平嶋夏海・米澤瑠美脱退

AKB48のメンバー平嶋夏海と米澤瑠美がAKB48の活動を辞退するという発表がありニュースになっています。
原因はいわゆる「彼氏騒動」ってやつでまたかという印象。ただいきなりの活動辞退っていうか脱退なので、この「いきなり」というところにファンはショックかも知れません。
米澤瑠美は推しメンの一人なので個人的にもショックではあるのですが、AKBってそういうところだからというあきらめもあります。

hirajimayonezawa.jpg

今回脱退となった二人は両方ともAKBとしては地味な存在なのですが、学業を優先したりしてあまり積極的に活動していなかったとかがあったのかも知れません。でも平嶋は初期メンのいわゆる一期生ってやつで、地味とはいえAKB48が結成された頃からのファンもまだまだたくさんいて、渡り廊下走り隊7の握手会でも人気が高かったと聞きます。そういうファンには今回の脱退は本当に残念でたまらないと思います。

アイドルって職業、あるいはアイドルとしての人生って、華やかな裏には禁忌っていうか禁止事項も多いと聞きます。得られるものと失うものの双方が大きいってことですね。
ただアイドルになろうと志す少女は、華やかな世界にあこがれて入ったわけで、その中にはモテたいからっていうのがあっても、感覚としては普通だと思います。だもんだから、プライベートで知り合ったボーイフレンドに「君AKBなの?!すごい!」なんて言われれば舞い上がらないまでもいい気分になることはごくごく自然だと思います。

AKBの恋人禁止ってルールも、どこまでが友達でどこからが恋人かは判断が難しいし、二十歳ぐらいの少女ならなおさらで自分の解釈で、この人は単なるボーイフレンド、クラスメートって都合よく思うことも不自然ではありますまい。

ただ軽率だったのは、ばれやしないだろうって思って、プライベートアカウントでツイッターなどのネットに写真をアップしたこと。ファンっていうのはどこまでも追っかけるものなので、こういうのが見つかるのも時間の問題だけだと思います。

AKB運営側はAKBのイメージダウンをおそれたのか対応が早く、ルールというか契約により解雇と言うことだったのでしょうが、自ら申し出た辞退という形にしたのは二人に対する配慮だったのかも知れません。これまでは簡単に解雇したっていうパターンが多かったから。
でもやはり水面下ではこういうことがたびたび問題になっていて、いよいよ来るべき時が来て辞退勧告ってことになったいうのが自然でしょう。見方によってはファンへの裏切りになるので運営側としてはしかたがないことなのかも知れません。

本当に惜しいのですが、これから二人はどうなっていくのでしょうか。
AKBは集団でこそ存在価値があるわけで、その集団から出てしまった二人はアイドルとしては消えていくことになるのでしょう。
でも、もともと彼氏を作ったりという「普通の人生」を歩みたいのなら、今回の脱退を前向きにとらえることもできるのではないでしょうか。
未成年喫煙とか反社会的なことをしたわけでもないので、他のアイドルグループに移籍してアイドル活動継続っていうのもあるかも知れませんが、二人にはアイドルをきっぱりあきらめて幸せをつかんで欲しいと思います。

【今日の言葉】 この二人が抜けるだけでニュースになるほどAKB48ってビッグになったのですね




スポンサーサイト

藤子・F・不二雄ミュージアム

先日横浜の本社に出張したのですが、そのとき乗った小田急の車両がイベントカーでした。

中吊りもドアのガラスも広告にはドラえもんやオバQが描いてありました。藤子・F・不二雄ミュージアムの広告ですね。
東京都の条例で車両のラッピング広告をやめたっていうニュースがあった車両だったのでしょうか。
藤子・F・不二雄ミュージアムは小田急の向ヶ丘遊園駅から行けるそうで、開館以来人気があるようですね。でも全然興味なしなのでテンション低いです。

子供の頃からマンガが好きだったので、オバQとかエスパー魔美とか読んでましたけど、それほど面白いとは思っていませんでした。週刊誌に連載されているから読んでいたっていうだけで、単行本を買ってまで読むほどではないという感じです。

F・不二雄の代表作と言われるドラえもんですが、アニメも見たことないし、雑誌は小学館の学習雑誌ってイメージがあってもちろん読んだことがありません。
でも内容はよく知っています。ドラえもん読者世代には文化と呼べるほど浸透しているっていうのも知っています。が、どうも設定がオバQとかパーマンの焼き直しみたいっていうか、F・不二雄独特の安直パターンがあるようで魅力を感じません。マンガとして読もうという魅力が感じられないのです。幼児・低年齢向け作品と行ってしまえばそれまでなんですが。

個人的に藤子作品として好きでよく読んだのは、「怪物くん」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「魔太郎がくる!!」「笑ゥせぇるすまん」あたりでしょうか。
あれれ、すべて我孫子素雄さん、藤子不二雄(A)さんの作品ですね。ストイックでブラックで雰囲気でマンガとしての面白さを追求しているスタンスが大好きです。主人公が悩むパターン、一発逆転のパターン、ちょっと卑怯だけど痛快っていうマンガならではの面白さがある。

それに比べるとF・不二雄作品は夢があるっていいますが、夢の押し売り的なところがあるような気がします。愛すべき軟弱キャラのび太にもチャンスを与えるべきでは、って身勝手な感想を持ったりします。

電車に揺られて「藤子・F・不二雄ミュージアム」の広告を見ながら、「俺はA派だなあ」と思いつつ不二雄(A)作品が読みたくなりました。

【今日の言葉】 でも自分でマンガを描くと、藤子・F・不二雄のキャラそっくりになってしまいます


朝のパール富士

一昨日関東地方ではこの冬一番の冷え込みだったそうで、昨日の朝は空気がとても澄んでいて雲ひとつない快晴でした。
毎朝出勤時に見る雪景色の富士山ですが、夕べの月が西の空に残って、なんと「パール富士」になろうとしている状態。

美しさもさることながら、ダイヤモンド富士並みに珍しいのですが、携帯カメラでは撮れそうにないのであきらめました。
なので合成写真で再現。こんな感じです。

Pearl01.jpg

あと15分ほどでこんな感じになるのではないかと思いましたが、

Pearl02.jpg

会社について朝礼が終わり、そうだパール富士と思ってブラインドの隙間から富士山を見たらもう月は沈んでしまっていました。

次にお目にかかれるのはいつになるでしょう。
ちょっともったいなかったです。

【今日の言葉】 翌日の今朝、早起きしてデジカメを持って見に行きましたが、曇っていて富士山も見えない状態。残念



アイドルグループ AKG

akg01.jpg

AKGってご存知ですか。
群馬県・赤城に由来するローカルアイドルユニットです。(またアイドルネタか)
テレビでは「AKG48」と紹介されたようですが、シバ(48)グループではないので48を付けるのは間違い。「AKG」だけだそうです。

akg02.jpg

いつぞやのケンミンショーで取り上げられたことがあるのですが、メンバーは100人以上とか。当然ルックスはいろいろで、アイドルグループだから一人一人がアイドルレベルである必要はないのだと言わんばかり。

面白いのはそのビジネスモデルで、主催しているのは人材派遣会社だそうです。
ようするにイベントコンパニオンの派遣と同じ方式なのでしょう。
クライアントから「こういうイベントをやるのでアイドルで盛り上げたい」っていうオファーがあれば、空いているメンバーを集めて最小8人構成ぐらいでやるわけでしょう。AKB48のカバーでもやれば割と受けるでしょう。
遊園地の5色ヒーローものと何も変わらない。見る方も「AKB48ではないんだ」ってわかって楽しむ分には全然問題もないし。

ところがこのAKG、ダンスの切れはいまいちですが、ちゃんとオリジナル曲を出しているのですね。ニーハイ☆ラバーっていう。
YouTubeで聞くことができるのですが、これが割とかっこよくて曲もいい。

akg03.jpg

いや、レーベルも何もインディーズにも至らない自費出版的なリリースのようですが、曲はかなり本格的でいい。最近作りがいい加減になっている秋元康よりいいかもしれない。

恐らく曲を書いたのはシロウトだと思いますが、この国は高校生が初音ミク用に書いた曲をカラオケで歌えるっていうすごい国だから、埋もれた名曲があっても全然不思議ではないのですね。

AKB48もほんの4年ほど前は、アキバのローカルアイドルだったわけで、ここまで来れたのはファンのおかげでしょう。ファンが付くからアイドルはやっていける。
なのでAKGもしっかりとしたファンが付けば東京ドームも夢ではないのですが、そのためには人材派遣の人かき集めっていうビジネスモデルからの脱却が必要でしょう。

【今日の言葉】 そのほかのローカルアイドルでは、AKBN0(赤羽ゼロ)や大阪のJK21がいいですよ




第3のエコカー

相変わらずエコカー人気のようですが、「第3のエコカー」という言葉がだいぶ一般的になってきました。早い話が「アイドリングストップ」によりガソリン消費を押さえるクルマで、コンパクトカーではマツダデミオあたりが最初に「エコカーのしきい値」30㎞/Lを達成したような気がします。その後は軽自動車を含めて続々と第3のエコカーが登場しました。

第1がハイブリッド自動車、第2が電気自動車に次ぐ第3というわけですが、第4とかも登場するのでしょうか。

アイドリングストップという技術ですが、第二次オイルショック直後の昭和50年代後半にトヨタスターレットがエコランモードとか言ってやっていた記憶があります。当時はマニュアル車でやっていたはずで、信号で停車してギアをニュートラルにしてクラッチペダルを離すとエンジンが停止する。またクラッチを踏むと自動的にエンジン始動する仕組みだったと思います。頻繁にセルモーターを回すのでバッテリーが大容量だったようです。この重量増が燃費に悪影響となるのではと思った記憶があります。

画期的ではあったのですが、当時のエンジンははキャブレターを使っていたのでエンジンがかかりにくく、始動の時のガソリン消費が割と多かったようで、省燃費という点ではいまいちだったようで、間もなくカタログから消えたようです。

そういう遠い記憶があったので、マツダがアクセラでアイドリングストップを出したときに、ちょっと何を今さら感がありました。
買い物や駅への送り迎えが中心で、短距離で信号や渋滞がほとんどないケースではアイドリングストップのメリットはないように思います。

マンション住まいなので電気自動車は無理そうなので、エコカーにするならやはりハイブリッド車でしょうか。
一番燃料を必要とする加速でモーターアシストし、減速の時に充電するっていうのは一番理屈に叶っていると思います。

toyotaaqua.jpg

トヨタからアクアという新型ハイブリッド車が登場し、年明けからかなりCMを入れていますが、デザインがいいですね。
レクサスLFAの流れをくむフロントデザインがいい感じです。ようやくiQあたりから始まったトヨタデザインが定着してきたように思います。他のどのメーカーのクルマにも似ていないのがいいです。
価格的には今一番狙っているスイフト・スポーツとかぶるのでちょっと気になりますが、機会があったら見に行きたいと思っています。

【今日の言葉】 これほどできがいいとホンダのハイブリッドはますます売りにくなるなあと思います





バナナアレルギー


ダイエットを続けていることはこのブログでも何回か話題にしているのですが、いわゆる「バナナダイエット」ということで朝食にバナナを食べるのが定番になっているのですが、今朝は年末以来久しぶりにバナナを食べました。
年末年始は近くのスーパーで売っていなかったのですね。恐らく卸市場が休みだったからかと。

久しぶりに食べたバナナは普通のバナナだったのですが、会社についてから口の中が妙にかゆい。舌先なんかもかゆい。

うーん、マンゴーとかバナナを食べて口腔がかゆくなるっていうのはアレルギーとしてあるらしいことは聞いたことがあるのですが、バナナなんて子どもの頃から好きで、ずっと食べていて何ともなかったのにと思いました。

ところが調べてみたら、やはりアレルギーで、抗体がある程度増えてくると発症するらしいです。メカニズム的には花粉症と全く同じとか。
バナナ好きだし、ダイエットのためにこれからも食べていきたいと思っていただけにそれを知ってとても残念でした。

口腔がかゆいっていってもたいしたことはないのですが、アレルギーは「症状」だということなので、出ないに越したことはないのでしょう。
バナナは少し控えた方が良さそうです。

【今日の言葉】 花粉症はまだなのですが、今年あたり来るかも知れません。そういえばもうすぐシーズンですね


さばドル

わが推しメンの「さしこ」こと指原莉乃が「ミューズの鏡」っていうドラマで初の主演ってことなのですが、あまり期待していないっていうか見ないかも知れないっていう状況なのですが、今度は「さばドル」というドラマで「まゆゆ」こと渡辺麻友がこれまた初のドラマ主演らしいです。個人的にはこっちの方がニュース性が高いかな。

恐らく大島優子、前田敦子、篠田麻里子あたりは確保できなかったからまゆゆ、さしこにおはちが回ってきたのだと思いますが、まゆゆの方はTX系の深夜枠ドラマながら、設定がちょっと凝っていてこの手のドラマとしてはわりといいかもです。是非TXのサイトを見てください。

mayuyu.jpg

それにしてもまゆゆは可愛いし、天性のアイドル性を持っているというかすごいです。
バラエティとかではわりと不思議系なところも見せるのですが、ツンデレなところもあるみたいでファンはたまらないでしょう。

テレ東の「さばドル」ページを見たのですが、それにしてもまゆゆは「ラミレス」に似ていますね。
不思議だが似ている。
本人も認めているらしいですね。

【今日の言葉】 指原はNTV系らしいですが、まゆゆにはかなわないと思います。恐らく



ドラマな一日

年始の休みは3日間だけなのですが、休みだからやっておきたいって思っていたことに録画したテレビ番組の消化があります。要するに撮り貯めていた番組を見てしまおうというわけです。
この正月休みですべてを見るのは時間的に無理なのですが、とりあえず古いものから見てしまおうと思ったら、2011年第二クールのドラマがありました。「ハンチョウ神南署安積班4」の全12話。
3話まですでに見ていたので今回は2011年5月2日の4話から6月27日の12話(最終回)まで一気に見ました。もちろんそれで一日つぶれてしまいましたし、さすがに「ドラマ酔い」しました。

ドラマ「ハンチョウ神南署安積班」はいまさら説明するまでもないのですが、昨年シリーズが完結した水戸黄門の裏シリーズにあたり、佐々木蔵之介扮する安積警部補が率いる強行犯係が単に事件を解決するだけでなく、犯人や被害者の心理描写や人間関係、葛藤などをきめ細かく描いているのがCXやEXあたりの刑事物と一線を画す内容になっています。このストーリーの「深さ」はやはり原作があるからかなと思いますが、勧善懲悪の「大岡越前」や「江戸を斬る」に変わってのドラマというだけあって、ヒューマニズムという点で通じるところがあるのかも知れません。視聴者層に合わせた内容構成になっているのでしょう。

ただぶっ続けで9本を見てしまうと、そういう人情話はちょっとくどく感じるし、信頼と結束が堅すぎる安積班はちょっと違和感さえ覚えます。まあドラマだからその辺を突っ込んでもしょうがないのですが、設定としては「家政婦のミタ」よりはかなり自然で現実的です。
何だかかんだ言っても、丸一日つぶして9話をコンプリートしたってことは面白かったわけで、ここでがたがたいうのもおかしいのかも知れません。

トピックスはこんな感じでしょうか。

(1)内田春菊登場(2011.05.09)関東地方の放送日(以下同)
hanchouUchida.jpg

内田春菊といえば、80年代後半からオタクをやっている人には懐かしい名前かも知れません。
今じゃ「でんこ」でクリーンなイメージですが、最盛期の内田春菊作品と言ったらかなりやばくていやらしいイメージがあるでしょう。そこが彼女の作品の魅力なのですが、あまりにも絵柄の手抜きが酷くて買うのがばかばかしくなった記憶があります。
結婚出産のあと女優業をやっていると聞いていたのですが、こんなところに出ていたのですね。

(2)岩田さゆり登場(2011.05.30)
hanchouIwata2.jpg

ちょい役で出ている若い男の彼女役ってことで、男の方がブサイクなのにその彼女がきれいすぎって思ったら、スタッフロールで岩田さゆりとわかりちょっとびっくり。「イッペン死んで見る?」で有名な「地獄少女」実写版のイメージが強いのですが、吉祥天女で超美人の主役もやりましたね。以前は北川景子より岩田さゆりかなんて思っていたのですが、ずいぶんと差が付いてしまいました。なんとか応援したい女優ではあるのですが、こんな感じでハンチョウあたりにゲスト出演しているようでは厳しいですね。

(3)藤江れいな登場(2011.05.02)
hanchouFujie.jpg

不良女子高生役で藤江れいなが出てきました。藤江はAKB48の中でも地味なルックスなので、不良高校生役は違和感ありまくり。っていうか、茶髪のヅラが浮き上がっていて全然だめ。ギャル役なんですが、顔立ちが和風なので全然だめ。これはミスキャストだろうって誰もが思うできばえ。これも営業の売り込みか、バーターで出演となった結果なのでしょうね。
でも藤江自身はけっこう役作りにまじめに取り組んだのがわかる演技でした。今度はもう少し素の藤江に近い役をもらえるといいなと思います。

(4)近野莉菜登場(2011.05.23)
hanchouChika.jpg

第7回では、家出少女役にこれまたAKB48の近野莉菜が登場。近野は微妙にB系なのですが、わりと演技っていうか台詞も自然に出ているようで、ちょっと女優としていけるんじゃないかって見直しました。ただ藤江といい、AKBからちょい役が出るのは面白いのですが、ギャル系不良少女とか家出少女とか、もうちょっとマシな役はないですかってアイドルファンは思うでしょうね。

藤江と近野ってマザー牧場のイメージキャラを一緒にやっていなかったかって思ったら、所属事務所が同じだったのですね。っていうか写真集を一緒に出したりもしていたから、所属事務所で一緒にハンチョウの出演を取り付けた結果だったのかも知れません。
個人的にはAKBのこの辺のメンバーが活躍しているのを見るのは大好きなので全然OKです。これからも出て欲しいです。

こんな感じで、シリーズもののドラマを見る楽しみのひとつにゲスト出演者は確かにあると気付いたわけですが、今後も楽しみにしたいと思います。

【今日の言葉】 チームワーク、勧善懲悪、人情話、ゲスト出演ってキーワードは、そのまんま「水戸黄門」「大岡越前」と一緒だったと気付いた次第





あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
このブログが存在するのも、見に来てくださる皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。

さて、2012年が明けましたが、皆さまもつつがなく新年を迎えられたと思います。

我が家も年末の大掃除のときにちょっと模様替えをということで、玄関エントランスにこんなものを飾りました。

op-panel1.jpg

ONE PIECE(尾田栄一郎作)の原稿のレプリカです。うちの奥さんが懸賞で当てたもの。なんと応募で2口当ててしまいました。
ちゃんとフレームも買ってきて飾ったわけです。
この原稿レプリカはすごくよくできていて、べたの墨の塗りむらやホワイト修正のむらもちゃんとわかります。作者のきめ細かいタッチと、その逆の雑さがわかってじっくり見るとけっこう楽しいのです。(写真をクリックして拡大するとそういうところもわかるかも知れません)

もうワンセットがこちら。
左右見開きのページなので、パネルに入れるときに並べるのに苦労した模様。ちょっとずれているところにその苦労が伺われたりします。

op-panel2.jpg

なんか当ブログでは3回続けて「当選ネタ」ですが、それはたまたまです。っていうか縁起がいいと言えばいいのですが。

新年と言えば、大晦日に某公共放送の紅白歌合戦があったのですね。
見損ねましたが、AKB48の曲は某動画サイトにアップされていたので拝見しました。

今回はHKT48とかJKT48や乃木坂46も応援に駆けつけ、総勢210人が出たそうですが、見ていて「バカじゃん」という感じ。
もう全然関係ない女の子が混ざっていても絶対わからないでしょう。
ピカルの定理のカメレオン大島麻衣が混ざっていても絶対にわからない。
昨年同様、フィニッシュに人文字を書きたいからかき集めただけとも取れます。

一時期EXILEがダンスサポートメンバーを増員したときに、このまま増員し続けるといずれは世界の人口を超えてしまうなんていうジョークがありました。AKBもこんな感じで揶揄されるかも知れません。

【今日の言葉】 再来年あたりは増えすぎて会場の床が抜けるかもしれません。って冗談ですけど





プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター