FC2ブログ

ロールスロイス ドーン

こちら神奈川にはTVKという独立局に「クルマでいこう!」という人気番組があって毎回楽しみにしているのですが、今回の放送は「ロールスロイス ドーン」ってことで、何それ?ロールスロイスなんかこの番組でやるのって、何かの勘違いじゃない?って思ったのですが、「2ドアオープンクーペ」のドーンを本当にやったので驚きました。

RR01.jpg

しかも3740万円って「何だそれは」って感じですね(笑)
住宅ローンにしても支払うのに30年かかる値段です。

この番組の前の番組である「新車情報」では、MCの三本和彦さんの意向で「当番組では、普通は買えそうにない高価なクルマは紹介しません」「いくらぐらいまでかっていうと500万ぐらいかなあ」と言うことになっていました。
なのでメルセデスベンツでもSクラスは登場しなかったようで、せいぜいEクラスぐらいまででした。BMWは7シリーズは出てこなかったと思います。
なのに、なのに、ロールスロイスって、岡崎五朗さんが乗ってみたかっただけじゃないの、なんて思ってしまいました(笑)

試乗では、「比類なき乗り味」「優雅な走り」「6.6L V12エンジン」「高い静粛性」「クルマとの一体感」など「GO7RO'S POINT」としてその良さをアピールしていましたが、いまいちぴんと来ません。既に3740万円って価格にしらけてしまっているんです。
良さをどれほどアピールしてくれたところで購入できっこないので参考にもなりません(笑)

ゲストで来ていたディーラーのイギリス人女性は、たどたどしい日本語でメルセデスベンツなどの高級車に乗っている方に是非お勧めしたいようなことを言っていました。なるほど買い換え需要か。とは言えとりあえずプジョーユーザーは対象外みたいです(笑)

って、こんなクルマどこで買えばいいの?どこで売っているの?ディーラーなんかないし、なんて思ったのですが、すぐにディーラーがある場所を思い出してしまいました。
うちの会社の本社があるみなとみらい地区です。

RR02.jpg

フェラーリディーラーと並んで手前がロールスロイスのディーラーですね。裏に見えるのがランドマークタワー。
ディーラーができたばかりのときに珍しいから写真を撮ってあったのでした。
横浜の方はロールスロイスがここで買えるので便利ですね(笑)

それにしてもこうしてロールスロイスやフェラーリのディーラーが横浜商業地区としては一等地といわれる場所で堂々とやっていけているのだからけっこう売れるんでしょうね。
みなとみらいにはそのほかジャガーとかJeepのディーラーもあるようです。
プジョーもがんばって欲しいですが、こういう高級車ディーラーと争ってもしょうがないような気もします(笑)

【今日の言葉】 番組計測燃費が6.0㎞/Lだそうで、6.6L V12なだけに「燃費いいなあ!」って思っちゃいました
スポンサーサイト



続・REGNO GR-XI

先日御殿場のプレミアムアウトレットに行って来ました。
行くときには東名高速を使うということで、REGNO GR-XIの高速デビューになったのでリポートです。

基本的に一般道路でも静粛性よし、グリップよし、乗り心地よし、ハンドリングよしというバランスされたタイヤなので高速でもそれなりの機能の予想は付いているのですが、どちらかというと最近付けたドラレコがETCと干渉しないかの方が気になりました。
ほんのわずかにETCのゲートが上がるタイミングが遅かったのでドキッとしましたが大丈夫でした。

ゲートが無事通過できたのでレグノの高速道路レビューを。

【静粛性】
静粛性は基本的に高速でも一般道とあまり変わらず静かです。路面の状態さえ良ければほとんどロードノイズが気になりません。この辺はプジョー自体が高速でも静かなのでタイヤが静かなのがよく分ります。
ただ荒れた路面ではそれなりのロードノイズがします。これは「路面の状態を伝える」ということで頼もしい機能だと理解しています。
全般的に静粛性においては、それをそれをトップの機能に推すREGNOだけのことは高速でもしっかりとあるというのがよく分りました。
ただ静粛性が高い分スピード感が狂うようでスピードの出し過ぎに要注意ですね。うちの場合は高速ではクルコンを使うのでその点は大丈夫そうです。クルコンを使って楽ちん&静かなドライブなので相当レベルの高い快適性が体験できます。

【操縦性・直進安定性】
これまでのミシュランエナジーセイバーに比べ、スチールラジアルとしてトレッド面の剛性が高いようで、その分操縦性、直進安定性が高いようです。もともとプジョーはフランス車らしく高速での直進安定性が高いのですが、REGNO GR-XIにしてからより一層安定性が増した感じで高速でもストレスをあまり感じません。

【乗り心地】
やはりミシュランとの比較になりますが、若干堅めなので道路の継ぎ目が気になります。ロードノイズが低いだけに継ぎ目での音が大きく感じます。タイヤの堅さとは無関係にプジョー208の猫足感は健在なので、タイヤの堅さもすぐに慣れてしまいます。
しかも堅いながらも乗り味にしっかり感がでたので、「ちょっとドイツの国境寄りになったフランス車」って感じです(笑)

そんな感じでプジョー208との相性は高速道路でも抜群で、ブリヂストンはミシュランに追いついたかなと実感しました。

私が子供の頃、ブリヂストンがラジアルタイヤを商品化したときに「ほんとにクルマが変わっちゃう!」っていうCMソングを流していたのですが、いまだにそれが本当なのがすごいと思います。

タイヤ交換をしてひと月になるので、取付作業をした店で点検を受けてきました。
空気圧のチェックとホイール取付ボルトのトルク確認をしてくれたのですが、プジョー208のホイールボルトには六角形のボルトカバーがついているのでそれをいちいち外すのが面倒そうでした。
っていうかそれよりフロントホイールのブレーキダスト汚れがひどいので作業のおじさんは手を真っ黒にしていましたが、ちょっと申し訳ない気分でした(笑)

【今日の言葉】 タイヤでクルマが変わることを知ってしまうと、逆にタイヤ選びが難しくなりますね

深キョン

長年深キョンこと深田恭子さんのファンをやっています。
ファンクラブとかそういうのではなくて、彼女が出演するドラマとか映画は欠かさず見るって言う感じのファンです。

最近はあまり見ることがないのですが、以前はバラエティ番組にもよく出ていて、深田恭子さんは素ではかなりの天然でポワンとした不思議ちゃん系なんですが、ドラマとかではきりっと役作りができるのが素晴らしいです。さながら「ガラスの仮面」の北島マヤのよう。

映画「下妻物語」の桃子のような役ばかりでなく、ドラマ「ファイティング・ガール」の小夜子みたいなヤンキー/ギャルのような役もこなせるのですが、最近はお嬢様系やOLの役が多いようです。
最新の「ハロー張りネズミ」でもキャバ孃あがりの探偵である蘭子役をやっていてうまくこなしている感じです。

このところ録画しているドラマを数話分まとめてチェックすることが多くて、「ハロー張りネズミ」もそんな感じで見ていたのですが、第7話のワンシーン、七瀬五郎に言いたいことを言われて激高してぶん殴るシーンがあるのですが、その表情をみてビックリ。

fukakyon20170825.jpg

長年深キョンを見ていますが、こんなに恐い顔を見たのは初めてです(笑)
シーンはすぐに深キョンにありがちな悲しい表情に変わるのですが、この恐い顔は素晴らしい(笑)

おそらくファンでなければ気にも掛けないワンシーンなんでしょうけど、こういう細かいところでも役作りをしている深キョンをこれからも応援していきたいです。

【今日の言葉】 やはり美人の怒った顔は最高です。美しい方はどんどん怒りましょう(笑)

日産リーフ

矢沢の永ちゃんが言っていたように、フルモデルチェンジした日産リーフが発表になりました。
日産は横浜の会社なのに発表会場は幕張メッセだったそうで、60もの国のメディアが集まったそうでまさに国際展示場でのワールドプレミアになったようです。最近の国産車でこういうのは珍しいですね。

新型リーフですが、ぱっと見というかフロントフェースでN14マイクラを連想してしまったのは言うまでもありません。
っていうかこの「マイクラデザイン」が欧州専用車パルサーから続く今後の日産のデザイン言語なのかもと思います。
プリウスなんかと違ってアバンギャルド過ぎないまじめなデザインで、ちょっと地味なのが日産車らしいです。

leaf2017-01.jpg
leaf2017-02.jpg

内装デザインも欧州風で品がいいのですが、パルサー、マイクラとほぼ共通で、センターメーターにするとかそういうのが全くなくて、旧リーフの内装より地味なほど。
内外装ともに「イエーイ!新型リーフに乗っているぜい!」っていう「そのクルマに乗っていることを強烈にアピールできるデザイン」ではないみたいです。
その点では「あのへんてこりんなデザイン」のプリウスの方が一枚うわてなのかもしれません。

価格は315万円からと言うことで、40万円の補助を受けられれば275万円程度で購入できるそうで、エンジンを持たないクルマなので排気量は1リッター未満扱いだし、エコカー減税とかも付くだろうから税制的に購入しやすいのも確か。
この価格はプリウス・アクアには脅威かもしれません。ガソリン代が節約できるんじゃなくて「ゼロ」ですからね。プリウス・アクアが自慢したがる燃費という概念さえもない。

クルマのディメンションはほとんど前モデルと同じだそうで、特にホイールベースは全く同じとか。ということはプラットフォームとしては前モデルのキャリーオーバーなのでしょうね。っていうか電気自動車専用のパッケージングがあるから、キャリーオーバーは当然かもしれません。その辺をいじってもハンドリングや乗り味が向上するっていうクルマでもないでしょう。それだけ前モデルで完成度が高かったのだと思います。

また運転サポートか駐車アシストなんかも付いているものの、日産の他の車種のものとあまり変わらないそうで、キャリーオーバーを含めた「地味なモデルチェンジ」は、おそらく価格戦略を優先したものだと思います。
売り方がイマイチっていつも言われる日産ですが、その辺は英断ではないかと思います。

航続距離が前モデルの200㎞に対し400㎞と倍増したそうで、単なる電池容量のアップだけでできるレベルではないので、この性能アップは評価したいです。

新型リーフは、デザインといい、機能といい、価格といい、かなりのレベルで魅力的な製品に仕上がっているのでヒットすると思います。

ちなみにうちはマンションという集合住宅で充電設備がないのでちょっと購入は無理みたいです。駐車場にはリーフが何台かいますが、充電は1.2㎞ほど離れた日産のディーラーでやっているようです。
いやいや、最寄りのガソリンスタンドも同じぐらい離れているのですが、給油のように充電が5分でできるって言うものでもないし。

「これがヒットすると、ショッピングモールとかの充電スタンドも混雑するだろうね」ってうちの奧さん。
なるほど。充電の順番を待つのもイヤですね(笑)

【今日の言葉】 このデザインならガソリン車を出してくれてもうれしいです。もちろんMTで(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター