PCトラブル--その2

PCトラブルの話題ですが、前回は明示的に「その1」としたので、2があるんだろうと思われたと思います。そうなんです2があるんですということで今回はその2です。

前回の通り、奥さんのPCのトラブル対策は「一難去ってまた一難」という感じで対応してきたのですが、その一難ごとの調査に私のPCを使うわけですが、SSDに交換して以降、奥さんのPCの起動の速さが驚異的で、自分のPCはなんて遅いんだって起動するたびに思っていた次第。
まあSSDに比べればHDDは遅いさって思うんですが、それにしても遅い。
OSロードが遅いのならやはりHDDとSSDでは勝負にならないともいえるんですが、電源投入してからBIOSの画面が出るまでが遅い。

これってHDDの認識が遅いのかと思います。やたらHDDがBIOSに認識されるまでガリガリ言っている。
HDDの音って本当にいやなもので、「ああ、これは早めにデータのバックアップとかしなきゃな」とか思って目の前に付箋を付けたり。

pctr2018-01.jpg

ところがその次の日、その日2回目の電源投入でPCが起動しなくなりました。ブートマネージャーが見つからないってエラー。

まあね、ブートマネージャーが見つからないとかWindowsが見つからないとかいうのはOSローダーのファイルが壊れてその先に行けない場合に「よく出るヤツ」なのでそれほど慌てません。
おそらくMBRのセクタか何かが壊れたのだろうってことでWindowsをDVD起動して修復ユーティリティーで起動周りの修復をします。
問題のMGRが修復できないので、別のディスクのMGRで修復したみたいです。

おお、これでWindowsは立ち上がるぞって思って再起動したら、BIOSの画面でHDDが1台認識しないのが判明。
ああ、なるほどそういうことか。認識しないHDDにMBRというかブートマネージャーがあったのね、って感じ。
OSはその認識しないHDDではないところにあるので普通に起動。やはり認識しないHDDのドライブは参照できない。
って?!このHDDは一番重要なデータがあるHDDでした(恐

パーティションを3個に分けてあるんですが、いずれも大切なデータで、特に痛いのは個人管理のデータ。プジョー208の走行記録や、給与明細、金銭出納とか銀行預金の出納、住宅ローン関係、健康管理データ、人間ドック記録、そして何よりも25年分の日記データ。
中でもさらに痛いのは、メールがメールソフトごと消えたことと、ずっとやってきた数々のゲームのセーブデータが消えたこと。

このPCを立ててちょうど5年になりますが、当時はタイの洪水でバルクのHDDの品質が悪かったことがあって、それなら外付けHDDの中身のHDDを使えばいいという情報があって、なるほどそれなら部品として「中のHDD」は検査されているはずだし信頼性は高いだろうって思って使っていました。
ところが今回の「中のHDD」であるSG社のHDDは、それを使う外付けHDDも認識しないというトラブルが多かったそうで、データ復旧業者では「SeaGate ST2000DM001」はトラブル件数が多いので有名だったとか。信頼していたのに裏切られた感じでがっくしです。

問題のクラッシュHDDを取り外したらそのあとはのんびり復旧すればいいやってことで、同型式、同リビジョンのHDDを捜し当てて、基盤を交換したりいろいろやってみましたが、結局現象変わらず、マザボからのSATA直結でもUSBアダプタ経由でも認識しません。
ということでデータ復旧は絶望的。

それなら開けてしまえ、ってトルクスドライバーを購入して開けてみることに。開けてしまうと二度と使えなくなるリスクがあるのはもちろん承知で。
写真ではディスクに何気にチェブラーシカが写っていますが、その当たりをよく見ると大きな傷。しかも比較的外周です。

pctr2018-02.jpg
pctr2018-03.jpg

これが内周なら、キズの位置まではデータが読めたかもしれませんが、これではもうだめでしょう。
ヘッドアームを交換してみるっていうトライが残っていたのですが、このディスクのキズを見てしまうと無駄なような気がします。

ということで現在は新しいHDDを組み込んでデータ復旧中です。
先にも言ったように2012年にこのPCを立ち上げた時に、旧PCのデータバックアップがあるので、管理データ関係はそこから再スタートです。
イラスト類とかきれいになくなったと思ったら、2012年のバックアップにほとんどそっくり残っていました。
考えてみればこの7年ほどイラストを全くやっていなかったからなあと気づいた次第。

新しいデータ環境が落ち着くのはゴールデンウィーク明けになりそうです。ってゆか、ゴールデンウィークがつぶれるのか(涙)
それにしても2TBって一言でいうけど、そのデータの量はとんでもないのがよくわかりました。今後はこまめにバックアップしましょう。

実はこの5年ほどPCの調子がいいなあ、トラブルがほとんどないなあ、さすがは外付けから抜いたHDDなんて思っていたのです。
自分の大切なデータが消えてしまう恐怖がお分かりになったら、とにかくバックアップです。
ミラーリングという手がありますが、自分のミスで消したものは戻りません(笑)
とにかくバンクアップが一番です。私の場合は付箋を貼るのが遅すぎたんです(涙)

【今日の言葉】 HDDクラッシュって言葉はよく聞くのですが、めっっっっったに起きないらしいです。って個人的には25年PCを使ってきて初めてだったりします。自分のミスでデータ消しちゃった、はよくやりますが
スポンサーサイト

PCトラブル--その1

去年の秋頃から奧さんのPCの調子がイマイチでした。

現象としては、デジカメ画像取り込みにUSBを接続するとPCが落ちてしまう。
動画を見ていると突然PCが落ちてしまう。
ただいずれもインターミッテントな発生で必ず起きるというものでもないのがくせ者でした。

使っているPCのCPUはAMDのPhenomII、マザーボードもそろそろ10年になる代物だったので、キャパシターの信頼性が落ちているってことも十分考えられるってことで、それならもう少し新しいCPUマザボセットに置き換えてみようってことに。

【マザボCPU入替え】
そういうことで私が使っているPCの待機系パーツを使うことにしました。CPUはインテルCore2Quad、マザボはASUSで。
これまでの2コアが4コア8スレッドになったので快適に動作。USBも動画も問題なく使えるように。

けっしてヘビーユーザーではないのですが、奧さんにとってPCは買い物、SNS日記、Youtube、ニュースなど情報収集には欠かせないツールなので、少々オーバースペックではあるものの、信頼性が重要なわけで、そういう意味ではまあまあのPC構成となりました。

【再度マザボCPU入替え】
ところがそれから2ヶ月ほどしてやはりデジカメをつなごうとUSBを差した瞬間に落ちてしまうと。
マザボCPUをAMDからインテルに入替えたのにこれまでと全く同じ現象に、なんか呪われているんじゃないのって冗談も言ったのですが、やはり待機系の古いマザボではNGかってことで、ちょっと古いけど新品未開封のGIGABYTEのマザボがあるのでそれを使うことに。

ただそのマザボのソケットに対応したLGA1155のCPUがないので購入することに。
ところがCPUとしてはもう旧世代になるので新品を見たらとても手が出ないほど高価。
それならヤフオクがあるじゃないかってことで落札したのが「インテルCore i7 2700K」。奧さんが使うには超超超高性能になるのですが、これをゆるゆると使って信頼性優先でいくのも手だし。場合によっては「クロックダウン」して使う手もあるし(笑)

【HDD⇒SSDに】
さて、CPUマザボを入替えようとしたら新たな問題が発覚。
これまで起動用HDDはIDEだったんですが、新しいマザボはIDEスロットが付いていない。すべてSATA。
SATAのHDDは待機しているものがないので、購入しなくちゃならない。
おお、それならこの際だからSSDにしようか。性能を重視しない普及版なら120GBで5000円ほどで買える。
ってことでIDEのHDDからSSDに引越しして起動したのですが、起動の速さにびっくり。これはすごい。

【Windows10クリアインストール】
ところがまたまた問題発生。Windows10が認証されません。そりゃそうだ、ハード環境が変ったからね。っていうか変りまくりでしょ。

奧さんのWindows10はWindows7からのアップグレードなんですが、今更Windows7からインストールするのは面倒なので、Windows10アップグレードのDVDを使ってクリアインストールができるっていう方法があるそうなので、それをやってみることに。
案ずるより産むが易しなのか簡単にクリアインストールができました。認証もWindows7のプロダクトキーで問題なく通りました。

さあ、これでそっくりきれいになったし、SSDのおかげで信じられないほどの起動の速さで、2700Kマシンはサクサク動きます。
ここまで長かった~ってひと安心したらまた新たな問題発生。しかもかなり厄介な。

【カーネルパワー41】
新たな問題というのは、使っているといきなりPCが落ちる。イベントログが残っているので調べたら、「カーネルパワー41」という有名なWindowsのトラブルじゃないか。いわゆる「KP41病」というやつ。

これもいろいろ調べて見ると、電源管理を省電力とかバランスではなくパフォーマンスにすればいいと言うことのようです。
クルマだってうちはハイブリッドとかではないので、省電力なんて言葉には翻弄されません。パフォーマンスで行こう!ということで設定。その後KP41はほとんど発生しなくなりました。めでたしめでたし。

【やっぱり電源か】
ところが今度はスリープにしてから復帰するときに復帰せずに再起動になったりする。なんだこれはって思ってようやく気づいたのが
「電源」
電源が古いからじゃないかと。電源のキャパシターがへたっているんじゃないかって。
購入歴を調べたら10年を超えていました。要するに電源供給が不安定だったんですね。一番最初の問題点だった「USBを差すとPCが落ちる」っていうのも、USBに電源供給をするとシステムの電源が不安定になるってことだったようです。なんでもっと早く気づかなかったのかなあと思いました。

ということで電源購入。信頼性優先で「80 PLUS BRONZE」「安心の3年保証」のものを購入。

poweru2018.jpg

電源を新品にしたらウソのように安定しました。めでたしめでたし、だよね(笑)

【画面フリーズ発生】
って思ったら今度は動画を見ていると画面がフリーズする。そのままフリーズではなく、チェッカーフラッグみたいに市松模様のような乱れ方をしてフリーズする。

ああ、これはもう勘でメモリーと分ります。2枚あるメモリーのスロットを入替えても同じ現象が発生するので、メモリ電圧を1.50Vから1.58Vへ盛ってみたらウソのように発生しなくなりました。

【ようやく安定を手に入れました】
それから2週間ほどになりますが、ものすごく安定して2700Kの高性能を楽しんでいるようです。
って結局半年ちかくかけて全く別のPCになっただけと言えなくもありません(笑)

とはいえ、最初のUSBでの不具合で電源交換していたら、ここまで手間と時間と費用をかけないで済んだかもしれません(笑)
まったくどんだけ「一難去ってまた一難」を繰り返したことやら(苦笑

【今日の言葉】 5年以上もノントラブルだと、トラブル発生時の勘って鈍るものなのだと実感しました

ブロードバンドルーター購入

注文していたコレガのブロードバンドルーター「CG-WGR1200」が到着しました。
箱が大きいのでびっくりしたのですが、本体も大きくてびっくり(^o^)
ただ何気にLANケーブルのコネクタパーツをしっかり流用しているのがわかって面白いです。

wgr01.jpg
wgr02.jpg


早速接続ですが、昨日緊急導入した古いルーターの環境がとりあえず動作しているので、WGR1200はまずは設定だけってことで、PCにLANケーブルを直結。
ところが、WAN、つまりモデムをつなげと言ってくる。モデムをつながないと設定画面が呼び出せない。何だこりゃ。
ってことでしかたがないのでモデムをつないだら自動で設定画面が開いて、インターネット接続のIDとパスワードを入れろと言ってくる。つまり「接続しさえすれば自動認識して、必要情報だけ入力するような設定プログラムになっている」ようです。っていうか、これまでのルーターユーザーからすれば大きなお世話なんですが。

しかもあろう事か、PCを接続すると自動でPC名称を認識してMACアドレスも取り込んでPCデータベースを作って、しかもDHCPの設定まで自動でやってくれる。
これはクライアントがWindowsのマシンかMacマシン限定かと思いますが、何にもすることがない。

結局やったことは、古いルーターから置き換えて、Webサーバのマシンのポート80を開けただけ。便利すぎてものたりないです。しかもACアダプタまで同じ仕様なので流用できてしまいました。やはりコレガという同一メーカーだからでしょうか。
でもこうして何も問題なくPPPoEやDHCPやバーチャルサーバの設定ができたのだからよしとしましょう。

もう一つ、このWGR1200には無線アクセスポイントがついてきます。しかも11ac/n/a/g/bと規格のフル装備という感じ。
普段無線は使わないのですが、会社のVPNに接続するセキュリティPCがあるので、無線接続をやってみたらいとも簡単に接続できてしまいました。そのうちニンテンドウDSの接続にもチャレンジしてみます。

楽天のポイントを1500ポイント使って6500円ぐらいで購入したのですが、予想以上のコストパフォーマンスに満足しています、っていうか便利さにぽか~んの状態です。
新モデルが出るたびに、より簡単に高機能に低価格になるようですが、信頼性もよろしくお願いしますよ、というところです。

【今日の言葉】 わりと強い電波が出ている可能性があるので、無線を使わないときは無線機能をオフにしておいた方がいいのかなと思います

自宅ネットワーク障害

ネットワーク障害なんていうと、NTTとか通信業者か、プロバイダーか、はたまた会社のインフラか、そういうところではある一定の確率で起きているようで、起これば「またか!」とか言って憤慨するのですが、復旧は自分の仕事ではないし、自分では何もできないので待っているしかないわけで。
そういうネットワーク障害が自宅で起きるととんでもないです。原因の特定も復旧も全部自分でやらなければならない。

奥さんが仕事から帰り、さあ、ってわけで自分のPCを起動したのですが、少しして
「ネットワークがつながらないんだけど。インターネットにつながっていませんってメッセージ」

インターネットにつながらない?ってことで、Bフレッツのモデムを見ると、正常のように見えるが、データ送受信の時のグリーンのランプの点滅がない。だんまりのままだ。

あ、これはモデムのハングアップか、って思ってリセット。
リセット後はモデムは自己チェックと回線チェックとかしてレディになる。問題なさそうだ。これでためしてもらう。
それでもまだつながらないという。おかしいな。

今度は私のPCを起動。
LANはDHCPでアドレスをもらうんだけど、LANがレディになっていない。
試しに「CMD」を起動して「ipconfig」をやってみたけど、IPアドレスがとんでもない。

他の2台のPCも起動してみたが、状況は同じ。IPアドレスがもらえなくてLANが立ち上がっていない状況。
すべてのPCでLANにさえ接続できないという。これは完全にネットワークの障害。

LANが起動しないからインターネットどころかローカルのPC間のデータやりとりもできない。

とりあえずネットワーク環境の状況を確認しようってことで、ブロードバンドルーターのファームに接続。「192.168.1.1」にブラウザから接続して見るも、ネットワークが起動できていないってはねられる。

こうなったら縮退しか方法がないので、ブロードバンドルーターとPC1台をLANケーブルで直結。これでブロードバンドルーターの設定を確認しようというわけなんだけど、「192.168.1.1」に接続できない。ルーターを初期化してもだめ。
ブロードバンドルーターが死んだ可能性が大。
といってもそれを確認するすべがない。近くのヤマダ電機とかノジマにルーターを買いに行ってもいいがもう21時。無理。
ここまでで障害発生後1時間半。

なんとかならないかってことで、クロークの中を探したら、奥の奥から3年前まで7年間使っていたルーターが出てきた。
とりあえずチェックしてみようって思って、PCとLANケーブルで直結で「192.168.1.1」に接続したら設定画面が開いた!
しかも3年前に使ったときのままになっている。そのままPPPoEも使えるからインターネットも接続できるはず。

ということで、LAN側の固定IPの設定だけ今のマシンに合わせて設定しなおして、ブロードバンドルーターを古いものに緊急リプレース。
問題なくインターネットにも接続でき、各PCにDHCPでアドレス提供できてネットワーク障害から復旧できました。
障害発生後2時間を要しました。

諸悪の根源がこのブロードバンドルーターの故障。まだ購入して3年だというのに。

router140806.jpg

再度登場してもらった古いブロードバンドルーターは、ギガビットではないので、ネット速度が半分しか出ていません。
なので速攻で新しいブロードバンドルーターを注文しました。

故障したブロードバンドルーターはコレガ製なんですが、なんとなくアイオーやバッファローの方が信頼性が高そうなのですが、とりあえずサイトから取説をダウンロードして読んでみたら、設定を簡単に説明するために専門用語を避けていることが却ってわかりにくい感じだったのでやめました。専門用語ががんがんでてくるコレガ製の方がわかりやすく信頼できそうで、しかも慣れていることもありコレガにしました。

今は有線オンリーのルーターはほとんどなくてっていうか無線がメインになっているのですね。
今回購入のものも「有線もついている無線ルーター」って感じなのですが、娘が家に来たときにモンハンをやりたいっていうからまあいいかと思っています。

【今日の言葉】 それにしてもネットがないと買い物もできないってわけで、ネットは必需品であることが今回の障害でよくわかりました

BDドライブ & HDD購入

前回の記事の通り、文鳥のごんちゃんが亡くなり、11000枚の写真や動画をなくさないように保管したいってことで、41GBなら50GBの二層ブルーレイが必要ってことで、しかも奥さんのPCでも見られるようにってことでポータブルBDドライブを購入しました。

bddrive.jpg

6倍速、BDXL対応ながらUSB2.0なので仕様としては旧モデルになるのか、amazonで4980円でした。今どきはこんな値段でBDドライブが買えてしまうのかってすごく買い得感が高かったのですが、amazon限定でない4982円のモデルならソフト付きだったのでちょっと悔しいですが、CyberLinkのバンドル版ソフトは正式版を購入しろってメッセージが起動時に出てうるさいので、ソフト付きでなくてもまあいいかと。BDなんかもメディアプレーヤクラシックとかのフリーソフトで鑑賞可能だし。

それでは41GBの写真データをBDに焼いてみようというわけで、とりあえずHDDの空きエリアにまとめておこうと思ったのですが、コピーが途中でエラーになる。1.5TBも空いているドライブなのに、30GBほど書いたところで必ずエラーになる。
HDDのツールでチェックしたのですが、どうもそのあたりのレコードがリードエラーになる。一度フォーマットしてやり直してもエラーになる。
リードエラーっていうのはライトエラーより致命傷で、これはもうこのHDDをあきらめるしかないと判断。
型名を調べたらなんとサムスンのHD204UIでした。この2TBのHDDは発売当初ファームのバグでデータが消えるとか大騒ぎになったもの。といってもうちが購入したときはその騒動の後で品質が安定したころなのでそれほど心配はしなかったのですが、やはり「呪い」は残っていたのかも知れません。こんなHDDは早めに廃棄する方が得というものです。

ということでHDDも新規に購入。今度はウェスタンデジタルの3TBにしました。
3TBということで、GPTディスクとして使うので、基本的には起動ディスクにはなりません。

ごんちゃんが死んだことでBDドライブとかHDDを購入するはめになったのですが、それがなかったらHDDのリードエラー箇所に気付かなかったわけで、思わぬデータ破損が未然に防げたのかも知れません。
ごんちゃんサンクス。

HDDは消耗品なので、MTBF値にかかわらず5年を経過したら転ばぬ先の杖で早めに交換した方が良さそうです。クルマの重要パーツなら早め早めに交換するのですが、PCだとデータ移動とかなかなか面倒なことが多かったりして踏み切れないことがあるのですが、それが「保守」というものなのでしょう。

【今日の言葉】 ちなみに、41GBのブルーレイを焼きましたが、たっぷり3時間半かかりました(^^;)

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター