ブラック企業

12月になり大学生の就活が本格的にというか解禁になりましたが、依然としてブラックを選んでしまう学生も多いようです。っていうか入ってみたらブラックだったっていうパターンなので就活時点ではわかりようがないのが問題なのですが。

ブラック企業を、良く言われる「仕事がきつすぎる。残業代が出ない。社会保険とか未加入。パワハラが横行」と定義すると、こんな業種が多いようです。もちろん必ずしもそうとは言えませんが。

・飲食店チェーン企業
・システム開発
・健康食品などの飛び込み営業の企業
・投資型マンションを扱う不動産業

で、やはり気になるのは同じ業界にいる「システム開発」の会社ですね。
どうして「システム開発」の会社にブラックが多いのか。

知っている範囲で申しますと、
(1) システム開発のほとんどが、システム仕様をまとめるRFPの作成とシステムができてからの不良対策なんですね。
  いずれも人のパワーに依存していて、いくらでも時間がかかる。作業が遅れて予定時間が超過してもお金をもらえないことが多いので、ワンマン社長のシステム会社では残業代が払われないことが多いらしい。
(2) 小さい会社ならバレないと、偽装請負とかルールを無視したことをやる。
(3) そういうシステム会社の社長さんって、80年代後半のバブル期に大手システム会社や電機メーカー、コンピュータメーカーから独立した人が多く、自分がやってきたことは当然若い社員にもやらせるという感覚がある。特に団塊の世代。団塊の世代のSEさんは恐い人が多かった。
っていうか、この人達が現役でSEをやっていた頃は、顧客先で徹夜の繰り返しはあたりまえだったのでしょう。
(4) 独立系システム会社は、大手電機メーカーなどの親会社の「ルール」や「コンプライアンス」の「縛り」がないためブラックに傾きがち。
(5) 社員は残業代がもらえないのに、社長が高級外車に乗っている。不公平さにカチンときたらブラックでしょう。
 自分も頑張ってそれ以上の高級外車に乗ってやるってモチベーションにするっていうのもいいかもしれませんが、上場企業の社長だって高級外車に乗れる人はそれほどいないはずです。

とにかくよく見て、少しでもあれ?って疑問に思ったら納得するまで徹底的に調べるべきです。
「まさかな」って思うより「ひょっとしたら」と思った方がいいです。
そういう態度は社会人になって絶対に役に立ちます。

システム会社を選ぶなら、独立系より商社や物流のユーザー系、さらに「○○システムエンジニアリング」とかのコンピュータメーカー冠系列会社がいいようです。
もっも給料は、独立系>ユーザー系>メーカー系になりますが、もらえる給料を「ブラック度」で割ると同じぐらいの「指数」になるかも知れません。

就活のみなさんに、多少なりとも役に立てばと思います。しっかりチェックしましょう。

【今日の言葉】 もっともブラックにしたくてしているわけではない会社も多いようです。業界がそれだけ厳しいと言うことです


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター