たばこ値上げ

明日10月1日からたばこが値上げになるそうですね。売れ筋のマイルドセブンとかが400円をこえるとか。
私は元喫煙者なのですが、あの頃は200円ぐらいだったはずで、それから考えるとずいぶん高くなりますね。

値上げの理由は増税らしいですが、100円程度では離煙促進には貢献しないのではないかと思います。
いずれは800円、1000円にするって話もありますが、そうなるとやめる人以外に犯罪的なことも増えるかも知れません。中国や韓国の安いたばこを裏で大量に売りさばくとか出てきそうです。

私のところは神奈川県なんですが、公共の場での禁煙っていうか嫌煙の徹底ぶりがすさまじい感じです。神奈川の喫煙者の人は大変です。医院で順番待ちしているときもクルマで待ってますって言う人がいるんですが、なんでわざわざって思ったのですが、たばこを吸いたかったのですね。喫煙者は今や家の中でも文字通り煙たがられたりして、ゆっくりたばこを楽しめるのは自分の車の中だけだなんて新車情報の三本和彦さんも言ってました。

たばこの害というか、副流煙も含めて煙の害っていうのは、世界的に常識だそうで、数多くの発ガン性物質やその他有害物質を多く含むそうです。科学的に証明されている事実だそうですが、私はあまり信じていません。
ヘビースモーカーだけど特に病気もしていないし、健康に暮らしているっていう人もたくさんいるわけで、どうしてなのか科学的に証明できるのかなと思います。有害物質をたくさん摂取しているのに健康って、それこそ科学的に調べる価値があると思うのですがどうでしょう。

メタボが良くないなんていうのも科学的に証明されているとかいいますが、ちょっと流行っぽい。「流行のある科学的常識」は。似非科学だったり、バズワードだったりすることがあるので簡単には信じないようにしています。

非喫煙者にも影響する煙の害というのが本当に心配なら、ニコチンガムやニコチンパッチをもっと普及させればいいだろうと思うのですが、こちらは数千円するそうですね。そりゃ逆だろうって思います。たばこを数千円にして、ニコチンガムを200円ぐらいにすれば煙の害については解決しそうです。
喫煙所とか分煙も必要なくなるし、吸い殻のポイ捨ても減るでしょう。食事中にガムをかむ人もいないだろうから、レストランとかも快適に食事できそうです。

でもそうなると子供がニコチンガムを買ってしまうって言う人がいますが、何のためのタスポなんでしょう。未成年者が口にするリスクはたばこだって同じだし。でも小さい子供が口にしないよう、味の工夫が必要かも知れません。

たばこポイ捨てが減ればたばこが原因の火災も減るわけで、その効果は大きいのではないでしょうか。

【今日の言葉】 害のある煙を憎んで、税収となるたばこを憎まずではなかなかうまくいかないでしょう
スポンサーサイト

MICHELIN Pilot Sport 3

去年からそろそろタイヤを替えなくてはって思っていました。

駅への送り迎えでロータリーを回り続けたせいか、あるいは下り坂の右折信号をわりとクイックに回り続けたせいか、左前輪の摩耗が激しい。タイヤローテーションをしているのですが、そろそろ限界が近かった。

来月は伊豆旅行に行くので、それまでに交換したいって言っていたので、今日うちの奥さんが近所のオートバックスに行ってタイヤ交換してきました。
銘柄はかねてから決めていたミシュラン パイロットスポーツ3というやつ。いわゆるPS3というやつで、人気ブランドパイロットプレセダの後継と言われ、今年出たばかりのニューフェース。

どうしてミシュランか、というと、自動車評論家の三本和彦さんが、ことあるごとに「タイヤを交換するならミシュランだ」「一度ミシュランを履いてみなさい、タイヤの考えが変わりますよ」って言ってました。クルマに詳しい人ほどミシュランを推す人が多いようで、ポテンザとかアドバンとか純粋なスポーツ用途以外なら、ウェット性能と耐摩耗性が優れたミシュランがいいそうです。

うちの奥さんは、用があってオートバックスのそばまで行ったので、PS3の在庫確認のために店に寄って聞いてみたそうです。そしたらまさに希望のサイズが入荷したばかりのピカピカな状態で在庫してあったそうです。
ずばり「ミシュラン パイロットスポーツ3 トヨタアルテッツァ RS200 ZエディションSXE-10 215/45-17 91W」って指定したものだから、店員のお兄さんは「主婦が夕方ミシュランを指名買いしてきた」ってびっくりしたでしょうね。

ミシュラン パイロットスポーツ3

値段は1本28665円。なんとミシュランのオンライン通販より5円安いという。っていうかほとんど定価だな。ネットの安売り店よりはかなり高いのだけど、オンライン通販と同じならいいかと。
それにしても45%扁平率のタイヤは高いのでいやになります。前回タイヤ交換のときは、ブリヂストンのプレイズPZ-1にしたのですが、このときも出たばかりでまだ値段がこなれていませんでした。60-55-50タイヤはそれほど値段が変わらないのに45タイヤ以上になるとぐんと値段が高くなる。

夕飯のあと試乗してみました。夕方から小雨が降り出してちょうどウェットグリップを確認するにはいい感じ。
まず普通に乗って乗り心地は、静かで上品な走り味でした。まだ溝が100%あるから当然と言えば当然でしょうが。
ウェットのコーナーをちょっとタイトに回ってみましたが、全然滑らないです。グリップ良好。これまでのPZ-1だったら簡単にトラクションコントロールの作動ランプが点いたであろう限界を超えても余裕のようです。
5キロほど走りましたが、音、乗り心地、グリップのどれをとっても、FRのアルテッツァとなかなかの相性だと思いました。
今後のドライブが楽しみです。
耐摩耗性も国産メーカーより高いというので、長く大事に乗っていきたいと思います。
高い買い物だったからね。

【今日の言葉】 タイヤサイドの「MICHELIN」ロゴの横にある「ミシュランマン」がわりとかわいいです

1年半ぶりの休日出勤

シルバーウィークということで、会社では9/24(金)が年休促進日で、これを取ると23日から4連休だったわけです。

ところが、10月に展示会があるようで、併設のセミナーで、うちの部署の偉い人が製品の紹介をするのでプレゼン作成を手伝ってほしいっていわれて休日出勤。

人の仕事の手伝いなんてばかばかしいのですが、本部直属の身だし、その本部長の仕事は本部の仕事だからなんていわれると無関係と断るのも組織では難しいものです。

ということで、テンションがあがらないまま、4連休の4日目に出勤したのですが、なんか久しぶり。

勤休管理表を確認したら、2009年の3月末に実行計画予算関連の業務で休日出勤して以来。1年半ぶりです。
コンピュータ関連の会社にいるので、開発とかSEとか営業支援をやっているときは休出しなかった月がないくらいだったのに、この1年半はとてもいい感じだったのですね。

今日の仕事は忙しくなかったのですが、だらだらと続いて暇でもなかったです。
気づいたら22時になっていました。終わったのが22時半。急いで帰りましたが、表は雨になってました。クロックスなんてはいてきたから足がずぶ濡れ。とほほ。

【今日の言葉】 4連休の4日目なので、当然フロアには誰もいませんでした。

PhenomII X2 550 BlackEdition(550BE)をシフト

うちの奥さんは、PCユーザなのですが、使い方はライトながら使用時間的にはヘビーだったりします。ネット中心のmixiユーザなので、一番ハードに使うデバイスがキーボードという感じで、最初に使ったノートPCはキーボードが死にました。その後はお古のPCを回したのですが、キーボードとマウスはその後も何回か使いつぶして交換しています。
ところがPC本体は、AthlonXP1800+とかPentium4 2.0Aだったりして、最近のHD動画とかを見ると駒落ちが激しい。
ということで、今回PhenomII X2 550 BlackEditionを奥さん用にシフトすることとなりました。

私のマシンがPhenomII X6 1090Tになったのですが、マザボもメモリもすべて流用なので、奥さん用にPhenomII X2 550BEを使うとなると新たに調達しなきゃならない。結局PhenomII X6 1090TがCPUの交換だけで済んだなんていえなくなってしまった次第。

「なんとか安く上げたい。」「そのコストで最高の性能を」って考えるのがAMDユーザのスタンスなので、予算25000円でそろえる計画となりました。どうしてかというと私の小遣いでまかなうためです。

マザボが7000円。もちろんグラフィック統合チップでコスト対策。メモリは2GBで4500円。32ビットのXPなので十分でしょう。HDDは1TBが5500円ほどで買えるのですね。ケースは通常5000円の品が3500円で出ていたのでゲット。電源は450Wで2600円。DVDドライブはコンボドライブがあったのでそれを流用。おお、23000円ほどでできてしまいました。

奥さん用P-IIX2 550BEマシン

それで組み上がったのがこれ。写真ではちょっと電源系のケーブルがうるさいですが、その後整理しています。
PhenomII X2 550BEの購入価格って9000円ぐらいだったので、DVDドライブとOSを除いて30000円ぐらいで割と高性能なPCを作れちゃうっていういい時代になったのが痛感できます。

ケースの中はマザボと電源とDVDとHDDしかない感じですかすかですが、これでも機能的には十分以上。
最近のケースは、14センチとか12センチの大きなファンがゆるゆると回るのでとても静かでいい感じです。8センチのファンではうるさいわけですね。

これまで使っていた80GBをまるまるコピーして、後はチップセットドライバとか入れたら何の問題もなく起動できました。
ノートPC以来の新品PCに満足しているようです。

極端な性能は必要ないので、4コア化とかやっていませんが、心持ちオーバークロックしています。2コアなら3.7GHzでも安定しているようです。

【今日の言葉】 「AMD野郎」かというとそうでもなくて、持っているPCの半分はインテルCPUです

PhenomII X6 1090T BlackEdition

普段PCでは重い処理をあまりしないのですが、少しだけ動画エンコードをやるので、高速なCPUがあっても損ではないという状況。

それと、使っているマシンは、PhenomII X2 550 BlackEdition(550BE)というやつを、裏技で4コア化して、しかも3.7GHzにOCして使っていたのですが、4コア化するとOCしなくても消費電力がガッと増えるようで、夏場は特に不安定に。4コア化だとクロック定格でも不安定です。マザボとの相性もあるかも知れません。

そこへ来て、春にでたPhenomIIのヘキサコアX6の価格がかなりこなれてきました。1055Tが2万円前後って。1055Tにするか、その上の1090Tにするか、1090TならCorei7の870も行けるじゃないかってかなり悩みました。

でも、Corei7にするとLGA1156のマザボが必要で周辺機器も含めると完全に予算オーバー。CPU単品で2万円を超えるのならこの際だからPhenomIIハイエンドの1090Tにしようか、たまには贅沢も良かろう、しかもマザボは今のまま使えるし低コストだ、ということで1090Tになりました。

PhenomII X6 1090T

本当にCPUだけの交換なので、取り付けは10分で終了。BIOSの内容を確認してから起動。何も問題なく立ち上がりました。おお、リアルなコアが6個動作している!

6コアで動作

早速動画エンコード時間を計ってみましたが、550BEより少し遅い。
一瞬何これ珍百景!って思いましたが、550BEが3.7GHzだったのに対し、1090Tは定格の3.2GHzだったのが原因。

そこで早速クロック倍率アップ。そのためのBEなのだし。

とりあえず550BEと同じ3.7GHzにしたら、動画エンコードはコアが6個と多い分は短縮できたようです。といっても大幅な短縮ってことはあり得ず、想定内というところ。CPU使用率が100%にならないから、単純にコア数1.5倍というわけにもいかないようです。

余裕で4GHz

その後OCで少し遊んだのですが、これまでのPhenomやAthlonでも到達できなかった4GHzをいとも簡単にクリア。 4.2GHzあたりから不安定になってくるのですが、200MHzの差なんて、動画エンコードでも数%の差なので、安定している4GHzで使うことに。
それともOSが32ビットのXPだから性能差が出ないのでしょうか。64ビットのWin7にすれば違うのでしょうか。


ただそれ以外では550BEと何が違うんだっていうのは、正直あります。
普通に使うなら、PhenomII X6 1055Tか4コアの965BEで十分以上で、よりコストパフォーマンスが高いようです。
したがって、ヘキサコアでOCがしたいという方以外は、1055Tか965BEを強く推奨したいと思います。

【今日の言葉】 AMDはソケットを乱発しないで、AM2/AM3でいてくれるので助かります

24時間テレビ

24時間テレビといえばNTV系夏休みの終わり恒例のお祭り番組なんですが、障害者を利用した番組作りはいかがなものかと毎回思っているものの、各方面やブログ等でも、体が不自由な人にダンスをさせたとか、批判が盛り上がっているようなのでこちらではあえて書きません。言い尽くされているようですし。

当の日テレもその辺はよく認識していて、それでもマラソンなどのマンネリ企画も「強行」するっていうのは、「CX以上になりふり構わないバラエティ体質」である日テレの本領なのでしょう。

かくいう私は、33年前の第一回の時に、特別企画だったアニメ版ブラックジャック見損ねて逆上し、それ以来24時間テレビは見ていません。っていうかトラウマなのかもしれません。24時間テレビって聞くだけでそれを思い出して暗い気持ちになります。

ただこの番組が大好きな人もいて、もちろんそういう人がいて結構なのですが、たいがい「感動した!」「マラソンのゴールがよかった!」とか言いますね。
そういう番組として「感動を作る」「感動を演出する」っていうのが嫌いです。そういう番組に出くわすと「感動なんかしてやるものか」って思うわけです。化粧が落ちてしまって、泣きながら走っているはるな愛を見てどう感動しろというのでしょう。

CXに負ける前の70年代の日テレは「ドキュメント○○(年代が入る)」とか「遠くへ行きたい」とかプロレス、巨人戦以外にも良質な番組を多く持っていました。制作側が感じたことをそのまま映像にして視聴者に伝えていたのですが、それらのことに静かに感動したものです。

今年の24時間テレビは、TOKIOやAKB48など旬のタレントがたくさん出たようですが、中には番組に批判的は意識を持った人もいるだろうと思うけど、オファーがあったら全力でやるのがプロ、なのかも知れません。その辺は見習おうかなと思います。

【今日の言葉】 こんな番組より、ネットで名もない人の一言に感動したり、救われたりすることの方が多いような気がします。

記者泣かせ

神奈川新聞っていうのを購読しているのですが、地方紙丸出しで、読んでいて呆れることが多いのですが、政治経済の中央の記事、国際面や社会面はほとんどは購入した記事丸出しです。ネットのニュースと一字一句違わぬこともしょっちゅうです。

そんな中で数少ない神奈川新聞オリジナルの記事が、神奈川県内地方支局の記事とベイスターズの記事。

当たり前といえば当たり前なんですが、スポーツ面の一面は神奈川のアマチュアスポーツか、Jリーグ。めくると次のトップが「勝とうが負けようがベイスターズ」です。いや、今年のベイスターズは記録的な低迷ぶりなので「負けても負けてもベイスターズ」でしょうか。

でも今日の記者コラムは最高でした。カナロコの記事のリンクはこちら

記者泣かせの大敗

2ケタ失点で負けた試合数の記録を一昨日塗り替えたそうなんですが、昨日もまた2ケタ失点で負けてしまい、簡単に新記録を更新してしまったそうです。私はベイスターズのファンではないのでどうでもいいのですが、ファンにはやはりやりきれないでしょうね。

何を書けばいいのかと腐る記者の気持ちもわからないではないですが、セ・リーグの勝敗表が紙面から落ちていたのに気付いたでしょうか。神奈川新聞らしいと言ってしまえばそれまでですが、校正も一体何やっているんだって感じです。これが神奈川新聞クオリティーなのかな。

そんな感じで、明日もプロ野球面のトップはベイスターズでしょうね。勝っても負けても、いや、負けても負けても。

【今日の言葉】 我がヤクルトが前面に出ている新聞ってないのでしょうかね。いや、乳酸菌飲料の業界紙ではなくて。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター