マザーボード購入

10数年前に初めてPCを自作(本当はCPUとか自分で作るわけではないので「自組」なんですが)したときに、K6というAMDのCPUだったのが縁なのか、それからずっとAMDユーザです。マシンを組もうとしたときに、予算の範囲でベストなパフォーマンスを得ようとするとK6-IIだったりAthlonだったりPhenomだったりするわけです。

AMDのCPUは歴史的にすごく優良なCPUを出してきたし、Intelを睨みながらそれを戦略的な価格で提供してきた姿勢は評価できると思っています。

ところが、楽しむ程度のオーバークロックであっても、AMDマシンの熱の問題はかなり悩まされてきました。
現在メインマシンはPhenomII 1090Tという6コアを、サイズのKABUTOっていう巨大なCPUクーラーをつけて使っているのですが、夏場になるとこれでも厳しくて、定格以下のダウンクロックで使うこともしばしば。
この3年ほどでサブマシンは順次AMDからIntelにリプレースしてきたのですが、パフォーマンスをそれほど重視していないせいもあって暑い夏でも割と余裕で仕事をこなしています。
ということで、この夏はついにメインマシンもIntel化して100%Intelで乗り切ろうと考えた次第。

ちょうど4月の終わりにCore-iシリーズが第3世代のIvy Bridgeに移行したってことで、乗り換えるならこれかなって思ったのですが、3770Kというメインモデルが品切れ状態。最初のロットがはけたと言うところなのでしょう。
別に第2世代の2700Kやi5の3570Kでもいいかななんて思ってるわけで、CPUはゆっくり選ぼうということで、まずはマザーボード探し。

マザーボードはポリシーとして基本機能があれば十分で、コスパの高いベーシックモデルがねらい目。
ということで、GIGABYTEのGA-H77-D3Hあたりで十分かって思ったら、amazonで8000円を切っている。個人的には11000円ぐらいだろうと思っていたのでこの価格は安い。6/23土曜日の時点で在庫が20個ほどあったので、週明けぐらいに注文しようかなって思っていたら、価格.comで安値1位になったせいで在庫がぐんぐん減る。これはやばいと日曜日に在庫が8個になった時点で注文。その後もあれよあれよと在庫は減って、翌日月曜日に在庫切れ。買っておいてよかったです。

gah77d3h.jpg

ところが、問題のIvy Bridgeの3770Kは、軽くOCしてもコア温度が80度を超えることがあるようで、原因はヒートスプレッダの中のコアについたグリスの熱伝導性の低さらしいです。

ということで、コアのOCerの人たちは、「殻割り」っていうのをやっているそうな。
ヒートスプレッダにカッターを突っ込んで取り外し、グリスを掃除して、液体金属のペーストをつけるそうです。
これで劇的に冷却能力が向上して、5GHzまでねらえるとかねらえないとか。

とても恐くてそんな改造はできませんが、熱トラブル回避の為のIntel化がIvy Bridgeで裏目に出た感じ。
マザーボード「だけ」買ってしまってどうするんだか。
しばらく部屋に飾って眺めるのも、全然うれしくないし。

Ivy Bridgeは次期ステッピングで廃熱グリスの仕様を変更してくるってうわさがあるので、とりあえずそれ待ちです。それが出そうになかったら、2600Kにします。

【今日の言葉】 第4世代となるHaswellはLGA1150とかで、買ってしまった1155マザボは使えないし



スポンサーサイト

カラマーゾフの兄弟 (ちょっとネタバレあり?)

(今回の記事はネタバレがあるかも知れませんが、有名な小説なので「何を今さら感」があるかも知れません)

少し前になってしまったのですが、自分で勝手に決めた「生きているうちに読んでおきたい本」のうちのひとつ、「カラマーゾフの兄弟」を読了しました。

読み終えるのに2ヶ月半かかってしまいました。学生時代みたいに電車で長時間の通学、なんてシチュエーションがあれば本はがんがん読めるのですが、徒歩15分の通勤ではなかなか読む時間がありません。特に今回のように長編小説は積極的に時間を作らないとなかなか読み進めません。

Karamazof01.jpgKaramazof02.jpg

本の帯に作家の金原ひとみさんのコメントが載っていて、「上巻読むのに4ヶ月。一気に3日で中下巻! 何なんだこれは こんな面白い小説があるなんて!」とのことですが、まさにそんな感じ。私の場合は上巻1ヶ月、中下巻で1ヶ月半という感じで、ペース的には上中下あまり変わらないのですが、面白さは金原ひとみさんの言うとおりでした。
こんな面白い小説が130年も前に書かれていたっていうのは驚き以外何物でもありません。ロシア文学はやはりすごいなあと思ったのですが、ドストエフスキーが天才であるだけではなく、そういうものを求める文学界、出版社、国民がいたから傑作が生まれたのでしょうね。

ちなみに小野不由美の「屍鬼」文庫版全5巻は、かなりのエピソードと登場人物の多さながら、14日で読了しています。
ストーリーのわかりやすさと、アニメを見ていたせいもあるかも知れません。

Karamazof03.jpg

さて、カラマーゾフの兄弟ですが、3兄弟を始めとした登場人物の心理の流れを楽しむとずっと味わいが深くなります。ドストエフスキーはその辺をすごく細かく描写しているので読み応えがあります。

特に主人公格であるカラマーゾフの三兄弟、父親、女性二人については、恐らく皆さんと同じイメージというか印象を持っています。個人的には放蕩者の長男ドミートリーが気に入っているのですが、頭が良く教養もあるがちょっと危ないイワンよりも神に仕え心優しいアリョーシャはファンが多いのではありますまいか。

この作品は、宗教小説、恋愛小説、推理小説、裁判小説としても読めるっていうので有名ですが、裁判のシーンが圧巻です。弁護士も最高です。それより最高なのは・・・ネタバレになるので遠慮しておきましょう。

小林秀雄はこの作品について、「およそ続編というようなものがまったく考えられぬほど完璧な作品」と評しているとのことですが、とんでもないと思っています。まったく途中っていうか四分の一ぐらいのところで切れてしまったような気がします。
後のストーリーは読者の想像に任せて、あえて途中で話を切るっていうのは、テクニックとしてあるのはわかりますが、この作品の場合は文字通り作者逝去によるもので、この状態で完璧っていうのは、ツリ発言としか言いようがない気がします。

ものすごく長々と続いたアリョーシャとゾシマ長老の箇所が、後の物語に何も与えていないのを見ると、未完の先で影響するところだったのでしょう。勝手な憶測なのですが、敬虔な信者であったアリョーシャが180度転回して革命家になるのであろうっていうのは、石のそばでの子供達相手の演説で何となくわかります。そしてまた神に帰依しそうです。
小説の舞台となったのは、ロシア革命以前というのはもちろん、書かれた時点より30年ぐらい前の設定らしいですが、暗黙的に社会主義革命は失敗するって言いたかったのかもしれません。もちろん想像ですが。

その辺のアフターストーリーは、それを話題にしたいろいろな研究本が出ているそうですが、勝手に続きを書けるほどのドストエフスキーに匹敵する天才はなかなか出てこないのは、読んでみればよくわかります。続きが読めないのは本当に残念です。

「悪霊」や「罪と罰」なんかも読みたいところですが、せっかくの感動がまだ胸に残っているので、しばらくは読まないでおこうと思います。

【今日の言葉】 とりあえず未プレイである、ペルソナ2の「罪」と「罰」をやろうかと





指原ショック

指原莉乃が芸能ニュースを騒がせています。なんか研究生時代にボーイフレンドがいたとかいなかったとか暴露されたようで、アイドルファンでも何でもないうちの奥さんがけっこうこの話題で盛り上がっています。うちの奥さんの口から「指原」ってワードがでるとなんか違和感を感じたり。指原莉乃ってそんなメジャーになったのかなって思ったりするのですが、なったのでしょう。総選挙4位だし。6/16時点では日本のグーグル検索ワードのトップだったり。

ということで、推しメン指原の私としてもこの話題を扱わなければブログではない、ってところまで追い詰められた(?)ような感じなのでひとことだけ。

AKBプロデューサーの秋元氏は、指原の何が気に入ったのか知りませんが、肩入れしすぎのような気がします。
秋元氏の好みってなんか偏っていて、前田敦子とか松井珠理奈とか山本彩とか。
でもこの3人はしっかりセンターを張れたし、アイドルとしてまあまあオーラもあるし、根性もしっかりしているからいい。
でも指原はどう見てもこの3人に比べると格が落ちるというか、素人っぽいというか。

指原の「へたれ」キャラを早くから立てていたのはテレ東の後藤P。今の指原を確立したのはほとんどこの人のおかげみたいなもん。ああ、この人も秋元氏と同い歳か。
なんかこのあたりの年代って指原に反応するのでしょうか。(え!?自分?)

秋元氏は、指原はイエローカードで、長い会議の末HKT48に異動ということになったと言いますが、この1年余、「さしこのくせに」とか「ミューズの鏡」とかで売り出していたし、いいともレギュラーとかソロデビューってことで、「投資の回収」が十分にできていないのが気になったのではないか。さらに総選挙4位ってことで、太田プロとしては前田敦子、大島優子につぐ第三のアイドルとしてようやく認知される時期だったので惜しかったのではないか。

ただどうなんだろう、HKTに行ったら指原はセンター確定なのでしょうか。
ここまで育った商品を全面に出さないってわけにはいかないでしょう。
HKT48の認知を高めるきっかけにしたいのでしょう。

でも旧来のコアなファンも、一般のライトなファンも、今回の突然の異動に納得していないのではあるまいか。
特に「よねちゃん」や「なっちゃん」のときみたいにどうしてすっぱり切らないのかって思うファンもいるわけで。
どうも最近の「48グループ」は納得に行かないことが増えているような気がします。

この「指原ショック」が、「48グループ」の人気崩壊のきっかけにならないことを祈ります。

【今日の言葉】 この2012年はAKB48のゴールである「東京ドーム公演」があるわけで、それが終わったらすっぱりやめてしまうっていうのもアリかもしれません




娘が入籍

昨日は一日中仕事がめちゃくちゃ忙しかったのですが、その忙しい中、16時に娘からメールが来て婚姻届を提出してきたとの連絡がありました。とりあえず予定通りのことなのですが、忙しい中も速攻でおめでとうと返信。

nyuseki.jpg

つきあっている彼氏と結婚するって正式に聞いたのはこの正月で、いきなりだったのでちょっとびっくりしましたが、一人娘とはいうものの、真剣に選んだ人なので幸せになるようにと返事をしました。

この6月に、5月から借りていた新居となる同じ市内のアパートに引っ越してしまっていたものの、片付けにちょくちょく帰って来たりしていたので、特に結婚して家を出たっていうけじめも希薄な感じでした。とりあえずというか文字通りというか、今日の入籍がけじめとなったのですが、メールで連絡っていう重くなさが今風かなと。本人達はそのあと、ちょっとおしゃれな店で入籍の打ち上げをしたとかで、何となく幸せムードが伝わってきそうな感じでした。

一人娘が結婚したからといって、花嫁の父っていうのではないところがいい感じです。

っていうか、この結婚では、両家顔合わせの食事会をしたのですが、結納とかやらなかったし、結婚式も別に秋にやることにして、披露宴も最小限でっていうことらしいです。別に親戚一同を集めたりっていういわゆる結婚式スタイルができないわけではないのですが、本人達がそうしたいっていうからそうしている感じです。

メインは、結婚する二人が満足できて幸せになることなので、それでいいと思います。

いわゆる結婚式スタイルっていうのは、それがスタンダードだ、当たり前だって思うのは勘違いのようで、せいぜい1世代か1.5世代しかなかったようです。

とにかく無事入籍できてよかったです。おめでとう、わが娘。
これからも実家の父と母を、なわすれそ。
たまには遊んでやってください。

【今日の言葉】 相手もオタクなので、これからもオタク全開なのだろうな



AKB48選抜総選挙

AKB選抜総選挙があるそうですが、っていうか今この時間にやっているのかも。
AKBは嫌いではないのですが、あくまでアイドルグループのひとつっていう認識しかないので、次のリリース曲のセンターを決めるファンイベントとしては全然興味がなかったりします。どうぞご勝手にという感じです。

それにしても今回はCX系ではゴールデンの時間帯にライブ放送するらしいですね。
どうもCXのAKBの扱いって違和感を感じます。

思い起こせば第一回の総選挙の時は、完全にコアなファンのイベントってことで、一般の人は冷ややかだったのですが、私はコアではないものの、一応気にしていました。っていう「あ~あ~こんなことやっちゃって」っていう感じで傍観者でした。

で、結果は前敦、大島優子、麻里子さま、まゆゆの順だったようで、出来レースだろ、って思ったものです。
この時点でやれやれモードで、興味をなくしました。
ただ当時の推しメン指原莉乃が27位ぐらいだったようで、変に納得した記憶があります。

今年は、前敦が出ないっていうことで、大島、ゆきりん、麻里子さま、たかみなあたりでしょう。指原莉乃がCXのいいとも!に出るようになって、うちの娘まで知っているほどになったので5位か6位ぐらいに来るかも知れません。

って、興味ないと言っておきながら順位を予想するっていう自己矛盾。

でもこういうシステムは、まだメンバーが少なくて、ファンもそれほど多くなくて、自分の「一票」が生きるうちはいいのですが、規模が大きくなりすぎてしまって組織票しか影響しない、完全な「一票の格差」があるようなシステムは、そろそろやめて欲しいのですが、ファンがついてくる限りは続くのでしょうね。

このまま行くとAKBグループは今の250人から500人とかにもなるかも知れないわけで、そうすると「予備選挙」なんかも出てくるのかな、なんて思ってしまいます。まるでアメリカの大統領選挙みたいに。

【今日の言葉】 ももクロ、ぱすぽ☆、アイドリング!!!、YGAとか混成で選抜選挙やったら楽しいだろうなって思ったりして




プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター