ブルーレイドライブ

このほどようやくPC用のブルーレイドライブ(BD)を購入しました。

DVD-Rドライブは発売になってからわりと早く購入したのですが、当時は3万円ほどしてかなり無理して購入したのですが、その後半年ぐらいで2万円を切ったりしてかなり悔しい思いをしたので、BDの場合も「1万円を切ったら買う」って決めていて、このほど通販サイトで9980円になっていたので速攻で購入。決心したのが2008年の8月だったので、2年半越しの「夢の実現」なわけですが、「決めたことをしっかり守った自分」にわりと満足していたりします。

bdr-lg.jpg

ちまたではたびたび信頼性の低さがささやかれるLG製ですが、それを選んだのは同じ業界の人間としてわりとLGの光ドライブの技術の高さを評価しているからです。逆にパイオニアとかヤマハとかは、内部事情がよく分からないのでLGやリコーほどほど信頼できなかったりします。でも結局はイメージとコストパフォーマンスだったりしますが。

今回のBDドライブは、バルクで1万円を切る価格ながらPowerDVD9が付いてくるってことで、ブルーレイディスクを見られるだけでなく、DVDも高画質で見られるってことで期待して早速インストール。

ところがどうしてでしょう、PowerDVD9を起動しても再生ボタンを押すと1秒ほどで落ちてしまう。
PowerDVD9がお化けのようにドロンと消えてしまう。

調べてみると、ディスプレイドライバの機能を活用しているので、ドライバが古いとBDが見られない場合があるという。ならってことで、ATIというかAMDのサイトに行き、最新版のドライバをダウンロードしてインストール。
それでもダメです。相変わらず再生して1秒後にソフトが落ちてしまう。っていうかアプリケーションクラッシュという感じ。

「自分に起きていることは必ず他人でも起きている」っていう法則にのっとってネットで調べまくりました。
条件は、「WindowsXP、AMD780チップセットのATI RADEON HD4200」なのですが、情報は皆無。なんだ、自分だけなのか?って頭を抱えました。まさか、XPでブルーレイはダメなのか。そんなはずはないのだが。

と思って、マルチブートのもう片方のWinodws7を起動してインストール。
まったく同じハードで動いているにもかかわらず、何も問題なく起動できて、ブルーレイのバイオハザードが視聴できました。もちろんDVDも再生OK。ディスプレイドライバもそれほど新しくないのですがちゃんと動いています。

やはりXPだとPowerDVD9でブルーレイは無理なのか、と思いました。でもブルーレイを見るたびにWinodws7を起動するのは面倒だな。

次の日に、ATIのユーティリティーであるCCCっていうのを起動してAVIVOという設定をしようとしたらエラーになります。
エラーの内容が「MMACEPrev.exeの異常終了」何これって思って調べてみたら、マイクロソフトのHotfix953028に行き着きました。

http://support.microsoft.com/kb/953028/ja

これって、6コアのPhenomII X6をWinodwsXPで動作させたときに起きる問題ではないか。
セガサターンのエミュレータSSFがこの問題で動作しませんでした。

試しにBIOSの設定で2つのコアを殺してみるとPowerDVD9が動作してBDを見ることができました。
マイクロソフトからパッチが出ているのでそれを当てたら問題なく6コアでも動作しました。

やれやれ、これで安心してXPでブルーレイを楽しむことができます。
PhenomIIやi7のマルチコアでWindowsXPを使っている方はご注意を。っていうか、情報のなさからXPがもう少数派であることを実感したりもしていますが。

【今日の言葉】 BD-RとBD-REのメディアも買いましたが、まだ焼いていません。っていうか25GBって以外と用途がなかったりして



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター