朝青龍関引退(その3)

バンクーバー冬季五輪が始まって、ようやく朝青龍関の話がマスコミから消えたようですが、彼の引退は相撲界にとって大変な損失だとなぜもっと騒がないのだろうって思います。

内舘牧子って言う人が、ことある毎に朝青龍関に「横綱としての品格」を口うるさく言っていたようですが、品格がなかったのは相撲協会や親方連だったのではないかと思います。

弟子の死亡しごき事件や、八百長事件などそれこそ不祥事が絶え間なくが続いて品格を落としまくっていたのは親方や相撲協会の方でなかったかと。横審や内舘牧子とかいう人たちがチェックすべきは、朝青龍関ではなくてこっちだったのではないでしょうか。
さらに、横綱という協会として一番守らなきゃならない大看板を、あろうことか引退勧告するというのは自殺行為ではないかと。

朝青龍関引退で事態の収束を図るのではなく、大看板を失ったそのことについても相撲協会や親方連の責任を明確にしてほしいものです。

【今日の言葉】 日本人の強い力士が育たないのも、こういう旧態依然としたシステムが影響しているのかも知れません
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター