自動ブレーキ

昨日はうちの奥さんが娘と一緒に妹が住む横浜に遊びに行ったのですが、16時半に帰途についたようで17時半ごろ娘からメールが来ました。
「東名に乗ったら料金所を抜けたところからいきなり渋滞で動かない~。帰りが遅くなるよ~」

私は先に家に帰って、新文鳥「シエル」と遊んでいましたが、それから何回かメールで連絡があったものの、20時になっても帰って来ない。

どうやら厚木で事故らしい。ネットで検索したら、米軍のトラックが自爆で事故った乗用車にぶつかって乗り上げてしまったとか。こんな事故もあるんだなあというほどの珍しいケース。
昼に起きた事故らしいのですが、米軍ってことが影響するのか事故処理が長引いたまま夕方のラッシュアワーに突入してしまった感じです。
調べてみたら関東地方の高速道路でこの日の渋滞はここだけ。まったく巡り合わせが悪いって言うかアンラッキーというか。さすが雨女と嵐を呼ぶ女のペアです。まあ事故に巻き込まれなかっただけましかってことで。

20時半になってようやく帰ってきた二人は疲労で虚脱状態で言葉も少なめ。まさか横浜から高速を使って4時間かかるとは思わなかったって。こういうときはMT車は辛いねってこぼしてました。

「イライラはAT車だって同じだろう」って思うのですが、渋滞中のドライバーはみんなハンドルにもたれかかってスマホをいじって暇つぶししていたとか。
エアバッグがいきなりふくらんだら吹っ飛ぶなとは思いつつも、「だから自動ブレーキが必要なのか」と納得した次第。

ちなみに昨日の別のニュースで、トヨタ自動車が輸出を含め今後発売する新型車にはすべて自動ブレーキを標準装備すると発表したそうです。トヨタがやるっていうのだから、そうとう低いコストでできるのでしょうね。
曙ブレーキとかアドヴィックスとか日立とかパーツメーカーが大盤振舞いしたのか、それとも大量一括購入で買いたたかれたのか。

トヨタはブレーキにリコールが多いので、安かろう悪かろうでタカタのエアバッグのようにならなければいいのですが。

【今日の言葉】 センサーと制御ICとアクチュエーターだけだからコスト的には6000円ぐらいかなあ
スポンサーサイト

燃料電池車

当ブログではプジョーや欧州車を応援している割には、デミオ・ディーゼルや新型プジョー308を何気にスルーしているのですが、トヨタからいよいよFCV・燃料電池車が発売になるというニュースがちょっと熱いです。これは話題にしなくてはってことで登場です。

トヨタはプリウスとかアクアのハイブリッドをヒットさせて、エコロジーではドヤ顔の状態ですが、「クルマとしての楽しさを捨て」て「限られた条件でのみ燃費がいい」ハイブリッドなんかそれほど評価していません。が、FCVは別です。しかも燃料が水素ということで、インパクトが大きい。
エタノールを使ったノートPC用の燃料電池がありましたが、エタノールと違って炭素なんか含まない水素はやはりすごいのです。

1979年の第2次オイルショックのころ、自動車の代替燃料で注目を浴びたのがエタノールと水素。
エタノールはデンプンの発酵で造れるし、単独で利用する以外にガソリンに混ぜて使えるってことで、ブラジルとかでは実用になっているのですが、単独で使うと飲んじゃう人、つまり飲用アルコールとして横流しする人が出るからまずかろうってわけで実現が難しかったようです。「酒で走る車なんかおかしくね?」なんて当時は笑いました。

となると本命は水素ってことになるのですが、燃料として使うには、水素は軽すぎるし、窒素とかと違って「粒が小さい」のでタンクでの保存が難しいし、燃やすにしても、エンジンがこの回転数の時にどのくらい燃やせばいいのか、燃料供給の方法はどうするのかとか技術的な困難さは簡単に想像がつくので、2004年頃マツダが水素を燃料とするロータリーエンジン車を発表したときは驚きました。いくらロータリーエンジンが、粗悪ガソリンやエタノール、ケロシンなんかにも強いとはいうものの水素を燃やすのは難しかろうって。
その後BMWがレシプロエンジンで水素燃料を使ったときはもっとびっくりしましたが。

水素はCO2もNOxも出さないクリーンなエネルギーであるところがすごいのですが、いろいろな方法で作ることができるところがまたすごいです。
農業、バイオマス、太陽光、アルコール、細菌などあらゆるものから作れます。ある意味「枯渇のないエネルギー」であるところがすごい。日本は高い技術があるので、燃料水素産出国・輸出国になるなんていう人もいます。

ただ水素って燃焼させてしまったらタンク一個分なんかあっという間に使い切ってしまうのではないかって思うわけで。
そういう意味で、水素を燃焼させるのではなく、燃料電池として利用するところにFCVのすごさがあるわけです。

早速トヨタのサイトで、FCV「MIRAI」を見たのですが、このかっこ悪さはなんなのだと思いました。
MIRAIっていうネーミングも鉄板だし。未来を「MIKU」と読ませるぐらいの気概が欲しかったところですが、初音ミクとかぶるし。って思ったら初音ミクはトヨタのCMに出てましたね。

mirai2.jpg

未来をオマージュしているのなら、BMW i3やi8のようにかっこよくすればいいのにって思うのですが、700万円するクルマとして「押しと存在感が必要」と思ったのかも知れません。本来ならBMWのように内装は簡素に、カーボンファイバーを多用して軽量化っていうのが筋なんですが、めいっぱい豪華に装備も充実させて2トン近い重厚長大なクルマに仕上げているのがトヨタ流なのでしょう。

燃料の水素の充填が3分で済むっていうのにびっくりしたし、一回の補給で650㎞走れるっていうから、おそらく400㎞ぐらいは大丈夫っぽいです。十分実用的ですね。

パワーは150馬力ぐらいらしいですが、モーターなので35㎏mっていうトルクの方に注目すべきでしょう。車重は1.8トンだそうですが、このトルクがあればこれまた十分実用可能かと。
ただ、車重と長すぎるホイールベースを見ると、実用的ではあってもスポーティではないと思われます。

700万ってことで、国からの補助があっても500万円超らしいので普通に手はでませんが、この先が楽しみってことで。水素ステーションとかのインフラもこれからみたいだし。おそらく発売すれば初期不良のリコールもあるだろうし。
ただちょっと気になるのは、水素に道路財源の「揮発油税」がつくのかどうか。つかないとしたらちょっとした事件だし、つくとしたら、「自前の水素」を使ったら脱税行為になるのか気になります。
電気自動車リーフが、家庭用電力で走るとしたら脱税行為ではないのかって個人的には思っていますから。少なくとも動力契約の電力にしてほしいところ。

燃料電池セルも動力モーターも水素タンクも、おそらくトヨタ内製ではなくて専門メーカー製だと思うので、それらの「ユニット」が量産で安くできるようになれば、液晶大画面テレビのようにユニット集めてを組み合わせるだけで製品が作れるようになるかも知れません。そうなると儲かるのは東芝やパナソニックや日立なのかなって思ってしまいます。

量産されて250万円を切ったらFCVに乗りたいと思います。もちろんMT車で。無理かな(笑)

【今日の言葉】 水素燃料を使いすぎて日本中が湿気だらけ、雨と曇りの日ばかりなんてことにならなければいいのですが

東京遠征

文鳥は秋のヒナのシーズンということで、ちょうどこの時期だとエサやりが一日2回とか3回で済む生後1が月ぐらいのヒナが出回るので、文鳥のヒナを買うチャンスだってことでかねてから狙っていたのですが、神奈川西部のペットショップではどこも在庫が1羽とかで選べない。生き物の購入なので、相性っていうか「この子なら」っていうカンがあるわけで、1羽では選べないので困っていました。

そういうわけでどこかで「選べるほどたくさん在庫のある」ペットショップはないかって探していたら、某ペットショップの本店に十数羽いるという。そのペットショップは東京でしかも自分の出身地という。すでに実家はその街にないので行くのは久しぶりだし、文鳥を買いにわざわざ東名高速を使って片道90㎞を行くかなってわけなのですが、行ってきました(^o^)

ただ、久しぶりの東京だし、文鳥を買うだけに行くのはもったいないね、ってことになったのですが、それならということで、奥さんがいつか売ろうと思っていたフィギュアを売ろうということで、秋葉原に寄ろうと。

今日は9時過ぎにフィギュアを大きな紙袋3つに入れて出発。
東名は順調でしたが、用賀から首都高が混んでいました。今日は天気も良かったせいかネズミのキャラクターがいる浦安の某テーマパーク方面に行くクルマや観光バスで右側が大渋滞。こちらはアキバへ行くので左に行き、神田橋で降りてアキバへ。
フィギュアを売る店であらかじめ調べたら秋葉原UDXの駐車場を利用しろというので、直接UDXへ。カーナビの通りに行ったらわりと簡単に行けました。

首都高神田橋を降りてから、ずっと後に「痛車」のRX-8がついてきていたのですが、交番のお巡りさんも振り向いてみるほど完成度の高い痛車で本当にかっこよかったです。ただ後につかれるとうざいというかはずいというか。
って思っていたらUDXまでついてきていたし、駐車場までついてきていました。いったい何なんだって思ったのですが、なんとUDXの駐車場に入ったらあっちにもこっちにもって感じで「痛車だらけ」。あとでUDXは痛車の聖地と知りました。

奥さんが売った手提げ紙袋3つ分のフィギュアは、1万円は行かないだろうって思っていたのですが、レアなものがあってか2万3千円以上に。当の奥さんが声を上げてびっくりしていました。アキバまで来た甲斐があったということで。

UDXに戻って11時過ぎ、昼食を取ってしまおうってことで、アキバ・イチに。石ちゃんこと石塚英彦さんが通りの達人で紹介していたのはAKB48がブレークする前の2006年だったでしょうか。大島優子が17歳だったらしいし。

t14111501.jpg

アキバ・イチの2階でイタリアンを食べましたが、なかなか値段の割には満足度高し。

t14111502.jpg

飲食店の競争が激しいのでクオリティが上がっていくのかなって思います。フィギュアの買取り価格が高いのも、高価でも売れるからであって、そういうのも含めてやはり都会ってすごいなあと思います。

食後は秋葉原から下町方面へ移動。もちろんAKBカフェなんか寄りもしません(^o^)
クルマをタイムズに停めてペットショップへ。

文鳥は簡単に見つけられたのですが、十数羽というわけで、お気に入りを見つけるのが大変でした。
なんとか相性がよさそうな生後1ヶ月半のヒナを選び購入。
本当はシナモン文鳥がほしかったのですが、店にいたのはまだ歩けないというほどで小さすぎ。家に帰るのに2時間は掛かるので、これでは無理だろうということであきらめました。

帰りの東名は事故で渋滞したのですが、なんとか2時間で帰ってこられました。
買ってきた文鳥は元気なのですがさすがに疲れたのかわりとおとなしく。

t14111503.jpg

文鳥を買いにざわざわ東京まで行って来ましたが、久しぶりの東名と東京はドライブとして楽しかったし、始めて行ったUDXは都会のすごさを認識させてくれました。

ちなみに、プジョー208は今回も楽ちんで快適な高速道路クルージングを楽しませてくれたのですが、行きの首都高で30分の、帰りの東名で40分の大渋滞がありながら、155㎞走って18.2㎞/Lは優秀だと思います。渋滞がなければ21㎞/Lは行ったのではないかと。
高速道路代、駐車場代に比べればガソリン代はたいしたことがないと思えてくる燃費で助かります。

逆に言うと、ハイブリッドがどんなに燃費が良くても、高速道路料金、駐車場料金は変わらないのですね。って当たり前なことなんですが、燃費ばかり目くじら立ててもしょうがないだろうって言いたいわけで(^_^)
軽自動車だからタイムズが安くなるってこともないでしょうに。
年間でそれほど走らない人には、燃費なんてクルマの維持費、経費のほんの一部なので、それがどれほど優れていて少なくて済んでも大したことはないのですね。

【今日の言葉】 そういえば秋葉原UDXはうちの会社の営業部署があるようです。こんなすごいところにオフィスがあったのですね。私の勤務先の片田舎とは大違いでビビります
【今日の言葉2】 このUDXですが、昔は何だったろうって思ったらやっちゃばだったんですね。確かに学生時代はここは青果市場がありました

クルマ選び

前回中古車店が軽自動車とミニバンばかりの品揃えだと書いたのですが、相変わらず新車ではハイブリッドの一人勝ちみたいな感じでこの3カテゴリーが売れまくっているようです。日本って豊かになったって言いますが、こういうのを見ると貧乏くささを感じてしまうのは私だけでしょうか。

ハイブリッド、軽自動車、ミニバンが弱い自動車メーカーは存在が危ういってほど売れまくっているのですが、うちではこれらを選ばずにプジョー208に一直線だったのはどうしてなのか、こんな感じです。

【プリウスとかのハイブリッド車】
・値段が高い:ガソリンを節約するために300万円のクルマを買うのは本末転倒のような気がします。っていうか「ガソリン代の前払い」って感じがします。こんな高いクルマを買っても、「あっ、ガソリンが買えない人のクルマだ」なんて言われたくないし。
・乗り心地が悪そう:シートの薄っぺらさは凶悪なほど。これだけでもう乗り心地が悪そうに見えます。って実際ユーザに聞くと相当よくないらしいですね。
・視界が悪そう:エクステリアは良いデザインだと思うのですが、フロントの見切りが悪そうだし、リアの視界は最悪ですね。展示車に乗ったことがあるのですが、5秒で「これはだめだ」と思いました。
・内装の質感、デザインが最低:メーターが見づらい。センターメーターにする意味が不明。内装の質感もトヨタの300万クラスとしえはどうかと思う質感。
・運転が楽しくなさそう:そう言ったらオーナーに怒られました。プリウスは燃費数値を楽しみながら乗るクルマだそうです。なんだそりゃ!
プリウスに搭載している1.5Lエンジンは、超低速トルク仕様なので、ハイブリッドになんかしなくても30㎞/Lぐらいはモード燃費が出るって話を聞いたことがあります。それなら非ハイブリッドのプリウスがあっても良いじゃないかって思うのですが、どうでしょう。
それにしても日本でもっとも売れる登録車が、この価格でしかもエコカー減税っていう「税金での値引き補填」もあって売れまくっているからトヨタが儲かってしょうがないのはよくわかります。

【ミニバン】
・家族が二人だから:実家のおばあちゃんを乗せるときのためにとか、あるかないかわからないケースを想定して、4人家族なのにミニバンにする人も多いらしいです。でもうちは家族二人だからミニバンは選びようがありません。いや、娘夫婦と将来生まれる子どもを乗せてなんて発想はないですから。
ミニバンに夫婦二人で乗って「大量の空気を積んで走っている」なんて思われたくないし。っていうか日本には大量の空気を運ぶのが大好きな人がものすごくたくさんいてびっくりしますが。

【軽自動車】
・やはり華奢なボディーが恐い:エコカーの本命は、燃費はあまりよくないけど、税金が安い軽自動車なのかも知れません。が、乗り込んでみるとわかるのですが、これで高速道路や峠道を走るのは恐怖です。乗り込むと肩とドアのクリアランスがあまりないのが不安。サイドとかカーテンシールドのエアバッグなんかついていても十分機能するのかどうか。郊外、特に北海道の十勝とか走っていて、コリジョンコース現象でサイドに突っ込まれたらと思うとゾッとします。軽自動車は本来の目的に沿って、走行は市街地限定にしたほうがいいかもって思います。
最近の軽自動車は衝突安全性を確保するために頑丈に作ってあるらしいですが、つぶれシロが少ない分、乗員に負担がきそうでまた恐怖です。

ということで、個人的には日本で一番売れているらしいクルマを選べなかったわけで、プジョー208に落ち着きました。
このプジョー208は、国産車に比べボディの安全性は圧倒的だし、乗ろうと思えば5人無理なく乗れるし、高速道路で楽ちんクルコンで25㎞/Lはでるしってことで、3種のクルマはとりあえずお呼びでないという次第。

【今日の言葉】 この3種のクルマには運転の楽しさは全くないので、マツダはうちには「あるよ」とアピールしているのでしょう

エナジードリンク

レッドブルとかモンスターエナジーとかバーンとか、ここ数年でコンビニやドラッグストアでエナジードリンクが流行しています。

っていうか、日本では以前から医薬品扱い以外でも、タフマンとかリアルゴールドとかあったわけですが、エナジードリンクっていうカテゴライズはなかったので、あくまで疲れたおじさんの飲み物というイメージでした。
エナジードリンクとして気軽に、飲んで良いのかどうかわかりませんが、清涼飲料水プラスアルファの付加価値をメインに、若い人にも浸透したのはここ数年ではありますまいか。

モンスターエナジーとか飲んでみましたが、あまり効果というか飲んで何になるのってくらい空振りの状態。
私にはオロナミンCの方がいいみたいです。

energy.jpg

オロナミンCを飲むと、ちょっと信じられないかもしれませんが、すぐにがーんと元気になります。
これはアルギニンとかビタミンとかが効くのではなく、おそらくブドウ糖とカフェインが効くのではないかと思います。カフェインっていうとコーヒーなんかにも入っているのですが、コーヒーはちびちびゆっくり飲んで、ホッと一息って感じでしかもコーヒーが消化されてカフェインになるのに時間がかかるから、コーヒーのカフェインはそれほど効果は感じません。
一方オロナミンCの方は、カフェインがそのまま入っているし、飲む量は少ないものの炭酸飲料なのでほとんど一気に飲むから、カフェインがすぐに効いてくるようで元気が出ます。元気が出るって言うより、カフェインの覚醒作用が元気が出たように感じるだけなのかも知れません。
ただ効果が切れると一気に疲労というか倦怠感が来るのは覚醒剤とかと一緒なのかもと思うとちょっと恐い気がします。
リトアニアで未成年のエナジードリンクが禁止になったそうですが、こういう向精神作用を懸念したのかもしれません。
モンスターエナジーの効き目が今ひとつっていうのは、このカフェインの含有量なのかなと思っています。

というわけで、エネルギー補給ってことで朝食代わりにこれだけの飲むのはある意味危険かも知れません。
エナジードリンクって商品カテゴリーの名称と理解して、食事の代替にはならないと思った方が良さそうです。

【今日の言葉】 エナジードリンクって言う割には低カロリーなのはどういうことだ、と不思議に思います
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター