林先生が驚く初耳学!

予備校講師の林修さんが登場する情報系のバラエティ番組は各局で大人気のようです。といっても関東系の各局ですが。
多くの番組はその日のテーマが決まっていて、それについて専門の学者とかが説明して林先生が解説するっていうパターンなんですが、それなら普通の情報番組と同じで林先生でなくてもいいじゃんって思ったりします。

そこへ来てTBS系の「林先生が驚く初耳学!」はちょっと趣向が変わっていて、トリビアな知識について林先生が知っているかどうか「つるし上げる」ところが斬新です。林先生の知識は奥が深いので、これは知らないだろうって思うことも知っていたりして、しかも完璧に解説するところが面白くて、さらに、林先生が知らなかったネタが初耳学に認定されるとこれまた面白いわけで。
コンシェルジュ役の大政絢ちゃんのツッコミもわりと容赦なくて楽しいです。

林先生の知識の9割はあまり役に立たないうんちくみたいです。ただそこから学ぶべきことを含めてキチッと説明できるところがやはりすごいというか、プロの予備校講師であることがよくわかります。
ただ、自分の知識が真実だみたいなドヤ顔をよくするですが、中には「果たしてそうかな」と思うこともまた多いみたいです。

その一つが、林先生が良く言う「教科では数学が一番大事」ということ。その理由は、問題解決において物事の整理、論理的思考に数学が大いに役立つからだそうです。

林先生がよくやるのは、2つのパターンを横軸縦軸の座標平面にマッピングして、4つの象限に分けて分類する方法。
これって「SWOT分析」と同じ方法じゃないかって思ったのは言うまでもありません。
ビジネスの世界ではもっともシンプルな分析手法。まあSWOT分析をどう応用して問題解決に役立てるかの判断が大切なんですが、ドヤ顔していうほどのことでもない。
それと林先生が数学を応用したという「モデル化」という話。要するに解決すべき課題をモデル化して単純化、明確化するってことらしいです。

SWOT分析もモデル化も数学とはあまり関係ないと思うのですが、それを強調しているところを見ると、「ああ、これは文系的発想だなあ」と思いました。

理系の数学はこんな生易しいものではなくて、複素関数論とか群論とかコーシーとかラグランジュとかガウスとか、数学が問題解決に簡単に応用できるような代物ではないのは理系ならよくわかっているからです。

ということは、高度な理系知識は林先生の弱点かもと思います。とすると、今回番組に出ていてた理系女子菊川怜ちゃんが本気になったら林先生なんか敵じゃないかもしれません。

ただ林先生本人も、1%でも数字が多く取れるバラエティ番組をどうしたらできるか、モデル化して考え、その解決策をまた言葉にして実行するのが大切であると言っているように、バラエティとして楽しければそれで良いのかも知れません。その真摯な姿勢は見習わなきゃいけないと思いました。

林先生は知識豊富だし説明に熱がこもっていて聞いていて楽しいのですが、言っていることは社会人として普通のことだったりします。こういう普通のことを熱く語る大人がいなくなった、普通のことがなかなか言えなくなった社会の方に問題があるのかも知れません。

【今日の言葉】 最近は東大VS京大のクイズ対決とか、知識のバラエティ化にちょっと違和感があるのは私だけでしょうか
スポンサーサイト

のどぐろの干物

家から徒歩1分のいつも行く某私鉄系のスーパーがあるのですが、鮮魚売り場ではちょうど日本海物産の特売みたいな感じで色々商品が並べてあったのですが、なんとのどぐろの干物が並んでいました。

「おお、これがo.w.c.fさんが言っていたのどぐろか」と真空パックされているものを手に取ったのですが、裏返してみると確かに背中がピンクでお腹が銀色の美しいシェーディング、顎からえらぶたにかけてグレーになっていて確かに「のどが黒い」。ひれなんかもピンクで本当に金魚のように美しい魚です。

奥さんにこれは珍しい高級魚だって見せたのですが、夫婦とも干物が大好きなのでヨダレじわりモード。

値段を見たら、ムロアジぐらいの大きさで1500円のタグ。「1500円かあ~」と夫婦でシンクロしてため息をついたのは言うまでもありません。

「身がむっちりしているので半分ずつにして食べようか」って奥さん。
「半分づつでもひとり750円かあ~」とまたため息。
食べたさは全開なのですが、ちょっとしたステーキ肉一人前のコストであることを考えるとビビリます。

でも今日は24日、うちは給料日が28日でこの週末は一番「どん底モード」なので贅沢する余裕はありません。ということで今回はあきらめましたが、25日が給料日の人だって今日は買えないぞとも思いました(^o^)
いや待て、明日25日は休みだから、25日給料の人は今日が給料日か。そうか。ずるい(^^;)

ちなみに家に帰ってからネット通販で調べましたが、250グラムもので3000円ほどするのですね。
それならあれが1500円は安かったのかも知れません。

【今日の言葉】 次に遭遇するときは給料日直後にしてもらいたいと思いました

ジャカランダ

6月と言えば我が家ではジャカランダを楽しみにしていて、出かける日を待っていたのですが、先日ようやく行ってきました。

ジャカランダというと熱海で、家からは有料道路を使えば空いて渋滞なしなら45分ほどで行けるので気軽なのですが、熱海では今年は「ATAMI ジャカランダフェスティバル」とネーミングしてホームページでも盛り上げているようです。
うちも去年行ったきりだったのですが、今年で3回目だそうでまだまだ歴史は浅いみたいです。

jakaranda01.jpg

ということで当日は天気はいまいちながら雨には降られなかったので良かったのですが、行ってみればなんか去年より花の咲き方が元気がない。っていうか去年の方がたくさん咲いていたような気がします。

jakaranda02.jpg

なので、ちょっと花の多い株の周りには人だかりができて、写真も余計な人が映らないようにするのが割と面倒でした。
花の数は少ないけど、比較的珍しい花だし、とてもきれいなので満足感はまあまあ。

熱海駅方面に行くと川でブーゲンビリアが咲いているのですが、これがきれいでびっくりしました。

jakaranda03.jpg

ジャカランダの可憐な紫よりブーゲンビリアはインパクトがあるので、今回はこっちの方が満足度が高かったりします。

熱海は観光地として色々と努力と工夫をしているので、だいぶ若い人も集まるようになってきているようです。
気軽に行ける距離なので四季折々で訪れてみたいと思います。
この日のプジョー208アリュールは、渋滞がなかったせいか、24.7㎞/Lとか出てくれて助かりました。クルコンで楽ちんでしかもこの低燃費ならどんどん出かけたくなりますね(^o^)

【今日の言葉】 7月は河口湖のラベンダーですが、5月のバラといい、花好きにはまだまだ忙しいシーズンが続きます

燃費偽装問題

燃費偽装問題と言えば三菱自動車なんですが、ついうっかりなんてもんではなく、ずっと以前から同社が出しているほとんどの車種で、悪意のある偽装をやっていたとのことで批判されました。

企業として組織的な不正をやると存続さえ危ういよって、リコール隠しのときに学んだと思ったのですが、まさに心配したとおりとなって日産自動車に吸収されることになりました。日産は三菱というブランドを残すって言っているようですが、ブランドなんか残ったって会社がなくなるのではお話にならないでしょう。
日産はブランドにはあまり頓着していないようです。スカイラインGT-Rが日産GT-Rになったことを思えば。旧プリンス自動車関係の方は悔しいと思います。

三菱自動車の燃費計測データの偽装でマスコミが大騒ぎだったときに、スズキの鈴木会長が「競争があるからなかなか厳しいものがある」とか三菱を擁護するような発言をしていたのですが、それからまもなくスズキも燃費計測のやり方がおかしいと大問題になりました。技術畑の経営者が辞めたり鈴木会長がCEO職を辞したりするということは不正事実を認めて責任を取ったと言うことでしょう。

ところがちまたでは、スズキの燃費計測は国交省のやり方で再計測したらカタログ値よりも良くなった、なんていう噂が。この噂を聞いてスズキを賞賛する声もでたとか。
もちろんこれはデマだそうで、スズキ側もそういう事実はないと否定しています。

カタログ掲載の燃費性能数値なんか「まったく信用していない」私なんかは、今回の事件はどうでもいいのですが、企業としての信用はフィーリング的にはかなり落ちているのも事実。

今回の三菱・スズキの事件で、次期候補のスマートフォーフォーは三菱製エンジンだというので候補保留になったし、もし国産車を買うのならって、国産メーカーを消去法で選んでいくとスズキしかなかったので、やっぱり国産車ならスズキかなあと決めたていたところに今回の事件。
本当に残念です。

というか、JC08燃費計測って、カーボンバランス法だったはずで、実際のやり方はガイドライン的なものはあるものの、第三者機関ではなく各メーカーで計測するのだからそこには各メーカー独自の工夫とかあるのも当然かと。
国交省も燃費計測はこうやれっていうのなら、監査とか査察をすべきではなかったかと思います。三菱自動車の体たらくは国交省の体たらくでもあるのでは、と納税者としては思います。

こういう事件があってか、国交省主導かどうかわかりませんが、燃費計測の国際基準に準拠しようという動きが出てきたようです。
っていうか10年ほど前から、先進国だけでなく、韓国・インド・ブラジルなんかも含め燃費計測の尺度を共通化しようという動きがありました。
実燃費に一番近いのはアメリカの計測方法だというのですが、そのままではそぐわない国があるのでなかなか悩ましいという話を聞いています。
エンジン排気量が大きく、レギュラーガソリンで、クルマのスピードも遅めなアメリカと、小排気量、ハイオクガソリン、超高速の欧州では、まったく別のクルマが走っているようなものなので、同じクルマでも燃費に大きく差が出るようです。

ちなみにハイブリッドや軽自動車は「アメリカ方式」の方が燃費性能は有利らしいです。

【今日の言葉】 紆余曲折があって、結局大昔の「60㎞/h 定地燃費」になったりなんてことにならなければいいですが

小学生発見!

北海道の小学生失踪事件ですが、無事見つかって何よりです。本当に一週間、日本中が心配しました。

会社ではいつもの金曜日だったのですが、朝一番からPCを見て「ほう」と言って表情がほころんでいる人が多い。
内緒なんですが、みんな仕事の合間にニュースチェックしているようで、この日の朝一番のホットニュースが小学生発見のニュースだったわけで。

小学生は一週間よく頑張ったと思いますが、おそらくは見つかると怒られるからとか、探している方の必死さとは裏腹に割とのほほんとしていたのかも知れません。
っていうか、自衛隊の施設に隠れて、マットにくるまっていたそうで、なかなかの知恵者っぷりに感心したのですが、それにたいして草むらを探し回った警察・自衛隊の大人達の行動が滑稽に思われてしまいます。プロなだけになおさら。

ご両親も大変だったと思いますが、そもそも「山菜採りしていたらいなくなっていた」って最初はいっておいて、実はしつけのために置き去りにしたと話を途中で変えたから関係者もニュースを見た人も怪しがるのは当然です。
ネットでは「もしかして」の話が盛り上がるのはしかたがないのかもしれないほど怪しかった。

でも見つかって本当に良かったと思います。普通に話ができるほど元気だったとのことで、朝一番でニュースを見たうちの会社の社員もほっとしつつ、ほっこりとしたようでした。

このところ公私混同の某都知事とか女性の敵の東大生の話とかさもしいニュースばかりだったので、小学生が無事見つかって本当に良かったです。

と、思ったところで、ぱっと妄想したのは、この子が15年後に自衛官を志望して面接試験を受けて、志望動機を聞かれたときに
「あのとき助けていただいて本当にうれしくて、それ以来将来は自衛官になろうと思いました」とか答えて
「おお、あのときの子が君か!」
なんて驚かれて採用になるって感じです。

良きにつけ、悪しきにつけ、事件とか事故とか何かに遭遇すると、関係した人それぞれの運命が変わることがあるというのは映画だけの話ではないようです。

【今日の言葉】 一週間耐えたことは一生忘れないと思いますが、この子にとってそれが良いことにつながりますように
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター