FC2ブログ

恋するクラシック

BS日テレで毎週月曜日に「恋するクラシック」というクラシック音楽の番組をやっています。
クラシックを扱う音楽番組は民放ではかなり少ないようで、この番組以外ではAX系の「題名のない音楽会」しか思いつかないのですが、小中学校のころからジャズとかロックばかり聴いていて、学校の音楽の授業はあまり好きではなかったのに、こういうクラシックを扱うバラエティ番組は好きだったりします。番組としてわかりやすくクラシック音楽を扱っているからだと思います。

「題名のない音楽会」といえば1970年代に黛敏郎さんMCをやっていたころは渋谷公会堂で公開収録をやっていたので、毎週のように見に行きました。この番組でクラシックの面白さとかバリエーションとか覚えたようで、それまで交響楽とか楽しみ方がわからなかったものも楽しめるようになりました。

クラシックが理解できない人の一番の悩みは、オーケストラの演奏の「何をどう聴けばいいのかわからない」ところ。
「題名のない音楽会」では「好きなところを好きに聴けばいい」ということでした。オーケストラ全体を聴くもよし、ヴァイオリンを聴くもよし、ティンパニーが鳴るのを待つのもよし、だそうです。要するに聴き方は自由、なんですね。
言われてみればロックの演奏を聴くときも、ギターとかベースを無意識にパートとして聴いているし、ドラムなんかもバスとかスネアとか「かっこいいところ」をこれまた無意識に聴き取って楽しんでいました。

「恋するクラシック」なんですが、MCを小倉智昭さんと佐田詠夢さんがやっているんですが、小倉さんが出てくるとCXっぽく感じるのは私だけでしょうか(笑)

koisuruc_01.jpg

佐田さんはピアニストとのことですが、さだまさしさんのお嬢さんとかで、ルックスは地味なんですが、言うことが「天然突っ込み」な感じで面白いです。

番組は基本的にバラエティなんですが、クラシックを扱うだけにポップス系に比べて上品さがあります。スタジオひな壇は音大生がいて、「クラシック芸人」まとばゆうさんのネタにも、そこは素人なのかあまりリアクションがなかったりします。

番組には各コーナーがあって、ゲストが演奏するメインのコーナーがあるんですが、前回のゲストが小林愛実さんでした。
天才少女ピアニストっていうニュース記事を見たことがあるので名前だけは知っていたのですが、実際の演奏を聴いてびっくりしました。

koisuruc_02.jpg

ジャズの世界にも上原ひろみさんとか天才ピアニストはいるんですが、小林愛実さんの演奏を聴いてこれほどとはと思いました。
それにしてもリストの曲ってすごいな、とリストの曲の難易度の高さにも驚いたり(笑)

改めてクラシックの奥深さに驚きつつも、来週も必ず見ようと決めたのですが、なんと次回10月1日のゲストは百田尚樹さん。
予告で一瞬チラ見できるんですが、普段の「おもしろサービス精神満載の百田くん」とはまったく雰囲気が違う上品なお姿。そういえばCD付きクラシック紹介本とか出していた記憶があります。

koisuruc_03.jpg

これは必ず見なきゃって思ったのは言うまでもないのですが、こんないい番組をどうして今まで見なかったんだろうって思ったら、ニュース女子のライブ配信と重なっていたからでした。なのでこちらは録画してみることにしましょう。
内容的にちょっと物足りないかもしれませんが、クラシックがお好きでしたら是非ご覧になってみてください。

【今日の言葉】 クラシックというとバロックばかり聴いていましたが、19世紀の曲もすごいですね
スポンサーサイト



日立の株価

日立製作所(6501)の株価を時たまチェックしているんですが、今日の価格を見てびっくりしました

hitachikabu0926.jpg

今日の終値が3,894円で前日比3,116円高って!
こんなのあり得ないじゃないか!
前日は770円ぐらいだったのに!

って思ったのですが、そういえばこの秋に5株を1株にまとめるって話があったような。
10月1日からって思っていたんですが今日からだったんですね。

じゃあ3,894円を5で割ると・・・・778.8円。
ってほとんど上がってないじゃない(笑)

株はまとめると単価が上がるので売買が停滞するなんていうので心配なんですが、100株から売買できるようになるってことで、これまでより出来高が増えるそうです。

この株を少し持っているので、上がったら次のクルマを買う頭金にしようかなって思います。
だから頑張れ、日立の株価!!

【今日の言葉】 と言いつつも4,500円ぐらいにならないと利益が出ないので、まだまだ道は険しそうです

錯覚資産

先日の林修の初耳学で「錯覚資産」の話をしていました。話を聞いてみれば、ああ!これか!と思ったので今回はその話題です。

簡単に説明すると、「あなたの成功(昇進、ブレーク、有名になれた)は、実力すか?それとも運ですか?」という問いに、実力か運かで答えるところですが、「運なんかものにするのは困難だし、実力なんかどうやってわかるんです?」って言われると困惑するわけです。
「あなたが成功したとすれば、それはあなたの実力を錯覚させることができたからなんです」っていうのがその答えのようです。

もともと備わっている実力である程度の成果を出すと、この人は仕事ができるようだという錯覚が生まれ、それを上手に生かすべく「資産」とすることにより、そういう環境がさらに成果を生むというスパイラルになるわけです。そのスパイラルのカギが「錯覚資産」なのです。

hatsumimi1809-01.jpg
hatsumimi1809-02.jpg

自分の周りが「この人が実力がある、仕事ができるという錯覚」を持つことにより、成功が生まれるというわけです。
逆に、高度な知識、行動力、モチベーションを持ち合わせていても、周りがこれを評価する「錯覚資産」がなければなかなかいい仕事が回ってこないということになります。

これは誰にでもあって、もちろん昔からありました。錯覚資産って言葉はなかったけど、私は「業務能力の印象供与」「イメージインパクト」とか勝手に呼んでいました(笑)

うちの会社でも、特に有名大学出身でもないし、それほど技術やノウハウがあるとは思えない人が、新規事業に率先して取り組んで、結果はそこそこでも、そういうスタンスが評価されて大抜擢なんてケースがままあります。

実際自分もそうで(笑)、しょうもない状態になりつつある開発プロジェクトを「ざがあと君、何とかしてくれ」って回されたことがあって、納期・コスト・機能・品質のいずれも危機的状況だったんですが、任された以上なんとかしようってことで、「機能」をあきらめる決断をしました。
納期を守らないと販売計画が狂って営業や顧客に迷惑をかけるし、コストを守らないと財務部門からプロジェクトは失敗って言われるし、品質も企業イメージを左右するファクターになります。
なので、機能、特にあまり使わない機能、他社への対抗のためだけの機能は思い切って削って次期バージョンにシフトすることにしました。本当に思い切って(笑)
プログラムサイズを4割ほどカットして、そのおかげでコスト・品質も確保しやすくなり、ギリギリで納期に間に合わせました。

そのしょうもないプロジェクトを一応「成功」にこぎつけたので事業部では衝撃が走ったとか。上司が大喜びしていました。
ただ、切り落とした機能をサポートする次期バージョンの開発はすでに始まっていて、別チームによる開発なので私はかかわりませんでした。そのチームは私より全然できる人がリーダーをしていたものの、面倒な機能は全部そちらに「しわ寄せ」した感じなのでかなり開発が難しかったようです。

その後はこの成功がイメージインパクトになって、わりといい仕事が来ていたようです。大した実力もない私がそういう環境で仕事ができたのもそういう「錯覚資産」のおかげだったのですね(笑)

って、「錯覚資産」で自慢話がしたかったわけではなくて、若い人にぜひこういう「錯覚でもいいから実力の可視化」をしてほしいと思っています。

日々の細かい成果を積み上げるもよし、業務に関連した資格を取るのもよし、プレゼンの腕を磨くのもよし、流行を常に把握して仕事に生かすのもよし。
そして上司に、顧客に、先輩・同僚に「彼は○○がうまい、○○なら会社では彼が一番」という印象(錯覚)を与えることが、次の機会、成果を呼んで、さらに印象(錯覚)より強固なものにしていくでしょう。
そのくらい頑張らないと会社も仕事も楽しくないですもんね(笑)

林先生も、錯覚資産の環境は実力にフィードバックされるって言っているように、いずれ実力アップにもつながるので、錯覚資産のために注力しない手はないです。
頑張ってください、若い方々。

【今日の言葉】 ただやがて本当の実力が試されるときが来るので、メッキがはがれないように日々精進が必要ですね

CPUクーラー交換

久しぶりのPCの話題です。
この夏は猛暑だったわけで、セカンドマシンとして使っているPCは8年目に突入しているんですが、Phenom Ⅱ X6 1090Tのマシンで、OCとかしないで定格で使うからリテールクーラーで十分って思っていたのですが、この夏はPCから出てくる熱がものすごく、CPUファンのノイズがすごい。
これはファンが回る音というより、ゴーゴゴゴーって振動がすごい。PCケース全体が振動でうなっている感じ。
ああ、リテールクーラーファンのベアリングがいかれているのかもって感じです。

とはいえ、もともとAMDファンだったのに、いつの間にか1台、また1台とインテルに代わってしまって、このマシンは最後のAMD機になってしまったので8年目とはいえまだまだ使いたいって思っているわけで。

ということで、口コミをあさって音が静かで冷却能力の高いというCPUファンを購入してみました。

18cooler01.jpg
18cooler02.jpg


クーラーマスターの「HYPER 412R」というクーラー。
クーラーマスターの製品はサイズなんかと並んで老舗というほど有名なんですが、メーカー名だけでもなんか相当冷える感じがします(笑)

なるほど、これまで釜クロスとか兜クーラーとか巨大なクーラーを使ったことがあるんですが、それにも負けない大きさながら、サイドから風を当てるので、熱を吸った空気はそのままPCのケースファンに排出される感じでフロー効率が良さそうです。

取り付けもインテル用とAMD用のブラケットが付いている新設計。
なのですが、Phenom ⅡなどのAM3に取り付けるには、マザボに元々付いている水色の枠を外してマザボの裏にブラケットを取り付けなきゃならない。ようするにマザボをケースから外さないと取り付けができない。これは個人的には大工事です。
なので時間がたっぷりある休日に作業することにしました。

古いリテールクーラーが付いていた時がこんな感じ。

18cooler03.jpg

ケーブルがゴチャごちゃしていてマザボを外すのがかなり面倒な感じです。この面倒さが大工事なわけで(笑)
でもマザボを外してしまえばこちらのもんで、クーラーの取り付け作業は滞りなく進みました。

18cooler04.jpg

で、またマザボを戻すんですが、ケーブルがじゃまなので、それならこの際だからケーブルの整理もやってみようってことで、ネットでコツを調べたらノウハウがいろいろありました。

・電源のメインケーブルは裏から回す
・グラフィック用の12Vケーブルも裏から回せばマザボ上を這わない
・HDDの電源ケーブルも裏から回し、SATAケーブルも余分は裏へ
・ケースファンの電源ケーブルはマザボの下に通す
・使用しない電源のケーブルは束ねて裏に格納
・ケースのP/ON線とかLED線はねじりっこでくるくる束ねる
などなど。

15年前に購入したケースなので、裏に回したり、ケーブルを通す穴があるのかなと思ったらちゃんとありました。
で、こんな感じになりました。

18cooler05.jpg

こんなにすっきりするなんて驚きです。マザボの上にケーブルは全く這っていません。
奥さんがケーブル整理前後の写真を見て大笑いして「これはまさにビフォーアフターだね(笑)」って。

冷却効率がいいクーラーのおかげなのか、ケーブルを整理して空気の流れが良くなったせいなのか、Phenom Ⅱはアイドリング時でこれまで45℃あったのが32℃に冷えながら、ほとんど騒音はしません。
作業はちょっと大変だったのですが、これほど効果があるとうれしいですね。満足感ひとしおです。
これだからPCいじりはやめられません(笑)

【今日の言葉】 15年前のものとはいえちょっと高かったケースなので、ケーブル収納ができる作りだったようです。15年間まったく気が付かなかったけど(笑)

カメ止めCD

Twitterとかでは映画カメラを止めるな!の情報が行き交っていて依然として盛り上がっているわけですが、サウンドトラックCDが出るって話を聞いたときにいち早く奥さんに教えてあげようって思ったら、
「知ってるよ。もう注文したし」って。
ネットショッピングってなんて便利なんだといいつつも、いつも買い物で悩むことを楽しみにしているような人が速攻で購入って半端ない(笑)

ということで、今日、今さっきなんですが、届きました。

kametomeCD01.jpg

紙ジャケなんですが、大き目だし飾るのにいいかも。って飾る人なんかいるのか?
っていうか私はCDとかLPのジャケットを飾るのが趣味ですが(笑)

kametomeCD02.jpg

中身はこんな感じでポスターが入っていました。ネタバレになるのでポスターはここでは非公開とします(笑)
CDがまっすぐ「ONE CUT OF THE DEAD」が読めるように入っているって、まさか手作業で入れたのか、なんて思ってしまいましたが、いくらインディーズの映画のサウンドトラックとは言え手作業はないでしょう(笑)

で、早速聴いてみましたが、zonbeatがいい感じです。この曲大好きです。
まさに映画館の雰囲気がよみがえるのはサウンドトラックならではです。
また行きたくなりますね。
まあ、サウンドトラックなんだからそうでなきゃいけませんね(笑)

早速MP3にもしたので、通勤の時に使うMP3プレイヤーにも入れたし、クルマのUSBメモリにも入れなきゃ。
当分カメラを止めるな!の雰囲気が楽しめそうです。

【今日の言葉】 今日42回目のテークに行った人がツイートしていましたが、こちらはCDのリピートに浸ることにします

リピーター(笑)

映画「カメラを止めるな!」なんですが、8月13日に見に行ってからその後もまた見に行きたいとずっと思っていました。

今朝、朝食のあとに奥さんにそれとなく言ったら、
「え?見に行きたいの?」
って答えたかと思ったら、もうPCを起動してTOHOシネマズ小田原のサイトで座席予約状況をチェック。
「13時30分と16時と18時20分があるけどどうする?」って、あなたもう行く気でいる?
「私も 『また』 見たいから」って言う。

16時の回は周辺道路がまだ混雑する可能性があるので、18時20分の回に申し込みました。
13時30分と16時はかなり予約が埋まっていましたが、18時20分は余裕がありました。それでも公開して20日を過ぎている映画と思えないほどの予約状況ではありました。もうTOHOシネマズ小田原としては異例尽くしって感じの映画ですね。

ということで 「リピーター(笑)」 として2度目のカメラを止めるな!を見てきました(笑)

TCO180901.jpg

館内は最前列の島こそ空いていましたが、スロープになっているメイン席は8割がたふさがっている状況。これでも十分「入っているなあ」感はあります。

ネタバレなしの公式サイトで紹介しているレベルの話をすると、最初の37分ノーカットはやはり見ごたえがありました。
リピーターなのでその裏側を知っているから楽しみ方もまた奥が深くなっている感じです。
後半のトラブル発生時はハラハラしますが、てきぱきと対応するスタッフにちょっと感情移入します。
が、こういう次々発生するトラブルも実は・・・・・それ以降はネタバレになるので自粛(笑)

劇場用映画を能動的に自腹で2度見るっていうのは初めてです。若いころに家族で見た映画を友達とまた見たっていうのはありましたけど。
でもこの映画は2度見ても、2度目としての楽しみ方がある感じです。

2度見ることを別に推奨はしませんが、見て損はない可能性が高い映画といえるようです。
って実際に2度以上見たというリピーターは普通にたくさんいるということです。最新の情報では「鑑賞者がついに100万人を超えた」とか。軽く興行収入10億円突破ですね。

実はうちの奥さんは8月の下旬にも行っているので、今回が『3度目』となります。
「3度目は3度目で3度目ならではの楽しみ方があった」なんて言っています。いや、3度目はDVDか何かで見ることにします(笑)

【今日の言葉】 3度目って 「トリプルリピート」 ですね。すごいな(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター