すずもん元気出せ!

それほどアイドルファンでもないのですが最近では珍しいアイドル系カテゴリーの話題です。

キーワードの設定で自動でテレビ録画しているのですが、たまった番組をチェックしていたのところ、「KEYABINGO!3」というのが始まったようで、チェックしてみました。

サンドウィッチマンの伊達、宮澤の二人がわりと好きなのでチェックしたのですが、欅坂46はよく知らないとはいうものの、今泉佑唯と鈴本美愉が「見分けが付かない面白さ」で好きなのですが、今泉佑唯ちゃんはこの春から体調不良で長期離脱しているし、鈴本美愉ちゃんこと「すずもん」を応援するしかないかと思っていたのですが、画面を見てびっくりしました。

suzumoto01.jpg

すずもんのこのテンションの低さは何なのって思います。

「最近の女子高生で流行の自撮りポーズは?」という問題を出されてチームがざわついている時も、

suzumoto02.jpg

こんな表情。すずもん大丈夫か?って思っちゃいますよね。

で、すずもんも問題の答えのポーズをしたのですが、こんな感じ。

suzumoto03.jpg

モニターが見づらくて目を細めているだけかもしれませんが、アイドルのバラエティ番組としてはテンションが低すぎでちょっと心配です。

アイドルだって人間だもの、体調だっていろいろでしょうし、AKB48のように「目からビーム、手からパワー、毛穴からオーラ!」は欅坂46には関係ないのでしょうけど、ファンとしてはもう少し元気をだして欲しいですよね。

でも以外とあれがすずもんの「素」だったりして。
自分だって普通に元気なのに、「元気だしな」って言われてビックリすることがありますもんね。

【今日の言葉】 クラスの集合写真を撮るとかならず視線を落とす子っていますよね
スポンサーサイト

塩ノ谷早耶香引退

元バンドのボスKと今でも連絡のやりとりをしているのですが、ちょっと前に日本映画の話になり、日本映画が苦手な私にこれは面白いからって勧めてくれたのが「超高速!参勤交代」と言う映画。

特に事前の知識もないままDVDを借りて視聴したのですが、佐々木蔵之介が主演でビックリしたし、なんとなんと深キョンが出ていて一気にこれは貴重な映画ではないか!ってテンションを上げて楽しみました。
まあこの映画はかなり凝ったキャストで、西村雅彦であるとか寺脇康文であるとか上地雄輔であるとか柄本時生あるとか六角精児であるとか、深夜系ドラマの常連でしかも演技派俳優で固めているのでかなり見応えがありました。

続編である「リターンズ」も最近DVD化されたそうで、それなら見てみようと思いながら、スタッフロールに差しかかったのですが、エンディングの曲がポップなノリで時代劇と良い意味でミスマッチな感じ。しかもボーカルの実力がすごい。これは良いなと思ったら、流れていくスタッフロールに
「エンディング曲:Like a flower 塩ノ谷早耶香」と出ていました。

早速Youtubeで探したらPVがアップされていました。

shionoya01.jpg

ルックスもものすごくかわいい。
ってことで、一瞬で推しになってしまいました。
こんなにかわいくて歌唱力がしっかりしている歌手をどうして知らなかったのだろうって、今更ながらJ-POPの勉強不足を痛感しました。AKBとかの曲を聴いている場合ではないです、まじで。

な~んて思っていたのですが、今日の夕方のネットのニュースを見て愕然。
「塩ノ谷早耶香引退」
マジかよ、おいって思ったのは言うまでもありません。

彼女のファンであればすでにサイトで彼女のコメントを確認なさったかもしれません。
やるべきことをやり尽くしたっていうのは、いろいろやってみたけどどうにもこうにも売れなかったってケースが多いのですが、彼女がやりたいことをやり尽くしたというのだからそうなのでしょう。
ファンはわりと多かったはずですが、ヒット曲に恵まれなかったのが残念です。

っていうかアイドル歌手としては実力派で、ここまでルックスもかわいくてライブでもしっかり歌える歌手も少ないのだから、音楽系情報番組はこういう歌手もいるんだともっとちゃんと伝えて欲しかったと思います。

BABYMETALなんかレッドホットチリペッパーズとジョイントして海外では大騒ぎになっているのに日本国内では全然情報が伝わらない。マスコミも音楽番組もちょっと情けないと思います。

個人的には、塩ノ谷早耶香ちゃんは近いうちに絶対に「ツギクル」って思っていたのですが、相変わらずざがあとの予想は外れます。
本当に残念ですが、また別の機会に何らかの形で塩ノ谷早耶香ちゃんに会えたらいいなと思います。
それにしても引退とはなあって残念きわまりないのですが、今後の塩ノ谷早耶香ちゃんのご多幸を心からお祈りして、またいつか会える日を楽しみにしたいと思います。

【今日の言葉】 塩ノ谷早耶香ちゃんが残してくれた数々の曲はファンとしては宝物ですね

Clef Leaf

今回は日本コロムビアから先週3月8日にメジャーデビューした「Clef Leaf(クレフリーフ)」の話題です。

日本コロムビアのアイドルグループっていうとぴんと来ないのですが、コロムビアでもアイドル育成プロジェクト「14☆少女奮闘記」というバラエティ企画をやっいて、昨年12月には「フラワーノーツ」っていう花をイメージした6人組アイドルがこのプロジェクトからメジャーデビューしています。
これはこれで花のイメージがかわいくて良いのですが、今回の「Clef Leaf」はその名前の通り「葉」をイメージしたようで、デビュー曲も「Evergreen」ということで「グリーン」のイメージ。この曲がなかなかいいので紹介したいと思います。
興味がありましたら公式サイトでご覧ください。

clefleaf2017.jpg

ステマをするつもりはないのですが簡単に紹介すると、ご覧の通りちょっとというかかなりまじめそうで地味な女の子5人組のグループで、淡いパープルピンクとブルーのリボンが可憐で、さんみゅ~を彷彿とさせる感じがしますが、曲がいいこともさんみゅ~っぽいです。ダンスなんかもさんみゅ~のように地味で、AKBやももクロ、E-Girlsなんかと全く違います。少なくとも東京ドームとかは似合いそうにありません。
ダンスミュージック系でもないので、狭いシアターでヲタ芸で盛り上がるようなアイドルでもありません。
日本コロムビアらしい「いい曲を届けたい」っていう気持ちがこもったアイドルグループだと思います。

ただそれは今の時代のアイドルシーンからずれているって訳ではなくて、曲で勝負する90年代風アイドルなのかなあという印象。私は専門家ではないのでアイドルのカテゴライズはちょっと無理みたいです(笑)

「Evergreen」は、意味不明な横文字の歌詞が多いいわゆるJ-POP歌謡ではなく、初期のモーニング娘。のようにキチッとメッセージを伝えようというまじめな曲作りになっているようです。そういう曲をメンバーが思いをこめて歌い上げるっていうスタンスで、レコード会社である日本コロムビアらしい曲になっています。

メンバーはいずれも地味ではあるのですが、良く言えばフレッシュで、さすがにアイドルだけあってそこそこのオーラを持っているようです。さすがにAKBのように目からビーム、手からオーラとは行きませんが、思春期の少女らしいかわいい魅力をもっていると思います。
さしあたって当ブログでは「板橋加奈さん」推しで行きたいと思います(^o^)
その推しの根拠は企業秘密でお願いします(笑)

最近は、欅坂46とか見ていると分るのですが、「女子から好かれるアイドル」が成功するようですね。
はたして「Clef Leaf」は女子の心をつかめるのかどうか、まだ始まったばかりなのでじっくり応援していきたいです。

と言いつつも、当ブログのアイドル予想は外れまくりで恥ずかしい限りです(^^;)
2010年にAKBはもうダメでしょうって言ってから売れまくって日本を代表する存在になったし、さんみゅ~がいい感じって紹介したけど苦戦しているし、LADYBABYはビアちゃんが抜けてから仮死状態だし、ガールズバンドルリアンはわりといいと思って聴いていたのですが昨年末に活動停止&解散するしってことで、
「アイドルについては全然見る目がない」ざがあとです。
でもアイドル評論家でも何でもないので勘弁してください(笑)

「Clef Leaf」も「Evergreen」のPVはものすごく良いのですが、ライブで生歌になるとまだまだ歌唱力に課題があるようです。いわゆるアイドル歌唱レベルを出ていません。
とはいえまだまだ発展途上な彼女たちなので、まずは5年はがんばっていい曲を積み上げてファンを増やして欲しいと思います。
日本コロムビアは堅実な会社なので、当然そういう「中期計画」みたいなビジョンを持っていると思うので、私たちファンも息の長い応援をしていこうと思います。

【今日の言葉】 最近はアイドルファンよりアイドルの方が数が多いような錯覚を受けてしまいます。アイドルも成功するのは大変なようです

チーム8のブンブン!エイト大放送!

久しぶりのアイドル系の話題です。なんか最近はローカルアイドルを含めてたくさんありすぎるっていうか、メジャーアイドルの質が落ちてるというか、琴線に触れるアイドルがほとんどいないので久しぶりになってしまいました。

私のところは関東なんですが、日テレ系で「チーム8のブンブン!エイト大放送!」という深夜バラエティが始まりました。AKB48のバラエティは今更な感じがあるものの、ちょうどその時間はバッティングする番組もないし、とりあえず初回は見てみようと録画したのですが、先日ようやくチェックしました。

bunbun01.jpg

これがすごく良かった、のです。

AKB48のチーム8っていうと、もう既に結成して2年は経つし、各都道府県から1名を選んで47名構成って何を考えているのかよく分らないのですが、48って言うわりには1名足らんだろうって思いつつも1名抜けたらその都道府県からしか選べないから面倒だなっていらない心配をしたり。秋元さんが何を考えているのかなんてどうでもいいのですが、訳が分らないものの、たいしたことはないっていうレベルがちょっと残念な「チーム8」です。

このチーム8のメンバーは、同じく日テレの「AKBINGO!」にもほぼレギュラー出演していて、「東京都」の「小栗有以ちゃん」なんかはMCのウーマン村本さんの推しメンだったりして番組の顔にもなっているほど。

それなのに「AKBINGO!」とは別枠でチーム8の冠番組を作るっていうのはどんだけ日テレ深夜枠はAKBグループに依存しているねんって、往年のCXの吉本興業依存を連想してしまいます。

ところがどっこい。この「チーム8のブンブン!エイト大放送!」、始まってみたらすごく良かったのです。

まず驚いたのはMCにオードリー(若林正恭、春日俊彰)を起用してきたこと。オードリーって言ったら得に若林さんは、関西系では分りませんが、少なくとも関東系では超売れっ子で相当忙しいと思うのですが、アイドルファンでもなければよく分らない「AKB48 チーム8」の番組のMCをやるなんて考えられないと思います。やはり日テレ毛利Pの実力なのでしょうか。乃木坂46の冠番組「乃木坂って、どこ?」のMCにバナナマンを起用したこと以上のインパクトだと思います。

しかも収録には観覧者をスタジオに呼んでいます。これはCXの「アイドリング!!!」なんかと同じなんですが、「笑いのライブ感」が得られるのがいい感じです。といっても「アイドリング!!!」と同様に、観覧にわざわざ脚を運ぶのは「バリッバリのアイドルヲタクのお兄さん系」ばかりですが(笑)

そういうライブ感のせいか、番組のコンテンツであるコントやトーク、歌唱なんかも「緊張感」が半端なくて、それがチーム8のフレッシュさ、初々しさを引き立たせて、マジで「萌え」ます(笑)

bunbun02.jpg
bunbun03.jpg
bunbun04.jpg

AKB48シアターには行くほどではないけど、かつてはCDを買ったりする「在宅ファン」だったのですが、思い起こしてみれば2010年のことでした。
もう7年にもなるのかって思いますが、最近はまゆゆやじゅりなが「普通の大人の女性」になってしまっていてビックリします。
彼女たちはまだまだ若いのですが、老けたな~って思ってしまうのはしょうがないっしょ(笑)
成長したって言うだけでなく、それだけビッグにもなったのか、バラエティとか出ていても「チーム8」と違ってまったく緊張がありません。

そもそも緊張っていうのは、自分の仕事を成功させようと気合いを入れるから出るわけで、そういうチーム8の彼女達を笑ってはいけませんよね。
自分のことを顧みれば仕事でも最近は緊張することが減っているような気もします。それだけフレッシュでなくなっているからかも。

そう軽く反省しつつ、次回の「チーム8のブンブン!エイト大放送!」を楽しみにしようと思います。

【今日の言葉】 今のチーム8は『AKB1じ59ふん!』が立ち上がった頃の新鮮さなので、どこまでもキープしてほしいところです

稲村亜美

先日の日曜日の朝食時に、奥さんがこんなことを聞いてきます。
「稲村亜美って知っている?」
アイドルに詳しいと思っているようなので聞いたのかも知れませんが、
「稲村亜美?亜美ってアイドルは何人かいるけど・・・」
「野球の始球しk」
「わかった!背の高い女の子で、始球式で剛球を投げたアイドル!」
なんだやっぱり知ってんのかよって顔をした奥さんをPCの前に連れて行き、Youtubeを起動。

この子でしょって「稲村亜美 G's」で検索してG'sのCMとそのメイキングを見せました。



最後にかっこいいスイングを見せてくれるスーツ姿の美女が稲村亜美ちゃん。

このCMはよく撮ったと思う素晴らしいできなので何回見ても楽しいです。
おじさんの急所に当ったボールはCGだったのですね。いや、硬球が当ったら痛さはこんなものじゃ済まないですけどね。思い出すだけで気を失いそうです。

稲村亜美ちゃんはピッチャーをやっていたらしいですが、「神スイング」とか言ってバットの振りもすごくて驚きます。
が、身長が高いのでアイドルとしてどこまで行けるのかちょっと心配です。だからこそ応援したいって言うのはあります。
浅井企画に所属しているそうなので、関根勤さんあたりのバーターでテレビに出る機会が多ければファンも増えるかも知れません。

【今日の言葉】 奥さんはやっぱり知ってたかって顔をしていましたが、「なんだこいつ感」もひしひしと感じました
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター