林先生が驚く初耳学!

予備校講師の林修さんが登場する情報系のバラエティ番組は各局で大人気のようです。といっても関東系の各局ですが。
多くの番組はその日のテーマが決まっていて、それについて専門の学者とかが説明して林先生が解説するっていうパターンなんですが、それなら普通の情報番組と同じで林先生でなくてもいいじゃんって思ったりします。

そこへ来てTBS系の「林先生が驚く初耳学!」はちょっと趣向が変わっていて、トリビアな知識について林先生が知っているかどうか「つるし上げる」ところが斬新です。林先生の知識は奥が深いので、これは知らないだろうって思うことも知っていたりして、しかも完璧に解説するところが面白くて、さらに、林先生が知らなかったネタが初耳学に認定されるとこれまた面白いわけで。
コンシェルジュ役の大政絢ちゃんのツッコミもわりと容赦なくて楽しいです。

林先生の知識の9割はあまり役に立たないうんちくみたいです。ただそこから学ぶべきことを含めてキチッと説明できるところがやはりすごいというか、プロの予備校講師であることがよくわかります。
ただ、自分の知識が真実だみたいなドヤ顔をよくするですが、中には「果たしてそうかな」と思うこともまた多いみたいです。

その一つが、林先生が良く言う「教科では数学が一番大事」ということ。その理由は、問題解決において物事の整理、論理的思考に数学が大いに役立つからだそうです。

林先生がよくやるのは、2つのパターンを横軸縦軸の座標平面にマッピングして、4つの象限に分けて分類する方法。
これって「SWOT分析」と同じ方法じゃないかって思ったのは言うまでもありません。
ビジネスの世界ではもっともシンプルな分析手法。まあSWOT分析をどう応用して問題解決に役立てるかの判断が大切なんですが、ドヤ顔していうほどのことでもない。
それと林先生が数学を応用したという「モデル化」という話。要するに解決すべき課題をモデル化して単純化、明確化するってことらしいです。

SWOT分析もモデル化も数学とはあまり関係ないと思うのですが、それを強調しているところを見ると、「ああ、これは文系的発想だなあ」と思いました。

理系の数学はこんな生易しいものではなくて、複素関数論とか群論とかコーシーとかラグランジュとかガウスとか、数学が問題解決に簡単に応用できるような代物ではないのは理系ならよくわかっているからです。

ということは、高度な理系知識は林先生の弱点かもと思います。とすると、今回番組に出ていてた理系女子菊川怜ちゃんが本気になったら林先生なんか敵じゃないかもしれません。

ただ林先生本人も、1%でも数字が多く取れるバラエティ番組をどうしたらできるか、モデル化して考え、その解決策をまた言葉にして実行するのが大切であると言っているように、バラエティとして楽しければそれで良いのかも知れません。その真摯な姿勢は見習わなきゃいけないと思いました。

林先生は知識豊富だし説明に熱がこもっていて聞いていて楽しいのですが、言っていることは社会人として普通のことだったりします。こういう普通のことを熱く語る大人がいなくなった、普通のことがなかなか言えなくなった社会の方に問題があるのかも知れません。

【今日の言葉】 最近は東大VS京大のクイズ対決とか、知識のバラエティ化にちょっと違和感があるのは私だけでしょうか
スポンサーサイト

欽ちゃん

CX系の「笑っていいとも!」がこの3月で終了するってことで、人気コーナーテレホンショッキングには現役総理大臣の安倍晋三首相が出演したりしてニュースになっています。首相動静には「タモリとイチゴを試食」とか出ていたりして各方面のメディアに取り上げられたり。
でも個人的には欽ちゃんの登場の方が事件でした。今日はその話題を。

欽ちゃんこと萩本欽一さんがテレフォンショッキングに登場したのですが、初登場らしいです。
なんで今頃っていうほどニュースとしては遅いのですが、日曜日にやる増刊号をしかも録画で見たということでこんな体たらく。

笑っていいとも!っていうのは、CXだからなのか、プロデューサの関係なのか、あるいはスポンサーの関係なのかわかりませんが、「この番組には登場しないあるいは登場しなくなった芸人、芸能人」がたくさんいるようで、欽ちゃんもその中の一人のようで、何とも見ていて違和感がありまくりという感じです。

kinchan_iitomo.jpg

もともと欽ちゃんは関東地方の民放に冠番組をもっていて、わりと各局隔てなくテレビに出ていたようですが、80年代のある時期を境に一気に冠番組が消えてテレビに登場しなくなったような覚えがあります。

それでも定期的に出ていたのが「仮装大賞」で、そのせいかNTV系に多く出演する印象があります。っていうかスター誕生とかの刷り込みもあったかも。

そういうわけで、笑っていいとも登場の欽ちゃんの違和感にもやもやしまくりだったのですが、
「ちょっと待てよ。いいともの時間帯ってもともとはコント55号が盛り上げたのではなかったか」
と思った次第。

そうなんです。昭和40年代前半に「お昼のゴールデンショー」っていうのをやっていて、前田武彦、コント55号の司会で、他局を圧倒する人気でお昼のCXをにぎわしたのでした。子供の頃は、この番組が見られるので夏休みとか大好きでした。
この番組で大ブレーク以降、前田武彦はゲバゲバ90分とか、コント55号は裏番組をぶっとばせとかで、1960年代終盤を飾りました。

当時は有楽町のビデオホールっていう、ニッポン放送が入っているビルで収録をやっていたのですが、運動会や授業参観日の代休の日とか、学校の創立記念日とかの平日休日に友達と見に行きました。当時は観覧申込みなんてなくて、当日ホールに行って並ぶだけでした。
「お前ら今日は学校どうした?」って行くたびに警備のおじさんに言われていました。いつも同じおじさん。
「創立記念日?いっつも同じことを言っているなあ」っておじさんもいっつも同じことを言ってました。
当時は白黒放送だったので、舞台セットも全然カラフルではなかったし、照明も白熱灯の色でした。

欽ちゃんの登場で、遠い昔のことを思い出してしまいました。
欽ちゃんにはこれからもがんばってほしいです。

【今日の言葉】 若いタレントたちは平気で「欽ちゃん」って呼びますが、北野武と明石家さんまはきっちりと「萩本さん」って言いますね。しかも緊張した表情で

東京号泣教室

クルマ系の話題が多くなると、なんとなくアイドル系の話題を載せるのに気が引けてきたりしますが、今回は最近注目している「東京号泣教室」という番組の話題。
東京MXテレビが制作している番組ですが、うちの方ではtvk(テレビ神奈川)で見ることができます。

TGK01.jpg
TGK02.jpg

「Road to 2020」ってあるように、コンセプトは生徒を2020年の某国際大会の開会式に出演させるため日々過酷な授業行うという設定のバラエティ番組。2020年の某国際大会って、あの運動会のことでしょうか。

番組は教室のセットで、担任先生役が古田新太がやる池田政彦社長。芸能事務所の社長かな。
古田新太ってこんなに老けてたっけなあというほど最近ポンコツぶりが目立つのが気になります。
あまちゃんで秋元康風の役をやっていたときはもっと若く見えたんですが。

東京パフォーマンスドールのメンバーを生徒役に、その方の専門家を呼んで特別授業をするという形式。
最近では「おもてなしの心とマナー」とか「迫力のある大笑いの仕方」とか「人の心を見抜くヒント」とかをテーマにして割と内容が濃かったのが印象的。

TGKT01.jpg
TGKT02.jpg

生徒役って、東京パフォーマンスドールかよ!って思った人、そのリアクションは正しい。私も思ったから。
ってちょっとツッコミのタイミングが遅いですね(^^;)

東京パフォーマンスドールって90年代に一世を風靡して、小室哲哉とかがプロデュースした曲がわりとヒット、篠原涼子や穴井夕子とか輩出したアイドルグループでファンも多かったのでご存知の方も多いと思います。
なんか東京パフォーマンスドールの都会的なアイドル性を真似てモーニング娘。を作ったってウワサもあるらしく、アイドル史を語る上では欠かせないのかも知れません。私はアイドルには詳しくないのでよく知りませんが。

ただ2013年結成の新生・東京パフォーマンスドールはどこまでメジャーになれるかわかりませんが、わりとかわいい子が多いし、同世代のAKB系メンバーより「自立性」が高いのでひょっとしたら次世代を担うかも知れません。
気になる方は今のうちにチェックしておいた方がよろしいかと。
ライブも頻繁にやっているようなので、どこかのアイドルと同じ「会いに行けるアイドル」らしいです。

アイドル系バラエティ番組で、専門家を呼んでその方面のいろいろな話を聞くっていうのは、アイドリング!!!とかAKBINGO!とかでもやっている割と一般的な企画なんですが、この東京号泣教室はわりとまじめに番組作りをしているので見ていて楽しいと思います。

学校形式で専門家を呼んで話をさせるっていう番組の構成は、壇蜜女学園と雰囲気的には似た感じなんですが、生徒の東京パフォーマンスドールのメンバーが割と素直で好感度が高いのです。壇蜜女学園の寄せ集めの生徒たちみたいに腹の立つリアクションをする子もいないし。授業の内容も業界用語の説明だけで得るものがなかったし。だいいち、壇蜜のエロい姿は必要だったのかもよくわからない番組だったし。

東京号泣教室は、1クールは続いて年が越せましたが、とりあえず3月の時点でまだ継続できれば、徐々に東京パフォーマンスドールの人気が上がっていくかも知れません。
内容がある番組なので、MXは予算が厳しいでしょうが続けて欲しいものです。

【今日の言葉】 2020年を目指すのに、すぐに終わってしまってはしゃれになりません。でもこれを7年も続けるっていうのもかなり困難なのもわかります

ミュージックドラゴン

NTV系の深夜の音楽番組でミュージックドラゴンというのをやっています。おそらく3年ほどやっていたハッピーミュージックの後継番組のようですが、MCのタカトシはあまり好きではないものの、アシスタントMC本田翼の天然っぷりが最高でこの番組が大好きです。
そわそわもじもじしながら死んだ目で天然なことをいうのが最高なんです。

MD01.jpg

2013年12月14日の放送を録画してチェックしたのですが、こんな感じでアーティストが登場しました。
順不同ですがご紹介。

【Juice=Juice】
MD02.jpg

つんく♂プロデュースの5人組アイドル。9月にメジャーデビューしたらしいです。
わりとアイドルが好きなほうなのですが、特に個人的にテンションが上がるようなユニットではないです。
つんく♂が喰うに困ってまた新しいアイドルを立ち上げたかなっていうぐらいの認識しかなかったりしますが、各メンバーに「担当果物」と色を割り当てているところは、ももクロやPASSPO☆をオマージュしているのかも知れません。
って、かつてモー娘。でやっていたシャッフルユニットとかできないからこういうやり方になったのかもって思います。
それよりスマイレージはどうしたのって思います。ちゃんとメンテしなきゃ。

【9nine】
9nineが出るっていうのでちょっと驚いたのですが、曲が始まるときにセンターの子がアップになったのですが、これが可愛い。

MD03.jpg

曲が始まって9nineが5人組ってわかってびっくり。9nineってAKB48と同じぐらい昔からやっていて、確か9人だから9nineだと思ったのですが、5人なのか。それにしても5人ともアイドルとして可愛いが、センターはどこかで見たなあ。
と思ったら川島海荷じゃないかってびっくり。こんなにキレイだったのですね。

MD04.jpg

歌唱力は「マジで恋する5秒前」を歌っていた頃から全然進歩ないようですが、ダンスがわりとすごい。
けど、もっとすごくないと9nineはずっと今のままのような気もします。

【安田レイ】
ソロ歌手らしいですが、全然知りませんでした。っていうか画面に出てきたときのその美人っぷりに驚きました。
若い頃のミラ・ジョボビッチかと思ってしまいました。

MD05.jpg
MD06.jpg

まだ20歳ってことなので、いい曲が付けば、日本のテイラースイフトになれるかも知れないし、●スの多い日本の歌姫やアイドルグループを駆逐できる可能性を持っていそう。
っていうか美人過ぎる歌手は売れないっていうジンクスもあることはあるのですががんばって欲しいです。
アメリカの田舎生まれらしいので、ディクシー・チックスのようなカントリーミュージックで勝負っていうのも面白いかも知れません。日本でカントリーファンは以外と多いから行けるかもとも思います。

【WHITE ASH】
ルックス的には変なグループですが、いきなりガンガン鳴ったサウンドは完全にオルタナ。
いや、オルタナはいいのですが、ちょっと雑すぎる感じ。でもオルタナだからルックスはこうなのかって思った次第。
ハードロックなら絶対にベースの女性はこんなコスチュームじゃないはずだし。

MD07.jpg
MD08.jpg

ただ日本で、いまさらこんなオルタナティブ・ロックが流行るのかいなっていうのが素直な感想。20年近くずれているような感覚を受けます。

どんなグループかってサイトを見に行ったのですが、最新のアルバムの写真を見てびっくり。ニルバーナだろう、プールは。たしかにニルバーナをイメージしたグループのようですが、90年代のオルタナのままでは。
インディーズならまだしも、メジャーでオルタナにこだわり続けるならこの先厳しいかと。

【その他】
【エレファントカシマシ】
まだやってたんだねえっていうだけの感想。結成25周年だそうです。そうですかというだけです、私は。
【ティーナ・カリーナ】
大阪弁で「しもた」という曲を歌っていました。訳がわかりませんでした。見た目Kiroroにいた人かと思いましたがそうではなかったみたい。

【今日の言葉】 保険のCMもレモン系飲料のCMも本田翼の天然っぷりをうまく使っているような気がします


ヤフオクの広告

最近ネットでもテレビでもYahoo!オークション(ヤフオク)のCMが目立ちます。

色彩デザインが洗練されていてわりとインパクトがあるCMです。
Yahoo!というITサービスが展開するオークションサイトで、こんなにハデなCMが必要なのかなって思うのですが、もう朝の情報番組からCMが入っていたりします。

欲しいモノを賢く安く手に入れようってことで、最近の「さとり世代」にうまく訴求する内容なんですが、CMの最後に登場する女の子って。

nemu01.jpg
nemu02.jpg
nemu03.jpg

この子って「でんぱの神神」の子じゃないか。電波組.incの「永遠の魔法少女未満」夢眠ねむ(ゆめみねむ)
CMをよく見ると、着ている体操着に「ねむ」って名前が書いてありますね。気付く人はほとんどいないとは思いますが。字体からして自分で書いたようで、CM撮りでも衣装は自前だったってことですか。
この子はそれなりに有名人なのですが、ヤフオクのCMなんて大抜擢ではないかって思いました。
ヲタク系っていうかアキバ系アイドルの子なんですね。

nemu04.jpg
nemu05.jpg

なんかヲタ系の子ってみな同じように見えるのですが、このねむのボブカットは個人的には反則。
キャラとしてあまり可愛いと思わないのですが、このボブにやられてしまいます。

かつて日本人は画一的で、あるものが流行るとそれ一色になる、なんて言われたのですが、もう昔のことなのですね。
今の日本人の、特にサブカルチャーの多様性は世界でも類を見ないのではと思うほどです。

【今日の言葉】 新人類二世の「ゆとり世代」が少しずつ日本を変えている実感がだんだんしてきませんか


プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター