NECはどうした

IT系の会社にいるのですが、親会社が総合電機メーカーっていうかコングロマリットなのですが、うちも含めて電機業界に分類されています。
そのせいか同業他社としてパナソニック、シャープあたりも気になるのですが、関西系の電機メーカーは、いわゆる軽電が多く、テレビ事業で相当な赤字を計上しているって聞きますが、家電は直接関係ないのでちょっと距離感を感じます。
気になる同業他社は、やはり東芝、富士通、日本電気、IBMあたりなんですが、富士通はそつなくPC,携帯電話からソリューションまで業績を伸ばしており、うちや東芝はITと社会システムを組み合わせてそこそこに業績を確保しています。
どうしちゃったって思うのは日本電気(NEC)です。

システムの入札とかでよく顔を合わせるNECが頑張っているのはよく知っているのですが、心配なのは株価。
2000年頃は3500円ぐらいをつけていたと思うのですが、このところ低迷していて一時は100円を切ったりして、現在も150円あたりをうろうろしています。日本を代表する優良企業がこの株価っていうのは事件だと思いませんか。

私がこの業界に入った頃は、NECは官公庁や企業向けに強くて、特にDIPS(この言葉はわかる人だけわかればいいと思います)では圧倒的な技術力と開発力を見せつけられました。汎用コンピュータもACOSっていう独自仕様だったし、まだ貧弱だったインテルのCPUから早々とパソコンを商品化したのはさすがだなと思いました。

それなのに今は株価が100円クラス。ちょっと信じられません。

そういえば日立も数年前株価が200円ぐらいだったことがあって、当時テレビ事業で大きな黒字を出していたパナソニックが、持てる財力で日立株を買いまくって日立を乗っ取ることも可能というほど安かったのです。
日立がパナソニックに吸収合併なんて、そんなことは経済産業省が許さないし、独占禁止法にも触れる疑いがあるから実現はしないのでしょうが、そういうことを語る経済評論家もいて日立はびびりました。そのびびりをモチベーションに代えてっていうか危機感にして頑張っているところが今の日立にあるようなので、NECはこれから伸びるかも知れませんね。

株価にしても、自民党政府が日銀とタイアップしてデフレ対策を進めて景気が回復してくればNECの株価というか、株式市場全体に活況が戻るかも知れません。
もっとも3年前民主党が政権を取るときには株価は3倍になるなんて言っていたのですが実現しませんでした。
自民党なら3倍は無理にしても、現在の日本の経済力に見合った株価まで持っていってくれるかも知れません。

ということで、NECが何をしてくるのか、何をしかけて来るのかちょっと楽しみです。

【今日の言葉】 それならNEC株は買いなのかって、そんなことは私にはわかりません



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター