段落

職場で事業企画書なるものを作るはめになって10年ぶりでマイクロソフトワードを起動しました。

というとちょっと信じられないかも知れませんが、会社の報告書等の文書は、A4かA3「1枚で」作るのが原則、っていうか自分が部下にそうさせているから自分もそうしているわけでなんですが、1枚で作るときの最適なソフトはエクセルなわけで、表はもちろん図も扱いやすいし、1枚をはみ出してもシームレスな縮小で必ず1枚で印刷できるし。パワーポイントとの整合性もらくらくだし、やろうと思えばDB連携のみならず、システムデータの書き換えまでできるマクロが組めるエクセルはオフィスのホームラン王ですと言ってはばかりません。

そんなことだから10年間ワードで新規ファイル作成の機会がなかったのですが、そもそも日本語ワープロとして凶悪すぎる仕様が使うのをためらわせるに十分でした。

勝手についてくるインデントや箇条書き、段落はもう最低でしょう。
リターンキーを押すたびに行の先頭に「・」が付いたり。
それ以外にもスペルチェックやヘッダーやフッターとか見出しとか訳のわからない大きなお世話がありすぎ。

今回も事業企画書を作り始めたものの、行間隔を詰めるだけのことも思うようにできなくて、やり方をググって調べたり。
一時が万事その調子なので慣効率の悪いこと悪いこと。

もともとUNIXな人なので、文章はテキストエディタでガーーーっと入力してから、体裁を調整する感じで編集するっていうのがやり方だったのですが、ワードはこの体裁の調整がうまくいかない。こちらのイメージ通りにことが運ばない。もうストレスがたまる一方。
どうして一文一文きっちりと調整できないのだって思うわけです。箇条書きで改行すると頭に「・」が勝手に付くし。

だいたい段落って何なんだ。おかしいだろ。って思って、本当にいまさらなんですがリファレンスで調べてみました。

そしたらなんと、

ワードの言う段落は、一般的な段落と意味が違うのですね。全然知りませんでした。

一般的には、段落とは、複数の文で構成され、あるひとつの意味をなす文のまとまり。

ところがワードでは、「入力してからエンターキーを押すまで」が段落なのですね。
この記号までが段落。従ってこれを段落記号というらしい。

w_danraku.jpg

おいおい、それって「行」ではないのか。
いやいや、行は「シフト+エンター」でこの記号なのね。

w_kaigyo.jpg

そうか、ワードの言う段落ってそういうことだったのか。

って理解したら、書式とかいろいろなものが「段落単位」に設定できるっていうのが理解できました。っていうかあの凶悪な仕様が理解できました。そのお陰で文書作成効率がぐーんとアップ。人が入力、作成した部分をマージしても、サクサクと体裁の調整ができるようになりました。
いままでなんだったんだよ、って言うほど。

それでも、アウトライン表示にきりかえて、見出し属性を作って目次を作るって言うのは、わりと面倒。っていうか、自分が作りたい目次にならないのがまた問題。

段落は理解できたけど、ワードとの格闘は当分続きそうです。

【今日の言葉】 ワードは使っていると、つくづく「英文ワープロの日本語版」であると痛感しますね



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もWordよりEXCEL派です。
Wordの段落と改行は、だいぶ前に知ったのですが、それを理解しても、せめて
  改行→リターン
  改段落→シフトリターン
にしてくんないとヤダ!
と体がいうこと聞きません(笑)

ほんと使いたくないソフトです…
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター