小学校4年生の問題

ネットとかツイッターで「簡単そうで意外に難しい小学校4年生の問題」ってことで話題になっているのですが、下の図のように、小、大、中の正方形が並んでいて、その面積の合計を求めろというもの。

shou4-1.jpg

学生時代にさんざん家庭教師のバイトをはしごしていたので、この手の問題を解くのも教えるのも得意なんですが、普通ならこういうふうにそれぞれの正方形の辺の長さを求めて解くのではありますまいか。

(1) 3つの正方形の1辺をそれぞれX,Y,Zと置いて、3連1次連立方程式で解く
(2) 一番小さい正方形の1辺をXと置いて、他の正方形の1辺をXで表し、Xを求める

結論を言うと、小中大の正方形の一辺は、それぞれ4㎝、12㎝、9㎝で、求める答えは241平方センチメートル。

(1)の方法は小学校4年生ではNGのようです。(2)の方法も方程式を虫食い算としてやればいいのですが、4年でできるのか微妙。
それじゃこれは解けないじゃんって思ったのですが、ニュースの記事ではこうやれば解けると。

shou4-3.jpg

大正方形の底辺と重なっている部分が25㎝。それに重なっていない部分の8㎝、3㎝を加えれば36㎝になるわけで、これが大正方形の3辺分に当たるから、3で割って12㎝が大正方形の1辺の長さ。
したがって小正方形は、12-8=4(㎝)、中正方形は12-3=9(㎝)ということで、連立方程式や虫食い算を持ってこなくても、小学校4年ならば解けるわけで。ふん、そうか。

で、でもちょっと待って。この解法はダメでしょう。
この問題が、正方形が接している部分と大正方形の底辺の合計が25㎝であることに気付くかどうかためしているのなら、この問題は奇問と言わざるをえません。
数学っていうのは、与えられた条件から、解決策を導き出す思考の訓練なので、虫食い算の解法なら数学的に論理的と言え、問題解法の手順通りで、良問たりえるのですが、25㎝に気付かなければ解けないっていうのでは、論理的問題解決技法にならないと思います。ほとんどパズルに近い。

ただ、私立中学のお受験を突破するには、こういうパズル的な「問題の解き方」がかなり重要らしく、名のある学習塾とかではそういう「解法のノウハウ」教えるらしいですね。論理的で演繹的な問題解決技法ではなく、入試対応のためのスキルを磨くことを目的としているような。そう考えると「勉強」なんて甘いものではありませんね。

っていうか、学習塾っていうのは教養とは何の関係もないものなのかも知れません。勉強ではなく中学受験のための技術を学びに行っているんだから。

でも、小学校の算数は、「考えさせること」を重視するって聞いたことがあります。
この問題もその範疇なのでしょうか。小学校4年生に、論理的問題解決技法を求めることが間違っているのでしょうか。

この25㎝に気付かないために問題が解けなくて、小学校4年から算数が嫌いになる子もわりといそうです。

【今日の言葉】 そんな小さなころから、「難しい問題、解けない問題は放置して次に行く」ことを覚えるから、社会にでてから難問にぶつかると「なかったこと」にして思考停止するのでしょうね

記事をアップしてから思ったのですが、この問題は、「大人が小学校4年生っていう縛りで解こうとすると難しい」のであって、当の小学校4年生には意外と簡単なのかも知れません。
子どもとつきあうとわかるのですが、彼らの考え方の柔軟さはすごいですから。
ただそういう柔らかい発想でこの問題が解けても、そこから何が学べるのかはちょっとわかりませんが。

スポンサーサイト

新人配属2ヶ月

うちの会社の新入社員は4月に入社後、新人研修を経て7月に配属になったのですが、そろそろふた月になろうと言うところ。

うちの職場は製品開発部門と、その製品をソリューションとして構築するSE部門の二つがあって、それに付随する形で、製品出荷部隊と保守サポート部隊がいます。そういう私はどこにも属さずに製品開発部門、SE部門それぞれの原価管理とか、出荷部門保守サポート部門の間接費管理とかやっています。

で、今年配属になった新人なのですが、開発部隊に配属になりました。しかも女の子。ソフト開発担当ってことでばりばりの理系女子かと言うと全然そうではなくて、見た目はちょとぼやっとしていて天然っぽい。エビ中の真山りかにそっくり。っていってもわかりませんか(^o^) 昔の人にもわかりやすく言うなら、小出広美にもちょっと似ています。ってますますわからなくなりましたか。早い話が普通に微妙です(^o^)

新人歓迎会とかやったようですが、こういうのって職場ライン単位なので部単位でやったようで、本部直属の私にはお呼びも掛かりませんでした。っていうか自分の娘世代なので別に仲良くなりたいというわけでもないし。

で、せっかく配属になった限りは、とりあえずどんな人なのか知りたいじゃないですか、見た目通り真山りかと同じような子ではあるまいにってわけで。

ちょうど社内イントラの社内報に新人自己紹介が載っているのでそれを見るわけですが、っていうかこれしか情報がないのですが、困ったことに名前と自己紹介だけなので何もからない。この「真山りかちゃん」は楽器が好きでドラムスをたたいていますっていうけど、それだけじゃロック好きのお仲間モードになりません。レゲエとかスカのドラムスかも知れないし。
そんなことより出身地、出身大学はどこで何を勉強してきてどういう業務に興味があって何ができるのかさっぱりわからない。
だからと言って直接会話して色々聞き出すのは、業務的にその必要がないとできないし、雑談とかでむやみなことを言うと何とかハラスメントになるしってことでよけいなことはしない方が賢い。

社内報に出身地とか出身大学が載らなくなって久しいのですが、個人情報云々ってバカな文化のせいで新人が入ってきたというイベントに魅力がなくなっています。昔は新人紹介だけで、誰それの後輩が入ってきたとか、工業高専出身の女子が入ってきたとかそれなりに面白かったのですが。

その昔、自分の自己紹介では「フランコ・ウンチーニを尊敬している」って書いたのですがバイク乗りの間ではわりと受けました。あ、ウンチーニもご存じありませんか(^_^;)

【今日の言葉】 名前と趣味しかわからない新人紹介特集なんて意味があるのかって思います

今日見たプジョー208の違和感

神奈川西部の湘南ナンバー地域という田舎でも、最近はプジョー208をちょくちょく見かけるようになってきたのですが、今日は会社の帰りに、後から黒いアリュールが走ってきました。そのリアビューを見て、

「おお、プジョー208のテールランプは美しい」

なんて、普段自分が運転していると見ることができないリアビューの美しさに感心するのですが、

「ん?なんか変だぞ」

と、この黒いアリュールに違和感がある。
テールパイプフィニッシャーは楕円一本出しなので、アリュールには違いない。それでも何か変、おかしい。
すぐに気付きました。
リアドアの208のエンブレムが左に付いている。

XYとかGTiは、右側にそれぞれのグレードのエンブレムが付くので、208のエンブレムは左なのですが、今日見たのはどう見てもアリュール。この3気筒エンジンの排気音を聞いたから確かにアリュール。

アリュールでも左にエンブレムが付くことがあるのでしょうか。
それともわざと移動したのでしょうか。不思議です。
カタログとかプジョーサイトで調べましたが、アリュール、プレミアム、シエロはすべて右に付いているようです。

【今日の言葉】 エンブレムの位置だけで違和感を感じるほど脳内に刷り込まれているのかと自分でもあきれました(^_^;)

桃と梨

お盆休みが終わったとはいうものの連日の猛暑なんですが、こういう暑いときでないと食べられないのが夏の果物。
スーパーに行けば青果コーナーには桃、梨、ぶどう、スイカとか山積みになっているわけで、特に桃と梨は大好物だし、2個パックで400円~600円で売られていて値段もリーズナブル。

奥さんは梨と言えば幸水オンリーの人で、幸水が出回るころは必ず良さそうなものを選んでいるし、夫婦とも桃が大好きなので2個598円ってちょっと高いなあと思いつつも、よく見ると福島産だったりして、以前は高くて手が出なかっただけに大震災以降購入しやすい価格になってうれしいです。

そんな感じで、桃と梨を、夫婦二人で、夕飯後や入浴後に仲良く半分ずつ分けて食べたりしています。

食べていて思ったのですが、昭和40年代の子どもの頃、桃も梨も丸ごと一個食べていたよなあと思い出しました。

親は家で商売をしていたので、夏休みは子どもがじゃまって感じで、おやつ代わりに「これでも食ってろ」って感じで、桃や梨をぽいっと渡されました。昔はみんなそうだったのですが、大人は昼食後昼寝タイムで1時間か1時間半ごろ寝していておやつを食べるっていう習慣はなかったようです。夕方にお茶を飲むっていうのはあったかも。
子どもはもらった梨や桃をかじりながら、麦わら帽や野球帽をかぶって、炎天下の空き地や公園で遊ぶわけですが、桃なんか公園の水道でごしごし洗ってケバケバをとってから、皮もむかずに丸かじりしていたような。ワイルドではあるのですが、今考えれば贅沢なものです。今ほど立派な桃ではなかったと思いますが、炎天下で遊びながら食べる桃はうまかったのではないかと。
食べ終わるとタネをその辺に埋めたりして。
「桃が生えてくるかなあ」と子ども心に思ったりするのですが。
「桃は3年掛かるってよ」って誰かが言えば「ふーん、そんなに待てないや」って言って興味をなくします。
もちろんタネをどこに埋めたかなんてすぐに忘れてしまいます。

梨も同じように遊びながら食べていたのですが、こちらも今の幸水のように甘いものじゃありません。しかもリンゴと違って梨は皮が食べられない。かといって皮をむいたりはしません。公園だし。
かじりついて、皮だけペッと出すわけで。子どものことなので、猫がいると猫に向けてペッと出したり、毛虫がいると毛虫にペッと出したり。当たって猫が逃げたり、毛虫が落ちたりすると「やったー!」とはしゃぐわけで。子どもの遊びです(^o^)
4人ぐらい集まって、猫を追いかけ回して梨の皮を当てるという。迷惑がる猫がかわいかったです。動物虐待ではなく遊んでいるだけです(^o^)

東京下町はそれほど夏休みの宿題も出なかったし、要するに子どもは暇だったのでしょうね。
大人は仕事に忙しかったから、あまり遊びに連れて行ってもらえなかったし、だから地域の子供会とかでどこかに行くわけですが、8月も20日を過ぎるとスケジュールはすべて終了してしまい、ものすごく暇だったんでしょう。

桃と梨でそんな昔のことを思い出しました。

【今日の言葉】 やはりここ10年ほどで、日本の果物は大きく立派になったとつくづく思います

コミケ2014夏

今年の夏のコミケ、いわゆるC86がこのお盆休みに開催されたことがニュースになっています。
東京ビッグサイトっていうと、今はなき東京の実家からならすごく近くて気軽にいけるのですが、神奈川西部の住民には異国のようなものです。

ただコミケっていうと数年前まで娘が同人誌をやっていたり、奥さんも同人サークルから手伝いを依頼されたりして、スタッフとして関わっていた関係で比較的身近なんですが、私はヲタではないのでコミケにはアウェイ感があります。

とはいうものの、今回のC86って3日間で55万人が集まったとか。
10年ほど前まで会社で宣伝関連業務をやっていて製品の展示会とかでビッグサイトや幕張メッセを使いましたが、ビジネス系展示会では「今日は入ったなあ」って言っても3万5千とかなので、1日平均18万人ってとんでもないです。とんでもなさはかんたんに想像できます。

海外でもコミケは有名だそうで、集まる人たちが整然と順番待ちをして、けっしてカオスにならないところに驚愕されているようで。ルールを守るっていうのがコミケッターの人たちの美徳のようで、今年は「熱中症に注意しましょう」っていう主催者側の呼びかけに忠実に従ったせいか、熱中症ゼロだったそうで。それだけでも事件っていうほどすごいって思いませんか。お年寄りも見習って欲しいほどです。

さらに今回のC86はあの歌手の小林幸子さんがCDを販売したとか。同人っていうのがコミケの建前なので、このCDも同人CD扱いだったのでしょうか。2時間待ち、5時間待ちもものともせずファンは並んだそうですが、中にはっていうかほとんどがコミケなんて始めてっていうお客さんだったのではないでしょうか。

3日間で55万人っていう集客力、みんな同人誌を買うためということで購買力もあるので、それを狙わない手はないってことで、第2第3の小林幸子が出てくるのは確実でしょう。

個人的にはマーティ・フリードマンとかが出てきてくれると楽しいのですが、あまり何でもありにすると本来の同人誌即売会っていうイベントからかけ離れるっていう心配もあるわけで、どこまでコミケも変わっていけるかウォッチングしていきたいです。

【今日の言葉】 とは言いながら場所が遠いっていうかアウェイ感があるので私は行きませんが(^o^)

っていうか、夏休みの9連休、ずっと家から出ませんでした。当然クルマにも乗らなかったし、家を出たのはゴミ捨てと徒歩1分のスーパーに3回行っただけです。
9連休もあったのに走行距離ゼロって、ほとんど「プジョー乗りの恥」状態です(^_^;)

ブラジル仕様プジョー208

ちょっと古い記事のようですが、「car.blog.br」というブラジルのサイトでプジョー208の紹介記事を見つけました。リンクはこちら
さすがにポルトガル語は読めないのですが、例によってフィーリングで読むと少しだけなんとなく理解できます。
内容はブラジル仕様の「プジョー208アクティブ」の紹介ですが、見ていると日本仕様のアリュールとかなり違うのが興味深いです。っていうか、アリュールより廉価仕様なのですが、これがわりといいなと思わせてくれたりします。

br208-01.jpg

正面顔で気になるのは、日本仕様の眉毛のようなLEDチューブは使っていないところ。ヘッドライトもプロジェクターではなく普通のハロゲン球のようです。でもこれはこれでいいかもって思ったりします。
フローティンググリルもなんか小さめで、上下に小さいのか、グリル下の隙間が大きいようです。日本のナンバープレートだとグリルに被さってしまうようです。
フォグランプはもちろん装備されていなくて、アクセント扱いになっているようで。
上半分だけカラードされたサイドミラーがちょっとおしゃれで、フロントビューが犬に見えてくる「犬の耳感」がたまりません。

br208-02.jpg

サイドビューは、窓下のクロムメッキモールが省略されているだけで、それほどグレードによる格差を感じさせません。
タイヤは15インチっぽいのですが、スチールにホイールキャップでも割とデザインがいいのでかっこいいようで。
リアドアのウィンドウがスモークじゃないのですが、スモークなのは日本とか欧州仕様だけみたいです。

br208-03.jpg

リアウィンドウもスモークではないので、こんな感じで「丸い窓」が丸出し。これはこれでかわいくもありますが。
でもこの角度から見ても、プジョー208はあまりグレード格差を感じさせないのはすごいと思います。

br208-04.jpg
br208-05.jpg

ブラジル仕様アクティブの内装です。ライトグレーのアクセントがいい感じです。明るくおしゃれな感じ。シートもテップレザーとかでなく普通の布製なんですが、内装のライトグレーとコーディネートされていておしゃれです。
タッチパネルではなく1DINパネルになっているのでですが、ダッシュボードがすっきり広々という感じで悪くないです。

このブラジル仕様プジョー208アクティブは1.5Lエンジンのようです。プジョーに1.5Lなんてあったのですね。
燃費はガソリンで都市モード11.6㎞/L、郊外モード14.3㎞/L、エタノールで都市モード8.0㎞/L、郊外モード9.6㎞/Lということで、計測モードが日本と違うので何とも言えませんが、悪くはないようです。ディーゼルの導入はなくて、ガソリンとエタノールであるところがブラジルっぽいです。

これだけ力を入れて紹介しているところを見ると、このアクティブグレードがブラジルではプジョー208のボリュームゾーンとなるのでしょう。けして高級ではないが、基本がしっかり作られていておしゃれなクルマであることがわかります。
ただ、ブログのタイトルにもあるように、このアクティブが39990レアルって現在のレートで日本円で180万ほどなので、これが安いのかどうか微妙な感じです。

【今日の言葉】 このアクティブは、フランス本国では一番下のアクセスに相当する仕様のようです

英国版プジョー208Style

プジョー208は基本がしっかりできているし、走る曲がる止まるが国産同クラスとはレベルが違うことをこの1年あまり言い続けているわけで、実際内装もセンスが良くデザインされ、質感も高く、実際いいクルマなんですが、いまいち販売が芳しくないようです。
ここへ来て販売へのてこ入れか、日本仕様でも「envy」とか特別仕様車を導入しているわけですが、他の国でも販売がいまいちっていう状況は同じようで、ただ他国ではスタイルっていう廉価グレードの投入をしているようです。

で、このイギリス版のスタイルグレードですが、パノラミック・グラスルーフを装備の特徴としているようです。

p208styleGB.jpg

日本でもパノラミック・グラスルーフは上級グレードしかつかない高級装備なのですが、イギリス仕様は何故かエアコンはマニュアルだったりします。

ということはまさに日本仕様の「envy」に相当するようで、確かにシートのトリムはテップレザーなしだし、タイヤは15インチ、スカッフプレートが付いて、ドアミラーのところにスタイルのロゴバッチが付くそうです。
3ドア5速MTながらパノラミック・グラスルーフを除けばまさに「envy」仕様に近い感じです。
おそらく英国のユーザーにはパノラミック・グラスルーフが魅力の装備なのかも知れません。

そんな感じでプジョーがその国に合わせて仕様を組み替えるフレキシビリティさを持っているのなら、日本仕様をもっときめ細かく設定してもいいような気がしますが、日本のユーザーにとって「輸入車」は高級品というステレオタイプがあるのか、やはり上級グレード中心の販売戦略になるのかも知れません。大衆車であるルノー・ルーテシアとかフォード・フィエスタなんかも、本国ではラインナップに幅がありベーシックグレードは安いのに日本に入ってくるのは中級以上のグレードになるようで。フォルクワーゲンUP!でさえそんな感じです。

プジョー208もアリュールよりもっと下の、アクセスとかアクティブのベーシックグレードなら160万ぐらいの価格設定でやれると思うのですが、「安すぎる輸入車は売れない」っていう過去の経験があるからやらないのかも知れません。確かにUP!も苦戦しているようだし。

やはり「輸入車を買う人は輸入車しか眼中にないし、国産車を買う人は国産車しか買わない」ってことなのでしょう。
それでも個人的には「国産車から輸入車へのエントリーカー」は必要だと思います。高品質で信頼性の高い、そう、プジョー208のようなクルマが。

【今日の言葉】 ちなみに英国版プジョー208Styleは230万円とか。関税とか税制が違うのもありますが、すごく高く感じます

プジョー208アリュール納車18ヶ月

毎月9日の納車から経過報告ですが、そろそろ読むのにも飽きたとおっしゃる方がいるかも知れませんが、1年半ということで今回も行きます(^o^)。っていうかもう1年半経ってしまったのですね。

前回も書いたのですが、ほとんど奥さんの通勤用、買い物用のクルマと化しており、私はこのひと月で2回、文鳥のクリニックに行った時の74㎞と小田原のデパートからの帰りの13㎞、合計87㎞しか運転していなかったりします。
っていうかウチは山というか丘の上にあるのですが、全然街へ降りていないし(^o^)
運転は嫌いではないのですが、通勤は徒歩だし、買い物は歩いて1分のスーパーばかり使っているし、今日から夏休みなんですが、どこかに連れて行かなくちゃならない子どももいないしってことでクルマに乗る機会が減っている感じです。
ただ、ぶらりとどこかへ行きたいなっていうのはあるのですが、近場では行き尽くした感じがあるし。どうしましょうかね(^o^)

【ノントラブル】
先日10000㎞をようやく越えました。ライフスタイル的には、先に言ったようにだんだんクルマを使わないようになっているので、走行距離が伸びていないような感じです。これまでのクルマでも年6500㎞が目安なので、1年半で10000㎞はまあまあではないでしょうか。

odo140808.jpg

で、一応10000㎞を大きなトラブルなしに過ごせてやはりプジョー車は信頼できると思っています。
プジョー206/207世代のユーザからは、フランス車の快適さとトレードオフでトラブルへの覚悟が必要なんてことを吹き込まれていたのですが、なんのなんの、頑固者のフランス人が作るクルマはなかなかよくできていて感心しています。
エアコン関係とか水温計関係とか皆さんからマイナーなトラブルの報告をいただいていますが、208はプラットフォームを207からキャリーオーバーしているので、「枯れている」分メジャーなトラブルがないのかも知れません。少なくともアリュールはMTなので、その分トラブルリスクが少ないのも確かかも知れません。
先日のストラットボルト交換のリコールも楽しみにしていたのですが、対象でないとわかってがっかりしたていたり(T_T)
18ヶ月時点で、前車アルテッツァやその前のパルサーより確実にトラブルやクレーム対象が少ないです。プジョーはたいしたもんです。

【エアコン】
8月の連日の猛暑なんですが、奥さんはエアコンはマニュアルモードで効率良く使っているようです。オートだと足下からも冷気が出て無駄に冷えたりします。
プジョー208はエアコンの効きがいまいちって言っていたのですが、使い方でだいぶ改善するって言うか、一度冷えれば快適なようです。
経験的にエアコンを使うと1㎞/Lほど燃費が悪くなるようなのですが、その程度の悪化なら効率的にはわりといいのではないかなと思います。
またアリュールは、「鬼の低速トルク」があるので、エアコンを使ってもドライバビリティにさほど影響しないのがうれしいです。
昔シティカブリオレっていうのに乗っていたのですが、エアコンをオンにすると上り坂がだるかったのを覚えています。それに比べるとアリュールはたいしたものだと思います。

【シート】
もう毎回プジョー208のシートを褒めていますが、今までの国産車だと、前車アルテッツァでさえ1年も乗ると多少のへたりっていうか納車時とはずいぶん変わったなと思うことがありました。なのに、プジョー208のシートは1年半経っても依然として納車時のしっかり感、座面の張りをキープしています。
おそらくドイツ車やイタリア車もそうだと思いますが、欧州車のシートはすごいと言わざるを得ません。しっかりしたボディ剛性で足回りがよく動き、50㎞前後から小さな凹凸をきれいに受け流す猫足はボディに衝撃を伝えません。そこにきてこのシートなので、長距離運転でも疲れ方が少ないわけです。
以前N14パルサーGTIっていうのに乗っていて、シートは欧州仕様にしたっていうので、確かによくできたいいシートだったのですが、これが欧州風なのかと思っていたらプジョー208は全然違いましたね。本場のシートは、日本車の欧州仕様と機能的にレベルが違うって思い知らされた感じです。

【ブレーキ】
プジョー208のブレーキの効きはとんでもなくいいって話も何回か書かせていただきました。
アリュールは、リアがリーディングトレーリングなんですが、なんのなんの車重が軽いし、サーキットとか走るわけではないので全然問題ないです。
ところが最近奥さんがいうには「フロントブレーキがきーきー鳴く」とのこと。
私はホンダアコードに乗っている頃から、ブレーキとは鳴くものだっていう意識があるのであまり気にならなかったりします。
それよか欧州車の例に漏れずブレーキダストがひどいので、低ダストの鳴きがあまり出ないものに交換しようかなとも思います。そろそろ208用のアフターパーツも出ることだと思うので。

【208はもう少し売れてもいいかなと思います】
会社に行くときに歩いて東名高速を横切る橋を渡るのですが、プジョー208を見かける日が多くなりました。
とは言うもののプジョー208の信頼性、魅力からするともう少し売れてもいいのではないかと思います。
200台限定の「envy」が4月から売り出しているのに、まだ在庫があるのか、200台売り切っていないのかって思うとちょっと心配です。
少なくともハイブリッドや軽自動車ばかりの日本車に嫌気がさしているユーザが潜在的に多いと思うので、外車と呼ばれる高級輸入車でないプジョーは日本車にない魅力をもっと理解してもらった方がいいのではないかと思います。
アルファロメオのミトやルノールーテシアに比べるとインパクト的にはあまり濃くないので、もう少しマーケティングに力を入れないとプジョーとしては苦しいのではありますまいか。

【今日の言葉】 1年半乗ってフランス車が身につくと、もう日本車には戻れません。それほどいいクルマです

ブロードバンドルーター購入

注文していたコレガのブロードバンドルーター「CG-WGR1200」が到着しました。
箱が大きいのでびっくりしたのですが、本体も大きくてびっくり(^o^)
ただ何気にLANケーブルのコネクタパーツをしっかり流用しているのがわかって面白いです。

wgr01.jpg
wgr02.jpg


早速接続ですが、昨日緊急導入した古いルーターの環境がとりあえず動作しているので、WGR1200はまずは設定だけってことで、PCにLANケーブルを直結。
ところが、WAN、つまりモデムをつなげと言ってくる。モデムをつながないと設定画面が呼び出せない。何だこりゃ。
ってことでしかたがないのでモデムをつないだら自動で設定画面が開いて、インターネット接続のIDとパスワードを入れろと言ってくる。つまり「接続しさえすれば自動認識して、必要情報だけ入力するような設定プログラムになっている」ようです。っていうか、これまでのルーターユーザーからすれば大きなお世話なんですが。

しかもあろう事か、PCを接続すると自動でPC名称を認識してMACアドレスも取り込んでPCデータベースを作って、しかもDHCPの設定まで自動でやってくれる。
これはクライアントがWindowsのマシンかMacマシン限定かと思いますが、何にもすることがない。

結局やったことは、古いルーターから置き換えて、Webサーバのマシンのポート80を開けただけ。便利すぎてものたりないです。しかもACアダプタまで同じ仕様なので流用できてしまいました。やはりコレガという同一メーカーだからでしょうか。
でもこうして何も問題なくPPPoEやDHCPやバーチャルサーバの設定ができたのだからよしとしましょう。

もう一つ、このWGR1200には無線アクセスポイントがついてきます。しかも11ac/n/a/g/bと規格のフル装備という感じ。
普段無線は使わないのですが、会社のVPNに接続するセキュリティPCがあるので、無線接続をやってみたらいとも簡単に接続できてしまいました。そのうちニンテンドウDSの接続にもチャレンジしてみます。

楽天のポイントを1500ポイント使って6500円ぐらいで購入したのですが、予想以上のコストパフォーマンスに満足しています、っていうか便利さにぽか~んの状態です。
新モデルが出るたびに、より簡単に高機能に低価格になるようですが、信頼性もよろしくお願いしますよ、というところです。

【今日の言葉】 わりと強い電波が出ている可能性があるので、無線を使わないときは無線機能をオフにしておいた方がいいのかなと思います

自宅ネットワーク障害

ネットワーク障害なんていうと、NTTとか通信業者か、プロバイダーか、はたまた会社のインフラか、そういうところではある一定の確率で起きているようで、起これば「またか!」とか言って憤慨するのですが、復旧は自分の仕事ではないし、自分では何もできないので待っているしかないわけで。
そういうネットワーク障害が自宅で起きるととんでもないです。原因の特定も復旧も全部自分でやらなければならない。

奥さんが仕事から帰り、さあ、ってわけで自分のPCを起動したのですが、少しして
「ネットワークがつながらないんだけど。インターネットにつながっていませんってメッセージ」

インターネットにつながらない?ってことで、Bフレッツのモデムを見ると、正常のように見えるが、データ送受信の時のグリーンのランプの点滅がない。だんまりのままだ。

あ、これはモデムのハングアップか、って思ってリセット。
リセット後はモデムは自己チェックと回線チェックとかしてレディになる。問題なさそうだ。これでためしてもらう。
それでもまだつながらないという。おかしいな。

今度は私のPCを起動。
LANはDHCPでアドレスをもらうんだけど、LANがレディになっていない。
試しに「CMD」を起動して「ipconfig」をやってみたけど、IPアドレスがとんでもない。

他の2台のPCも起動してみたが、状況は同じ。IPアドレスがもらえなくてLANが立ち上がっていない状況。
すべてのPCでLANにさえ接続できないという。これは完全にネットワークの障害。

LANが起動しないからインターネットどころかローカルのPC間のデータやりとりもできない。

とりあえずネットワーク環境の状況を確認しようってことで、ブロードバンドルーターのファームに接続。「192.168.1.1」にブラウザから接続して見るも、ネットワークが起動できていないってはねられる。

こうなったら縮退しか方法がないので、ブロードバンドルーターとPC1台をLANケーブルで直結。これでブロードバンドルーターの設定を確認しようというわけなんだけど、「192.168.1.1」に接続できない。ルーターを初期化してもだめ。
ブロードバンドルーターが死んだ可能性が大。
といってもそれを確認するすべがない。近くのヤマダ電機とかノジマにルーターを買いに行ってもいいがもう21時。無理。
ここまでで障害発生後1時間半。

なんとかならないかってことで、クロークの中を探したら、奥の奥から3年前まで7年間使っていたルーターが出てきた。
とりあえずチェックしてみようって思って、PCとLANケーブルで直結で「192.168.1.1」に接続したら設定画面が開いた!
しかも3年前に使ったときのままになっている。そのままPPPoEも使えるからインターネットも接続できるはず。

ということで、LAN側の固定IPの設定だけ今のマシンに合わせて設定しなおして、ブロードバンドルーターを古いものに緊急リプレース。
問題なくインターネットにも接続でき、各PCにDHCPでアドレス提供できてネットワーク障害から復旧できました。
障害発生後2時間を要しました。

諸悪の根源がこのブロードバンドルーターの故障。まだ購入して3年だというのに。

router140806.jpg

再度登場してもらった古いブロードバンドルーターは、ギガビットではないので、ネット速度が半分しか出ていません。
なので速攻で新しいブロードバンドルーターを注文しました。

故障したブロードバンドルーターはコレガ製なんですが、なんとなくアイオーやバッファローの方が信頼性が高そうなのですが、とりあえずサイトから取説をダウンロードして読んでみたら、設定を簡単に説明するために専門用語を避けていることが却ってわかりにくい感じだったのでやめました。専門用語ががんがんでてくるコレガ製の方がわかりやすく信頼できそうで、しかも慣れていることもありコレガにしました。

今は有線オンリーのルーターはほとんどなくてっていうか無線がメインになっているのですね。
今回購入のものも「有線もついている無線ルーター」って感じなのですが、娘が家に来たときにモンハンをやりたいっていうからまあいいかと思っています。

【今日の言葉】 それにしてもネットがないと買い物もできないってわけで、ネットは必需品であることが今回の障害でよくわかりました

Y!モバイル

当ブログでもたびたび書いていますが、ウィルコムユーザーだったりします。今だに。
しかもWillcom-LUという機種をもう5年半も使っているという。スマホは、徒歩通勤だし使う機会がないので、今のところはこのLUで間に合っているので、予備のバッテリーを確保していたりしています。

wlu.jpg

ようするに「ケータイ」としては誰とでも定額通話ができてメールも無料なウィルコムで必要十分なわけで、それ以上が欲しいと思ったことはほとんどないのですが、そのウィルコムって会社が会社更生法から脱却して再建が完了したって思ったら、6月1日付けて吸収合併により「Y!モバイル」って会社に変わってしまいました。

そのY!モバイルがようやく8月1日からY!モバイルとして営業を開始したようで、朝の情報番組で早速CMを流していました。スマホ定額2980円からって。
メディアでもネットでも相当強力な宣伝を入れていますが、ま、安くてもスマホが必要ない人だから。買わないから。

って思っていたのですが、ウィルコム時代は利用明細とか請求額を「My Willcom」っていうサイトにログインすると確認できたのですが、なんとMy Willcomがなくなっているので焦りました。っていうか大変困っています。サポートコインなんかも貯めていたのがパーになったようだし(T_T)

来月の請求額はどうなんだろうって確認のしようがないのですが、まあ定額プランの範囲しか使わないので予想はできるのですが、旧ウィルコムユーザーにとってサービスが改悪になるのは困ります。

ウィルコムのシェアは5%というので、皆さんの中にも必ずいらっしゃると思いますが、どうなさっていますか。

【今日の言葉】 今はスマホが行き渡ってしまって売れていないそうですね。サムスン電子とかかなりピンチらしいです

「My Willcom」ですが、それをキーワードに検索したら「My Y!Mobile」のページにヒットしました。
そこに行ってみたら、従来の「My Willcom」と同じようなログイン画面が出てきたので、ログインしたら利用明細とか確認できました。
なんだ、という感じですが、お騒がせしました(^^;)

「My Y!Mobile」なんて言いにくいネーミングなのですが、そんなことは気にしないでこれまで通りウィルコムのつもりで使っていこうかと。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター