JC08燃費

自動車カタログの燃料消費率(燃費)の表記ですが、以前は10・15モード燃費ってやつだったのですが、これが実際の使い方と乖離していて参考にならないっていう批判があったそうで、新たな燃費計測パターンを設定した「JC08燃費」に変更になっています。

詳しくはウィキペディア等で調べるとわかるのですが、自動車の燃費なんかその昔の「60㎞/h定地走行燃費」時代から単なる目安でしかないって認識です。当時はこの60㎞/h定地走行燃費の半分が実燃費とか言って、ふーんという感じでそれほどこだわりもありませんでした。
ちなみに初代ホンダアコードは60㎞/h定地走行燃費で22㎞/Lで、実燃費ははやり10㎞/Lぐらいでした。当時はATは燃費が悪いっていうのがあたりまえで、アコードの場合は7㎞/Lぐらいでした。昔はレスポンスと燃費の悪さでATが嫌われたのですね。

で、10・15モードがエンジンを完全に暖めて、のろのろと息の長い加速で燃費計測していたのに対し、JC08で面白いのはコールドスタートの採用と、短く鋭い加速で比較的高い速度で走行すること。
この結果、プリウス、アクアという燃費性能最優先のハイブリッド2雄が10・15と比較して大幅に数値を落としていること。
一般的にはJC08は10・15に対し10%程度悪化するっていうのですが、この2雄はそれじゃすまない。しかもグレードによっては、計測条件が変わるためもっと数値が悪くなる。

さらに面白いのは、燃費が良くないと言われるスポーツカー、ランエボとかGTRではJC08/10・15でほとんど変化ないか良くなったりもしているようです。

これはどういうことか。
加速性能に優れた車種ほどJC08/10・15の差が少ないと言えるのではないかと。
すなわち「JC08/10・15の差が大きいほど加速性能が悪くその結果燃料食いとなる」ということ。

JC08燃費から思わぬ指標が推測できて楽しいです。

JC08燃費は、実際に走行して計測するのではないので、よりよい数値確保のために国産車各社は「特別対策版車輌」を準備して来るらしいです。なんかそこまでやるのはカタログのためで、ユーザのためではなさそうです。

【今日の言葉】 JC08になって「エンジンの暖機運転はいらない」こともわかってしまいました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター