小橋建太引退試合

先日プロレスラー小橋建太選手の引退試合を見ました。というわけで珍しくもプロレスの話題。

小橋建太といえばAKB48の倉持明日香なんですがやはりセレモニーで花束を贈呈していました。

kobashi01.jpg

AKB48といえば日テレなので、やはり思った通り朝の情報番組ZIPで追っかけ取材をしていたようです。

kobashi03.jpgkobashi02.jpg

それでふと思ったのは、「倉持、化粧が濃くなった」って。もう23歳だそうですね。23歳っていうと若い女性ではあるのですが、老けたアイドルでもあるわけで。

私も「プロレスの正しい見方」を修得しているのでちょくちょくプロレスを見るのですが、どうもプロレスリングノアの試合はいまいち感情移入できません。今回の主役である小橋建太選手の試合もほとんど見たことがないような気がします。

どうしていまいちなのかというと、どうもジャイアント馬場やジャンボ鶴田、ひいてはドリー・ファンクJrの「ストロングスタイル過ぎる」ファイトが物足りないようです。しかも歯を食いしばって頑張りすぎているところがまた悲しいから。

佐々木選手と胸元へのチョップの応酬を200発もやったという伝説がある小橋選手ですが、そういう選手同士の意地を楽しむファンと、選手同士の意地はいいからもっとファンのためにプロレスらしいところを見せてくれっていいうファンがいるわけですよ。
私は後者。

お客を楽しませるために、リング上だけ「お約束のケンカ状態」を演出する新日本プロレスの方が「よりプロレス的」なのですよ。

そういう意味では、プロレスほどCS(顧客満足)を徹底しているビジネスもないような気がします。
私らサラリーマンもその辺の精神は見習わなきゃな、って思います。

ただ、小橋選手は数々の怪我や病気を不屈の精神で乗り越えて、ここまで立派にやってきたのは大したものだと思います。
却って天龍選手や渕選手のように、よれよれになるまでリングに上がるよりは良かったかも知れません。
これからもプロレスリングノアを盛り上げて欲しいと思います。

【今日の言葉】 やんちゃレスラー志賀賢太郎の試合は、痛々しくもエキシビションのようで楽しめました



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター