今日の言葉】 15年前のものとはいえちょっと高かったケースなので、ケーブル収納ができる作りだったようです。15年間まったく気が付かなかったけど(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター