紳助引退

先日の夜のこと、島田紳助が芸能界を引退するというニュース。このニュースを晴天の霹靂とか表現しているタレントもいたそうですが、夜だし。島田紳助っていえば何でもありの人だから、裏で何かあったのだろうと簡単に推測できるわけで、驚きはあまりありませんでした。

その後の情報では、暴力団とのつきあいが発覚してそれが引退のきっかけとなったとのことは、皆さんもご存知のとおり。
マスコミに取り上げられて大騒ぎになる前に、結果が同じならと引退に踏み切ったのでしょう。
所属事務所もコンプライアンスの観点から早急に切り捨てたという報道もあります。

記者会見では「(暴力団とのつきあいは)自分の中ではセーフ」とか「芸能界のルールが悪い」とか言いたいことを言ったそうですが、自分でどう考えようと暴力団と関わりを持った時点でアウトではないか。社会人として認識が甘すぎると言わざるを得ません。こんなやつはやめて当たり前、と私は思います。

ここ数年、島田紳助の暴走気味なMCは目に余ることが多かったので、彼が出てくる番組を見るのをやめてしまいました。

「行列のできる○○」という番組で、「番組で紹介して俺が旨いって言えば次の日には注文が殺到する」とかいう発言にはうんざり来ていたので。有頂天になりすぎ。

「深イイ○○」では、「こういう人の言葉は本当に人生の為になる。大学なんか出ても何にも役にたたない」ってよく言うのですが、こういう学問無益論ってD○Nの理論そのものではありませんか。

紳助の番組を見るのをよそうと思った決定打は、「行列のできる○○」に出演した子供漫才「まえだまえだ」の一言。

「このおっちゃん、お金の話と女の話ばっかしやん」

紳助は視聴者が喜ぶと思ってやっているのかも知れないのですが、視聴者とテレビというメディアをこれほどバカにした話もありません。NTVに限らず、数字が取れるバラエティ番組は、スタッフにとっては出世街道と言われ、それだけに番組内容は数字を摂るためにエスカレートする傾向にあり、紳助の存在もその延長のような気がします。そういう意味で、島田紳助っていう存在はNHKではあり得ないのでしょう。
ついでに紳助におんぶにだっこの番組作りをしている提供企業の製品を買うのをやめることにしました。本当にささやかすぎて何の役にも立たない抵抗ではあるのですが、アンチ紳助を自覚するための行動ということで。

そういうステータスだったので、紳助引退のニュースは自分の中では「そうか」で済んでしまったものの、ほんの少しだけ「勝利感」があったのも確かです。胸の中でガッツボーズをしました。

ただ気になるのは、芸能界を引退し自分の生業を捨てるってことは、友人と言われる暴力団幹部に忠誠を誓うことになると思われること。ますます見下げたやつ、ということになるのでしょう。

【今日の言葉】 実質は「追放」なのに「引退」と、最後までカッコつけたかったってわけでしょうね


スポンサーサイト

ZONE 一ヶ月限定再結成

去年1年でカラオケで1135曲を歌い倒したのですが、その中にZONEの「secret base~君がくれたもの~」あったのですが、そのときに「10年後の8月」ってそろそろだよな~なんて思っていたのですが、今年がそうだったのですね。そういえばこの曲は2001年のヒットだったか。

ということで、ZONEが1ヶ月限定で再結成されたってことで、ハッピーミュージックに出演していました。

でも、ZONEは4人+1人の5人メンバーだったはずで、3人では10年後の再会の約束を果たせていないでないか、ってツッコミたくなります。いや、どうでもいいのですが。集まれていないTAKAYOとMIZUHOは全然ファンでもタイプでもないのでいなくてもいいのですが。
ただあの曲の思い入れはその程度だったのかってファンには思わせてしまうかも知れません。やるなら完璧にやらないと却ってみっともないっていう例なんでしょうね。

zone201108.jpg

集まれた3人、MIYU、MAIKO、TOMOKAって、従来の所属事務所にピンのタレントとして所属しているようで、事務所レベルで3人を集めただけって感じ出そうです。なんだ同窓会かっていうとビンゴとのことらしいです。

番組では演奏があったのですが、割りとうまかったし、「secret base~君がくれたもの~」のアンサーソングとのことで、わりとこういうものいいかなって思いました。アンサーソングっていうと、「明日があるさ」と「若いってすばらしい」を思い出してちょっと恥ずかしくなるのは何故でしょう。

zone01.jpg

ZONEっていうとガールズバンドという認識が一般的なんですが、もともとは演奏はしていなかったそうで、ダンスグループだったらしいです。「世界のほんの片隅から」という曲で「演奏なしのダンス」で曲を披露してくれたのですが、わりと良かったって言うか小さく感動したのを覚えています。それが10年前なのですね。
外付けHDDのビデオ倉庫で検索したらありました。2001年の11月頃のうたばんでの収録でした。

zone02.jpg


ハッピーミュージックという番組は、半分バラエティーで、ハピモノの紹介があるのですが、再結成ZONEは、北海道にはあるのに東京にどうしてないのというもので「焼きそば弁当」を紹介していました。
いや、あるよ。神奈川西湘のスーパーで普通に売っているよ。パッケージには「北海道限定」みたいな表示はあるけど。

「焼きそば弁当」なんですが、東京の実家が商売をやっていたので知っているのですが、1970年代に全国商品として出ていたのですね。ただ東京では焼きそばは「ペヤング」が圧倒的に強くて、大メーカー日清食品のUFOでさえかなわない状況。そんな中で東洋水産の「焼きそば弁当」は、特徴とする、捨てるお湯を再利用する「中華スープ」が逆に嫌われてシェアを失ったようです。「食器を使いたくないからカップ麺にするのに、スープカップを出すのが面倒」っていうのが真相かも。
なのに北海道だけ残ったのは何故なのか不明です。食パンを「角食」っていうのとは関係ないと思いますが。

地域限定生き残り商品でもう一つ思い出すのは、伊藤ハムの「ポールウィンナー」。数ヶ月前になりますが、近くのスーパーで売っているのを発見して購入。変わらぬうまさにびっくりしましたが、レアだとおもったら関西圏では普通に売られているらしいです。関西圏ではウィンナーというと、シャウエッセンではなくこれらしいです。
これも1960年代は東京でも普通に売っていた記憶があります。ところが東京圏は、日水、マルハの魚肉ソーセージ系が安くて食べやすく子どものおやつにぴったしでした。獣肉系の「ポールウィンナー」値段の割りに細いため、並んでいると太いほうのソーセージに手が出るからシェアを失っていったのかも知れません。

他にも全国区発売しながら地域限定商品になってしまった、地域限定で生き延びている商品は結構あるのではないかと思いますが、コンビニを含め商店というのは「売れるのならなんでも置く」が基本なので、見つけたら皆さんどんどん購入しましょう。

なんか話の方向が変わってしまいましたが、明日明後日とZONEは渋谷でライブをするそうです。興味のある方は見てきてはいかがでしょう。次の10年は再結成がないようなので。

【今日の言葉】 初々しかったあのZONEのメンバーも、10年経つと素人っぽくギャル風になるという想定内の結果でした





カラオケの後はカラオケ

以前このブログで行きつけのカラオケ店が閉店したことを話題にしたのですが、じゃその後はどうなったのだろうって気になっていたのですが、なんとなんとカラオケ店になっていました、っていうかカラオケ店のままでした。ちょっと目が点になったのですが、残念がっていただけにちょっと脱力感がありました。

店の名前が変わったのですが、以前はコ○トダジュールという全国展開のチェーン店だったのですが、新しい店は聞いたことがない名称。ネットで調べると、数店同じカラオケ店があるようですが本部とかがないみたいです。ボランタリーチェーンのカラオケ店っていうのはあるのでしょうか。

ということで、新装開店直後のきれいなうちに行っておこうと思い行ってきました。

店はほとんど旧カラオケ店のままでした。ネオンサインの看板も「カラオケXXXXXXXX」の店名があるところを外しているだけ。要するに流用しまくり。

いちごトライフル

新装開店の店内はどうなんだって思ったら、全然新装ではありませんでした。マシンはDAMの最新機種が入っていたものの、エアコンはたばこのヤニがついたままの状態でがっかり。

なんか店内の管理もいまいちで、トイレ掃除の記録簿とかなくなっていたし、店内の注意事項の表記とかも見あたりませんでした。店員の応対も、悪くはないのですが、どこか教育訓練がされていない印象がありました。
カラオケなんか部屋にはいって歌えればどうでもいいのですが、やはりそういうところって気になりますよね。

料金は、ワンオーダー制でほとんど旧店と変わらないのですが、気になったのは会員登録とかレジがないこと。料金を払ってもレシートをくれませんでした。

旧店は地元企業と法人契約をしたり、老人会、婦人会との連携や、イベントとしてカラオケ大会など積極的に開催して地域とのコミュニケーションをは図っていたようですが、今度の店はそういうのもない。カラオケなんか歌って楽しめればいいじゃんとは思うのですが、なんか店が変わって怪しさを感じるのは私だけでしょうか。

本当に久しぶりのカラオケだったわけですが、この1年で変わったなあと思うのはAKB48の扱い。
今回もAKBやNMBの曲を何曲か歌ったのですが、1年前の「ヘビーローテーション」以前は、DAMでさえも曲が揃っていなくて、AKBはまだまだだなって感じがあったし、ましてやアンダーガールズや派生ユニットの曲なんか全然選べない状態でした。それこそAKB全部で6曲ぐらいしかエントリーされていなかったような。

ところがヘビーローテーションのヒットあたりから急に充実しだして、「僕のYELL」が入っていたときは感動したのですが、今やAKBはインディーズ時代の曲も選べるし、メジャーリリースの曲はほとんどがPVがそのまま映像になっています。でも歌っていて、前田敦子や大島優子のアフレコをやっているようでちょっと違和感がありますね。

この店は機種がDAMだけになってしまって、他の機種にしかなかったレアな曲が選べなくなってしまったのですが、どうせ下手なのだからその辺はガマンして、気が向いたらまた行きたいと思います。

【今日の言葉】 この店ちょっとやばいでのですが、これからだんだんいい店になってくることを期待しましょう



プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター