コメダ珈琲店

今晩の夕飯は何にするって奥さんに聞いたら、外食にするっていう。コメダに行きたいって言う。

コメダ?って思ったのですが、この春に我が街にもできたそうで、最初は何のことかわからなかったのですが、娘が行って割と良かったと言っていたので行ってみようということに。ファミレス風コーヒーショップであることは知っていたのですが、それ以外の情報なしの状態で、ただただ「名前がカッコ悪い」っていう印象しかありません。
コーヒーショップなら、洋菓子店によくあるボン・フーレとかシャトレーゼとかの名前にすればいいのにって思うわけです。

クルマで数分の国道246沿いにあるのですが、このあたりは246号と言っても渋谷青山の246とは大違いの田舎道です。
コメダコーヒー店は、国道沿線にありがちならーめんショップとかコンビニとか中古車屋とかと並んで看板が出ていました。

店の内装は白木のログハウス的な作りで割とクオリティが高く好印象。
店に行ったのは21時頃だったのですが、ウェイトレスのお姉さん一人で大変そうでした。
最近のファミレスの例に漏れず、夜間は従業員が少なく大変そう。

夫婦でメニューの中で一番高額なビーフシチューを注文。と言っても890円ですが。
コーヒーは、ショップでなければ飲めないウィンナコーヒーにしました。奥さんはシナモン付き。

ビーフシチューは量は多くないのですが、味が濃厚で、トーストしたフランスパン2個と一緒に十分夕飯になりました。少食に慣れてますので。
ウィンナコーヒーもたっぷりのホイップがおいしかったし、コーヒーも苦みとともにコーヒー感が豊かで満足。正直おいしかったです。写真はちょっとクリームを溶かしちゃいましたけど。

komeda.jpg

コーヒーが来たときに、一緒に豆袋が付いてきました。
豆袋っていうのは、東京では「添え物の小さい袋」っていう意味で、袋に入ったシュガーのことを言うのですが、本当に豆菓子が入っていました。

「あ、これって名古屋風」
って思ったのは言うまでもありません。名古屋の喫茶店は過剰と言えるほどちょっとしたサービスがいいのです。

奥さんに聞いたら、そうだよ、コメダは愛知の方でフランチャイズ展開しているんだよという。よくわかったねって。

名古屋人の喫茶店への思い入れってすごいから。
このコメダ珈琲店も「モーニングで半トーストとゆで卵が無料で付きます」って小さな張り紙がありました。

昔は、っていうか喫茶店全盛の70年代は、東京のオフィス街や学生街ではモーニングサービスは常識だったのですが。
トースト、ゆで卵、サラダ、ジャムが付いて、さらにトースト食べ放題でコーヒー代だけなんてざらでした。
店によってはさらにコンソメスープやポタージュスープが付いたり。
貧乏学生はそれが目当てなので、1時間目の授業に出られなかったりなんて良くありました。

名古屋っぽいと思ったら、コメダ珈琲店っていう名前もなんか名古屋っぽく感じますが、味もメニューも値段もかなりリーズナブルなので、今度行ったら「味噌カツサンド」を食べてみようかと。
奥さんもかなり気に入ったようで、メニューをコンプリートしたいようなことを言っていたのでびっくり。

実は、スタバは注文がややこしいわりには味はたいしたことがないので大嫌いなのですが、コメダはすごく気に入りました。ちょっと垢抜けない名古屋風が好印象。あちらの友達が多かった学生時代を思い出しちゃいます。
数分でいけて安く上がるのでちょっと通いそうです。

【今日の言葉】 店によってメニューが微妙に違うようで、450円のビザがこの店になかったのが残念です



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター