ホンダIMAシステム

またまたクルマの話題です。

月間自動車販売台数のトップはトヨタのハイブリッドカー、プリウスやアクアが独占している感じですが、ホンダのハイブリッドはフィットハイブリッドがそこそこに売れているものの、一時期低価格でプリウスを脅かしたインサイトはまったく売れていない状況だそうです。

トヨタのハイブリッドシステムは、エンジンとモーター、バッテリーのきめ細かい制御によりドライバビリティとエコを両立した優れたもののようで、片やホンダのIMAシステムは、モーターアシストの「MA」で、エンジンにモーターをつけた簡素なもので、簡易版ハイブリッドといわれていて、「これでは正式なハイブリッドと呼べない」とこき下ろされました。
このブログでも「電動補助自転車と同じ」と書いたこともありますし、今でもいろいろなサイト、ブログでハイブリッドとしては否定的な意見も多いようです。

ところがトヨタのシステムでは実現できない特長があります。「マニュアル車の設定」です。
エンジン主体のIMAシステムでなければできません。
トヨタのシステムでMTをやってしまったら、ハイブリッドのメリットを大きく損なうでしょう。

この「IMAシステム+6速MT」がスポーツカーCR-Zに搭載されすごいなあと思ったのですが、2シーターで荷物もそれほど積めなくて、しかも昔のアメ車みたいな変なデザインでは250万の大枚を出す気にはなれません。

やはりハイブリッドカーはプリウスしかないのか、でもMTがないから選べないなって思っていたところフィットハイブリッドが出たのですね。しかも6速MTのハイパフォーマンスグレードであるRSで200万を切る価格で。動力系システムはほとんどCR-Zと一緒とか。

FitHBRS.jpg

商品企画としてこういうクルマを展開してくれると、IMAシステムを絶賛したくなります。ちょっと調べれわかりますが、まさにハイブリッドカーのコペルニクス的転回なのですよ。

・エコカーはまずエンジン主体であるべき
 これは昔のCVCCや最近のマツダのスカイアクティブにつながる考えでいいと思います。
・これに補助的にモーターをつけて、加速をアシスト
 燃料をとんでもなく消費するのが、発進・加速なのでモーターの大トルクでドライバビリティを向上しつつ燃料節約。
・減速時はモーターが発電に回りエネルギーを回収
 モーターはフライホイールの機能も兼ねるので、エンジンをなめらかに効率的に回すそうです。
・シンプル、コンパクトで低コスト
・構造的にマニュアル車が可能
 個人的にはこれが一番大きい

加速時に過給器(ターボ)の代わりに、大トルクのモーターでアシストするっていう発想がすごい。まあそれがIMAシステムというもんだと言われればそれまでなんですが。
ガソリン車って定地走行ではすごく燃費がいいので、加速時さえ燃料の消費が押さえられればかなり燃費が良くなるはずなんですね。しかもホンダは気筒休止とか、マニュアル車でのアイドリングストップとかの技術も持っているので、もう立派なハイブリッドカーです。

団塊の世代を中心にプリウスが人気で、燃料をなるべく使わないでクルマを走らせることが金科玉条のように思っている人が多いようですで、そういう人に限って独りよがりのまったり運転が多く、前にプリウスがいることを嫌うドライバーも多いとか。

ドライバビリティを損ねたクルマなんか意味がないと思います。燃費がいいプリウスならがんがん飛ばせよって思うわけです。
プリウスは大きくて重いからきびきび走るのは無理なのでしょうか。

正直、個人的にはハイブリッドであるとか、燃費がいいとかはわりとどうでもいいのです。ホットモデルであるフィットRSに強烈なトルクをアシストするモーターが付いて、しかも200万円で買える。こんなすばらしいことはないじゃありませんか。
と言いつつも、もう少しアルテッツァに乗っていたいというジレンマの日々。
次期導入車の最有力候補ではあるのですが。

【今日の言葉】 ハイブリッドRSなんて名前ではなく、「エレクトリックターボRS」とかすればいいのに



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター