FC2ブログ

GR86

もう発表からひと月たとうとしていますがGR86の話題です。
クルマ好きの方ならその発表の内容はチェック済みだと思いますが、初代「トヨタ86」から二代目は「GR86」と名称変更しているわけですが、スープラ、ヤリスに続く「GRブランド」となり、どうもトヨタはレギュラーモデルはスポーツモデルの設定をやめてしまっているようで、スポーツモデルは「GRブランド」に統一するつもりなのかもしれません。

gr86-01.jpg

その「GRブランド」ですが、なかなか理解しづらくて、「GRヒエラルキー」があるようで、GRのアフターパーツをつけたものは「GRパーツ」、レギュラーモデルベースにGRとしてカスタマイズしたものを「GRスポーツ」、GRブランドとして製造しているものが「GR」、さらにホモロゲモデルとして限定生産したものが「GRMN」というそうです。むずかしい(笑)

今回の「GR86」なんですが、先に言ったようにスープラ、ヤリスに続くGRブランドのスポーツカーということになるそうですが、「二代目なら『92』じゃないのかい!」ってツッコミは笑っていただけますでしょうか(笑)

先代のトヨタ・86は、AE86をオマージュしたコンセプトで、発売のかなり前からコンセプトモデルが発表になっいて、SUBARUとの共同開発ということで「FT-86」とかいう名称になっていました。

gr86-02.jpg

ただコンセプトモデルが進むごとにかっこ悪くなってだんだん興味をなくしてたりしていました。
市販モデルはネッツ店で実車を見たのですが、デザインが実用的すぎるっていうか乗用車的で、完全にS15シルビアやGT-Rに負けている感じ。最初の「FT-86」のかっこよさはどこに行ったって思いました。
ただ「ざがあとがダメだしするとヒットする」というセオリー通り、中高年ユーザーを中心に大ヒットしました(笑)
でも私も頑固なので、「2ドアスポーツクーペは、エンジンやサスペンションの性能より、まずスタイルがカッコいいことが重要」というのは譲れません(笑)

新型GR86は、プラットフォームは先代のキャリーオーバーらしいですが、エンジンが2.4Lになりました。
「なぜ2.4L?」って思うのですが、おそらく北米市場を優先したからでしょう。
北米では2.4Lは「ボトムの排気量」で、キャバリエなんかもこれでした。それ以下になると北米版軽自動車扱いになるのかもしれません。
ただ水平対向エンジンには懐疑的で、「戦車かよ!」って突っ込みたくなります(笑)
水平対向エンジンは、VWタイプ1のような空冷ならメリットありますが、潤滑、水冷面で面倒なだけじゃんって思ったりしています。実際レガシィのオイル上がりはあるあるなトラブルとも聞きますので。
GRヤリスの272馬力3気筒ターボをFR化して積めばいいのにって思うのですがねえ(笑)

ただ今回のGR86はなかなかかっこよくて、GRのトレードマークである「ファンクショナルマトリクスグリル」もよく似合っています。全体的にこの後出るであろう「次期フェアレディZ」より現代的でおしゃれです。この点はヒットの予感があります。っていうか「2.4L」ってフェアレディZが「ダットサン240Z」として北米で大ヒットしたときの排気量なわけで。GR86は4気筒ながら、「AE86」より「240Z」に近いイメージなのかもしれません。
っていうか、世の趨勢でこのままいくと「最後のガソリンエンジン専用スポーツカー」になるかもしれないので、気になる人は買っておいた方がいいかもしれませんね。

【今日の言葉】 FRというパッケージングからして、やはり「92」ではなくあくまで「86」なのでしょう

スポンサーサイト



トヨタ・DFエンジン

昨年の発売以来バカ売れしているヤリスシリーズですが、これまでにない高品質なコンパクトカーで、特にエンジンが「トヨタ ダイナミックフォースエンジンシリーズ」というやつで、ヤリス・ヤリスクロス・GRヤリスに採用された「M15Aエンジン」は熱効率40~41%を達成するというすごいエンジンだそうです。
まあね、「”M15A”ってスズキかよ!」ってクルマ好きなら突っ込みたくなりますね(笑)

うんと昔のホンダのCVCCエンジンの頃から、目標を達成するための「エンジンの新技術」をチェックするのが大好きで、特に日産とかホンダはエンジンの改良ポイントとかカタログでしっかり説明してくれるので読むのが楽しくてたまりませんでした。
特にこの2社は、スポーツモデルのサスペンションの機構・構造とかも説明してくれるのでかなり勉強になったりもしました(笑)

さて、このヤリスシリーズに載っている「M15A-FKS」ってエンジンなのですが、色々調べるほどに技術的・工学的にすごいエンジンだと感心するばかり。

m15afks_view.jpg

【1.5L直列3気筒NA】
M15A型エンジンは1.5Lの3気筒なんですが、これに先立ってM20Aという2Lの4気筒があり、これから1気筒落としたものというのが成り立ちのようです。
気筒当たり500ccが一番効率的だなんてヤマハなんかもよく言っていたのですが、BMWも1.5Lの3気筒を1シリーズやMINIに搭載しており、ひょっとすると共同開発っていうかテクニカルトランスファーがあったのかもしれません。実際GRスープラの3.0Lの6気筒はBMWのエンジンですしね。
3気筒の一番のメリットは、個人的には、排気干渉しないのでエグゾーストシステムがシンプルにできることだと思います。
なのでターボなんかもつけやすいのですが、M15AはNAでやっていますね。NAで40%という熱効率を達成したのでアイドリングストップもやらないそうです。これは賛成(笑)

【圧縮比14.0、アトキンソンサイクル】
圧縮比11ぐらいでも驚くのですが、14.0と聞いて本当にびっくりしています。レギュラーガソリンではノッキングしちゃうじゃんって思ったのですが、そこはアトキンソンサイクルで、「空気だけ吸い込んで圧縮」するそうです。そこへ燃料を噴射するトヨタのD4ってやつなのですね。
それでもツインキャブとかEFIとかに慣れた古い人間には圧縮比14.0は驚異です。
エンジンは超ロングストロークで、吸気バルブの開閉タイミングによりアトキンソンサイクルを実現しているそうです。
アトキンソンサイクルっていうと、90年代のマツダ・ミラーサイクルを連想しますが、こちらはスーパーチャージャー必須なので、そういう機構なしのNAでアトキンソンサイクル実現ってやはり技術は進歩しているのだなと思います。

【筒内直噴D4】

その筒内直噴トヨタD4なんですが、空気のみ吸い込んで圧縮して燃料噴射って思ったらそんな単純ではなくて、エンジン起動直後は圧縮行程終了直前で燃料噴射して、混合気が濃い状態で点火、排気して触媒とかを温めるそうです。
エンジンが温まったら、今度は吸気行程のはじめに燃料噴射してリーンバーンのための均一混合になるようにしつつシリンダー内の冷却を行うそうです。
トヨタD4がここまで細かくやっているとは知りませんでした(笑)

【EGR】
最新エンジン技術の情報に「EGR」って出てきてびっくりしました。EGRというと昭和の「51年排ガス規制」対応のための排ガス浄化技術のひとつだっただけに。今は燃料噴射の制御とかバルブタイミング制御によりとっくに消えた技術と思っていました。
ただこの枯れたと言われるEGRこそ、熱効率向上のための重要な技術だそうです。確かに「燃焼されずに捨てられる混合気」はかなりの率だと言います。
M15Aエンジンではなんと「EGRクーラー」といって、排ガスを冷却して吸気に戻す機構がついているとか。
そこまでやるほどEGRって重要だってことなんですね。

【冷却システム】
熱損失のほとんどは、文字通り熱として無駄になるわけですが、それを冷やす冷却システムも効率向上が必要で、M15Aエンジンではウォーターポンプやオイルクーラーポンプなどを電動化しています。
さらに冷却水通路の最適化や、EGRの冷却なんかも行っていて、信頼性が高そうです。
こういうところをこれでもかって感じで効率化しないと熱効率って上がらないものなんですね。

【ボア・ストローク比】
M15Aエンジンはボア×ストロークは80.5ミリ×97.6ミリという「超ロングストローク」になっています。
ボアストローク比(S/B)が1.21だそうで、エンジン性能が極大値になるS/Bがこの1.2付近だそうです。
ほう、と思ってプジョー208のEB2エンジンはどうなんだって思ったわけですが、EB2はボア×ストローク75.0ミリ×90.5ミリになっています。じゃあS/Bは、「1.21だ!」ってびっくりしたのは言うまでもありません(笑)
プジョーEB2エンジン開発でトヨタの技術が入っているのかなあと思ってしまいましたが、プジョー208の低速での効率の良さ、燃費の良さの秘密がわかったような気がしました(笑)

【今日の言葉】 内燃機関はこうして進歩し続けているのに、「電動化、電動化」といって内燃機関の研究をしなくなってしまうのが心配です

欧州カーオブザイヤー

欧州カーオブザイヤー2021はその優れた環境性能、燃費、動力性能、デザインなどが評価されトヨタ・ヤリスに決まったそうです。
ヤリスの拡販に力を入れていたトヨタには追い風ってことで、「2020年販売台数1位!」というこれまでのPRに加えて猛プッシュしているようです。

ecoty01.jpg

でもでも「ちょーっと待って!プレイバッ、プレイバッ」と言いたくなります。
なぜって、上の写真の右下にあるように「欧州仕様」ですよね、賞をもらったのは。
って、上の写真をひと目見れば気づかれるかと思うのですが、「ヤリス」と同じ名前・同じデザインであっても、全幅5ナンバーサイズの日本仕様と違ってふくよかなオーバーフェンダーがセクシーにも見える欧州仕様です。まるで別のクルマのようです。っていうか別のクルマみたいです。
旧モデルですが、仕事でドイツに行った後輩が、レンタカーでヤリスを借りたら驚いたと。日本のヴィッツとはまるで別もので、ポロやゴルフに近い感じだったと「欧州生産のトヨタ車は別物」という証言を得ています(笑)

そういうのはマット・ワトソンの動画を見るとすぐにわかります。商品体系も日本とは別のようです。



動画では中間グレードの「デザイン」を紹介していますが、仕様をチェックするとこれは日本の「最上級Zグレード相当」のようです。つまり英国仕様ではより上位の「ダイナミック」や「エクセル」はもっと豪華ってことなんですね。うらやましい。

そもそも欧州仕様のヤリスって、日本製ではなくてフランスのバランシエンヌ工場製だったはずで、おそらく左ハンドル車は中身も日本のヤリスと「全く別物」という話もあります。なぜかと言うと欧州大陸向けは「アウトバーンを走られてしまう」からだそうです。なるほど~(笑)

ドイツ仕様を見ると、シートからして日本仕様にない「スポーティシート」になっています。これもアウトバーン対応の仕様なのかもしれません。

ecoty02.jpg

まるでGRヤリスのようです。っていうか、どう見てもGRヤリスと同じシートのようです。
ちなみにGRヤリスの欧州仕様はRZだけだそうで、ハイパフォーマンスにあたる仕様はオプションだそうですが、仕様自体は日本仕様と同じらしいです。

ドイツではハイブリッドの上級グレードが330万円以上するのですが、かかっている消費税が違うし細かな仕様も違うので、その辺を考慮すると価格は日本とあまり変わらないようです。

でもでも、この欧州仕様全幅1745ミリのオーバーフェンダーにスポーツシートの内装を「特別仕様」として日本に入れてくれればかなり楽しいと思いませんか。何しろ日本仕様より数段カッコいいし!(笑)

【今日の言葉】 シビックタイプRができたんだからヤリスだって逆輸入ができるはずと信じています。トヨタ車を輸出した帰りにでも積んできてほしいです

プジョー e-208

先日のTVK「クルマでいこう!」はプジョー「e-208」が登場しました。
あれ?新型208と一緒に発表されたはずなのにいまさら?って思ったのは言うまでもありません。

e208-01.jpg
e208-02.jpg

e-208はもちろんEVなのですが、パッケージングとか仕様はガソリンの208とほとんど変わらず、したがってプジョーでは「パワーソースを選べる」のを特徴としているそうです。

いや、選べるって言ったって値段が高いし。今回登場したe-208のGT-Lineは423万円もするし。400万円超なんて私らが購入するレンジ外(笑)

と思ったらEVには補助金があるそうで、国の補助金が80万円、エコカー重量税軽減が3万円、電気自動車普及促進補助金が30万円その他もろもろで最高125万円ほどになるとか(参考です。正確ではないかも)。
そうすると423万円-125万円=298万円ってことで300万円を切りますね。
え?これって?普通のプジョー208GT-Lineの293万円とほとんど同じじゃん!ってびっくりしました!
おお、それなら「パワーソースを選べる」ってキャッチフレーズもまんざら嘘でもないって理解できます。
ですが、補助金の申請って面倒だし、満額でるかどうか条件にもよるし、自治体によっても変わってくるので過信は禁物ですね。
だいいちうちはマンションなので、管理組合がたくさん充電ステーションを作ってくれない限りはEVは無理です。

そもそもEVっていっても、化石燃料で起こした電気で走るっておかしくないかって思います。
それなら最初から化石燃料で走らせればいいじゃんって、本田宗一郎さんのようなことを言いたくなります(笑)
しかも充電ステーションを増やすだけでEVが普及すると思えません。発電とかパワーグリッドとかもっと利用環境をシステムでとらえないとどこかで破綻しそうです。

「クルマでいこう!」では最後に例によって岡崎さんと藤島さんの評価があります。

e208-03.jpg

岡崎さんの評価は
〇:208の魅力をさらに広げる新たな選択肢
×:もっと”猫足感”が欲しい

藤島さんの評価は、
〇:モーター駆動でもプジョーとしての走りの在り方を表現
×:ACCのスイッチ操作が分かりづらい

「もっと”猫足感”が欲しい」は試乗でも言っていましたが、1.5トンの重量があるクルマの猫足は難しいというか無理じゃないかと思います。
藤島さんの「プジョークルコン操作性のディスり」はまた出た感じです。これで3回目ぐらい?(笑)

【今日の言葉】 EVが、道路利用税みたいな性格があるガソリン税を払わないのは不公平だと思っています。なのでEVステーション利用税とかいずれ出てきそうですね(笑)

プジョー208アリュール納車96週

この2月9日でプジョー208が納車96週となりました。っていうか8周年になります。
ほとんど故障がないままここまで来た感じですが、ますます調子が良くてフランス車ライフを楽しんでいるところですが、とりあえず8年経つとどうなのかご報告です。

p208-8y01.jpg

プジョーの2シリーズは206でかなり故障が多かったと聞きます。故障の多くはAL4という4速ATと電装品関連だったらしいです。
この故障が多かったという時期の2006年って他の欧州車、BMWであるとかメルセデスであるとかフォードであるとかVWなんかも故障が多かったそうです。原因はボッシュ社の電装品らしく、これに懲りたのか、以降はDENSOとか日本製の採用に至ったとか。

うちのA9型プジョー208アリュールも日本製パーツが多いらしいですが、それだけに故障らしい故障は1度だけで、「イグニッションコイル」の故障だったのですが、これってボッシュ製だったのかもしれません。まだ3年の保証があったころなので無料で修理できたせいかあまり覚えていなかったりします。

以下、9年目に入るとプジョーはどうなるのかのご報告です。

【相変わらずの乗り心地】
猫足とか魔法のじゅうたんとかフランス車の乗り心地を表現する単語があるほど独特な乗り味なのですが、うちのクルマの場合は55km/hっていうのが「しきい値」のようで、その速度域で素晴らしい乗り心地、乗り味が楽しめます。
乗ってみればわかるのですが、この独特な乗り味っていうは、「FF車であること」「超高いボディ剛性」「すぐれた静粛性」「よくできたシート」などの相乗効果で実現しているようです。
特にボディ剛性のすごさはとんでもなくて、どうもフロントアクスルからリアアクスルまで「鋼板」が厚いようで、それで頑丈なボディを構築しているようです。ボディ剛性が高いからフロントストラット、リアトーションビームというシンプルなサスペンションでもちゃんと仕事をしてくれてこの乗り心地を実現しているのでしょう。
シートについてはこれまでもさんざんほめてきましたが、8年乗っても全くへたれない、きしみもしないシートはやはりすごいとしか言いようがないです。

【相変わらずのハンドリング】
超高いボディ剛性のおかげで足回りがいい仕事をしているって言いましたが、ハンドリングも全く同じことを言えています。
フロントアクスルがエンジンルームでなくボディに取り付けてある感じなので剛性感の高いハンドリングが楽しめます。
エンジンパワーはあまりないので、このハンドリングは「ダウンヒル専用」かというと全くそうではなくて、無理にダウンヒルをやるとロールしまくってスリルが満点を超えて楽しめます(笑)

【相変わらずのパワー】
エンジンは1.2L3気筒NAの82馬力なんですが、数字通りのパワー感しかありません。っていうかこのエンジンは低速トルク型で、2750回転で12.0㎏-mが出てしまうのですが、その付近のピックアップというかドライバビリティはちょっとしたスポーツカー並みです。(たぶん知っている人は「うんうん」とうなづいていると思います)
ただ3000回転を超えると急にパワー感というかトルク感がなくなるのがすごく残念。
スポーツカーのように走るにはMTを上手に使うテクニックが必要ですが、軽自動車やミニバン、ハイブリッド車ばかりの昨今では、このパワーでも十分やっていけています(笑)

【相変わらずの燃費】
欧州車なので、JC08燃費とか全然気にしない感じなんですが、実燃費をWLTCモード風に紹介すると、
・市街地モード:14.5km/L
・郊外モード:22.0km/L
・高速道路モード:20.0km/L
・総合:16.5km/L
という感じです。うちの場合は圧倒的に市街地が多いのでこんな感じになります。
プジョー208アリュールのエンジンは、下り坂などでフューエルカットするようで、したがって高速より郊外の方が燃費がいいです。河口湖から帰ってくると29km/Lとか普通にでます(笑)

【向上したドライバビリティ】
もともと2500~3000回転のトルクが「立って」いて、このエリアをうまく使うとかなりのドライバビリティがあるのですが、昨年秋につけた「K&Nエアフィルター」との相性が良くて、これまで以上のレスポンスとトルク感を楽しむ運転ができます。
1.2Lの3気筒って、1気筒当たりは1.6Lの4気筒と同じなので、3000回転までなら1.6Lかと思うほどのパワー感はあります。
エンジン出力は控えめ、っていうかはっきり言って非力ではあるんですが、マニュアルトランスミッションをうまく使ってエンジンパワーを使い切る運転は楽しいし満足感もあります。
考えてみればそういう「素の楽しみ方ができる普通のクルマ」は減ったなあと思いますね。

【ヘッドライト】

最近のクルマのヘッドライトはほとんどがポリカーボネートなわけですが、特に紫外線が当たるところがくすんでくるのはしょうがないっていうか、そういうところに「車齢」を感じてしまいますね。
そのエイジングケア(笑)ですが、以前紹介したように「ピカール」がよく効きます。一度磨けば半年は持続するようです。
プジョー208はボディもシートもサスペンションも8年経ってもへたりがほとんどないので、このヘッドライトさえツルピカなら新車時とほとんど変わりません。これはこれで大したものだと思います。

【12ヵ月点検】
まもなく12ヵ月点検の予約日になりますが、以前の記事の通りTAKUMIモーターオイルを入れるのを楽しみにしています(笑)
それ以外では、雨の日はあまり運転しないので1年前に交換したワイパーはまだまだ元気だし、3年目に突入のバッテリーもちょっと高級なAGMバッテリーにしたのでまだまだ元気な感じです。タイヤもブリヂストンの日本製なのでひび割れもなく、機能も劣化なくしっかりグリップしてくれています。
気になるところはほとんどないので点検もすんなり終わるのではないかと。

結局9年目になるにもかかわらず【相変わらずの~】が多いのは驚くべきことなのかもしれません。
ただここまで来ると心配なのはフューエルポンプの故障。これがトラブると「即エンコ」ですからね。どうもボッシュ製であることがすごく心配。故障の前にパーツをネット調達しておきたいところですが、同じ車種でもロットによって微妙に型番が異なるそうで調達はかなり困難な状況。
頼むからフューエルポンプだけは故障しないでくれと手を合わせて祈る毎日です(笑)
プジョーディーラーが「遠い厚木」に行ってしまっただけに(笑)

【今日の言葉】 8年といっても欧州ではまだまだこれからなんでしょうね。頑張ります

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター