国の借金、過去最高の983兆円

時事通信でこんなニュースが。

「国の借金983兆円=国民1人771万円―9月末
 財務省は9日、国債や借入金などの残高を合計した「国の借金」が9月末現在で983兆2950億円に膨らんだと発表した。前回公表の6月末に比べ7兆1098億円増え、過去最大を更新し続けている。10月1日時点の推計人口(1億2753万人)で割ると、国民1人当たり771万円の借金を背負っている計算になる。」

日本経済新聞なんかも同じような報道をしているわけですが、ちょっと待ってください、です。
なんかマスコミのくせにおもしろおかしく、または読者をびびらせるために「国民1人あたり771万円」なんて報道をしているとしか思えません。

「国民の数で割ることに意味があるのでしょうか」

国債を買っているのは国民だし、国の借入金の原資は銀行や郵便局の預貯金だし、
国民は債権者のはず。
国民一人あたりいくらなんて表現はそもそもおかしいのです。

それなら文鳥1羽あたりいくらとか、1年間に生産されるキャベツの数で割ったりとか、年間の交通事故数で割ったりとかやればいいんです。キャベツ一個あたりウン億円とか交通事故1件あたりウン億円とか。
そんなの意味がないっておっしゃるのなら、国民一人あたりも全く同じでしょう。
別に国民が借金をしているわけではないのですから。

もう一度言います、国民は債権者なのです。
国債発行額、借入金額を国民の数で割るのは何の意味もないのです。
こういうことを得意げに報道するマスコミは恥を知るべきでしょう。

発行した国債を、海外ではなく国民が購入しているうちはこの国の財政は大丈夫です。ギリシャのようにはなりません。

【今日の言葉】 日経ってば、相変わらずダメ新聞ですね。こんな報道してて何が経済新聞だと思います


珍しく追記です。

ネット上でも同じような意見やその通りだという反響があり心強いです。

国の借金なのだから、「国のパラメータ」で割り算する分にはかまわないと思います。
たとえば「国会議員一人あたり」とか「公務員一人あたり」とか「歳入何年分」とか。

国民の借金でもないのに国民一人あたりっていう表現はふざけた話だし、非常に失礼なことです。マスコミならその辺に気づかなければいけない。
さらにそういう表現は、政府による消費税をはじめとした増税の方便にされかねないとんでもない危険性をはらんでいるわけです。

そもそもこの借金は減らす必要もないのです。仮にこれをゼロにしてもうれしい人はあまりいない。っていうか、借入金を拠出している金融機関が金利をもらえなくなるからデメリットの方が大きいのかも知れません。
政府は減らすことより増やさないことを目標とすればよいのです。
「私の内閣では国債を発行しなかった」ならばたいしたものだとほめられてしかるべきと思いますから。

とにかく、こういう記事は財務省の増税の方便にされそうなので、その辺に注意しましょう。

【追記の言葉】 自分が相当この記事に頭に来ていることに気づきました


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター