ホンダCR-Z開発ストーリー

テレ東のガイアの夜明けという番組で、ホンダのハイブリッドスポーツCR-Zの開発ストーリーをやっていました。

ホンダCR-Z

CR-Zといえば、CR-XのDNAを引き継ぎつつ、ハイブリッドで時代に合わせたスポーツモデルっていうことでかなり期待したのですが、今回のこの番組を見てがっかりしました。っていうか欲しくなくなりました。

ホンダって昔からひとりよがりなところがあって、大きな勘違いをすることもしばしば。
今回のCR-Zもホンダがいうほどいいクルマでも何でもないってわかりました。
恐らくホンダが思うほど売れないでしょう。っていうか、全く売れない方に一票。

スポーツ性と燃費なんかバランスさせてはいけないのです。
エクステリアはカッコイイのですが、サイズが中途半端。インテリアはおもちゃで、スポーツしたくなるデザインにあらず。北米西海岸のスポコン高校生が喜びそうなデザイン。
スポーツモードは速いらしいですが、いくら速いっていってもそんなスピードどこで出すのでしょう。
実質2シーターなんてどんなユーザーを想定しているのでしょう。

このクルマに250万出して買うなんて、マジあり得ないです。
プリウスでアクセルを床まで踏んで、モーターの大トルクを使ってスポーツ走行したほうがはるかに現実的。
とにかくCR-Zの商品性の低さにびっくりしました。いかにもホンダらしいばかばかしさ。

開発者の友部さんっていう方も、やたらホンダらしさを強調したり、何回か中止になったプロジェクトなので気合いが入ったとか、スポーツ性をアピールしてましたが、なんか自己満足でやっているようで共感できませんでした。
ホンダが言うスポーツ性って、日産やマツダに比べると全然本格的でないのね。ホンダにはスポーツカーの文化が感じられないと思うのは私だけでしょうか。

<今日はとことん辛口ですが、それだけ腹が立ったということで。かつてのホンダファンをなめるなって感じです>

【今日の言葉】 アルテッツァの開発者の片山さんは、なぜか日立にいます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

早々に試乗に行きましたが、
期待とは裏腹に、まったく所有欲が湧きませんでした。
一言で言うと、

「世界観がない」

ですね。
ホンダは、このクルマでいったい何をしたいのかがわからない。
このクルマで、どういうこだわりを見せてくれるのか、デザインに反映されていないですね。
フロントグリルやインンパネなど、「形状の違い」だけで、ディテールは、どこかで見た形ばかり。
ジグソーパズルにして、1ピースだけみても、すぐに何のクルマかわかるくらいにこだわらないと、伝わらないです。
開発担当の友部さんの趣味は、「ゴルフとガーデニング」だそうで。

Re: No title

aw@bitlog さん
コメントありがとうございます。

おお、試乗に行きましたか。
試乗した上でのコメントは説得力があります。

番組の中では、開発者がハイブリッド車に対するユーザの意見をチェックしていましたが、なんかスタンスだけで、ユーザの意見を自分たちなりに解釈して製品に反映しているつもりになっている印象がありました。
「かっこいいハイブリッド車が欲しい」ってニーズ(どうせ買うのならカッコイイのが欲しいっていうのは当たり前なんですが)では、かっこよさって何か、かっこいいだけでいいのか、かっこよさは本当に必要か、10年間かっこいいと言われるデザインができるかというような議論にならない。
ホンダはホンダを理解してくれる人に受ければいいと考えているのかも知れません。

そんなところを、aw@bitlog さんや私は感じ取ってしまったのかも知れませんね。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター