URAKARA ~ KARAに降参

以前にも書いたのですが、少女時代とかKARAとか見るとファンになるかも知れないので見ないようにしようって思っていたのですが、KARAの名前を冠にしているドラマが始まるってことで、まあブログネタ程度にはなるだろうって見てみることにしました。

もともとKARAのリーダー:ギュリの明るすぎる茶髪のカーリーヘアが苦手で、しかもメンバー全員がつり目のアイメークしているのが大減点で、みんな同じ顔に見えるってことで、Pixivなんかにも絵をアップした次第。

ところがUAKARAが始まる直前に番宣が入りました。こんな感じ。

URAKARA01.jpg

なんだよ、ギュリが黒髪でかわいいではないか。これは反則だ、やばいぞって思ったけどもう遅い。

URAKARAのオープニングはいきなりステージメイクでアレだったんですが、

URAKARA02.jpg

ドラマでは、ギュリが茶髪カーリーであることを除けば、みんなナチュラルメイクでかわいいではありませんか。

童顔のスンヨンとお嬢様系ジヨンのかわいさは強烈。ってことで、あっけなく降参です。
応援することにしました。
次にカラオケに行ったときは、「ミスター」とか「ジャンピン」を歌うことにします。

URAKARA03.jpgURAKARA04.jpgURAKARA05.jpgURAKARA06.jpgURAKARA07.jpg

ドラマの方は、何故かロボット社長が出てきたりって訳がわからないところが、TX系の「ドラマ24」枠ならではって感じなのですが、なんとなくデジャブーなのは、ノースリーブスが出ていた「メン☆ドル」と何となく似た雰囲気だからでしょう。
なんか「メン☆ドル」っていうと懐かしいほどですが、あの頃はノースリーブスもAKB48もここまで売れるとは思っていなかったし。

しかも実際にソウルでロケしたようで、わりとまじめに作ってあります。
数年前に「NHKハングル講座」で韓国語を勉強したので、ハングルの台詞もわりとわかって楽しかったりします。っていうか改めて勉強になったりもしています。
どちらかというと嫌韓派なのですが、それとこれとは別。韓国語がわかるとこういうドラマも別の楽しみ方があるってことで。特にKARAのように若い女の子が話す「ヨ抜き」のタメグチハングルはきいていて楽しいし。
むかついた顔で「アラッソ~!」っていうのもいいもんです。

韓国では2001年頃「4文字アイドルグループ」というのが流行っていて、その頃のグループにしては若いなあと思っていたのですがぜんぜん違っていたようです。
あのころは「BONITA」とか言って江川有未ちゃん率いる4人組が、バラエティ番組の企画の一つで韓国デビューしたのですが、1年持たなかったような。当時の話では、韓国の芸能界は、一般人とのギャップが激しくて相当な技量がないと売れないなんて言っていました。その点KARAは、芸能人と一般人の敷居をずいぶんと下げているとか。韓国のアイドルも日本のアイドルのようになってきているのですね。

【今日の言葉】 韓国で「会いに行けるアイドル」っていうコンセプトはまだ行けるかも、ですね





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター