FC2ブログ

風のクロノア1(ネタバレなし)

「風のクロノアdoor to phantomile」(以下クロノア1)はPSで1997年に発売になったゲームですが、名作と言われているのでゲーム好きの方は普通によく知っているタイトルだと思います。ところが私はPS2の「風のクロノア2」はプレイしましたが、このPS版の「1」は未プレイでした。なんてこった。

先日のスクエニが提供するゲーム番組「勇者ああああ」の「新人プレゼンター発掘オークション」企画で「クロノア1」の紹介プレゼンがありました。
プレゼンターの本田兄妹あやのさんは、いじめによる引きこもりでゲームばかりしていたそうですが、その中でも「クロノア1」がお気に入りで、力の入ったプレゼンをしていました。

klonoa101.jpg

ところがエンディングの話になると、

klonoa102.jpg

それに同調して審査員のノブオ先生も

klonoa103.jpg

とのことで二人で盛り上がっていました。
そして結論はこんな感じでプレゼンをまとめていました(笑)

klonoa104.jpg

このところレトロゲームの攻略をライフワークとしている感じの私はがぜん「クロノア1」をやりたくなってしまって、早速後日ゲットしてプレイ開始。
「マジカル・ホッパーズ」なんかより全然やりやすいアクションゲームで、ドアを開ける仕掛け解除のタイミングがシビアだったり、ボスが何気に難かったりしてかなり楽しい。しかもグラフィックはきれいだし、キャラもかわいいということで、ナムコの本気度がわかる良質のゲームでした。

ところがエンディング。
これはないでしょ。
「エンディングを見た時、死にたいと思いました」と言ったのも、「ラストの衝撃でゲロを吐くと思います」と言ったのもよくわかります。
まさにその通りです!
かわいらしさに騙されるアクションゲームDEATH!

このエンディングが作品を台無しにしているとまでは言いませんが、ハッピーエンドのゲームがありすぎるからこういうふうにしてみたっていうのにもほどがありますって感じです。

本作はその後Wiiなどにも移植されていますが、エンディングは一緒なのでしょうか。だとしたらかなり残念かも。機会があったらPS2とかWiiの移植版もやってみようと思います。どんなエンディングなのか確かめてみたいです。

【今日の言葉】 とはいえ、やはり名作と言われるだけあって、プレイしてよかったと思ったゲームではあります
スポンサーサイト



DEOCO

高齢の方とすれ違うと、いわゆる加齢臭がその人からずっと尾を引いて臭うことがあります。思わず振り返るほど強い人もいたり(笑)
自分もそういう臭いが気になる年ごろなので気を付けようと思っているわけで、その対策ということでデオドラント製品にはいろいろと興味があります。その昔石鹸メーカーに勤務していたことがあるので、どういう製品が体臭コントロールに有効かは知っているつもりです。

そういうわけで、加齢臭の成分を最初に突き止めたという資生堂の「ジョイフルガーデン」という製品を使っていたのですが、使ってみればその日から「臭いが気にならなくなった」という奥さんのコメント。さすが資生堂はすごい!って思いました。

ところがこのジョイフルガーデン、あまり売れなかったのかAmazonでも売価が安いなって思っていたらいつの間にか商品が廃止になってしまいました。
なのでしょうがないから奥さんとシャンプーやボディーソープを共有して丁寧に洗うことを心がけていました。

そこへきて最近、ロート製薬の「DEOCO ボディクレンズ」が話題に。
女性向けデオドラントボディーソープなんですが、そのデオドラント効果とフローラル系の「女の子の香り」でおじさんたちの人気が爆発(笑)
250ml入りの「お試しボトル」はAmazonであっという間に売り切れたそうで長期欠品状態とか。

ちょっと興味があったので、近くのドラッグストアに行ったら普通に売っていました。こちらはお試しではない定番品の350mlですが。

Deoco01.jpg

女性は30代になると、10代20代にあったラクトンC10/C11という香り成分が減少してくるとか。このラクトンC10/C11が「女の子の香り」なんでしょうね。
具体的にはラクトンC10がキンモクセイの香り、C11がココナッツ、ピーチの香りだそうで、この組み合わせは「甘いフルーツフローラルノート」ってことになるのですが、個人的にはイメージとして女子の香りに結びつきません。

で、使ってみましたが、泡立ちが良くて洗い心地はとてもいい感じです。商品名をボディクレンズと呼んでいるだけあって、液は白泥(吸着剤)を含んでいるので液体コンパウンドのようです。っていうかまさにそれです(笑)
香りは予想通りのフローラルノート。これはカネボウナイーブや柔軟剤のレノアにもあったような気がします。
使用後は「女の子の香りでいっぱい」って感動するおじさんがいたとか聞きますが、使用後も普通にフローラルな香りです。
うちもそうなんですが、家族に女性が多い家だと普通にお風呂上りはこんな香りになるんじゃないでしょうか、って感じです(笑)
女性好みのフローラルノートなのでやはり女性向けに特化した製品だというのがよくわかりました。

ただ少しして気づいたのは、香り自体はそれほど強くなくても、その香りが長続きすること。おそらくこれが白泥の効果で、皮膚表面の角質のしぼしぼに白泥の粒子が入り込んで香りを保っているのでしょう。「8x4」とかと同じ理屈ですね。そういう意味ではデオドラント効果はかなりのもののようです。
「DEOCO」のネーミングに偽りなしと実感。

それを聞いた奥さんも早速使ってみたようですが、石鹸ではないので使用感はさっぱりして良好だったものの、肌がピリピリするって言っていました。ボディーソープとしての成分自体は低刺激なので白泥のせいかもしれません。

淡い香りのデオドラント製品が欲しかったところなのでもう少し使ってみようと思います。

【今日の言葉】 ロート製薬には男性向け製品「デ・オウ」がありますが、スパイシーで「気取ったオヤジ風」の香りなので私はパスです(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター