FC2ブログ

エアコンフィルター交換

かねてから点検とか車検でエアコンフィルター交換を推奨されていたんですが、特にエアコンから変なニオイもしないし交換は必要ないって断っていました。

ところが調べてみると推奨交換時期は1年または1万5千㎞ってことらしくて、ああ、ディーラーはこれを根拠にで交換を推奨していたんですね。

その話を当ブログでも何回か登場してるT7のプジョー308乗りの元部下Uに話したら、フィルター交換は簡単なので自分でやりましょうって。まあかねてからフィルターの場所も手順も大体知っていたので自分でできることも重々承知でした。
ところがUの言うには、「フィルターを固定するプラスチックのツメがもろいので要注意です。寒い日にやると折れるリスクがあります」ってことで、ああ、折ってしまった経験者なのだなと思ったので黙っていました。

Uの話では、プジョー・シトロエンの純正エアコンフィルターなら税抜き2600円ほどで購入できるそうですが、「MANN FP 21 000-2」という製品なら活性炭入りフィルターを採用していてグレードも高いしamazonで簡単に購入できるのでお勧めとか。
ということで、花粉症もはやりだしたし暖かくなるのを待ってから交換を決意して購入。amazonで税込み4370円でした。

p208af01.jpg

製品は2種類で1セットになっています。プジョー・シトロエン用ってことで、ほとんどの車種で共通みたいです。

早速交換したんですが、フィルターが見えたら、左右に開いてフタを手前に倒すとフィルターが外れます。
ひとつを外すとその右側にもう一つあるので手を突っ込んで引っ張り出します。

p208af02.jpg
p208af03.jpg
p208af04.jpg

新しいフィルターは逆の手順でセットします。矢印(↑)が書いてあるのでウラとオモテは間違えないと思います。

同梱の取説に「10 min」って書いてあるのですが、確かに10分あれば十分交換可能です。ってシャレです(笑)

p208af05.jpg

外したフィルターですが、なんとほとんど汚れていませんでした。走行距離が少ないからなのか、ホコリが少ないところを走っているからなのか分りませんが。5年ぶりの交換でこの程度なら、うちの場合は次の交換は2,3年先でも良さそうです。

【今日の言葉】 交換後に何が良くなったというのはありませんが、花粉時期だけに気分だけでもクリーンになった感じです
スポンサーサイト



河津桜2018

我が家では2月というと夫婦とも河津桜が見たくてうずうずするんですが、昨年は稲取に宿泊して楽しんだものの、今年は昼頃出かけて桜を楽しんでから夕飯を河津で食べて夜遅く帰ってこようって計画を立てて、有給休暇までセッティングしていたのですが、予定日も予備日も天気が悪くて結局中止になってしまいました。今年は河津の桜祭り最終日の3月10日も悪天候でした。

近場の中井町の中井中央公園に河津桜があるのを知っているので、見に行ったのですが、3月3日の時点でその前の強風のせいかほとんど散ってしまっていた状態。
奧さんもがっかりして今年はもうあきらめようって言ったとたんに暖かい日が来てしまって、もう河津桜の季節は終わった、と思っていたんですが、何と秦野市の県立戸川公園で咲いているという情報。ちょっと曇っていましたが、せっかく平日月曜日に休みが取れたので行ってきました。

秦野市の戸川公園周辺って、新東名が通るそうで「秦野SA」というのができるそうです。その工事のせいでちょっと迂回させられたりしました。
戸川公園の有料駐車場は平日ということもあってスカスカでゆっくりできました。

kawadu1801.jpg

河津桜がある場所は、駐車場から歩くこと5分か10分。なだらかな坂は健康に良さそうな傾斜でした。
あった、あった、河津桜!

kawadu1802.jpg

なんと満開でした。

kawadu1803.jpg

花も河津で咲いているものより大きめでしっかりした株だったようです。
河津桜はちょうどよいピンクさがかわいくて、葉が出ていてもうるさくなくて、却ってピンクさを際だてている感じもします。

kawady1804.jpg

神奈川では三浦の河津桜が有名なんですが、西湘地区でこれほどの花が見られるとは思いませんでした。
木の大きさとか本数とか、本場河津に比べればまだまだかもしれませんが、今後育ってくればだんだん迫力が増してくるでしょう。

【今日の言葉】 新東名が完成したら大変な混雑になりそうです。それまでに十分楽しもうかと

ハローニューオダキュー

先日健康診断に厚木に行きまして、久しぶりに本厚木まで小田急線に乗りました。っていうか1年ぶりなので久しぶりなのも当り前という感じです。

ふだん電車に乗らない人間が電車に乗ると何が楽しいって車内の中吊り広告とか駅のポスターを見ることだったりするわけで、爽やかなブルーの服を着た双子の女の子のポスターが目を引くんですが、これは小田急のポスターだ。

小田急線の全線複々線が完了して3月17日にダイヤ改正するっていうテレビCMを見た記憶がありました。
ダイヤ改正って言っても電車に乗らない人間はほとんど関心がないのですが、この二人の女の子はかなりかわいいぞ。

oda00.jpg

こかで見たことがある感じって思っていたら、タンスにゴンのCMの「MIO&YAE」のようです。

日本人はシンクロして動く双子の女の子が好きなようで、歴史的にはこまどり姉妹とかザ・ピーナツとか。双子でなくてもシンクロに動いてかわいければいいって言うのならピンクレディーとかウィンクとか。

小田急のポスターは何種類かあって、どのバーションもMIO&YAEの魅力を引き出していて印象的です。

oda01.jpg
oda02.jpg
oda03.jpg

その昔、本厚木と海老名の事業所に小田急で通っていたことがあって、ダイヤ改正のたびに輸送力強化ってことで、混雑が緩和されて乗りやすくなっていました。

今回の全線複々線化、ダイヤ改正でより一層小田急はサービス性が向上しているのでしょうが、ほとんど利用しないのでその恩恵は限られているようです。
だた小田急線は「通勤電車のフランス車」と言われるほど乗り心地がよくノイズが少ないです。
小田急線に慣れると、JRの在来線や山手線の乗り心地の悪さがイヤになるほどです。機会がありましたら是非小田急線に乗ってみてください。驚くかも知れません(笑)
って言っても沿線に用がなければ乗りませんよね(笑)

【今日の言葉】 しかもずっと運賃も値上げしていないので、小田急さんは頑張りすぎなのかも(笑)

東京大空襲

3月というと3月11日の東日本大震災の印象が強くて3月10日の東京大空襲の話題があまり聞かれなくなったような気がします。遠い昔の歴史の一部となったからなのか、東京ローカルのせいなのか、あるいは両方なのかも知れません。
どちらも暗い出来事なので思い出したくはないのですが、忘れてはいけない出来事です。

東京の下町で生まれ育ったので、子供の頃から地元ならではの戦争体験や災害体験の話はよく聞かされました。やはり東京大洪水と関東大震災と東京大空襲の「大が付く話」が多いのですが、前の二つは明治、大正のことなのであまりぴんと来なくて、もっぱらリアリティがあったのは東京大空襲でした。

私が小さい頃はまだ下町の古いお屋敷には庭先に防空壕があったりしました。中に入ると怒られましたが。
神社の裏なんかにもあって、秘密基地にしていましたが、いつの間にか神社改装の資材倉庫になっていたり。

東京大空襲の話は学校でも習うのですが、区の教育委員会が用意した小冊子の教材はリアリティがありません。っていうか小学生に分るようにしすぎたせいかも知れません。
中学の教材になると、実際に中学生がお年寄りに聞いたことをまとめていたりするのですが、それもやらされ感があってイマイチでした。

高校になると、戦前から教師をしていたっていう先生から生の体験談が聞けます。
高校は旧制の女子校だったのでおばあさんの先生が何人かいて、戦時中の話をすごかったんですよって感じで「楽しそうに」してくれました。

校庭を畑にしたけどサツマイモとかたくさん収穫できて楽しかったとか、校舎が当時では珍しい鉄筋コンクリートだったので、屋上に高射砲をつけたとか。
学校があった江戸川区小松川って深川や本所のような都会ではなかったし、空襲で焼けなかったそうでその分気楽だったとか。

戦争末期の昭和20年に入ると、B-29が低空飛行してくるので、探照灯に照らされた銀色の機体の美しさったらなかったとか。
ただB-29がこちらに向かって飛んでくるときはあわてて逃げたそうです。

そういう話を聞いていて、女子生徒のひとりが
「先生は戦争を反対なさらなかったのですか?」と聞いたのですが、おばあさんの古文の先生は、
「何をおっしゃるの?戦争しなきゃ国がなくなっちゃうかも知れないのですよ。兵隊さんたちが国を守るために命を懸けて戦っているのに応援しないわけにはいかないでしょう」ってにっこりと。
「でもB-29の空襲が来たんですよね」
「ああ、あれは台風みたいな感覚だったからねえ(笑)」

聞いていてなるほどなあと思いました。庶民って強いなあって。

それよりも戦争が終わって価値観がひっくり返った時の方が教師としては混乱したとか。
日教組は、戦争は悪、教え子を再び戦場に送るな、という方針を決めたそうですが、戦争を悪と決めるのは日教組なのかと思ったそうで、しかも生徒に戦争に行けとは一度も言ったことはないと。
戦前に既に大人だった人たちは価値観がしっかりしていて、変なリベラルに染まらなかったのだなあと今更ながら感心しています。
それでも価値観の変革があまりにも唐突だったので、以降口をつぐんでしまった大人達も多かったそうです。

【今日の言葉】 本当は辛いことが多かったと思いますが、生徒を思って努めて明るく振る舞っていた先生方は素晴らしいと思いました
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター