水鏡推理(ネタバレなし)

ミステリー好きな方のブログとかでたびたび登場する松岡圭祐さんの水鏡推理ですが、「人が死なないミステリー」ということで少し前から気になっていたのですが、読んでみよう思いました。
だいたいあの名探偵コナンも含めてミステリーって人が死にすぎでうんざりして読む気をなくしていたところでした。

ということで、この水鏡推理は殺人事件ではなく「文科省ヒラ職員が不正研究”ねつ造”の謎を解く」というコンセプトなんですが今回は3冊を一度にゲット。

SuikyouSuiri1.jpg

写真の通り3冊あるわけですが、1が2015年10月、2が2016年2月、3が2016年6月とわりと新しい。不正とか税金の無駄遣いを糾弾する内容なので、リケジョのねつ造とかVWの不正とか前東京都知事の旅費の話とか出てきて話題が新しいのに驚きます。
ミステリーって言うのは文学とちがってじっくり味わって読むものでもないので、一気に3冊読んでしまいました。

ミステリーのネタバレは他の小説以上にするわけにも行かないのであらすじを含めて内容か書きませんが、今回は感じたことだけザクっと書いていきます。

1はまあまあ。2は途中でネタというかからくりが分ってしまってがっかり。普通のマジック好きならこのくらいは分ってしまいます。読者をなめるなって感じです。
3は最後に一気に謎を解き明かすのですが、ちょっとやり過ぎ感がある。
なのでミステリーの内容としては、残念ながらライトノベルの域を出ていない感じでしょうか。そう思って読む分にはあまり残念な思いはしないで済むでしょう。気軽に一気読みできる娯楽作品ではあります。

主人公水鏡瑞希は「不正研究を暴くタスクフォース」に配属されていて、国家公務員として頑張っていて、作中では良い仕事をしているのですが、「タスクフォース」と聞くと個人的にイヤなというか大変だっ思いがあります。
というのも5年ほど前になりますが、会社で「ビジネスを拡大するためのタスクフォース」というのを経営陣からうちの本部長が直々に指示され、当時本部直属だった私に
「ざがあと君、タスクフォースの事務局をやってくれ」
って言われて大変な思いをしたことがあります。タスクフォースって何?何をどうすればいいの?って感じだったのですが、命じた本部長もよく分らなくて二人でネット検索のしまくりでした。
いつか記事にしたことがあるのですが、そのころバートランド・ラッセルの幸福論を思いついて参考にしました。
「何が業績を伸び悩ませているのか」「ビジネスをどうしたいのか」などバートランド・ラッセルの幸福論の項目をタスクフォースの項目に置き換えて、さらにそれを細分化、系統化して、営業、宣伝、開発、SE、設計、手配、原価管理、庶務などの専門家に課題を割り振って、問題となる点の解決策とマイルストーン、対応スケジュールなどをまとめてタスクフォース報告書を作りました。全く3ヶ月間大変な思いをしました。
普通こういうのを幹部に報告すると、いろいろと指摘を受けて再提出とかになるのですが、徹夜でレビューをしたかいもあって一発で通りました。
「今後のビジネスタスクフォースのテンプレートになる」なんて高評価だったのですが、特に賞与査定が良くなったってこともなかったみたいです。

小説の話に戻りますが、作品では水鏡瑞希のキャラクター描写が1,2,3でそれぞれ若干変わっているのが気になりました。要するにキャラクター像の一貫性に欠ける印象があります。
1は表紙のイラストに近いイメージで読み進めてもあまり違和感がないのですが、2になるとだんだんずれを感じるようになりました。3になるとイラストとまったく一致しないっていうか、1と同じキャラなのかって思ってしまうほど手練れな性格になってしまいます。
ノンキャリの事務官っていう下っ端感を出したかったのかわかりませんが、巻が進むごとにずいぶん薄っぺらなキャラになってしまっているように思いました。

っていうか、表紙の紺野真弓さんの瑞希のイラストはちょっと微妙な気がします。
目の周りとかやたら細かく描いているわりには、服とか雑だし、構図も単調だしデッサンもおかしい。
どう見ても作中の瑞希を表現していると思えないし、この表紙イラストのキャラクターに感情移入できないのがかなり残念ではないでしょうか。
こんな中途半端な絵より、少年陰陽師のようなアニメ絵にした方がよっぽど良かったと思います。

ということで、一気に3冊読んで楽しんだのですが、4冊目を見つけてうかつにも購入してしまいました。

SuikyouSuiri2.jpg

これまたネタバレを言うわけにも行きませんが、普通の作品では取り扱わない題材が新鮮です。作者の勉強っぷりがよく分って感心しています。
2016年10月の作品なので、豊洲問題とかちょこっと出てきますね。この新しさがちょっと楽しいです。

この「4」を購入したときに、最新刊「6」が出ていることを知ったのですが、まだ2冊あるのかよってことで今のところ買うかどうか微妙です。
なんか本の出し方がライトノベルみたいで、出版不況と言われ書籍の売行きが芳しくないのは分りますが、出版元の講談社の「焦り」を感じてしまうのは私だけでしょうか。

ということで、本の内容紹介があまりない、というかミステリーなので書くわけにもいかないのですが、「購入品」カテゴリーの記事と言うことでご理解をお願いします(笑)

【今日の言葉】 国家公務員のキャリアは月200時間ぐらい残業するって書いてありますが、農水省に勤める友人の話を聞くと本当みたいです。大臣の国会答弁があったらまず帰れないって。ご苦労様です
スポンサーサイト

湘南ゴールド2017

3月下旬に入ってそろそろだけどまだかまだかって待っていたものが湘南ゴールドです。
お彼岸で混雑する東名中井パーキングエリアに行ってみたら、「みかん育て隊」のお店が出ていてようやくというか湘南ゴールドが出ていました。もちろん速攻で購入です。

shonangold2017.jpg

先週同じ中井PAにある「やさい村」でも10個ほど入って380円っていうのがあって購入したのですが、今回は約1.5㎏入って1000円かっきり。
去年の記事にも書いたのですが、神奈川特産で東京などではまだまだ珍しく、数個で598円とかでかなり高価らしいのですが、さすが中井町は湘南ゴールドの原木がある根府川に近いせいかjかなり買い得なようです。

これから5月ぐらいまでシーズンになるので中井PAに買いに行くのが楽しみです。

伊豆のニューサマーオレンジも有名ですが、湘南ゴールドも甘くておいしいので機会があれば是非ご賞味を。

【今日の言葉】 神奈川っていうと横浜川崎をイメージする人が多いのですが、湘南もいろいろあるのでよろしくお願いします

Clef Leaf

今回は日本コロムビアから先週3月8日にメジャーデビューした「Clef Leaf(クレフリーフ)」の話題です。

日本コロムビアのアイドルグループっていうとぴんと来ないのですが、コロムビアでもアイドル育成プロジェクト「14☆少女奮闘記」というバラエティ企画をやっいて、昨年12月には「フラワーノーツ」っていう花をイメージした6人組アイドルがこのプロジェクトからメジャーデビューしています。
これはこれで花のイメージがかわいくて良いのですが、今回の「Clef Leaf」はその名前の通り「葉」をイメージしたようで、デビュー曲も「Evergreen」ということで「グリーン」のイメージ。この曲がなかなかいいので紹介したいと思います。
興味がありましたら公式サイトでご覧ください。

clefleaf2017.jpg

ステマをするつもりはないのですが簡単に紹介すると、ご覧の通りちょっとというかかなりまじめそうで地味な女の子5人組のグループで、淡いパープルピンクとブルーのリボンが可憐で、さんみゅ~を彷彿とさせる感じがしますが、曲がいいこともさんみゅ~っぽいです。ダンスなんかもさんみゅ~のように地味で、AKBやももクロ、E-Girlsなんかと全く違います。少なくとも東京ドームとかは似合いそうにありません。
ダンスミュージック系でもないので、狭いシアターでヲタ芸で盛り上がるようなアイドルでもありません。
日本コロムビアらしい「いい曲を届けたい」っていう気持ちがこもったアイドルグループだと思います。

ただそれは今の時代のアイドルシーンからずれているって訳ではなくて、曲で勝負する90年代風アイドルなのかなあという印象。私は専門家ではないのでアイドルのカテゴライズはちょっと無理みたいです(笑)

「Evergreen」は、意味不明な横文字の歌詞が多いいわゆるJ-POP歌謡ではなく、初期のモーニング娘。のようにキチッとメッセージを伝えようというまじめな曲作りになっているようです。そういう曲をメンバーが思いをこめて歌い上げるっていうスタンスで、レコード会社である日本コロムビアらしい曲になっています。

メンバーはいずれも地味ではあるのですが、良く言えばフレッシュで、さすがにアイドルだけあってそこそこのオーラを持っているようです。さすがにAKBのように目からビーム、手からオーラとは行きませんが、思春期の少女らしいかわいい魅力をもっていると思います。
さしあたって当ブログでは「板橋加奈さん」推しで行きたいと思います(^o^)
その推しの根拠は企業秘密でお願いします(笑)

最近は、欅坂46とか見ていると分るのですが、「女子から好かれるアイドル」が成功するようですね。
はたして「Clef Leaf」は女子の心をつかめるのかどうか、まだ始まったばかりなのでじっくり応援していきたいです。

と言いつつも、当ブログのアイドル予想は外れまくりで恥ずかしい限りです(^^;)
2010年にAKBはもうダメでしょうって言ってから売れまくって日本を代表する存在になったし、さんみゅ~がいい感じって紹介したけど苦戦しているし、LADYBABYはビアちゃんが抜けてから仮死状態だし、ガールズバンドルリアンはわりといいと思って聴いていたのですが昨年末に活動停止&解散するしってことで、
「アイドルについては全然見る目がない」ざがあとです。
でもアイドル評論家でも何でもないので勘弁してください(笑)

「Clef Leaf」も「Evergreen」のPVはものすごく良いのですが、ライブで生歌になるとまだまだ歌唱力に課題があるようです。いわゆるアイドル歌唱レベルを出ていません。
とはいえまだまだ発展途上な彼女たちなので、まずは5年はがんばっていい曲を積み上げてファンを増やして欲しいと思います。
日本コロムビアは堅実な会社なので、当然そういう「中期計画」みたいなビジョンを持っていると思うので、私たちファンも息の長い応援をしていこうと思います。

【今日の言葉】 最近はアイドルファンよりアイドルの方が数が多いような錯覚を受けてしまいます。アイドルも成功するのは大変なようです

軽自動車の再勉強

職場の後輩Kとクルマの話をしていたのですが、「実は次は軽にしようかと思っているんですよ」なんて言い出す。名前がKだけに。

Kはドイツ車好きで、中古ながら何台か乗り継いでいて、今はゴルフトゥーランっていうのに乗っているのですが、もう10年になるから買い換えを考えているらしいのです。一方去年就職した娘が免許を取って軽自動車を買ったらしく、これを運転してみたら想像以上に良かったらしいです。娘が自分のクルマを持ったからK夫婦もミニバンのトゥーランでは大きすぎるってことで今度は軽にしたいってことになったらしいです。

うーん、裏切り者め、とは思いませんが何だかなあと思いました。
もともとクルマ好きでないとドイツ車とか選ばないわけなんですが、最近は心躍るようなクルマが少ない。しかも歳を取ってくるとクルマで「遊ぶ、楽しむ」って感覚がだんだん薄れて「単なる移動の道具」になってしまうのでしょう。だから「軽自動車で十分」って思ってしまうようです。

気持ちはわかるが安全性が心配だって話をしたのですが、「ざがさん、それは認識が古いですよ」って言われました。
Kも以前は軽自動車の衝突安全性を気にしていたのですが、ワンボックスタイプでなければ小型車と遜色ない衝突安全性を確保しているようだと言う。しかも自動ブレーキも、50㎞/hとかからでもちゃんと衝突回避できる仕様になっているらしいです。ぶつかっても安全からぶつからない安全に安全機能が進歩しているとか。

家に帰ってから早速Youtubeでチェックしましたが、確かにセダンタイプなら小型車と同程度な感じ。側面衝突でもひっくり返ったりしない。軽自動車もここまで来たのかって思いました。そりゃそうでしょう。クルマの基本的な構造・構成は小型車も軽も変わらないはずだから。



かねてから安全性の問題で軽自動車を避けていたのですが、これなら十分選択肢としてあげられるじゃないかって思いました。っていうかセダンタイプっていうと「アルトワークス」が脳裏に上るですが、安全性さえ確保できていればアルトワークスにしたいっていう潜在意識があるのでしょう(笑)

ただ、どうしても軽自動車という規格上、全幅不足による側面衝突の安全性が心配です。こればかりは自動ブレーキでもどうしようもないし。やはりサイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグは必須だと思います。
欧州車はユーロNCAPの関係で、ほとんど標準装備なんですが、国産車は大きく遅れいている感じです。オプション設定さえない車種がたくさんあるのが残念です。

我がアルトワークスもまさにそうで、それならサイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグをオプションで選べるセダンタイプの軽自動車はないかって探したら「ホンダ N-ONE」がありました。

ホンダ N-ONEって大昔のN360(何と乗ったことがあります)をオマージュしたようなデザインがかわいいのでうが、顔がドロボウの目隠しみたいです。VW up!のドロボウ髭と合わせればまさにドロボウ顔です(笑)
まあそういうところがかわいくて人気車種のようです。

ということでホンダのサイトをチェックしましたが、サイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグをオプションで選べるものの、それを付けるとかなり高価になって小型車をやめて軽自動車を選ぶという理由が希薄になってしまいます。

それよりフランス車乗りが一番気になるシートの出来と乗り心地はどうか。N-ONEのシートや足回りを見る限り絶望的なようです。
製品の開発競争の激しさが利便性、付加価値を向上させて、軽自動車はよくできているって言わしめてはいるものの、それはあくまで道具としてであって、趣味性の部分になるとまだまだ選べるレベルに達していないような気がします。
っていうか趣味性の部分で軽自動車を選ぶ人は少ないから、目玉となる機能にピックアップされないのですね。
アウディA1がシートの出来を思い切り自慢しているのとは対照的です。

「知れば知るほどいいね 軽自動車」というパンフレットを見て勉強もしました。リンクはこちら
内容はデータが豊富で、説得力があるように見えますが、税金、ランニングコストが安いというのはいいですが、それ以外では何かデータの良いところ取りでにぎやかにしている印象です。
ただ読んでみると非常に勉強になって、軽自動車を望む人は「働く女性、低所得者、高齢者、地方住居者」だそうで、特に高齢者は「次に買い換えたい車種の97%が軽自動車」とか。ビックリしました
軽自動車が増え続ける秘密は高齢化社会にあったという罠。軽自動車の増税は弱いものイジメだって三本和彦さんが指摘していますが、まんざら嘘でもないようです。

エアバッグとか欲しいオプションをきっちりつけると価格的な優位は薄れてしまうのは、工場での生産コストはあまり変わらないから当然なのですが、趣味性の部分を考えるとこの程度の価格差ではメリットが少なくて、ランニングコスト安さだけでは軽自動車は選べないというのが今回の結論です。
ただセダンタイプなら軽自動車も安全性が確保できているのが確認できたのは勉強になりました。

将来アルトワークスにサイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグが装備されれば検討したいと思います。こちらは単に軽自動車という範疇ではなく「豆スポーツカー」というジャンルだと思うので。っていうか「アルトワークスに乗りたいけど、乗るためのネガティブを排除したいだけ」なのかも知れません(笑)

【今日の言葉】 自分も「低所得者、地方住居者」ではあるのですが(笑)、もう少しフランス車に乗っていようと思います
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター