ディーゼル車を考える

マツダがデミオからクリーンディーゼルをアピールしだして、CX-5とかアクセラとかディーゼルモデルばかりが売れまくっていて、ディーゼルであらずんばマツダ車にあらずという勢い。ハイブリッドとか軽自動車ばかりがもてはやされる中、マツダのディーゼル攻勢は戦略としては間違っていないと思うのですが、このままでいいのか感もかなりあります。

もともと個人的にはディーゼル車が好きっていうか感心していて、昔友人が乗っていたジェミニディーゼルとかスカイラインGT-Dとか本当によく走るし燃料費が安く済むし、無給油でとんでもない距離を走るしってことでそのメリットはよくわかっています。新潟までスキーに行って、途中無給油だったのはジェミニだけでした。

しかも最近のディーゼルエンジンは、コモンレールのおかげで黒煙、白煙は出ないし、DOHC化やエンジン工作技術の向上でかなりなめらかに回るということで、クリーンかつ高性能らしいです。

そこへ来て、わがプジョーシトロエンジャポンも、508やC4で待望のディーゼルがラインナップすることになりました。おお、それならディーゼル好きなざがあとは大歓迎で飛びつくのではないかって思われるかも知れませんが、たぶん買いません(^o^)

ディーゼル車のメリットばかりが喧伝されている感がありますが、デメリットもたくさんあるのを忘れてはいけません。

確かにターボがついたディーゼル車はものすごいトルクで運転しやすいのですが、レスポンスはかなりひどい。DOHCの自然吸気ガソリンエンジンのレスポンスを重視するマニュアル車乗りには、ディーゼル車のレスポンスは絶望感さえあります。
東京のような渋滞が多い地域では、ガソリン車の方がエンジンレスポンス的に使いやすいと思います。ディーゼルで渋滞にはまると、振動と出だしの重さでかなり不快かと思います。
さらにエンジン重量によるハンドリングの悪さは、峠を走る人にはこれまた絶望感を与えるでしょう。
経済性にしても、何回か書いていますが、「軽油の価格がガソリンの半分」でないとメリットが少ないです。ガソリンとの価格差が20~30円では車両価格差分をペイするには年2万㎞ぐらいでは足りないかも知れません。それだけ普通のガソリン車も燃費が良くなっているので。
そういう意味ではガソリン車のメリットを熟知しているクルマ好き、運転好きは選ばないかも知れません。

新型デミオのフロントグリルに赤い線が入ったやつがディーゼルだそうで、それならほとんどがディーゼルじゃないかと思いつつも、なぜか40代、50代のおばさん、いや失礼、女性が多いような気がします。どう見てもメカとかあまり縁がない人たちがデミオディーゼルを選んでいるのは「クリーンイメージ」だけで購入しているのかもしれません。

お客さんが欲しがるものを売っているのだから販売店が悪いとはいいませんが、ガソリン車の良さである、軽快さ・扱いやすさ・低価格もアピールして欲しいと思います。このままディーゼル車が増え続けると軽油が品薄になってトラック業界が困ってしまうとか、なんか「世の中のバランスが崩れる」ような気がしてなりません。

【今日の言葉】 普通のガソリン車が、低燃費になって価格も安めなので、これを普通に乗る方が経済的かもしれません
スポンサーサイト

宝くじ必勝法

この夏もジャンボ宝くじが売り出され、一庶民なので億万長者を夢見て買ってみました。あ、そうか、買ったのはサマージャンボミニなので億万長者にはなれませんね。

summerjumbo16.jpg

っていうか宝くじを買ったことなんかブログの話題にしていては読者様を失望させることもあるかと思うのですが、今回は「宝くじ必勝法」ということで少しはブログ的に盛り上げたいと思います。

「え?宝くじに必勝法なんてあるの?」ってあるんですよ。これは教えてもらったことなんですが、教えてくれた人も他の人から聞いたとのことで、なんとなく都市伝説っぽいところがいい感じではあります。

そもそも宝くじってどういうものなのかというと、西銀座チャンスセンターの1番窓口で買っても、しなびた田舎町で買っても、人口ボリュームゾーンの団塊の世代が買っても、少子化ゆとり世代の若い人が買っても、超多忙企業戦士が買っても、怠け者が買っても、自称超能力者が買っても当選する確率は一緒です。っていうか「ほとんど当らない」という確率が一緒。
さらにくじ番号の末尾が999だから当らないとかそういうことも一切ありません。すべて等しく当選確率は、いや当らない確率は一緒なんです。これほどの平等はあり得ないというほど平等なんです。

西銀座チャンスセンターはかならず当選が出ているからとか、この売場は前回1等が出たからとかでわざわざ出向くのは、「買う前から夢を見ている」ということですね(^o^) 悪いことではないのですが、意味もないということで。

で、宝くじ必勝法の考察なんですが、ご存知の方も多いように、1等の当選確率はかなり低いわけです。それこそべらぼうで量子力学的と言えるほど。
なので100枚買っても1000枚買っても確率的には大差ないのです。1万枚買っても依然として大差ありません。1万枚って宝くじを300万円買う人はあまりいないと思いますが。
たくさん買っても当る確率は大差ないということをふまえると、宝くじ必勝法はズバリ「1枚買い」です。

なんだそんなことかと思うかも知れませんが、確率は1万枚買っても大差ないのなら、1枚買って何等かが当れば大もうけです。末等が当ればプラマイゼロです。たとえ万一外れても損失は300円だけです。これを必勝法と言わずして何でしょう(^_^)v

さあ、宝くじ売場でカルトンの上に百円玉3個をポンと置いて「サマージャンボ1枚!」ってかっこよく言ってみませんか。
窓口のおばちゃんに「サマージャンボ1枚のご購入ですね!」ってマイクで拡声されて返り討ちにあうでしょう(^o^)

【今日の言葉】 1枚を買う度胸がなくてバラ10枚で買っていますが、「必勝法1枚買いを10セット」と思うことにしています(^_^)v

Pokemon GO

実はスマホを持っていないのでよく知らなかったのですが、「Pokemon GO」というサービスが始まるとか。
任天堂はやるって言っていたはずのスマホゲームになかなか進出しないなあ、やはりノウハウがなくてできないのかなんて思っていたのですが、「Pokemon GO」の話を聞いたときは衝撃でした。

何気ない風景とかスマホカメラで写すと、位置情報により「Pokemon GO」のシステムを参照して、その場所にプリ設定しているポケモンを表示して、別デバイスのPokemon GO Plusのボタンを押すことで画面に映し出されたポケモンを捕獲できるという代物。
まさにポケットモンスターの世界をそのまま体感っていうか具現というかできてしまうじゃないかって、「やりやがったなニンテンドウ感」がものすごいです。
これはヒット間違いないだろうって思っていた矢先、「7974」、すなわち任天堂株が急騰。15000円から一気に25000円へ。100株150万買っていたら一気に250万ですよ(^_^)v
いつものことですが、7974任天堂株はヒットの予感に敏感です。

街と情報システムをリンクさせて色々遊ぶっていう発想は20年ぐらい前からあったし、特許ネタとして考えたこともあったのですが、スマートフォンっていうデバイスとGPSによる位置情報、高性能カメラ、LTEによる高速通信、Bluetoothによるデバイス連携など、20年前では考えられなかった環境があったればこその「Pokemon GO」なわけで、それを実現した任天堂はやはりすごいといわねばなりますまいというところ。

このところ家庭用ゲームの人気が今ひとつ盛り上がらないだけに、スマートフォンでなければできないこういう遊びで、アプリケーションソフトや課金で利益を得るビジネスモデル構築が急務だったのでしょう。

と、なると次に出てくるであろう亜種は「ドラゴンボール探し」でしょうね(笑)
7種7個のボールを集めるとシェンロン(神龍)が現れて願い事を叶えてくれるって言うとても楽しい設定。
っていうか、その前にセルとかフリーザとか出てきて、倒さないとボールを奪われてしまうかも知れないとか。
なかなか楽しいかも知れません。

ただ、うちの会社ではLTEのシステムを開発していたのですが、どのくらい莫大な費用と技術者と工程遅延を産んでいたか知っているだけに、こういう技術がゲームとかエンターテイメントに使われているとおもうとちょっと複雑です。

【今日の言葉】 単なる発想と実現の乖離は大きくて、やはりサービス開始に漕ぎ着けたっていうのは任天堂ならではの実力でしょう

のどぐろ

会社から帰って一休みしていたら、奥さんがにこにこしてやって来て、
「げっとお~」っていうから何かって思ったら、
「あ!のどぐろの干物だ!わ~いやったね!明日はポテンヒットだ~い!」(^_^)v

nodoguro01.jpg
nodoguro02.jpg

ついに日本海の高級魚、のどぐろの干物ゲットです。本日が賞味期限の半額。半額といえど750円税別なので、他の干物からするとけして安くはありません。

実は先週、奥さんがいつも行くこのスーパーで、のどぐろの干物に半額の黄色いシールが付いているのを遠目に確認したそうですが、手に取ったおばさんが少し悩んで買い物カゴに入れてしまったとか。タッチの差でゲットできなかったって悔しがっていたのでした。
なのでその後は時たまチェックして半額のどぐろを狙っていたのかどうかはわかりませんが、本日ゲットできて良かったです。
早速夕飯の食卓に並んだのは言うまでもありません。

nodoguro03.jpg

高級魚&高額商品なので、半額といえど仲良く半身ずつです。

もう脂の乗りがすごくて、食べる前からテンションあがりまくり。半身ずつ分けるときも、身がほぐれやすいのがわかったし、身がむっちりと厚いのもわかりました。香りも干物といえど上品で、これは確かにうまそう、高級魚だ。

早速いただきましたが、身のほぐれやすさはほっけの干物以上。脂の乗りは半端ない。食べれば淡泊な味わいでいて、脂が効いていてうまみがあとから来る感じ。これは本当に高級魚です。
半身だから大切にじっくり味わって食べました。

半身で400円弱ですが、ここまで味わえる満足感はお値段以上でした。
また見つけたら買ってみたいところですが、ちょくちょくだとありがたみが薄れるし財布にも厳しいので、次は来年の旬でしょうか。
といいつつも、給料日直後に見つけたら買っちゃうかも知れません。

【今日の言葉】 こちらにはキンメの干物があって高級魚なんですが、ここまで身はむっちりしていません

河口湖ラベンダー

7月はラベンダーってことで、平日に休みを取って河口湖へ行って来ました。

河口湖へはわりと気軽に行ける印象があるのでしょっちゅう行っているような気がしていたのですが、前回行ったのは前世紀の1998年頃だったようで考えてみれば久しぶりでした。それだけに今回は楽しみにしていた次第。
ここ数年行くのを避けていたのは、富士山が世界遺産に登録されてから人気が爆発して、東名御殿場で降りたときの山中湖方面大渋滞のすさまじさがトラウマになっていたのかも知れません。

この日は出かけるにはちょっと残念な梅雨空だったのですが、平日と言うこともあって東名はがらがら、東富士五湖道路も前も後もクルマが見えないほどがらがら。御殿場から山中湖に行き、さらに河口湖と行くのですが、有料道路片道1000円超はぼったくり感はあるものの、これだけ空いていればまあいいかというところ。いつぞやの平日の箱根ターンパイクのようです。
河口湖までは予定より早く1時間弱で到着。奥さんの運転ですが、クルーズコントロールで楽ちんだったようです。

河口湖ではまず大石公園へ。小雨が降ったりしていたのですが、駐車場はなかなか混んでいました。特に大型車からは中国、台湾、香港、ベトナムなどの「YOU」の大集団。大石公園はラベンダーばかりでなく河口湖からの絶景富士が見られるそうで人気らしいですが、今日はまったく見えないの残念でしたね。っていうか富士山のYOU人気のすさまじさがわかります。
こんな感じで、ラベンダーはきれいに咲いていて香りもものすごく良かったのですが、向こう側に見えるべき富士山がありません。

kawaguchi2016-01.jpg

まあ晴れていて富士山が見えたらきれいでしょうが、神奈川西部にいる人間には富士山ほど珍しくないものもないので、特に河口湖だから富士山が見たいということもありません。個人的には三国峠とかから見る富士山の方が好きだったりします。

大石公園のラベンダーは、それほど面積は大きくないのですが、香りがすごく良くて来て良かった感が満点。
なのになのにあろう事かタバコのニオイが。関西弁のおばちゃんが2人でタバコを吸ってしゃべっています。携帯灰皿を持っていればいいってもんじゃないと思うのですがとても残念でした。

河口湖自然生活館というところで地元のおみやげがたくさんあったのですが、ブルーベリーのソフトクリームを食べました。ソフトクリームがコーンの奥までしっかり入っているし、この350円は値打ちだと思いました。

十分ラベンダーを楽しんだのですが、まだまだ時間があるので、湖の反対側の八木崎公園に行きました。
公園までの道路はかなり細くなるのですが、休日なら大渋滞しそう。こちらは以前来たのを覚えていました。それこそ娘が小学生のころ。大渋滞していたから覚えていたのかも知れません。
こちらはラベンダー畑の面積も相当広く、濃い色のラベンダーきれいでした。

kawaguchi2016-02.jpg

14時過ぎまで散策を楽しんで、再び有料道路で山中湖に行きちょっと遅い昼食。
いつも行く小田原のイタリアンレストランの山中湖店。ランチタイムぎりぎりだったのですが、ランチがおいしかったです。
ここまでが奥さんの運転で98㎞走って18㎞/Lはまあまあ。

山梨っていえばぶどう、レーズンってことで、おみやげにレーズンきなこっていうのを買ったのですが、食べてみておいしさにびっくり。サクサクきなこの食感としっとりレーズンの食感のコラボが最高です。

kawaguchi2016-03.jpg

そのうちまた河口湖に行ったら買おうと思ったのですが、ネットで調べたら普通にamazonで売っていました。しかもお店よりちょっと安く(^^;)

行きはたっぷりゆっくり楽しめるように移動の効率を考えて贅沢に高速や有料道路を使いましたが、山中湖からの帰りは一般道で私の運転。
平日ということもあって、国道138も246もスカスカで、流れもよくて信号も少ないってことで、松田町の市街に入るまで42㎞走って40㎞/Lの燃費が出ていたのには驚きました。家に帰って52㎞走って29.4㎞/Lが出ました。ずっとエアコンONにもかかわらず、とんでもない燃費で助かります。「プリウス乗りのみなさんごめんなさい」

kawaguchi2016-04.jpg

【今日の言葉】 29.4㎞/Lってプリウスではなくプジョー208ですから!

新型シトロエンC3

6月の下旬に新型のC3が発表になりました。
実は昨年秋の東京モーターショーでプジョーシトロエンジャポンの方にC3はもうすぐ発表になると聞いていたので年末からずっと待っていたんですが待ちくたびれていたところでした。

もともとは、ヘリコプターのようなフロントガラスを持つ現行C3に興味があったのですが、ATしかなくて残念がっていたところにMTのプジョー208が出たので購入してしまった次第。
実は大昔からシトロエン車が大好きで、GSであるとかCXパラスであるとか、「一生に一度はシトロエンに乗らなきゃ」って評論家の方がよく言うのですがなかなか実現しないままここまで来てしまっている感じです。

新型C3については、かねてからC4カクタスのデザインの流れを汲んだものになることは情報としてあったのですが、実際発表になってみれば、ほぼ予想通りなのでそれほど驚きはしなかったのですが、そうとう練り込まれておしゃれなデザインになっているようでかなり完成度が高い感じです。

cit-c3-01.jpg

デザインで特に目を引くのはサイドのエアバンプで、2010年以降サイドモールがなくてドアのパネルむき出しのクルマが増えているだけにアクセントとして新型C3を特徴付けています。これだけがっつりついていると駐車場でのドアヒットも安心かと。
エアバンプがないモデルもあるようで、おそらくは廉価グレードだと思うのですが、それはそれですっきりしていていい感じです。

cit-c3-02.jpg

ホイールアーチに樹脂製の大型モールがついているようで、そのぶんホイールアーチが大きくてSUV的に見えるところが頼もしいです。っていうか全般的雰囲気がSUV的で、プジョー2008につながるイメージですが、フロントデザインといい、他のどのメーカーのクルマにも似ていないところがいいです。

全長は4メートルをちょっと切るので、サイズ的にはプジョー208とほぼ同じ。大きく見えるのはエンジンフードの傾斜がほとんどないからだと思います。ただこのデザインなら2ドアというか3ドアが欲しいところですが、現行C3も5ドアのみなので3ドアは望み薄でしょう。
本国では全車MTが標準で、ATは6速ながらオプションだそうです。でも日本仕様はおそらくATだけなんだろうなと思います。是非MTもラインナップして欲しいところです。

ボディとルーフのツートンカラーいは、国産車でもスイフトとかパッソとかもやっていて流行ですが、シトロエンDS3が最近の元祖かと思います。
白いボディにアロイホイールのシルバーがよく似合いますが、ルーフは鶴みたいな赤より、オレンジ、できれば朱色なんかいいかもと思いますが、日本仕様はいっそのことプジョー208XYにあったパープルとか「和」を意識した萌葱色とかあったら楽しいかもなんて思います。そういう色で何かを表現できるほどよくできたデザインだと思います。普通の色で乗るにはもったい。

エンジンは1.0Lと1.2LのノンターボEB1/EB2とターボのEB2があって、さらにディーゼルがあるそうで、ミッションを含めたパワートレーンは現行プジョー208と同じと考えて良さそうです。ただプジョーとシトロエンでは猫足のレベルが違うので、プジョー208から新型C3の乗り味を想像するのはちょっと無理があるかもしれません。その分新型C3の乗り心地に期待が高まります。

cit-c3-03.jpg

インテリアもエクステリア同様「ラウンドスクエア」をモチーフにしたかなりおしゃれなデザイン。C4カクタスはメーターが四角い液晶ディスプレイ丸出しで洗練された印象はなかったのですが、C3はかなり力を入れてデザインしたのがわかります。インテリアカラーもブラックとグレーの2種類を用意し、ボディカラーに合わせたアクセントカラーを施してかなりおしゃれです。ドイツ車ではちょっとできないところがさすがシトロエンという感じで付加価値を感じます。

実は以前の記事で、スマート・フォーフォーが次期候補だって書いたのですが、この新型C3と比べるとスマートはあまりにもチープというか購入するにはかなりの割り切りが必要だと思います。特に取り外すタイプのフロントボンネットとか(^o^)
なのでとりあえず次期候補の筆頭はC3になりそうです。
フランス本国での発売は今年の秋になるとのことで、日本では来年かなあと言うところ。もちろん試乗車がでたころにはかならず見に行きます。
やはりフランス車はこうでなきゃって感じの新型C3ですが、その「こうでなきゃっぷり」を確認したいと思います。

【今日の言葉】 といいつつも、クルコンも付いているし、MTがあったら衝動買いしちゃいそうです(^o^)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター