指原ショック

指原莉乃が芸能ニュースを騒がせています。なんか研究生時代にボーイフレンドがいたとかいなかったとか暴露されたようで、アイドルファンでも何でもないうちの奥さんがけっこうこの話題で盛り上がっています。うちの奥さんの口から「指原」ってワードがでるとなんか違和感を感じたり。指原莉乃ってそんなメジャーになったのかなって思ったりするのですが、なったのでしょう。総選挙4位だし。6/16時点では日本のグーグル検索ワードのトップだったり。

ということで、推しメン指原の私としてもこの話題を扱わなければブログではない、ってところまで追い詰められた(?)ような感じなのでひとことだけ。

AKBプロデューサーの秋元氏は、指原の何が気に入ったのか知りませんが、肩入れしすぎのような気がします。
秋元氏の好みってなんか偏っていて、前田敦子とか松井珠理奈とか山本彩とか。
でもこの3人はしっかりセンターを張れたし、アイドルとしてまあまあオーラもあるし、根性もしっかりしているからいい。
でも指原はどう見てもこの3人に比べると格が落ちるというか、素人っぽいというか。

指原の「へたれ」キャラを早くから立てていたのはテレ東の後藤P。今の指原を確立したのはほとんどこの人のおかげみたいなもん。ああ、この人も秋元氏と同い歳か。
なんかこのあたりの年代って指原に反応するのでしょうか。(え!?自分?)

秋元氏は、指原はイエローカードで、長い会議の末HKT48に異動ということになったと言いますが、この1年余、「さしこのくせに」とか「ミューズの鏡」とかで売り出していたし、いいともレギュラーとかソロデビューってことで、「投資の回収」が十分にできていないのが気になったのではないか。さらに総選挙4位ってことで、太田プロとしては前田敦子、大島優子につぐ第三のアイドルとしてようやく認知される時期だったので惜しかったのではないか。

ただどうなんだろう、HKTに行ったら指原はセンター確定なのでしょうか。
ここまで育った商品を全面に出さないってわけにはいかないでしょう。
HKT48の認知を高めるきっかけにしたいのでしょう。

でも旧来のコアなファンも、一般のライトなファンも、今回の突然の異動に納得していないのではあるまいか。
特に「よねちゃん」や「なっちゃん」のときみたいにどうしてすっぱり切らないのかって思うファンもいるわけで。
どうも最近の「48グループ」は納得に行かないことが増えているような気がします。

この「指原ショック」が、「48グループ」の人気崩壊のきっかけにならないことを祈ります。

【今日の言葉】 この2012年はAKB48のゴールである「東京ドーム公演」があるわけで、それが終わったらすっぱりやめてしまうっていうのもアリかもしれません




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター