Canon EOS kiss Digital X

1000万画素クラスの一眼レフが欲しいかも、なんて言っていたのですが、「Canon EOS kiss Digital X」(EOS KD-X)を購入してしまいました。

発売してちょうど6年だそうで、何を今さらそんな古い機種を、っておっしゃるのはよくわかりますが、1000万画素にこだわりたかったので、中古のEOS KD-Xをピンポイントで狙っていました。これがレンズキットで1万5000円ぐらいで買えればなあと、某Yオークションをウォッチングしていたのですが、レンズが1本多いWズームキットで1万8000円で落札できてしまいました。

キャップやケーブルなど一部付属品がなかったのでジャンク扱いだったのですが、一通り操作してみて全然問題はありませんでした。標準の14-55㎜も55-200㎜もあまり明るいレンズではないですが、キャノンらしいいいレンズです。
この機種はまだ手ぶれ機能とかオートライティングオプティマイザーとか付いていないのですが、さすがデジイチだけあって写りは大満足。

EOS01.jpg

勢い余ってか、50㎜単焦点のf/1.8のレンズも別途購入。こんな感じで文鳥を撮っています。

EOS02.jpg

文鳥って、あ!かわいいって思ってシャッターを押しても、写る時は既に別のポーズだったりして動きがせわしない。
でも今回は秒間3コマの連写が付いているのでシャッターチャンスを逃しません。
でも気づいたらほんの1時間ぐらいで700枚以上撮ってしまったりします。オマケで付いていた1GBの(なんと)コンパクトフラッシュが一杯になって気づきます。当然32GBのコンパクトフラッシュも速攻で購入。でもSDカードに比べて価格が高いのが難点。

今となっては機能的にしょぼいかもしれないEOS KD-Xですが、手ぶれ防止は付いていないものの基本機能は十分で、デジイチを勉強するにはうってつけの機種のようなので大切に使いたいと思っています。

【今日の言葉】 ただやはり大きさと重量は厳しいです。コンデジやLUMIX GF5がいかに楽ちんかよくわかります



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター