オーリスの目覚め?

啓蟄ってわけでもないのでしょうが、この3月ごろからたまにトヨタ・オーリスを見かけるようになりました。
地域で2台、黒と赤を見かけることがあります。黒は1.5LのAT車みたいですが、赤はRSでMTのようです。やるな。

オーリスを見かけるたびに夫婦で、「オーリスがいた!めずらし~!」って大騒ぎするわけで、そんなクルマってなんなのって思いますが、発売して半年経ってようやく「たまーに見かける」ようになりました。

昔から「2万台の法則」って言って、2万台売れると街で見かけるようになる、街で見かけるようになると2万台売れたと言えるらしいですが、オーリスは月販トップ30に一度も入らないのを見ると、2万台も売れいてるようには思えないのですが。
マイナーなプジョー208乗りが何言ってやがる、と言われると言葉もないのですが。

auris13040901.jpg

オーリスは発売したときのCMがすごかったし、ネッツ店の扱いってことで、アルテッツァの後継車種としてかなり期待していたのですが、ルックスはトヨタのウィッシュとかの流れをくむエクステリアってことで、まあいいだろレベルなのですが、内容がとても残念というか物足りないものでした。エンジン、足回り、ミッションとも旧型のキャリーオーバーなのがとても残念。
皮があたらしくなっても、内容が古いのでは買い得感はありません。

特に内装のデザインが良くなくて、キャラクターとして気分を明るくしてくれるクルマではないし、走り込めるほど動力性能がいいわけでもないし、ハンドリングもどうということもない。経済性もいまいち。

auris13040902.jpg

しかもドイツ車をまねた乗り味とか、ヤワなシート、田舎っぽいインパネデザインが購買欲をそそらなかったし、何回も出てきていますが、ネッツの営業マンが最低で買う気をなくしました。

欧州車が好きな人は、あとたった50万ですべてが新しいゴルフに手が届くわけで、キャリーオーバー丸出しのオーリスには手が出ないでしょう。結局ゴルフのライバルを標榜するなら、オーリスならではの良さがないとだめだってことですね。
でもですね、あと30万安ければ、ゴルフとの価格差が現実的でないほど大きくなるから、それはそれで魅力が出てくるかもしれません。ま、オーリスも「そこまで言われたかないよ」って言うかも知れませんが。

オーリスの赤はかなりいい色なんですが、色だけでクルマを買う人もないだろうということで。

【今日の言葉】 黒いオーリスは何となく甲虫に似ていて、ある意味オーリスの啓蟄だったのかも知れません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター