FC2ブログ

保育園は散歩をやめないでほしい

5月8日に大津で発生した保育園児2人が亡くなった交通事故、事故現場のストリートビューが上がっていて拝見したのですが、保育士さんが園児を守るように立っている姿を見て胸が痛みます。2歳児とか3歳児は行動が予測できないからなるべく安全な位置にってことでちゃんとリスク管理されていたのがわかります。
事故なので防ぎようがなかったというのはあるのですが、こういう何も悪くない人たちが事故に遭ってけがをしたり亡くなったりするのは本当にやるせなく切ない感情でいっぱいになります。

それなのに事故当日からマスコミの扱いは自己本位というか事故の重大性とか本質とかからかけ離れた不適切な対応が目につきました。
特に保育園側の記者会見。あたかも保育園側の危機管理不足が原因といわんばかりの質問攻め。最近の記者は自分で調べたり勉強したりしてから質問するというジャーナリストとしての気概が全くないレベルの低さが明らかになった記者会見でした。
こんな記者だから「池袋のジジイの取材はどうした!そっちに行け!」とネットで言われても仕方がないと思うのですが、彼らには「ネット」というのは「くだらない身勝手な発言をする別世界」としか映らないようです。
それでいてマスコミは自分で取材せずにネットの情報をそのまま流したりするのだから、記者だけでなくマスコミ自体がレベルが下がっているということでしょう。終焉が近いという感じさえします。

「失敗から学ぼう」という人たちも今回の大津事故に注目していますが、「車止めさえあればある程度防げたのでは」と、これまた簡単すぎることを言ってくれます。
ちょうど昨日藤沢鵠沼海岸の方に行ってきたんですが、こんな感じでしょうか。

kugenuma.jpg

この写真でもわかるように、今回のような事故防止というよりは歩道に車が入れないようにしている感じです。
大津のケースも交差点のそばに駐車場があるから車止めが設置できなかったのかもしれません。

ただ、園児に突っ込んだ軽自動車にはメーカーご自慢の「自動ブレーキ」がついていたそうですね。
この日を境に各自動車メーカーは、CMで自動ブレーキを強調しなくなったような気がするのは気のせいでしょうか。自動ブレーキがこの程度なんだから自動運転なんか全く信用できないと思います。

今回の事故で、ワイドショー番組とかのコメンテーターがいろいろなことを言っていますが、ワイドナショーに出た三浦瑠麗はひどかったです。
保育園の記者会見で記者は当然のことを聞いただけとか、そもそも保育園に子供を預けることがいけないとか。さすが独特な視点を持つ古市憲寿の女版と思いましたが、番組での発言はあらかじめディレクターと打ち合わせていると思うので、三浦の意見はCXの意見と思っていいので、CXももう終焉が近いと思いました。いや、視聴率を見るに実際に終焉が始まっている感じです。
少なくともワイドナショーのスポンサーになっている企業に利益が行かないよう行動したいです(笑)

【今日の言葉】 園児は散歩に行くことで多くのことを学ぶというので、今回の事故で全国の保育園が散歩を自粛するなんてことがないことを祈ります
スポンサーサイト



Happy New Era!

2019年5月1日午前0時に新しい元号令和となったんですが、雨降る中それを祝って多くの人が街に繰り出したようで、歴史的瞬間に盛り上がりたい気持ちはわかりますが、個人的には雨の深夜に出かける気にはなりません。交通網がないので帰れなくなる可能性もあるし。
ただそれを「歴史的大事件」のように報道するテレビ局、あろうことかカウントダウンまでやるテレビ局のイージーさに呆れました。こういうテレビ局には「電波オークション」のみそぎが必要だなってシンプルに思いました(笑)

今回は天皇崩御なき改元ということで、ハッピーなこと限りなしなのですが、1か月前からこうなるのがわかっているわけで、マスコミやテレビ局は「平成最後の」の連発でこれにも呆れました。
「平成平成って名残惜しそうに言うけど、あんたら平成をどれくらい使いましたか?」って突っ込みたくなります。
平成何年っていうといつのことかわからないっていう人が多いそうです。
歴史的大事件の地下鉄サリン事件は1995年、アメリカ同時多発テロは2001年、リーマンショックは2008年、東日本大震災は2011年。
これらを平成ですっと言えるのなら「平成を惜しむ気持ち」もわかろうというもの。

私はすぐに出ます。マジックナンバーは12なので順に7年、13年、20年、23年ですね。ちなみにうちの車は2013年式なので平成25年です。
というのも、平成8年度に部門の予算とりまとめの責任者をやらされたとんでもない苦労をよーく覚えているわけで。覚えているっていうよりトラウマです(笑)
Windows95が流行ったのが平成7年っていうのも印象が強かったようです。

一方、今回4月1日に次期元号が令和に決まった時にTwitterで「令和は018ということで、令和の年数に018を加えると西暦になる」なんてうまいことを言った人がいます。
これなら令和と西暦がすぐに対応するので「令和を使う人が増える」と思われます。どんどん令和で行きましょう(笑)

今日は朝から新天皇陛下のおことばがあり、それをリアルタイムで視聴できるのを幸せと思いました。まさに新しい時代が始まるのを実感しました。
上皇になられた明仁さまの退位の挨拶にあったように、私たちも新しい時代の安寧と平和をお祈りしようと思いました。

アメリカの若手プロレスラーにジェイ・ホワイトという天才がいるんですが、新日本プロレスに参戦して「IWGPヘビー級」のベルトを奪取してチャンピオンになった時のマイクパフォーマンスで「これからは新しい『イアラー』が来るんだ!」って英語で言ってましたが、イアラーってなんだって思ったら「時代」だったのですね。

まさに令和が新しい「イアラー」になりますよう。Happy New Era!

【今日の言葉】 令和になってもこのブログはもう少し続きそうです(笑)

日立の株価

日立製作所(6501)の株価を時たまチェックしているんですが、今日の価格を見てびっくりしました

hitachikabu0926.jpg

今日の終値が3,894円で前日比3,116円高って!
こんなのあり得ないじゃないか!
前日は770円ぐらいだったのに!

って思ったのですが、そういえばこの秋に5株を1株にまとめるって話があったような。
10月1日からって思っていたんですが今日からだったんですね。

じゃあ3,894円を5で割ると・・・・778.8円。
ってほとんど上がってないじゃない(笑)

株はまとめると単価が上がるので売買が停滞するなんていうので心配なんですが、100株から売買できるようになるってことで、これまでより出来高が増えるそうです。

この株を少し持っているので、上がったら次のクルマを買う頭金にしようかなって思います。
だから頑張れ、日立の株価!!

【今日の言葉】 と言いつつも4,500円ぐらいにならないと利益が出ないので、まだまだ道は険しそうです

プレ金はどうした?

久しぶりに金曜日に休みが取れたのですが、「そうだ今日はプレミアムフライデー(プレ金)だったはず」ってことで、以前プレ金でいろいろお得な企画をやっていたダイナシティ小田原に行ってみようということで出かけました。

プレ金と言えば2017年に始まった頃はマスコミでも話題になっていたし、会社でも「今日はプレミアムフライデーです。早く仕事を切り上げて2.5日の充実した週末を過ごしましょう」みたいなメールが総務部門から来ていたのですが、今年に入ってからそれがなくなったような気がします。

案の定ダイナシティ小田原では、昨年の盛り上がっていた時期のようなポスターは皆無だったし、特にイベントがあるというわけではなく「普段の平日」のようにひっそりしていました。

いつも行くお気に入りの雑貨店も、プレミアムフライデーは全品5%引きとかやっていたので期待したのですが、残念ながらやめてしまったようです。

一体プレミアムフライデーはどうなったんだろうって思ってサイトで調べたら、プレミアムフライデー推進協議会はまだ健在で、サイトを見る限りは「ますます盛り上がっている」という感じにはなっているようです(笑)

PreKin.jpg

ところがどっこいですよ。神奈川西湘地区では、ショッピングセンターもレストランもスーパーも映画館もコンビニも特にプレミアムフライデーで何かしているという感じはありません。
サイトではTOHOシネマズ全館でイベントをやっていることになっていますが、今日行ったダイナシティ小田原にあるTOHOシネマズ小田原では特に何もなくてひっそりしていました。田舎だからかなあ(笑)

さて、さて、皆さんの地域では盛り上がっていますか?プレミアムフライデー。
それとも去年の盛り上がりもすっかりフェードアウトして忘れ去られているのでしょうか。

「月末の金曜日」は、普通の会社は忙しいに決まっているんだから、やっぱり設定というか前提として無理があったようです。

【今日の言葉】 こうやって忘れ去られていくのも想定どおりという感じですが、推進協議会はどうなるんでしょうね

ニュース女子放送終了

当ブログでは政治に関する話題は極力やらないようにしているし、自分自身も特にリベラルでも保守でもないと思っているんですが、昨今の森友問題で停滞気味な国会を見ているとちょっとイライラしてきます。安倍首相や奧さんは森友学園の土地購入に関しては全く関係ないことはとっくにあきらかなのに、野党を始めテレビ新聞のマスコミはどうなんだと騒いでいます。
詐欺師の言うことを首相や閣僚に質問してその答弁を迫る野党の人は政治家としての資質を疑いたくなります。
北朝鮮のおデブちゃんが中国共産党の王様と仲良く会談したり、国際情勢は確実に動いているのに、1年もこんなことをやっている日本の国会はこれでいいのかと、政治にあまり関心がなくても日本の行く末にちょっと不安を覚えてしまいます。

そんな中で、3月に「ニュース女子」の放送が終了になることをニュースとしてご覧になった方は多いと思います。
この番組はバラエティではあるものの、ニュースとなっている政治、外交、経済、社会、教育などの話題をマスコミの一面的な報道ではなく、「本当のことを教えてください」というコンセプトで、登場した評論家、ジャーナリスト、大学教授、弁護士、元官僚などのインテリの「おじさまたち」にタレントの女子たちが教えて貰うという番組で、その「本当のこと」がそうだったのかっていうことが多く、反日左翼的な報道が多い地上波テレビ各局にあって、ちょっと眩しい光を放っている番組でした。

そんなニュース女子も関東圏では、3/25にTVKで終了、3/26にMXでも終了、BS11やFOXでも既に終了しているようで、公共電波からは排除されてしまった感じです。

もともとはDHCテレビで制作して、独立局であるMXやTVKの放映時間帯(尺)を買い取って放送する持ち込み番組だったようですが、去年1月の沖縄基地反対運動の話題で人権侵害があったというBPOの報告が放送終了の遠因になったと言われています。何がどう人権侵害なのかあきらかにされていないのが腑に落ちません。っていうかあの回はニュース女子としては「神回」で、あれを見れば沖縄基地反対運動がいかにひどいか、外国人の政治活動やマスコミの偏向報道、ひきょうな報道しない自由というものがあきらかになります。

ニュース女子がどれほど「本当のこと」を言うのかというと、一例が原英史さんのフリップで分ります。
これは3/26の放送で、「マスコミや政府が使う『都合のいい数字』にだまされるな」という企画だったのですが、「おじさまたち」がそれぞれフリップに書いて、原さんは「内閣支持率」と書きました。

ng201801.jpg

「支持するかしないかは政府が行う政策についてであって、内閣を支持するしないの率というのは意味がを持たない。これは支持率を調査してそれが変動したときにマスコミが政府を批判する材料に使っているだけ。政府批判の印象を与えているだけ」とのこと。なるほどなあって思いますよね。新聞とかでも歴代の解散したときの支持率を引き合いに出して「30%を切るとその政府は終わり」みたいな記事を平気で書く。新聞記事を書くためだけにある感じで、数字に中身なんかなかったのです。

そういう「本当のこと」を話題にする番組がなくなるのは本当に心配ではありますが、番組に登場する「おじさまたち」は、日本を良くしようと各方面で活動されているかたたちばかりなので、ネットで「おじさまたち」の話をチェックすると良いかも。

で、今後はこの番組はどうなるのか、というと、一部地方局ではこれまでどおり放送するそうですが、DHCテレビは放送事業者ではなくなっていいるので基本的にネット配信が中心になるそうです。早速明日4/2から新作がアップされるそうで、ますますパワーアップしていくとMCの長谷川さんは明るく言っています。そのあたりはDHCテレビの公式サイトでチェックできます。



この動画で、「ホントのことを言ったら大変なことになった」っていう言葉が印象的です(笑)

【今日の言葉】 4月1日のブログ記事に「本当のことを教えてください」という番組の紹介をしたのはシャレですね(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター