新型スイフト・スポーツ

長い間世界各地のモーターショーなどで「スイフト Sコンセプト」と呼ばれていたコンセプトモデルが、ついに「新型スイフト・スポーツ」として発売されました。

そのせいなのかどうかわかりませんが、11月下旬からスズキのサイトは激重状態でとても閲覧できる状態ではなかったのですが、12月1日午前0時頃から急に軽くなって快適に見ることができるようになりました。

スイフト・スポーツは、「Sコンセプト」がほぼそのままの状態で発売になりました。

suisupo.jpg

旧モデルに比べてベース車両からして相当リファインされていたし、エンジンの改良だけでなく装備も本格的で相当なスポーツっぽさを醸し出しているのですが、これは旧モデルに比べて相当高価になるだろう、200万は超えるだろうって思っていたのですが、なんと168万(マニュアル車、税込み)という低価格。

ずっと検討していた「G's ヴィッツ」が189万(MT/CVT同価格、税込み)であることを考えるとスイフト・スポーツの価格は相当安い。フィットRSやデミオSportに比べても安い。
それでいてエンジンはスイフト・スポーツ専用1.6リッターだし、6速MTだし、外装や内装はクラスを超えたクオリティだし、17インチタイヤやモンローのショック採用ってことできっちりチューニングもしているようで、その価格でそこまでやるかという感じで大ヒット間違いなさそう。っていうか、スイフトを買う人はほとんどスポーツを選びそう。

愛車アルテッツァは、車検直後だし、ミシュランの山はたくさんあるしってことで買い換えはまだまだ先ですが、300万近くする高価なハイブリッド車でガソリン代を節約っていうのは本末転倒な気がするし、安くて軽くて楽しいクルマでがんがんガソリンを使う方が文化だと思うのですがどうでしょう。

とにかく、買いたくなる車がだんだん増えてきてうれしい限りです。

【今日の言葉】 次はトヨタ86ベースのFRスポーツセダンです。出てこい出てこい


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター