トヨタ新型オーリス

昨日は近くのトヨタネッツ店にこのほど発売になった新型オーリスを見てきました。

エクステリアは、最近のトヨタのデザイントレンドを踏襲しつつ、一番新しいモデルとしての存在感があるいいデザインだと思いました。ちょっとこれがオーリス、でいいのかというほどの変貌ぶり。
しかもRSというモデルは6速MT専用というところが、マニュアル車乗りとして待ってましたという感じです。
ただ走りの6速MTと言う割には、カタログにエンジンとか足回りの写真が1枚もないのはどういうことだと思いました。ホンダなんかだとカタログでつらつらメカや技術の解説をするところなのに。

前のモデルは、地味というかいまいちというか、これでドイツのゴルフに対抗できるのかという感じで、開発者の金森さんという方の話を聞いていても、なんかクルマ作りっていう「仕事」をしました程度にしか見えず、日産やホンダの開発者に比べるとあまりにもサラリーマン的で残念だったのを覚えています。そういうさめた仕事のアウトプットっていうのは、それなりの成果しかでないもので、それなりにしか販売成績を残せなかったようです。

今回はその反省があるのか、先のヴィッツよりも洗練されていて、欧州テイストと言っても、ドイツ車にもフランス車にも似てなくて、どちらかというとイタリア車に似ているところがとってもいい感じです。といってもそこはトヨタ車で、イタリア車と並べてみれば、イタリアの人には日本車に見えるだろうというところがまたすごいと思います。

こういう欧州風国産車が出ると袋だたきにしたがる、安い欧州車オーナーが多いようです。
やれ「足回りが柔らかすぎる」とか「これではアウトバーンは走れない」とか「高速で燃費が悪い」とか「1.8リッターは大きすぎ。トレンドは1.4リッターターボ」とか利いた風なこと言うわけです。

アウトバーンがどんな道路なのか、じんじんさんというかたのブログに詳しいのですが、リポートを読んで私には想像を絶するものであることがわかります。
国産車を批判する安い欧州車オーナーなんか走ったことがないだろう、アウトバーン。
ゴルフとかアウディとかアウトバーンを走るとすごいらしいですが、日本仕様は別でしょう。日本仕様の安い欧州車をべらぼうな値段で買わされて、何を言ってるんだかと思いますよ。

ちなみにハイブリッドのヒット作プリウスは、アウトバーンではダメダメらしいですね。燃費はガソリンのカローラより悪いとか。いや、ハイブリッドシステムそういうものだから。渋滞が多い日本とかアメリカの都会でメリットがあるのですよね。ヨーロッパの田舎を走るラビットあたりと一緒にしちゃいけないようです。

我が家のポストアルテッツァはスイフトスポーツとほぼ決めていたのですが、ちょっとリセット。オーリスの内装とかトランクスペースとか見たら、ちょっとスイフトは厳しいかなと思うようなりました。ただ展示車のシートがちょっとヤワだったのが気になります。

MTの試乗車を準備してくれるということなので、週末に乗ってきます。

【今日の言葉】選ぶべきクルマが少なかったからアルテッツァも12年目なわけですが、そろそろ乗り換えかなあ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター