カラオケの後はカラオケ

以前このブログで行きつけのカラオケ店が閉店したことを話題にしたのですが、じゃその後はどうなったのだろうって気になっていたのですが、なんとなんとカラオケ店になっていました、っていうかカラオケ店のままでした。ちょっと目が点になったのですが、残念がっていただけにちょっと脱力感がありました。

店の名前が変わったのですが、以前はコ○トダジュールという全国展開のチェーン店だったのですが、新しい店は聞いたことがない名称。ネットで調べると、数店同じカラオケ店があるようですが本部とかがないみたいです。ボランタリーチェーンのカラオケ店っていうのはあるのでしょうか。

ということで、新装開店直後のきれいなうちに行っておこうと思い行ってきました。

店はほとんど旧カラオケ店のままでした。ネオンサインの看板も「カラオケXXXXXXXX」の店名があるところを外しているだけ。要するに流用しまくり。

いちごトライフル

新装開店の店内はどうなんだって思ったら、全然新装ではありませんでした。マシンはDAMの最新機種が入っていたものの、エアコンはたばこのヤニがついたままの状態でがっかり。

なんか店内の管理もいまいちで、トイレ掃除の記録簿とかなくなっていたし、店内の注意事項の表記とかも見あたりませんでした。店員の応対も、悪くはないのですが、どこか教育訓練がされていない印象がありました。
カラオケなんか部屋にはいって歌えればどうでもいいのですが、やはりそういうところって気になりますよね。

料金は、ワンオーダー制でほとんど旧店と変わらないのですが、気になったのは会員登録とかレジがないこと。料金を払ってもレシートをくれませんでした。

旧店は地元企業と法人契約をしたり、老人会、婦人会との連携や、イベントとしてカラオケ大会など積極的に開催して地域とのコミュニケーションをは図っていたようですが、今度の店はそういうのもない。カラオケなんか歌って楽しめればいいじゃんとは思うのですが、なんか店が変わって怪しさを感じるのは私だけでしょうか。

本当に久しぶりのカラオケだったわけですが、この1年で変わったなあと思うのはAKB48の扱い。
今回もAKBやNMBの曲を何曲か歌ったのですが、1年前の「ヘビーローテーション」以前は、DAMでさえも曲が揃っていなくて、AKBはまだまだだなって感じがあったし、ましてやアンダーガールズや派生ユニットの曲なんか全然選べない状態でした。それこそAKB全部で6曲ぐらいしかエントリーされていなかったような。

ところがヘビーローテーションのヒットあたりから急に充実しだして、「僕のYELL」が入っていたときは感動したのですが、今やAKBはインディーズ時代の曲も選べるし、メジャーリリースの曲はほとんどがPVがそのまま映像になっています。でも歌っていて、前田敦子や大島優子のアフレコをやっているようでちょっと違和感がありますね。

この店は機種がDAMだけになってしまって、他の機種にしかなかったレアな曲が選べなくなってしまったのですが、どうせ下手なのだからその辺はガマンして、気が向いたらまた行きたいと思います。

【今日の言葉】 この店ちょっとやばいでのですが、これからだんだんいい店になってくることを期待しましょう



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター