ハイブリッドカーの落とし穴?

愛車アルテッツァが13年目に入り、そろそろ次期導入車を検討しているわけですが、前にも話題にしたとおり、スポーツモデル+6速MT+ハイブリッド+200万円以下ということで、「フィットハイブリッドRS」を最有力候補に決めています。
特にパワーモードであるとか、急加速が欲しいときには数秒間モーターアシストするとか、その加速感、スポーティ感を楽しみにしているわけですが、ハタと気づいたことがあります。

「いつも的確なモーターアシストが保証されるのか」

ということ。

で、調べてみたらハイブリッドカーに対するネガティブな情報がかなり目につきました。

「矢のような加速をするのは60km/hぐらいまで」
「モーターアシストができるのはフル充電で数キロまで」
「バッテリーを使い切ると、ハイブリッドシステムはただの重量物」

は~、やはりそうか。隣の市のショッピングセンターまでよくクルマで行くのですが、奥さんは途中の峠道を走り込むが大好きです。調子良くモータアシストで峠を登りはじめても、途中でバッテリーを使い果たしたら大変なことになりますね。

また、クルマの使い方として通勤や買い物など5キロ程度の移動が多いので、「エンジンブレーキ時にエネルギーを回収してバッテリー充電」という機会がほとんどないように思います。

ということで、「バッテリーとはいつもフル充電状態と言うわけではない。使えばすぐに消耗する」っていう、「ハイブリッドカーの常識」が思わぬ落とし穴となった次第。

どうやら買うなら普通の「フィットRS」になるかも知れません。
っていうか、来年登場予定と言われる新型フィットは、新型プジョー208の革新的なかっこよさにいい意味で影響されているといいのですが。

【今日の言葉】 落ちる前に穴に気づいてよかったと思います

今年も一年間当ブログをご訪問いただきありがとうございました。
来年もPC関係、クルマ関係、アイドル関係などつまらないことをツラツラと書いていきますが、よろしくおつきあいくださいますようお願いいたします。
今年はどんな年だったでしょうか。来年はもっといい年でありますよう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター