トヨタ・マークX

うちの団地の駐車場なんですが、出入り口のところに見慣れないクルマが。

markX01.jpg

おお、マークXの新型だと思ったわけですが、このクルマ、この夏についにマークⅡから続くながーい歴史に終止符を打って、ハイブリッド専用車SAIとともに、カムリに統合されるっていうニュースがありました。

モータリゼーションが始まった頃から、日本ではクルマと言えばセダンだったわけで、1970年代前後は「2ドアセダン」なんていうのもあって、「人がキチッと座れる居住スペースと分離されたトランクルーム」というのがスタイルになっていて、サラリーマンのあこがれでした。
「いつかはクラウンに」なんてキャッチフレーズがあったように、セダンはスタンダードだったわけですが、ホンダがN360、シビックを発売したあたりから、パーソナルなミニマムトランスポーターとしてはセダンよりも2BOXコンパクトの方が合理的ってことで、クルマのニーズは多様化して久しいです。

4ドアセダンは中高年を中心にの支持は厚いものの、ミニバンなどの新しいファミリーカーが登場してからは年々シェアを落としていって、ついにトヨタもクラウン以外のセダンは統合してしまった感じです。
でも個人的にはカムリよりマークXを残した方がいいのでは、って思うのですが、既に成り立ちが古くなりすぎたFRセダンのマークXより、激戦区米国や中国で戦っているカムリの方が、どんどん新しくなるので商品力としてこちらの方が上なのでしょう。
っていうかマークXを製造しているトヨタ自動車東日本よりカムリを作っているダイハツ(?)の方が効率がいいのかもしれません。
とにかくこの「セダン統合」は個人的には印象深いニュースでした。

上の写真のクルマは、マークXが廃盤になるっていうのであわてて買った感じなのでしょうが、その前は何だったっけって考えたのですが、「ひょっとして?」って思ったら、たまたま撮った写真がありました。
木にとまった野鳥を捕ったときに写っていました。

markx02.jpg

「同じモデルのマークXに買い換えた」んですね。違いはMC後というだけみたいです(笑)

マークXは、クラウンとほぼ同じ仕様で100万円安く買えるのでお得って三本和彦さんも褒めていたし、ボディも足回りも熟成が進んだ設計だったので信頼性も高かったのでいいクルマだというのはよく分っているのですが、このオーナーさんはそこまで好きだったとは驚きました。ここまで思い入れがあるのならあっぱれ、です(笑)

【今日の言葉】 6気筒FRセダンで手頃な価格はマークXだけかも知れません。買う価値はあるかと思います
スポンサーサイト

タイヤワックス

前回洗車したときにタイヤワックスが終わってしまって、そのうち買わなきゃって思っていました。
ずっと使っていたのはシュアラスターのタイヤワックスで、専用スポンジが付いているのでお気に入りでした。なくなったからと言って今すぐに必要なものでもないのでamazonさんで何か購入するときに一緒に注文しようかと思っていたのですが、ビーバートザ○っていうホームセンターに行く機会があったので探してみました。

バブルの頃まではホームセンターやディスカウントストアのカー用品の充実っぷりはすごかったのですが、今はだいぶ売場もシュリンクされて、ビーバー○ザンのカー用品コーナーもほとんど「ソフト99」シリーズで統一されていました。

タイヤワックスを探したわけですが、これまでのシュアラスターを使っていた経験から、大体1000円ぐらいの価格帯が信頼できるということで探したら「タイヤにぬりぬり」と書いた商品が。商品名は左下に「小さく」書かれていて「ブラックマジック」というらしいです。
最近家庭用品とか最寄り品はこんな感じで機能をでかでかと書いたパッケージが多いですね。まあわかりやすくはあるのですが。
ビーバ○トザンの販売価格1050円(税抜き)ってことで、目的の価格帯でもあるしってことで購入。

BlackM01.jpg

ボトルの口にスポンジが付いているのでそのまま「タイヤにぬりぬり」できる優れものです。

BlackM02.jpg

早速使ってみたのですが、スポンジから出てくる液体は墨汁みたいでさらさらしていて塗りやすいです。
しかも塗った直後はてらてらなのですが、そのあとはわりとすぐに乾いて手で触ってもさらりとして手が汚れません。
乾いてしまえばツルピカで、シュアラスターのワックスより機能的には満足度が高い感じです。しかもひと月ぐらい効果が持続するらしい。これまでのタイヤワックスは1週間持てば良かったのでその点はうれしいです。

BlackM03.jpg

で、タイヤがツルピカになって
「なんだこれは!」
って気になったのはタイヤ側面のひび割れ。(写真はクリックして拡大すると見やすいかもです)

BlackM04.jpg

特に「MICHELIN」のロゴ部分がひどい。

BlackM05.jpg

この亀裂はクラックというらしいですが、青空駐車で4,5年経過すると経年変化で出てくる現象のようです。
タイヤの山はまだ4分ほどあるのですが、そろそろ交換時期かなあというところ。4年半になりますからね。

ということでこのタイヤ側面のクラックについて調べたのですが、「日本自動車タイヤ協会」の資料によるとうちの場合はレベル3か4ぐらいなのが分りました。
http://www.jatma.or.jp/tyre_psd/safenews72.pdf

要観察ってことなのですが、タイヤのカーカスは丈夫なのでレベル5でも普通に使う分には問題ないそうです。

ただ、3分山を過ぎるとタイヤ性能も落ちてくるっていうのでそろそろタイヤ交換を検討しようと思います。

【今日の言葉】 208GTにしなかったのはタイヤメンテナンスコストだったのを思い出しました。45タイヤは高価過ぎます(笑)

ヤングコーン

首都圏と言われる神奈川県とは言え、ここいらの西湘地域になるとぐっと田舎になって農家とかが多いのですが、その分農協の活動も盛んで地場野菜の直売所なんかもちょっとした個人スーパーより充実しています。
地場の野菜だけにその地域しか取れないもの、しかも店頭に並ぶ期間が短いもの、場合によっては一度しか出回らないものあって、その珍しさがたまらないわけで、思わず手が出てしまいます。

今回、その思わず手が出たものがこのヤングコーン。

youngcorn01.jpg

山に近いところとかに広大なトウモロコシ畑があるのですが、大きく甘いトウモロコシを育てるために摘蕾って言うんでしょうか、余分な実を若いうちに除去してしまうそうで、それがヤングコーンとして出荷されるそうです。
といっても市場やスーパーで出回ることはあまりなく、こういう直売所でないと手に入らないみたいです。ちなみに今回購入したのは7本で200円(税込み)でした。

で、早速食べようってことになったのですが、皮付きでグリルにするとヒゲまで食べられるっていうのでオーブントースターで焼いてみました。

youngcorn02.jpg

皮を少し残して焼いたのですが、ヤングコーンの実もヒゲもちょうど蒸し焼きになった状態で皮をむいてみれば香ばしくおいしそうな香りがします。ちょっと青臭いですが、紛れもないコーンの香り。

特製のバター醤油を付けて食べたのですが、うまい!って食感は瓶詰めされているヤングコーンとほぼ同じですが、一番太いところがちょっと生っぽくてこれまたおいしい。通はレアで行くそうですね(笑)
ヤングコーン本体は想定内の食感とおいしさだったのですが、想定外だったのはヒゲ。
先っぽのヒゲはグリルにしたときに焦げてしまったのですが、皮の中のヒゲはほどよく蒸し焼き状態で、これまたバター醤油と相性がよく食感もしゃきしゃきと絶品でした。

7本200円でこの満足感はかなりのものだろうと思いました。
もしどこかで見つけることがありましたら、速攻でゲットすることを強くお勧めします。

【今日の言葉】 旬の地場野菜が味わえるなんて、田舎暮らしも捨てたもんではありません


抵当権抹消手続き

実はこの3月に住宅ローンが完済しました。これは人生において相当なイベントなのかもしれないのですが、銀行から「住宅ローン完済おめでとうございます。完済されたお客様にはこういうお得な金融商品をご用意しています!」とかあるのかと思ったら特に何もなし(笑)
個人的にも住宅ローンを払うために頑張ってきたけど、死にものぐるいと言うほどでもなかったので、「まあ来月からは少し楽になるかな」ぐらいしか感想はなかったのですが、奧さんが何もしないのも寂しいってことで焼肉店に行って来ました。二人で9000円を食べたのですが、庶民にはやはり贅沢でしょう。お酒を飲まないでこの金額なんだから(笑)

その後も銀行からは特に何もないし、いつも利用しているインターネットバンキングでも特に住宅ローン完済だからというお知らせもありませんでした。

そんな感じでひと月ほど経って忘れかけていた頃に、完済したと言うことで住宅ローン契約時の書類が返却されてきました。
他にも銀行で保管している書類があるので「早めに」取りに来てくれと案内が。
ずいぶん上から目線じゃないか、完済した客は客じゃないと言わんばかり。

住宅ローンが終わって何もなくなったのに、さらにわざわざ銀行に出向いて受取らなければならない書類なんかあるのか、って思ったら、お知らせの下の方に「担保の抹消手続きをご依頼される場合は・・・」と書いてある。
「担保の抹消手続き?」って思って調べたのですが、ローンを組むときに抵当権の登記を行うのですが、その抹消手続きを「するのなら」書類を渡すから銀行においでということのようです。
ローンが終わったので担保の価値なんか消滅していると思うのですが、抵当権の抹消は法務局で依頼手続きをしないとそのまま抵当権が残るらしいです。
で、何が困るかというと、ほとんど困らないらしいのですが、今住んでいる住宅を売りに出すときに、条件として抵当権が設定されていないことというのがあると、その時に抹消手続きをしてもいいのですが、何年も経ってからだと書類をまとめたり手続きをするのも面倒だとか。なのでローン完済のタイミングでやっつけてしまった方がベターと言うことのようです。

法務局っていうだけで訳が分らないというタイプの人間なので、それなら多少コストがかかってもプロに依頼しちゃったほうがましってことで「担保の抹消手続きをご依頼される場合」の人として銀行に書類を受け取りに行きました。

銀行で受取った書類っていうのは、まさに担保抹消手続きの書類だったので、「抹消手続きをお願いしたいのですが」と申し出たら、「司法書士を紹介してくれただけ」でした。銀行の方で司法書士に依頼してくれないのかと聞いたら、銀行では一切やっていないって。なんだよと思ったのですが、やはり「ローンを完済した人は客にあらず」のようです。
司法書士の紹介以外では、法務局の相談窓口を紹介してくれました。といっても、Webサイトをプリントアウトしただけの資料でししたが。

抵当権抹消手続きは、ネットなんかでも営業している司法書士がいて、大体5000円から2万円ぐらいの手数料を取るようです。それならそれで頼んでしまってもいいのですが、頼むまでにいろいろ書類を揃えなければならないらしく、それなら自分で行ってもいいのではないかって思ったら、自分でやるためのコツをまとめたサイトなんかもありました。

そこへ新たな情報。奧さんの友達が2年前にローン完済して、抵当権の抹消手続きをしてきたというのですが、法務局に相談窓口があって、そこで丁寧に教えてくれるので自分で出来るとのこと。
それならということで、先週相談窓口の予約を入れました。それが今日で行ってきました。

行ってきたのは横浜地方法務局西湘二宮支局というところで、建物はきれいだし駐車場は広いしいいところでした。
1階の申込み手続き書類がズラリと並ぶところでは訳が分らなくてかなりあたふたしましたが、「登記事項要約書交付申請書」に必要事項を書いて2階の相談窓口に行きました。予約時間よりかなり早かったのですが、すぐに呼ばれて、持参した書類のチェックをしてから「登記事項要約書交付申請書」の記載を確認してまた1階の窓口に。印紙450円を購入し「登記事項要約書」を交付してもらって、それを持ってまた相談窓口に。
私が下に行っている間に、登記申請書と登録免許用印紙貼用台紙を準備してくれていて、「ここにこれ書いて、ここはこれ書いて」って記入を指示されます。これまで抵当権を持っていた信用保証会社の委任状にも必要事項を記入します。印紙は2000円とのことでまた下へ買いに行き、印紙貼用台紙の「ど真ん中に貼って」というので言われたとおりにしました。
あとは必要書類を綴じて、ページ毎に割り印を押して冊子の完成。これを窓口に持っていっておしまいです。最初に相談窓口に行ってからわずか15分で手続き完了です。相談窓口って司法書士さんみたいなもので本当に助かりました。

それにしても印紙の販売コーナーですが、ちょうど宝くじ売場みたいな窓口でおばさんが二人。

houmukyoku.jpg

「印紙売りさばき所」ってなんか妙な言い方だと思いませんか。さばくって何よって思うのですが、そういうお役所らしさに微笑んでしまいそうです(笑)

結局今回の抵当権抹消手続きは、往復40分の移動時間と、15分の手続きと、2450円の費用で済んでしまって良かったと思います。あまりこういう機会もないかもしれませんが、皆さんも是非ご自分でやってみることをお勧めします。

【今日の言葉】 応対は昔に比べて丁寧になったと思います。役所も顧客本位に徹しているようです
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター