節電

会社では輪番休日とかに入って節電対策モードですが、18日の海の日は普通の祭日ってことで会社は休みだったのですが、ちょっとした用があって出社しました。フロアは誰も出ていなくて、当然空調も切れていたのですが、表は台風の影響で曇っていたものの、この季節空調がないとこんなに暑いのですね。っていうか湿度が下がらないため、汗をかいても蒸発してくれないのでなおさら暑さを感じる。これはたまらんってことで、早々に用を済ませて帰ってきました。

家でもずっと節電モードで、エアコンを使わないよう、日よけをしたり、風を通したりでしのいできましたが、台風が近づいてぐっと湿度が上がったため控えめにエアコンを使いました。除湿だけでもこれほど快適なのですね。

原子力発電所の事故の影響は依然として尾を引いていてニュースが耐えませんが、菅直人首相が脱原発を宣言してしまって政府方針と乖離した発言であると批判が噴出し、個人的意見と釈明したり、今ひとつ政府の原発行政のコンセンサスが固まっていない印象を受けます。

どうして政府の長が脱原発を軽々しく言ってはならないのかといえば、旧態依然な言い方になりますが、「発電能力イコール経済の大きさ、国の大きさ」だからなんですね。GDPとかと同じように国の大きさがわかる。その図式に沿って政府は原子力行政を進めてきたわけで、これを否定するのはやはり総理大臣としてはあってはならないこととなるのでしょう。

恐らく菅さんは「ドイツやイタリアが脱原発を表明してかっこよかったから自分も」って思ったのかも知れませんが、もともと向こうは原発大国フランスから電力を買うことを想定しているし、恐らくこれまでもそういう路線だったのでしょう。だからすぱっと決断できたようです。
韓国は電気料金が激安だっていいますが、韓国から電力を買うことを想定したり、成長著しい中国の電力会社から購入することを想定するなら日本の脱原発も可能かも知れませんが、大陸の人たちはデフォルトで小ずるいので、電気が欲しければああしろこうしろと内政干渉してくるでしょうね。
原発廃止はしてもいいけど、この時期「宣言」なんて必要あったのかなと思いますよ、菅さん。

国民のというか、東電管内の節電意識がかなり高いようで、現在のところ政府の目標とする15%の節電は行けそうとのことですが、「節電をしないのは非国民」みたいな行きすぎた節電意識があるようで、これもまあ想定通りという感じです。
ただネットで見ていると、この節電の目的を取り違えている人が結構いるのがわかります。本来は関東地方、とりわけ首都圏の大規模停電を防ぐための節電であって、電気を使うなというのではなく、効率良く使って欲しいと言うことのはずなのに、「節電すれば、浮いた分のコストが復興に回る」と大きな勘違いをしている人がたくさんいるらしいです。こういう勘違いをしている人が、この時期にエアコンを使うなんて非常識だなんて発想になるのでしょうね。
節電をいくらやったって、被災地の復興に寄与しませんよ。

この猛暑の中、各企業も家庭も店舗も、やれLED電球だなんだと節電して耐えているのですが、当の東京電力は当然全く電気を使わないほど「超節電」をしているのでしょうね。

【今日の言葉】 東電はまったく節電なんかしていないって噂もあります。まあ電力はかなり余裕があるから使わないと無駄っていうのもわかるのですが、そんな東電から電気を買いたくなくなります。「電力のマイライン」を誰か考えてください


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター