ニオイ

だんだん日々春めいてきて、職場なんかでもコートの匂いが少なくなりいろいろな匂いが混ざり合って春だなあと思わせてくれます。
といってもこの感覚は私だけなのかも。実はものすごく鼻がよくて、その昔、家の中で行方不明になったシマリスの隠れ場所を、クンクン、クンクンとニオイだけで突き止めたという伝説の嗅覚の持ち主。
職場でディスプレイ画面にずっと没頭していても、ふわりと人が通ると誰が通ったかわかるし、喫煙室に行ってきたとかトイレに行ってきたとか会議室に行ってきたとか、尾を引くニオイでわかったりします。

とくに出張なんかで久しぶりに電車にのるといろいろなニオイがして楽しいです。といっても人のニオイよりも、駅とか電車、とくに電車の車輪というかブレーキというか鉄のニオイが個人的には珍しくていいニオイで、かげるとうれしいほどです。

で、最近若い女性やネットで喧しい「加齢臭」ですが、こういう伝説の嗅覚を持っていても「あまり気にならない」のです。
なぜって「人間とはこういうニオイ」だからです。くさいとかくさくないとかいう問題ではないような気がします。

その昔、朝の満員の地下鉄に乗っていたことがあるのですが、日本橋や丸の内はスーツを着たサラリーマンでぎっしりで、「日本の経済をしょって立つビジネスマンののニオイ」は加齢臭と同系でさらにポマードとかアフターシェーブローションや仁丹の香りがしてある意味加齢臭よりきつかったのですが、頼もしい男の香りだったし、霞ヶ関の満員電車は官庁の公務員のニオイのようで、これも加齢臭プラスアルファのニオイ、インテリなエリートの香りで、「クサイ」というものでもなかったと思います。
今は喫煙率も下がってきたし、ニオイを気にする人も多いので、満員電車も昔ほどクサくはないのではないでしょうか。

一方、そんな頑張っているお父さんたちを加齢臭とか言って「クサイもの扱い」する若い女がいますが、こちらの方がよっぽど悪臭です。お父さんたちは人間のニオイの範疇に収まるが、若い女はそれを超えて強烈です。若い女が近くにいたり、集団でいたりすると最悪です。
まず若い女の頭皮のニオイが嫌い。髪の毛はリンスとかつけても頭皮から油脂系というかホコリ系というかそう言うニオイがします。口がクサイのは人間のニオイのひとつだから許せても、足というか靴がくさい女が多い。鞄とか持ち物がくさかったり、着古した高校生の制服もくさいし、安い化粧品のニオイとか変なデオドラント製品のニオイは強烈。使い続けているうちに本人たちは鼻がバカになっているとしか思えません。

ただ、電車でも職場でも比率的におじさんの方が多いので、加齢臭=人間のニオイで若い女の悪臭を希釈している感じがあるのでなんとかなっているようです。
加齢臭のおじさんたちのおかげで少しだけ快適に過ごさせて貰っているわけですね。

【今日の言葉】 人間とはニオイがするものなのですよ。加齢臭とか呼び方をするから「悪臭」という刷り込みができるだけのような気がします。ただお年寄りだけは、もう少しニオイに敏感になってほしいものです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター