続・ジョージ・ポットマンの平成史(ネタバレあり)

今回の話題は、さっそく「ジョージ・ポットマンの平成史」の続編です。というのも話題が話題で「なぜ人々は『カルボナーラなう』とつぶやくのか?」というツイッター、ブログ関連の話題だからです。もちろんネタバレありとなりますので、録画してまだ番組を見ていないと言う方はご注意。

jp001.jpg

ツイッターはあまり見ないのですが、ツイッター歴はわりと長かったりします。
どうしてあまり見ないのかっていうと、「ツイッターに情報を求めてしまうから」で、情報性のないただの「つぶやき」にあまり価値を見いださないタイプで、それこそ、『カルボナーラなう』的なあまりにも当人の個人的すぎるつぶやきに閉口しているクチだからです。
まさに今回のポットマン教授の疑問そのものがいまいちツイッターにはまりきれない要因なのです。

jp002.jpg

今回ポットマン教授が、『カルボナーラなう』と書き込む日本人の不思議を「平成史の切り口」から解明してくれました。っていうかあくまで「説」なのですが、個人的にはこれで解明と言って差し支えないと思うほど完璧で支持できる内容です。

(1)どうして日本では『カルボナーラなう』というようなとりとめのないつぶやきが多発しているのか。

(2)「自己愛=自分大好き」の投影の形が、つぶやきやブログの投稿に繋がっている(中央大学松野教授)

(3)ツイッター利用による効能

jp003.jpg

(4)1996年頃からの変化~自己愛・ナルシスト・自己肯定の生き方(東京未来大学 出口教授)
・音楽の分野では、自分大好きな歌詞であることがヒットの条件になる(ナルシスト化)
・ナルシスト化は、SHAZNA等のビジュアル系、TM Revolution等を生む
・プリクラのヒット 自分の写真を撮って人にあげると言う文化は、諸外国ではあり得ない
・1995、1996年頃から日本全体に異常なポジティブシンキングブームが生まれる

(5)ポジティブシンキングブーム
・バブル崩壊の失われた10年の始まりと、阪神大震災、地下鉄サリン事件などの暗いニュース
・マスコミを始め世の中はその暗いニュースの反動でポジティブシンキングをアピール
・さらに1983年に定められた個性尊重教育世代が社会に台頭してきた
・1996年を境に、ポジティブシンキングと個性尊重世代が融合し、自分大好き、自分は特別な存在という意識が生まれた

(6)自分大好き文明→『カルボナーラなう』→ブログ投稿民族
・インターネット上の文字情報は、英語を抜き日本語が第一位になる

jp004.jpg


ということで、平成史を把握しなかったら『カルボナーラなう』のなぞは解けなかったろうって思うわけです。
それにしても遠因が、バブル崩壊、阪神大震災、地下鉄サリン事件っていうはびっくりしました。

2011年の東日本大震災。大津波。それによる福島第一原発事故。これらの未曾有の大災害から世の中は「元気を出そう」という風潮一色という感じがします。復興を支援しよう、頑張ろうという超ポジティブ化。それがこれからの日本のあり方にどう影響を与えるのか気になってしかたがありません。10年後に今の子どもたちが若者として日本の文化シーンに台頭してきたとき一体どのような日本になるのでしょうか。

【今日の言葉】 この番組を見ていると、平成日本は文化的には国際化どころかますますガラパゴス化していくのかも知れません




スポンサーサイト

ジョージ・ポットマンの平成史

10月からTX系で「ジョージ・ポットマンの平成史」という番組がレギュラー番組として始まりました。

ジョージ・ポットマンという人は、正真正銘のヨークシャー州立大学歴史学部教授だそうで、「テレビ誕生100周年記念番組」「テレビ東京・イギリスCBB共同製作」の表題がつけられていることも番組の「Eテレ並みのまじめさ」が伝わってくるのですが、平成史として扱う題材が「スカートめくり」「白ブリーフ」「ファミコン」と来て、先日は「巨乳」ということで、なんだかどこまでまじめなのかよくわからない番組です。

JPotman.jpg

ただ各テーマの歴史的アプローチは割とまじめでまとも。平成の23年間にしっかりと「歴史」が形成されていることに気づかされびっくりすることがあります。
ただのバラエティ番組として見ていればいいのですが、その内容のまじめさ、ポットマン教授の真摯さに驚きます。

平成に入ったときに既に大人だった私たちは、この23年も「昭和から連続して時代が時間が流れている」と思いがちです。
ところがこの番組をみてそうではないことに気づかされます。
時代は確実に変わっているし、文化を担う人も変わったし、文化として失ってしまったものにも気づかされます。

ポットマン教授は、平成時代の日本の文化を歴史としてとらえ、昭和までにはなかった時代の変化、文化の変化を突いてきます。言われてみればその通りと納得してしまい、そういう変化に気づかなかった自分に驚きます。時代の変化にもう少し敏感にならないといけないななんて思ってしまいます。
また、外国人にそんなことを言われる意外性もあるのですが、そういうことを指摘してくれる日本人の知識層が少ないのも気になります。池上さんのニュース解説に感心している場合ではないのです。

詰め込むだけの教育ではなく、研究成果、それがいまだオーソライズされていない学説であっても、それを聞いて理解し、知識とすることも立派な教育ではないかと。そういう意味ではこの番組は立派な教育番組ですね。

【今日の言葉】 番組最後の「ごく一部の設定はフィクションです」っていうのがギャグとして面白いです


SND48解散

SDN48が先日の公演で、全員同時卒業という形の解散を発表しました。突然の発表に「あれま」と思った人も多いと思いますが、48(シバ)グループもいよいよそこまで来ているのかなって勘ぐりたくなってきます。

最近の48系は、JKT48や乃木坂46が誕生したり、ごく最近はHKT48が初お披露目したりとどちらかというと明るいニュースが多かったのですが、SDN48だけは消滅っていうのはやはり「毛並み」が違いすぎたからでしょうか。
ようするに、「アイドルであってアイドルではない」っていうまるでコウモリのような。

SDN48メンバーは、AKB48からシフトした野呂佳代、大堀恵、佐藤由加理、浦野一美、小原春香はアイドルとしてのオーラがあるのですが、後は人数合わせの寄せ集めの感がぬぐえません。何とかアイドルらしさを発揮できたのは芹那ぐらいでしょうか。あとはMC専門要員のなちゅぐらいか。

全般的に野呂佳代、佐藤由加理が纏めようとしていたようですが、なんかばらばたぐだぐだ感がぬぐえない印象。そんなんだったらまだ「恵比寿マスカッツ」の方が吹っ切れていてマシって感じもします。

解散時期が来年の3月だそうで、その辺もなんか未練というか甘さがあるような気がします。冠番組のひとつ「すっぽんの女たち」でも早速解散をネタにシリーズが始まったほど。なんかもの悲しさがあります。48系はたくさん登場しすぎて、アラサーのグループは「去るのみ」って感じなのでしょう。

suppon201110.jpg

ただ、野呂佳代はお笑いとしてピンでもやっていけるし、佐藤由加理、浦野一美、小原春香の旧AKBメンバーはまだまだ固定ファンが付いているから大丈夫だし、美人ふたご姉妹奈津子亜希子は女優としてやっていけるし、なちゅはバラエティ芸人として十分行けると思います。
特に梅田悠はダンスの鬼だそうで、AKB48のダンスの先生でもあるらしいです。梅田がAKBメンバーににらみを利かせているシーンはなかなか楽しかったので、今後もバラエティに登場して欲しいです。

【今日の言葉】 SDN48はある意味、AKB48の過去であり歴史でもあるのですね



ニコン P300

先日新しいデジカメを買いました。ニコンP300。

この半年ほどずっと「オリンパスPen Lite」が欲しくて、恐らくこれを買うであろうって思いながら日々貯金をしていたのですが、たまたま買ったというか藤江れいなが出ているからと買ったカメラ雑誌の新製品紹介にニコンD5100が出ていて、値段も手頃だしこれにしようって乗り換えを決意。もともとニコン派だったので、オリンパスよりこっちだろうってわけで。

一眼はカメラ中心な人には、携帯性より機能重視ってことでいいのですが、生活を中心にその中にカメラがあるっていう私たちシロウトには一眼を下げてあるくのは文字通り重すぎです。なので一眼に近い機能を持つCOOLPIXのPシリーズはちょうどいいと思いました。そんなわけでオリンパスはやめてP500かP300にしようと決意。っていうか翻意。

ところがP500ってがっつりと一眼タイプのデザインで、高機能だが携帯性がよくないってことでパス。結局P300になったというわけで、購入までだらだらと時間かけてしまったわけで、買い物としては十分楽しめました。

nikonp300.jpg

このP300、価格.comでもコンパクトデジカメとして1,2位を争う人気商品で、実際使ってみると人気っぷりがわかります。

そもそもこの「P/S/Mモード付き」高機能コンパクトデジカメが欲しかったのは、今まで使っていたCOOLPIX S510では、ここというときにイメージ通りの写真が撮れなかったからです。カメラライフのほとんどはS510で十分カバーできるのですが、以前紹介した時計の写真を撮ったときになかなかうまく撮れなくて困っていたのです。
今回はこんな感じでばっちり撮れました。(上がS510で下がP300です。表現力の違いが一目瞭然です。)

nikonS510_tokei.jpg
nikonp300_tokei.jpg

それともう一つ撮りたかったのは月。
月なんか撮ってどうするのだっていうのもわかりますが、S510ではどうしても撮れなくて悔しかったのです。

nikonp300_moon.jpg

そのほか120FPSの高速動画撮影で文鳥を撮って楽しんでいます。
4倍速のスローモーションは、エクシリムなんかに比べるとたいしたことはないのですが、スローでないと気づかなかったことが結構あったりしてこれはちょっとはまりますね。
フルハイビジョンで1/2倍速(15FPS)が撮れるのですが、これは人間専用ですね。人がものを食べているのを撮ると最高に楽しいです。

せっかく個人的には高機能なカメラを買ったので、機能をフルに使うことに挑戦してみたいと思っています。

【今日の言葉】 いい写真を撮ろうとこだわりすぎると、シロウトっぽい写真が楽しめなくなるのでほどほどが良さそうです






プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター