新型プジョー308発表

プジョーファンの方はすでにご存じかも知れませんが、新型のプジョー308が発表になりました。

エクステリアはプジョー208のデザインポリシーを継承しているというより、プジョー508に近い感じです。
フローティンググリルは採用されていないようで、どちらかというとコンサバにみえるものの、新しいプジョーのデザインコンセプトに合わせているようです。

p308-01.jpgp308-02.jpg

とはいえ、ボディサイドのアクセントラインは、プジョー208の3ドアに近いラインで、プジョーを特徴づけている印象。

特徴的なのは内装で、プジョー208の発展系という感じ。ステアリング上部に位置するメータークラスターといい、小径ハンドルといい、デザインポリシーはほとんど同じなんですが、タッチパネルの大型化、スイッチ類の省略をさらに進めてすっきりまとめています。ちょっとデザイン的には堅さが残るものの、上品な上質感が漂います。
ただ写真をみるとわかるように、タコメーターが左回りってかなり違和感があるかと思うのですがどうでしょうか。誤認識しやすいからって実際には採用されない可能性がありそうですね。

p308-03.jpg

プロトタイプの発表が、9月10日から始まるフランクフルトモーターショウらしいですが、ずいぶんと先のことなのに良く発表したなあと思うのですが、おそらくゴルフ7の発売に合わせたものでしょう。

ゴルフは、5あたりから完全に「アッパーミドルカー」の位置づけになってしまい、少なくとも大衆車ではなくなりました。
しかしヨーロッパの比較的裕福な層で売れており、各メーカーもこのボリュームゾーンに参入し熾烈な販売合戦を繰り広げているとか。
ゴルフ7の登場に合わせてボルボとかBMWとかメルセデスベンツなんかも「臨戦態勢」に入っているようです。
プジョーも忘れられてはならないと急遽新型308の発表に踏み切ったのでしょう。

この新型308はデザイン的にドイツ車的なので、まだまだ発売するまでにはいろいろとリファインされるものと思います。現在のところ、パワーユニットは1.6Lターボ、ミッションは6MTのようで、お約束の共通ユニットのようですが、まだまだ新しい要素が出てくる可能性は十分にありそうです。
BMWが次期3シリーズ用に開発している1.5L3気筒ターボが載る可能性も否定できません。
ますますプジョーがというか、輸入車が楽しみになりますね。

国産車もHVだEVだ、第三のエコカーだとかばかり言っていないで、わくわく感を取り戻して欲しいものです。

【今日の言葉】 プジョー308の新型が「308」というネーミングであることに正直驚いています


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター