東京モーターショー2017

今年は東京モーターショー開催の年で、スケジュールが日本自動車工業会から発表されました。
ニュースになったのは出展企業一覧で、アメリカ車ばかりでなくついにイタリア車、イギリス車の出展もなくなったと言うことで大騒ぎになりましたが、前回、前々回のショーの様子を見ているとそれも仕方がないかなと思えてしまいます。

東京モーターショーへの出展にどれほどのコストが掛かるのかは分りませんが、世界の主要モーターショーの中で東京モーターショーはそれほど重要視されていないのではないか。さらにアメリカ、イタリア、イギリスのメーカーにとって日本市場はそれほど魅力ではないのではないかと思えてしまいます。

2015年の東京モーターショーに行って来たことは当ブログでも話題にしたのですが、ショーに合わせて国産車は新型車の展示とかがありましたが、輸入車のワールドプレミアは皆無だったところを見ると、世界的には東京モーターショーは注目されていないのではないか。夢やトレンドや未来を見に足を運ぶ人が少ないのでしょう。
さらに日本市場と言ったら「とにかく税金が安い軽自動車」「燃費がいいといわれるハイブリッド車」「たくさん人が乗れるミニバン」への感心ばかりで、そういう機能とか特長で選ぶのは選び方としては悪くないのですが、運転、移動の楽しさや快適さ、便利さ、かっこよさ、所有することのよろこびなどクルマならではの魅力に感心が低い市場は外国メーカーには理解しにくいのかもしれません。

じゃあ外国メーカーにとって日本市場に魅力がないのはユーザーのせいなのか、というとそうでもなさそうです。
夢のあるあこがれのクルマを提案してこなかった国産車メーカーにも責任があると思います。

そこそこの性能でいいからかっこいい2シーターを提案して、彼女に「助手席は君だけのシート」とか。
家族のために4ドアセダンを選ばなきゃならないけど、ひとりの時は走りにも行けるスポーツセダンとか。
中高年が恥ずかしくなく乗れてファミリーカーとしても使え、悪路も走れるSUVとか。

「クルマでなければ得られないライフスタイルもある」ということの提案をもっとユーザーにアピールするべきかと思います。

ただアメリカ車、イタリア車、イギリス車は日本でのビジネスをあきらめているっていうわけではないのはよく分ります。FIATもアルファロメオもたくさん走っているし、ジャガーは別にしても、ランドローバーをはじめMINIなんか確実にプジョー車より多いし(笑)
ただ単に東京モーターショーに魅力を感じていないだけなのかもしれません。ちょっとというかかなり残念ではあります。

【今日の言葉】 東京モーターショーは、「憧れのあの子が来ないクラス会」みたいになっている感じです
スポンサーサイト

海老名遠征

佐藤奏ちゃんっていう、今は中学生(3年生)になったドラマーがいて私なんかもYoutubeでよく知っているののですが、元バンドのボスKがものすごいファンで、先頃4月29日に海老名はビナウォークに来たそうで見に行ったそうです。
大変な盛況だったらしいのですが、なるほどYoutubeにもアップされていました。



このときは佐藤奏でちゃんだけだったようですが、私も見に行きたかったと行ったら、今度は5月20日なので行きましょうっていうので行ってきました。
久しぶりの海老名遠征です。とはいえ、なんと電車に乗ったのが1年ぶりでした(笑)

今回の海老名ビナウォークのイベントは、佐藤奏ちゃんだけではなくピアニスト成田玲さんとふたりで「Ear Candy Jazz Factory」としての登場となります。本当は櫻井奈穂子さんというベーシストを含めたトリオなんですが、この5月に海外でデビューして最初の演奏がこの日だったそうです。



演奏は14時からと16時からの2回だったのですが、14時の方を見てきました。当然会場でボスKと合流しました。

14時にステージが始まる前に、トコトコとビナウォークのキャラクターの「ビナセブン」が出てきました。
大きい子供達は大喜びだったのですが、小さい子供達は泣き出す子も。

ebina1701.jpg

ビナセブンはステージ行き愛嬌を振りまいていました。

enina1702.jpg

写真を撮ったら隅の方に佐藤奏ちゃんと成田玲さんが写っていました。もちろん演奏中は撮影禁止です。

enina1703.jpg

佐藤奏ちゃんのドラミングはさすがというか、リズムの切り方に狂いが全くない。それでいてグルーブ感がないかというとそうでもない。ちゃんと「自分の音」が出せているのがすごいと思いました。そういう楽器演奏のプリミティブがしっかりしているところはやっぱり天才なのでしょう。ただ相当練習を積んでいるのも分るので、素質だけでやっているのではないところがやっぱりプロです。
成田玲さんのピアノも聞きやすくてうまいと思いました。何がどううまいのかうまく言えませんが、うまいなあと分る演奏でした。

ところが30分のライブが終わったあとのボスKのコメントでは、「成田玲はうまいけど、佐藤奏ちゃんの良さが全然引き出せていなくて盛り上がりに欠けた」って。うーんなるほど。中学時代からジャズを聴いていた「Jazzyなざがあと」から見ても、最後の曲はちょっとジャズっぽい旋律はあったものの、そんなものなのか感が強くて「これってイージーリスニングじゃね」って指摘したらボスKも「BGMっすよね」って。4月29日の佐藤奏ちゃんのソロの方が全然盛り上がったそうです。成田玲さんの演奏はズムーズジャズっていう方向性らしいのですが、なるほどあまりクセのない聞きやすいBGMって感じです。
このボスKと私の会話がこの日のミニライブのすべてを語っているような気がします。
ボスKは時間をつぶして2回目も見るっていうのでそこで別れました。

遠くてなかなか来られないし久しぶりの海老名遠征なので少し周りの街を見ていこうと。

実は海老名はその昔職場があった場所なんです。ちょうど20年前なので、この20年に信じられないほどの変貌でビックリを通り越しています。

当時は海老名駅の南口はビナワンと雑居ビルぐらいしかありませんでした。もちろんビナウォークなんかもなかったし。
北口なんか見渡す限り田んぼで、会社がすぐ見えました。すぐ見えるけど歩いていてもなかなか着かない感じ(笑)

その会社が私らが転勤したあとリコーという会社に変わり高層ビルが立ち、その後田んぼエリアの半分が開発されららぽーと海老名が出来ました。

というわけで、ららぽーと海老名ができてずいぶんなるのですが、今回初めて行ってきました。
以前平塚のららぽーとに行ったことがあるのでそれほど驚きませんでしたが、人の多さにはやはり驚きました。人が集まるところって言うと最近は高齢者の方が多いのですが、ここは若い人や家族連れが多く、華やかさと元気さを感じました。各店舗もそういう客層に会わせているのか商品を見ていて楽しかったです。やっぱり街はいいなあと思ったのですが、ここが海老名であることが信じられませんでした(笑)

1時間ほどいろいろ見たのですが、表に出て愕然としました。
ららぽーとの前の道路から昔の職場のビルが見えるので懐かしかったです。リコーの高層ビルはなかったのですが、そのとなりの6階建ては私たちが勤務していたころと変わっていません。

enina1704.jpg

っていうかこの大通りが田んぼのあぜ道で、両側はすべて見渡す限り田んぼだったって信じられますか。
私は夜になると真っ暗なあの田んぼがこんなになっていることが信じられません。

昔の海老名を知っているとタイムスリップした感じですが、20年ぶりと言えば当然なのかもしれません(笑)

【今日の言葉】 それより丸々1年も電車に乗っていなかったって言う方が十分変わっていると言えますね

塩ノ谷早耶香引退

元バンドのボスKと今でも連絡のやりとりをしているのですが、ちょっと前に日本映画の話になり、日本映画が苦手な私にこれは面白いからって勧めてくれたのが「超高速!参勤交代」と言う映画。

特に事前の知識もないままDVDを借りて視聴したのですが、佐々木蔵之介が主演でビックリしたし、なんとなんと深キョンが出ていて一気にこれは貴重な映画ではないか!ってテンションを上げて楽しみました。
まあこの映画はかなり凝ったキャストで、西村雅彦であるとか寺脇康文であるとか上地雄輔であるとか柄本時生あるとか六角精児であるとか、深夜系ドラマの常連でしかも演技派俳優で固めているのでかなり見応えがありました。

続編である「リターンズ」も最近DVD化されたそうで、それなら見てみようと思いながら、スタッフロールに差しかかったのですが、エンディングの曲がポップなノリで時代劇と良い意味でミスマッチな感じ。しかもボーカルの実力がすごい。これは良いなと思ったら、流れていくスタッフロールに
「エンディング曲:Like a flower 塩ノ谷早耶香」と出ていました。

早速Youtubeで探したらPVがアップされていました。

shionoya01.jpg

ルックスもものすごくかわいい。
ってことで、一瞬で推しになってしまいました。
こんなにかわいくて歌唱力がしっかりしている歌手をどうして知らなかったのだろうって、今更ながらJ-POPの勉強不足を痛感しました。AKBとかの曲を聴いている場合ではないです、まじで。

な~んて思っていたのですが、今日の夕方のネットのニュースを見て愕然。
「塩ノ谷早耶香引退」
マジかよ、おいって思ったのは言うまでもありません。

彼女のファンであればすでにサイトで彼女のコメントを確認なさったかもしれません。
やるべきことをやり尽くしたっていうのは、いろいろやってみたけどどうにもこうにも売れなかったってケースが多いのですが、彼女がやりたいことをやり尽くしたというのだからそうなのでしょう。
ファンはわりと多かったはずですが、ヒット曲に恵まれなかったのが残念です。

っていうかアイドル歌手としては実力派で、ここまでルックスもかわいくてライブでもしっかり歌える歌手も少ないのだから、音楽系情報番組はこういう歌手もいるんだともっとちゃんと伝えて欲しかったと思います。

BABYMETALなんかレッドホットチリペッパーズとジョイントして海外では大騒ぎになっているのに日本国内では全然情報が伝わらない。マスコミも音楽番組もちょっと情けないと思います。

個人的には、塩ノ谷早耶香ちゃんは近いうちに絶対に「ツギクル」って思っていたのですが、相変わらずざがあとの予想は外れます。
本当に残念ですが、また別の機会に何らかの形で塩ノ谷早耶香ちゃんに会えたらいいなと思います。
それにしても引退とはなあって残念きわまりないのですが、今後の塩ノ谷早耶香ちゃんのご多幸を心からお祈りして、またいつか会える日を楽しみにしたいと思います。

【今日の言葉】 塩ノ谷早耶香ちゃんが残してくれた数々の曲はファンとしては宝物ですね

Pay-easy(ペイジー)

5月に入ってゴールデンウィークも終わって、その次に来るモノっていうと納税通知なわけで、市役所からは固定資産税、県税からは自動車税の納税通知が来ました。皆さんのお宅にも来たと思います。

Payeasy01.jpg

まああまり来て欲しいモノでもないのですが、納税は国民の義務でもあるし、どちらかというと「支払いにいく面倒さ」の方がイヤだったりします。
そしたら奧さんが、「自動車税はカードで払えるそうだからやれば」という。

そうか、カード決済なら手続きに出かけなくてもいいしポイントもたまるしってことで、通知書に同封されているクレジットカード納付のお知らせを見たのですが、「決済手数料がかかります」と赤文字で書いてある。税込み324円らしい。なんかこれを支払っていてはカード利用のポイントが付いたところでペイしない。

なんだよと思ったのは言うまでもないのですが、このお知らせの裏面が「Pay-easy(ペイジー)納付」のお知らせになっている。こちらは手数料が掛からないようです。
確かに納付通知書にも「Pay-easy」のマークがある。

Payeasy03.jpg
Payeasy02.jpg

なんだそんな便利なものがあるのかって思ったのですが、いつも使っている横浜銀行のインターネットバンキングのページを見たらペイジーが利用できるみたい。

Payeasy04.jpg

ということで、やってみたらたった3分で手続き完了でした。ガイド通りに納付通知書の数字入力をやっていくだけ。この便利さっていうか手軽さはすごいと思いました。

いちいち34500円をATMで下ろして、郵便局の窓口に行って、番号札を取って少し待って、呼ばれて支払いしてっていうのがないだけ得したと思えるほど。

手続き後にインターネットバンキングで残高照会したらしっかりと34500円引き出金済みになっていました。さすがに早い(笑)

【今日の言葉】 税金なんかあわてて払う必要もないのですが、簡単に手続きができたのはうれしいと思いました

メガネ新調

今日はゴールデンウィーク最終日。夕焼けはきれいだったのですが、明日からの忙しさを想像して暗い気持ちで眺めた人もいるかもしれません(笑)

先週4月30日の日曜日にいつも行く眼鏡店の支店で某ショッピングモールにある店に行きメガネを作りました。
今使っているメガネは2005年に作ったものなので、かなり度が合っていなくてすぐに目が疲れて困っていたのですが、我慢しつつ12年目に入ってしまった感じです。
特に最近は老眼の度が進んだようで、かなりきびしい思いをしてきましたが、奧さんが最近メガネの度が合っていないから作りたいっていうので、それならってことで夫婦で眼鏡店に向かった次第。

ショッピングモールにある眼鏡店なので、「レンズこみこみ追加料金なし」とかで、フレームもわりとおしゃれなものが並んでいるのですが、JI○SとかZo○fとか眼鏡○場など廉価チェーン店対策なのでしょう。
この店のこみこみ商品は13000円から26000円ぐらいでリーズナブルだし、コンピュータ検眼だけでなく見え方調整もしてくれるので信頼性が高いのですが、どうもフレームに日本製が少ない。中国製、韓国製ばかり。そりゃそうだろうと思うのですが、「こみこみ」とは別のコーナーにある日本製、特に福井県は鯖江製っていうやつはやはり作りが丁寧でしっかりしている。今使っている眼鏡がこの鯖江製なのでその良さはよく分っています。
やはりフレームは国産の鯖江製だな。
ってことで、「こみこみ」はあきらめたのですが、そこはショッピングモール内の店で、お気に入りのフレームが27000円の2割引、21600円だったので十分リーズナブルだったと思います。その代りレンズがとんでもなく高かったのですが、片玉でフレームと同じぐらいの値段っていうのは、この店の本店がそうだったのでそんなもんだと納得しました。

古いメガネがこれ。

megane01.jpg

新しいメガネがこれ。浜本テクニカルというメーカーの昨年秋の新作のようです。リンクはこちら

megane02.jpg

もともと近眼は入っていなくて乱視がひどかったのですが、左右で乱視の軸が違う(Axが左90、右40)ので、この店でやってくれる「十字テスト」「コの字テスト」での調整は本当に助かります。
以前メガネのチェーン店で作ったときに、コンピュータ検眼だけだったのですが、出来たメガネが見えにくくてクルマの運転が出来ないほどでした。クレームしたのですが、再検査で「度は合っている」ってことでクレームは却下されました。
やはり左右の度や見え方が違いすぎる人はきちっと検査して、納得いくまで見え方の調整をしてもらったほうがいいようです。

ということで夫婦で一緒に作るととんでもない金額にはなってしまいましたが、信頼性の高さは価格相応だし、それだけに長く使えるのであれば十分リーズナブルといえると思います。

【今日の言葉】 ADD(老眼)が+1.00から+2.25に増えてショックですが、見やすいから許します(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター