4DX

先日奥さんと二人で久しぶりに映画を見てきました。
シュラシック・ワールドという映画で、今回見に行った劇場では「4DX」という設備がありました。
っていうか4DXを体験したくて行ったのは言うまでもありません。

4DXについてはネットで調べればわかるので今更ネタバレもないと思いますが、その完成度の高い体感型システムはとても楽しかったです。

体感型っていうとバブル期のゲームセンターに「スペースハリヤー」や「アウトラン」がありましたが、当時の「体感」は東京フレンドパークレベルで、ただシートが動く、回転する、振動するっていうもので、しかもゲーム画面とリンクしたレスポンスは持っていませんでした。なので面白さも今ひとつで、またやりたいっていうほどではありませんでした。

ところがこの4DXは、やはり20年の技術の進歩なのか、映画画面とのリンクはばっちりで臨場感抜群で、映画の世界が五感で迫ってきます。

映画本編が始まる前に、4DXのCMが入るのですが、爆走するクルマとリンクした振動、横G、バウンドはシートで再現し、機関銃が火を噴くと場内の閃光とリンク。弾丸が頬をかすめるとシートのヘッドレストから「ヒューッ」と空気が出ます。これにはちょっとびっくりしました。正面からはミストや水しぶきが出たり。メガネを掛けていると一瞬何も見えなくなったりします。
進撃の巨人の予告編も4DXで「かなり」楽しかったです。

で、ジュラシック・ワールドの本編が始まったのですが、「日本語吹替え版」と出てきてあれれって思いました。劇場で見る洋画で吹替え版は初めてです。ちょっと心配したのですが、違和感がなくて普通に楽しめました。って、椅子が揺れたり振動したりミストがでたりするところで字幕を読むのも面倒かも知れません。4DXでは吹替え版がおすすめかも。

やはり本編を見ていて感心したのは、映画の演出と4DXのリンクが素晴らしかったこと。
空から見下ろすシーンでは、椅子を前に傾けてひやり感が良かったです。風もそよそよと吹いてきて空を飛んでいる感じがするほど。恐竜が歩くたびに「ズン!ズン!」とお尻に振動が来るのも緊迫感があって良かったです。
クライマックスシーンでは、これでもかっていうほど画面と連動して4DX演出効果出しまくりです。人によってはパニクるかも知れません。あげくの果てには水しぶきバーンって感じで。

ここまで来るともう単なる映画鑑賞の枠を超えてしまっていて完全にアトラクションです。富士急ハイランドの富士飛行社やディズニーランドやUSJのコースターあたりと同系列と言えるでしょう。

とはいえ映画鑑賞料金にプラス1300円で2時間たっぷり楽しめるのだから、10分で500円とられた「スペースハリヤー」や「アウトラン」よりアトラクションとしてはリーズナブルだと思います。

映画もデジタルになるとここまでできるのだなあと感心しますが、4DX効果の演出を考えるのも大変だと思います。映画を見て演出効果を考えて、それに合わせて4DX効果シーケンスのプログラミングとデバッグをするのだと思いますが、これはこれで楽しい作業かもと思います。顧客管理システムなんかのSE作業よりずっと楽しそう。

そのうち家庭用4DXとか出るかも知れません。「4DX対応マッサージチェア(加湿器付き)(^_^)v」にUSBケーブルをつないで、4DX対応ブルーレイソフトを再生すると臨場感のある演出効果が楽しめるという、まんざら夢物語でもなさそうです。

【今日の言葉】 グレイ・ミッチェル少年の吹替えが松岡茉優ちゃんだと聞いて驚きました。頑張ってますね
スポンサーサイト

刑事7人(ネタバレなし)

久々のドラマネタです。
AX系(テレビ朝日系)で「刑事7人」というドラマが7月から始まったのですが、題名の通り刑事ドラマで、「『7人の刑事』じゃないのかよ!」っていうツッコミは年寄りにしか通用しない昭和なギャグなのですが、東山紀之の連続ドラマ初主演ってふれこみがあったものの、AXの刑事ドラマっていうとあの「相棒」をイメージしてしまってちょっと見る気もしなかったのですが、倉科カナが出るってことで180度態度を変えてこれは見なきゃってことに。ただのアイドルファンか、なんて言わないでください。

倉科カナって人気はいまいちかなあと思うとそうでもなくて、CMにもいろいろ出てて、CHOYAの梅酒のCMでは本来の天然のほんわかさを出しているかと思えば、ニッポンハムの彩りキッチンではかわいさ爆発だし、タイガーの炊飯器のCMではがらっと違ったかっこよさを出しています。最近ではオートバックスのCMでなぜかエレキギターを弾いていたり。
倉科カナのファンは回りにあまりいないのですが、これだけCMに出ているってことはやはり人気があるのでしょう。ファンをやっていて良かったと思います(^_^)v

で、7月中旬に始まった初回からこのドラマを見ているのですが、まず東山紀之、倉科カナ以外のキャスティングにもちょっとびっくりしました。係長に吉田鋼太郎を使っているのは渋くて面白いところですが、髙嶋政宏、片岡愛之助にちょっとびっくりし、名脇役鈴木浩介を使ったのはしたたかかなと思いつつ、北大路欣也がちょい役で出てきてやるもんだと思いました。AX系でこのキャスティングはかなり凝っているっていうか頑張っているなあと思います。

ドラマ自体も勧善懲悪のわかりやすさ優先のおバカ設定ではなく、犯罪者にも事情があるというちょっと暗いエンディングになるのが特徴。プロデューサーのこだわりというか個性が出ている感じがします。同じ局でやっている土曜ワイド劇場のお嗤いサスペンスとはちょっと毛並みが違う玄人好みの設定です。

ただ、このドラマの捜査一課12係っていう設定はあり得ないと思うのですが、「SPEC」ほど遊び要素は入っていないので、ドラマとしてそれなりにリアルさを楽しめます。

ドラマの最後に東山扮する天樹が、目を閉じて思考を巡らせ、バラバラと思われた各事案を「つながった!」と言って事件を解決するのがお約束。そのお約束ぶりは、水戸黄門の印籠のごとしです。それはそれで痛快でなかなかよろしい。

視聴率的には10%前後とAX系としてはそこそこだと思うので、それなりに評価はあるようです。
っていうか、視聴率がどうあれ個人的に面白ければそれで良いのですが。

ちなみにこのドラマでは倉科カナ扮する水田環は、CMのイメージとはかなり違って笑顔が少なく、「環さま」とか呼ばれたりしてドSなキャラを演じてくれていてなかなか楽しかったりしています。

kurashina01.jpg

【今日の言葉】 AXのドラマも、地デジ時代になってからクオリティの向上がすごいです。こりゃCXはやばいわけだ

運転席と助手席

うちの奥さんもプジョー208アリュールの運転が好きなので、奥さんがよく行く店とか買い物に行くときは奥さんが運転で私は助手席ってケースが多くなります。

奥さんの運転はわりとスポーティで、加速、減速、コーナリングにメリハリがあって、「アリュールってこんなに速いんだ」ってびっくりするような運転をしてくれます。決して無謀な速度は出さないので、低速トルクをうまく使ってきびきびと楽しく走っています。

ただ一般道を走っていると、例によって交通の流れに乗らないミニバンや軽自動車、低燃費運転が金科玉条のハイブリッド車の身勝手な運転に出くわすことがあります。
普段はレディーな奥さんも、こういう目に余る挙動のクルマに遭遇するといらつくようです。って誰でもそうなのですが。

「まあまあまあまあ、安全運転安全運転」って助手席の私はなだめるのですが、助手席にいるとどうしてこういう身勝手な輩もそれほど気にならないのかふしぎです。
自分が運転しているときは、(どうせ聞こえないから)「なんて運転しているんだよ、このジジイ!車間距離空けすぎだろうが!」とか罵声を上げてしまったりします。

おそらく自分でハンドルを握っていると、無意識に自分がやりたい運転のイメージがあって、それができないとイライラするのかも知れません。まあ多くの場合はイライラしたとしても「大人のガマン」でなんとかしますが。

ただプリウスアクアの人には車間距離を異常に空ける運転をしないで欲しいと思います。後にいるクルマが信号に間に合わなくなります。信号で止まってもエンジンが停止するクルマはいいですがそうでないクルマは、余裕で通過できたはずの信号の停車は無駄以外何ものでもないのです。

プジョー208アリュールでも普通に運転してイライラすることが多いのだから、プジョー208GTiやトヨタ86やランエボ乗りの人はミニバン、ハイブリッド、軽自動車には相当イライラしているのでしょうね。お気持ちお察しします。が、これらを避けて走るのは今の日本じゃ不可能みたいなのであきらめるしかないようです。

【今日の言葉】 あれだけ燃費運転にこだわるってことは、普通に運転すると相当燃費が悪いのでしょうね(^_^)v

プジョー208アリュール納車30ヶ月

ちょっと過ぎてしまいましたが、この8月9日でプジョー208アリュール納車30ヶ月になりました。
うちは走行距離は多くなくて月500㎞が目安ってことで、30ヶ月で15000㎞はビンゴです。今後もこのペースになりそうです。

運転は奥さんがすることが多く、私はこのふた月で50㎞ぐらいしか運転していなかったりします。休日に買い物に行くのにも、近くに引越してきた娘が一緒に行きたいってやってくるので娘のスペイドに乗って行くことが多かったりします。
乗せてもらうにはこのスペイドは最高ですね。コンパクトカーでありながらミニバンのコンセプトも持っているので広くて乗り降りしやすいし、けっしてスポーティではないのですが、乗り味はコンパクトカーのそれだし、道具としてこれ以上のものはないなという感じです。
何回か運転もしたことがありますが、面白くもなんともないです。走りを楽しめるというものではないです。CVTだからと楽ちんであるとも思いません。ただボディとかしっかり作ってあるので、軽自動車よりは絶対の安心感があります。
スペイドの便利さを知ってしまうとプジョー1007の復活というか後継車が欲しくなりますね。

【ノントラブル】
あまり乗っていないせいもあるのですが、トラブルらしいトラブルもなく快適に使っています。
5速マニュアルのリバースギヤの入りが渋いって話を以前したのですが、それも慣れてしまいました。ガキッとギヤ鳴りがしなくてもリバースに入っている手応えを覚えてしまってから気にならなくなりました。

【エンジントルク】
何回も申し上げている通り、プジョー208アリュールのエンジンは、82馬力、12.0kg-mということで、1.2Lとしてはトルクフルでかなりできのいいエンジンなのですが、この季節、特に最近の猛暑ではエアコンにかなりのトルクを食われるようです。
先月奥さんが河口湖方面に行ったのですが、長い登り坂でトルク不足でかなりの不安を感じたとか。そういうときにはすかさずエアコンを切ることも必要かも知れません。
っていうか、S13シルビアは急加速するとエアコンの負荷を切っていたように思います。ATの電子制御プログラムがやっていたようです。って当時はそこまでするかって思いましたが。

【エアコン】
エアコンの話が出たついでなんですが、納車した年の夏はプジョー208アリュールのエアコンの効きの悪さを指摘したのですが、それを覚えている方もいらっしゃるかも知れません。が、最近はエアコンの効きが割りとすごくてびっくりしています。どうしちゃったのこれって言うほど。
エンジンを掛けた直後の20秒から30秒はまだ冷気がでないのですが、それから一気に冷えてくれます。冷えすぎてモードをソフトに切り換えたりするほど。
ただ単に猛暑だからそうなるのか、あるいは「日本の夏」を学習したのかわかりません。っていうか2年前よりエアコンの効きは確実に良くなっているようです。
プジョー208の場合、シフトレバーのあるあたりの足もとから冷気が出るので、割りと足が冷えます。半ズボンで乗ると冷えすぎてしまうかも知れません。

【燃費】
そんな感じで猛暑の中、短距離の移動をするという「シビアコンディション」の使い方をしているので、燃費は11㎞/L程度だったりします。っていうかクルマを出した直後はエアコンも全開なので8.0㎞/Lぐらいなんてことがあります。
燃費が良いことも大切かも知れませんが、この季節エアコンは必須なので燃費には目をつぶりましょう。涼しくなったら燃費を取り戻せばいいでしょう(^o^)
外気温36度とかなのに、窓を開けて走っているプリウスオーナーの気が知れません。

【今日の言葉】 アイシン精機製スライドドアで「1008」を是非作って欲しいです。もちろん6速MTで(^o^)
※ちなみにスペイドのスライドドアはアイシン精機製らしく、すごくよくできていて感心しました。
「ワイヤーで引っ張ってる~」って(^_^)

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター