TOKIO HOTEL

ヨーロッパを席巻している若いロックバンドがあるっていう噂はかねてから聞いていたのですが、どうやらドイツのバンドらしいってことでぜんぜん気にしませんでした。だってドイツのバンドですよ。ドイツの。

実はかなりのドイツ嫌いなのです。はっきり言ってドイツ人ってどうかしている、「アイン ドイッチャー イスト ドゥーム(Ein Deutscher ist dumm.)」といってはばからないくらい。

学生時代ドイツ語を勉強して、ドイツのことを知るほどドイツ人の理詰めで融通が利かず、ルールに厳しく、いい悪いを明確に分けたがる気質が嫌いになりました。そして自分たちはものづくりから国民性まで世界一だと勝手に思っている。確かにフォルクスワーゲンはよくできているが、値段が高すぎる。でも彼らは優れたものは高くて当然という気質。殴りたくなりますよね。ヒトラーの時代とあまり変わっていないような印象を受けます。

当然ロックファンとしてドイツロックのひどさも皆さんが知るところだと思います。
ドイツのロックファンって極端すぎるような気がします。要するにハードに振りすぎるのですよ。
その代表かスコーピオンズとかマイケル・シェンカー・グループとか。
ハロウィン、ガンマレイ、フェア・ウォーニングなんかもドイツのグループだったような。
がちがちのハードっていうかメタルですね。ほとんどマニア向けなので、一般ウケはしないでしょうし、私みたいなロックファンでも避けて通りたくなるほど。
ドイツロックに足りないもの、何だか分かりますか?

それは「ポップ性」なんですよ。

米、英、日本、韓国、豪州、加、仏、伊、北欧などいろんな各国にそれぞれ国に合ったロックがあるのですが、ロックっていわゆる流行歌だからそれなりのポップ性が必ずあるものなのです。
ところがドイツだけは、ロックはハードでなきゃだめっていうルールがあるかのごとくって感じで閉口ものです。

そこへ今回の若いバンド、その名も「TOKIO HOTEL」
東京をインスパイアしたネーミングらしいです。

現在来日しているらしく、ベストヒットUSAのインタビューに登場。

Tokioh01.jpg

ボーカルのビル・カウリッツがいい感じで、英語もペラペラ。ドイツ人といえどさすがロックバンドのメンバーは英語が達者。
見た感じのちょっとグラム・ロックっぽさがこれまでのドイツ系のバンドと一線を画す感じでグッド。
バンド名がバンド名なので、東京に来るのがバンド結成以来、10年来の目標だったとか。

Tokioh02.jpg

早速曲を聴いたのですが、これはいいじゃないか!ってびっくりしました。
ポップ性があるばかりでなく、本格的なんですよ。米英のバンドと遜色がないほどで、ヒップホップがあふれる中で、久しぶりにロックらしいロックを聴いた感じがするほど本格的。

ライブのコスチュームも、往年のデイヴィッド・ボウイーを思わせつつも、どこか新しさがあってその分新鮮です。

ライブに来ている女の子たちが大騒ぎしているのですが、「かわいい」とか「萌え」とかの感覚がないらしいドイツで、TOKIO HOTELの人気は必然なのかも知れません。

こういうグループには頑張ってほしいです。
欧州大陸だけでなく、世界中でもヒットできる実力がありそうだし、オルタナティブロックの閉塞感を打破してくれるかもしれません。

【今日の言葉】 彼らの曲の歌詞には日本語が混じっているらしいです。彼らには東洋の果てのこの国が新鮮なのでしょう。
スポンサーサイト

CX新ドラマ スクール!!(ネタバレないはず)

主演江口洋介で民間人校長をネタにしたドラマがCX系で始まりました。
北乃きいがちょっと苦手なのですがとりあえず見てみようということで。

ネタバレしない範囲で紹介しますが、江口洋介はサラリーマン上がりの民間人校長ということで熱血系で、「少林少女」の師匠役そのままって感じです。っていうか、これが素の江口洋介のキャラなのかもしれません。

school01.jpg

今の小学校は、すべてがそうではないでしょうけど、平等とか公平のためにちょっとゆがんだ世界になっている、と言うことになっています。そこへ熱血系校長が来たっていうのがプロットなんですが、さすがCX系のドラマだけあって、一筋縄ではない。まあそこがおもしろさでもあるのですが。

江口洋介に感情移入をすると、今の学校は、教師は、生徒は、どうしようもない、って見方になります。こんな学校ではダメだろうっていう見方。これは大昔の「青春とは何だ」系で、年配の人はこっちになるでしょう。

一方、6年生担任の西島秀俊に感情移入をすると、江口洋介校長は完全に時代遅れ、イデオロギー重視で現実を見ていない。いまはそういう教育のニーズがない。こういう校長はうざいだけ、ってことになって、どちらかというと30歳以下の若い世代に支持されるのではないかと思います。

一般的にドラマというのはストーリーに沿って流れていくわけで、普通は一つなんですが、このドラマは感情移入する立場でまったく話が異質になるって言う仕掛けがあるうようです。と言ってもこれがずっと続くかどうかはわかりませんが。

ただ今回のラストのシーンで校長に言う西島のセリフ

「あなたは何も分かってない」

これがこのドラマのモチーフではないかってことで、西島たち先生側に感情移入して見てみようと決心しました。
その方が面白そうだし。

school02.jpg


【今日の言葉】 やはりCXのドラマはTXあたりと違ってひとひねりあって楽しいです


URAKARA ~ KARAに降参

以前にも書いたのですが、少女時代とかKARAとか見るとファンになるかも知れないので見ないようにしようって思っていたのですが、KARAの名前を冠にしているドラマが始まるってことで、まあブログネタ程度にはなるだろうって見てみることにしました。

もともとKARAのリーダー:ギュリの明るすぎる茶髪のカーリーヘアが苦手で、しかもメンバー全員がつり目のアイメークしているのが大減点で、みんな同じ顔に見えるってことで、Pixivなんかにも絵をアップした次第。

ところがUAKARAが始まる直前に番宣が入りました。こんな感じ。

URAKARA01.jpg

なんだよ、ギュリが黒髪でかわいいではないか。これは反則だ、やばいぞって思ったけどもう遅い。

URAKARAのオープニングはいきなりステージメイクでアレだったんですが、

URAKARA02.jpg

ドラマでは、ギュリが茶髪カーリーであることを除けば、みんなナチュラルメイクでかわいいではありませんか。

童顔のスンヨンとお嬢様系ジヨンのかわいさは強烈。ってことで、あっけなく降参です。
応援することにしました。
次にカラオケに行ったときは、「ミスター」とか「ジャンピン」を歌うことにします。

URAKARA03.jpgURAKARA04.jpgURAKARA05.jpgURAKARA06.jpgURAKARA07.jpg

ドラマの方は、何故かロボット社長が出てきたりって訳がわからないところが、TX系の「ドラマ24」枠ならではって感じなのですが、なんとなくデジャブーなのは、ノースリーブスが出ていた「メン☆ドル」と何となく似た雰囲気だからでしょう。
なんか「メン☆ドル」っていうと懐かしいほどですが、あの頃はノースリーブスもAKB48もここまで売れるとは思っていなかったし。

しかも実際にソウルでロケしたようで、わりとまじめに作ってあります。
数年前に「NHKハングル講座」で韓国語を勉強したので、ハングルの台詞もわりとわかって楽しかったりします。っていうか改めて勉強になったりもしています。
どちらかというと嫌韓派なのですが、それとこれとは別。韓国語がわかるとこういうドラマも別の楽しみ方があるってことで。特にKARAのように若い女の子が話す「ヨ抜き」のタメグチハングルはきいていて楽しいし。
むかついた顔で「アラッソ~!」っていうのもいいもんです。

韓国では2001年頃「4文字アイドルグループ」というのが流行っていて、その頃のグループにしては若いなあと思っていたのですがぜんぜん違っていたようです。
あのころは「BONITA」とか言って江川有未ちゃん率いる4人組が、バラエティ番組の企画の一つで韓国デビューしたのですが、1年持たなかったような。当時の話では、韓国の芸能界は、一般人とのギャップが激しくて相当な技量がないと売れないなんて言っていました。その点KARAは、芸能人と一般人の敷居をずいぶんと下げているとか。韓国のアイドルも日本のアイドルのようになってきているのですね。

【今日の言葉】 韓国で「会いに行けるアイドル」っていうコンセプトはまだ行けるかも、ですね





とあるSDN48の人気メンバー ~ その名はKONANちゃん

SDN48は去年の11月下旬にメジャーデビューしたのですが、いまだに深夜枠の番組でデビュー曲「GAGAGA」のCMが入りますね。
個人的には見飽きてしまった感はあるのですが、CMでもPVでも最初のほうの「初めから GAGAGA」のところでCindyの前に出るメンバーが人気のようです。

sdn48konan01.jpg

これはKONANちゃんですよね。(写真はクリックで拡大)
なんか質問サイトとかでも「これは誰?」と、わりと騒ぎになっていて、FAQなみの質問の多さ。

「GAGAGA」では他にもこんな感じで出てくるのですが、最初のアップだけは、サイドの髪を後に持って行っているので雰囲気がぐっと色っぽいのかも知れません。

sdn48konan02.jpgsdn48konan03.jpgsdn48konan04.jpg


KONANちゃんはこのPVでぐっと人気が出たのかって思ったらそうでもないのですね。もともと選抜人気投票のころから人気が高かったようです。

1位 大堀恵
2位 佐藤由加理
3位 野呂佳代
4位 KONAN
5位 浦野一美
6位 梅田悠
7位 芹那
8位 加藤雅美
9位 小原春香
10位 伊藤花菜
11位 穐田和恵

上位は元AKB48のメンバーが独占するものの、KONANNちゃんが浦野一美ちゃんや小原春香ちゃんを押さえて堂々4位は大したものです。
SDN48が今後も人気が続くのであれば、このメンバーがいわゆる「神メンバー」になっていくのでしょうね。

【今日の言葉】 KONANちゃんは第一印象では、元AKB48の大島麻衣に似ているなあと思いました



LADY ~最後の犯罪プロファイル~(ネタバレなし)

TBS系の金曜ドラマは、前回のSPECといい、前々回のうぬぼれ刑事といい娯楽性の高い良作が続いたので、2011年最初の「LADY ~最後の犯罪プロファイル~」はどうかなと思うのですが、主演の北川景子はやはり予想通りの「・・・」でちょっと残念です。

あくまで個人的意見なのでそう思われない方は気にしなくて結構ですが、北川景子は失敗だろうって思うわけです。

lady.jpg

北川景子のキャラって、個人的にはいまだに実写版セーラームーンを引きずっているところはあるのですが、「ちょっと性格がきつくて、人見知りが激しいけど、頭が良く育ちがよくて何事にもまじめに取り組む超美人」というところ。ある意味山下智久と共演したブザービートの白河某ははまり役だったし、筆談ホステスなんかも悪くなかったと思います。

ところが今回のLADYは、木村多江や要潤などまわりがいい感じのメンバーで固めただけに、北川景子の浮きっぷりが目立ちます。

そもそもプロファイラーを扱うドラマって、海外ドラマでは定番になりつつあるのですが、日本ではまだ煮詰まっていない印象をうけます。ドラマなんだからシナリオ的に犯人はわかっているわけで、それを途中までの情報からプロファイリングして、合っているか違っているかなんてやるのはどっちらけですよ。

今回は初回で2時間枠だったのですが、最初の45分頃のプロファイリングは外れるだろうなと、残り30分にやったプロファイリングは当然当たるだろうなと、どんな人でもわかろうというもの。こういうスタイルはドラマとして致命的でドラマ性を大きく損なっているって思うのは私だけでしょうか。SPECでやった「先の読めなさ」はこのドラマでは無理っぽい気がします。

そういう内容なので、次回も見るかどうかわかりません。ウォッチングという感じで流してみるかも知れませんが。

【今日の言葉】 北川景子はやはり美人だなあと思いました。演技はいまいちだけど


チェブラーシカ

このお正月に娘が携帯電話の修理品の受け取りに出かけたついでに、奥さんと買い物に行き、携帯電話グッズの「チェブラーシカのケイタイクリーナー」を買ってきてくれました。

cheb01.jpg

そうなんです。チェブラーシカが大好きなのです。

というのは、去年「バイオハザード4」という、自身では始めての3D映画を見たのですが、開始前の宣伝でチェブラーシカの映画が近日公開になるとやっていました。

チェブラーシカはちょっと前までテレビ東京あたりの子ども向け番組でやっていたのではないか、ぐらいは知っていたのですが、なんか機関車トーマスのように、何かに顔を貼り付けたようなキャラクターは「キモイ」とか「なんだかわけがわからない」なんて言っていたのですが、この映画の予告というか宣伝で始めて人形アニメとして動くチェブラーシカを見たら、「かわいいと思ってしまうスイッチ」がパチンと音を立てて入ってしまいました。
「なんてかわいいんだ!」って。

cheb03.jpg


なんか最近はアイドルの番組とかよく見るので、そういうものを受け入れる許容量が増えているようで、うかうかしていると「好きなものだらけ」になってしまうのではないかと心配です。
と言っても誰にも迷惑を掛けるわけではないにだから別にいいじゃんって言われればそれまでなんですが。

新年が明けて渋谷109のバーゲンのCMで少女時代(個人的にはソニョシデと呼んでますが)が流れていますが、なるべく見ないようにしています。ファンになるとやばいですから。

sonyoside.jpg

【今日の言葉】 同じ理由でKARAも見ないようにしているのですが、URAKARAっていう冠番組が始まってしまいますね。


プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター